2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ウエストヴィレッジのイタリアンレストラン | トップページ | 虹 »

2017年8月 3日 (木)

2017年7月最終週のハイライン

湿度が高くて霞がかって見える木曜日のニューヨーク。昨日も結構な雷雨でしたが、今晩も7時以降雷雨に見舞われる予報です。何となく今日も本当に来そうな感じがしますね…。最高気温は28℃ですが、湿度が90%と非常に高いので既になんだかムシムシしてます。今日は熱中症になり易そうなので、ご注意ください。

今朝は朝一でボランティアがあるので、直ぐ出掛けねばならないため、いきなり本題です。
*************************************************************
さて、今回は7月最終週のハイライン(The High Line)の様子をご紹介します。
018
033

ハイラインの魅力の1つは、緑だけではなく周りの建物や風景も一緒に楽しめるところ。

011

Solidago graminifolia(flattop aster)とScutellaria incana(hoary skullcap)でしょうか?夏らしい色合いです。

012

ハイラインの北端、34丁目付近には、ガーデナーさんがハイラインに散らばっていた部品を使って創った小さな庭の様なコーナーがあります。

013
015

春、花をつけていた植物が実を結んでいます。

019

Daucus carota(Queen Anne’s lace:ノラニンジン)は、ハイラインが公園になる前から自然と生えていた植物だと思います。今も仮設部分に咲いています。

021

現在のハイラインには黄色の花が多い印象があります。これはRatibidia pinnata(prairie coneflower)でしょうか?

022

こんな綺麗なピンク紫の花も。

023

相変わらずもEchinacea(ムラサキバレンギク?)が綺麗に咲いています。これはEchinacea purpurea ‘Magnus’(Magnus coneflower)?

024

この日は何故かうずくまって動かない雀を2匹も見掛けました。

025

ハイライン上の植物もぐんぐん伸びて、今や背丈を超えました。

032

黄色の花が多い印象が強いのは、Rudbeckia missouriensis(Missouri black-eyed susan)が咲き誇っているからかも。

027

オオカバマダラ(The monarch butterfly)でしょうか?Aesculus parviflora(bottlebrush buckeye)の蜜を吸っています。

030

この花の蕾が美味しいのか、はたまた咲いた花の蜜が甘いのか。沢山の雀が草に留まって花をついばんでいました。

031

今週は花を咲かせたSilphium terebinthinaceum(prairie dock)も、先週はまだ蕾。

034
035
036
037

ハイラインの魅力の1つは、花が咲く植物だけではなく、草が効果的に使われていること。特にチェルシーグラスランドは草が主役。夏を迎えて草も花を咲かせています。

038
039
041

Eutrochium maculatum ‘Purple Bush’(Purple Bush Joe Pye weed)も花盛り。色んな場所で楽しめます。

043

16丁目にある分岐もEupatorium perfoliatum(American boneset:フジバカマ?)とEuphorbia corollata (wild spurge)の白で綺麗。

044
045

14丁目~15丁目の水場は、連日の暑さと子供達が夏休みであることが相まり大人気。Lobelia cardinalis(cardinal flower:ベニバナサワギキョウの交配種?)とHibiscus moscheutos subsp. (palustris rose mallow:アメリカフヨウ)が彩りを添えています。

046

ピア55に建設予定のハドソン川に浮かぶ公園の建設が始まりました。とは言え、環境への影響を十分に考慮していない事や、(公園にはコンサートが開ける会場が内設されるため)騒音を消すための十分な措置が取られていないこと、面積に対して木が少なすぎることを理由に、2つ目の建築中止を要請する訴えが起こされた為、工事は中断しているようです。本当に新たな公園が作られるのでしょうか?

051
052

夏の間、ガンズボルト通りに面したハイラインの北端は、頻繁に子供達の学習の場として閉め切られています。

054

真ん中の黄色が可愛らしい。

060

7月25日~27日まで、アーティストJesús "Bubu" Negrón氏がハイライン上で、その場で訪れた人の背中を描くという即興アート展を行いました。描かれた背中の肖像画は貰えるので並ぼうかと思ったのですが、待つのが嫌いなので断念。でも、完成した絵が次々に飾られていたので、通りがかりに楽しませてもらいました。

062

トンボも発見。

050

« ウエストヴィレッジのイタリアンレストラン | トップページ | 虹 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1795052/71316763

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年7月最終週のハイライン:

« ウエストヴィレッジのイタリアンレストラン | トップページ | 虹 »