2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« マディソンスクエアのパブリックアート2017夏 | トップページ | タイムズスクエアで移民の物語が聞ける電話ボックスアート »

2017年7月10日 (月)

ダンスするカバのパブリックアート

昨日から引き続き雲一つない快晴の月曜日のニューヨーク。今日の最高気温は29℃ですが、湿度が昨日よりは上がるようなので少しムシムシしそうです。明日から1週間は、土曜日以外は毎日雨が降る予報。用事を済ませるなら今日が良いのかもしれません…。

昨日すっかり忘れていましたが、毎年何故か楽しみにしているバスティーユ・デイ(Bastille day:パリ祭)でした。本当は7月14日ですが、ニューヨークでは毎年一番近い週末に祝われています。60丁目(the French Institute and the Alliance Françaisがある通り)の5番街~レキシントン街までが会場となり、フランスに関係がある屋台が並び、ステージではフレンチ・カンカン等の音楽やダンスが披露されます。

今年も当日気付き足を運びたい気持ちで一杯だったのですが、頭痛が酷く断念。今日も行きたいイベントがあるのに、引き続き頭痛で諦めねばなりませんし…健康になりたい!でも、家事やボランティアは済ませねば。

ついでにすっかり忘れていましたが、2017年7月3日~16日まではフレンチ・レストランウィークが開催中です。新しい味に出会うチャンスですので、是非足を運んでみたいと思います。今年のフィリピーノ・レストランウィークで行ったお店が大当たりだったんですよね…その記事も書かなくちゃ。
**************************************************************
さて、今回はブロードウェイと64丁目の角、丁度リンカーンセンターの目の前に展示されているパブリックアート『HIPPO BALLERINA』です。
045
2月7日からリンカーンセンター前を通るたびにユーモラスな姿に和ませてもらっていたこのアート。アーティストはBjørn Okholm Skaarup氏で、デンマーク人との事。
028
この作品は、ディズニーの『ファンタジア』に登場する踊るカバとドガの『14歳の小さな踊り子』に敬意を払った作品。ですが、連綿と続くアートの歴史を感じる前に、いつ見てもクスリとしてしまう作品です。
029
2017年10月1日まで展示されますので、リンカーンセンターに足を運ぶ際には癒されてください。

« マディソンスクエアのパブリックアート2017夏 | トップページ | タイムズスクエアで移民の物語が聞ける電話ボックスアート »

コメント

こんにちは!
ちょうど今娘が大好きなディズニーの英語教材のDVDの中にこのカバのバレリーナがでてきているので、思わず嬉しくなってのコメントです。アニメーションではコミカルな姿で軽々とターンしていて、娘は時々「カバさん(が見たい)」と、DVDを名指しで見たがります。この像を本人に見せたら喜ぶだろうなぁ、と思いました。

いつもニューヨークの素敵な写真に癒されています。ありがとうございます!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1795052/71102864

この記事へのトラックバック一覧です: ダンスするカバのパブリックアート:

« マディソンスクエアのパブリックアート2017夏 | トップページ | タイムズスクエアで移民の物語が聞ける電話ボックスアート »