2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« モントリオールでのディナー① | トップページ | モントリオールの公共交通機関 »

2017年9月 4日 (月)

モントリオールでのディナー②

朝から雨が降ったり止んだりの日曜日のニューヨーク。でも段々空が明るくなってきたので、午後には止みそうな気がします。予報では午後2時代までは雨が降ったりやんだりして、午後3時以降は太陽が出てくる見込みらしいですが、もうちょっと早く止みそうですよね?最高気温は22℃。昨日と変わらない気温になりそうです。

今年はダニの数が増える為注意が必要だとメディアで騒がれていました。ライム病等の難病の原因になる為、刺されないよう注意している方も多いとは思いますが、今年の初めスタテンアイランドの女性が髄膜炎だと診断され、その原因がダニに刺された事だと考えられているそうです。怖すぎる…。ピクニックやハイキングがお好きな方は引き続きご注意ください。
******************************************************************
さて、今回はモントリオールで食べた夕食の備忘録の続きです。

ホテルのルーフトップバー『Terrasse des Sucres』
オールド・モントリオールにあるホテルのルーフトップバー。旧市街観光のついでに寄り易かったので、足を運びました。
104
そもそもモントリオールにおいては、夏は気持ち良い外で食事をするのが定番らしく。ガイドブックで、「夏訪れるのであれば、是非ルーフトップのディナー/ドリンクを楽しむべき」とお勧めされていたので、試してみたく。
106
滞在4日目にしてやっと涼しさが和らぎ、晴れたので足を運びました。早めの時間に訪れましたが、既にレストラン・バーは半分以上埋まっていて人気がありそうでした。店員さん達は皆さん英語が不自由そうでしたが、英語のメニューはあって注文はできます。
107
ただモントリオール全体に言えるのですが、フランス語を喋れる人に対しての方がサービスが良い気がします。店によっては英語メニューの方がフランス語メニューに比べて値段が高いなんてこともある様子。このルーフトップバーでは、あんまり良い席に通してもらえませんでした。言えば席を変えてもらえたでしょうが、それでも十分気持ち良い席だったので良しといった感じ。
108
モントリオールといえばという代表的なB級グルメであるプーティンを食べていなかったので、どうせバーなんだからとここで初めて食べました。ホワイトビールと併せて凄く体に悪そうな夕食でしたが、景色を眺めながら、涼やかな風に吹かれて食べるジャンクフードは最高です。夫のバーガーは普通に美味しかったとのこと。
105
タップビール×2+メイン2品+チップで$80位した気がします。立派な値段で、普通の美味しさですが、場所代と思って試して損はないと思いました。

Terrasse des Sucres

Hôtel Nelligan

106 Rue Saint-Paul O

5th Floor

Montreal, QC H2Y 1Z3
お店のHPはこちら

プラトーのNPOが運営するレストラン『Robin des Bois』
ディナーのアイディアが浮かばず、宿から歩いて行けるレストランを検索していて見つけたプラトー・モンロワイヤルにあるNPOが運営する可愛らしいレストランです。
096
我々が訪れたのは夕方5時位で、まだお客さんは誰も居らず。木の家具にバラバラのポップな柄の布が貼られた可愛らしい椅子がアクセントになっている、楽しい内装の広々とした店内で、のびのびと食事が楽しめました。
092
ここで提供される食事は、アジアのアクセントを加えた創作料理が多い印象。でしたが、私達はプリフィクスで用意されている2名用のグループメニューの一番安いコースを注文しました。
093
このレストランは2名のシェフによって運営されているようですが、運営元はNPO法人。収益の全ては4つの地元で活動する団体の資金源となるそうで。その4つの団体は何処か探し切れませんでしたが、地元で貧困にあえぐ人々を支援する活動をしているとのこと。
094
多くのお店のスタッフさん達もボランティアとの事で、私達のテーブルを担当してくださったウェイターさんも「ボランティアです」と自己紹介をしてくださいました。同じようにボランティアで運営されているお店でボランティアスタッフとして働く私としては、親しみを感じましたし、ちょっと勉強になりました。
095
グループメニューは、前菜にポレンタのから揚げ(食感が面白くとても美味しかった!)、メインにチリスープとシーザーサラダ。お腹がはちきれそうになりましたし、美味しくて大満足でした。これで2人で$30なら安く感じました。

お店の方達は基本フランス語圏なので、若干コミュニケーションが不自由になります。もっと真面目にフランス語を勉強しておけば良かった…。でもとても感じが良い丁寧な接客ですし、地域社会を盛り上げるのに少しでも貢献できると思えば気分も楽になる良いレストランでした。お奨めです。

Robin des Bois

4653 Boulevard Saint-Laurent

Montreal, QC H2T 1R2
お店のHPはこちら

モントリオール名物スモークミート『Lester’s Deli』
最終日にモントリオール名物のスモークミートサンドイッチを一回くらい食べてみようと足を延ばしたデリ。アウターモント(Outremont)と呼ばれるハシディズムを信じる超正統派ユダヤ教信者が多く住む地域。
124
マイルエンドからは歩いて5分程で直ぐ近くなのですが、雰囲気が全然違うので直ぐ気付きます。ユダヤ教の知識が全くないのでよく分からないのですが、お肉を購入できるのは男性と決まっているのか、肉屋には全身真っ黒のスーツにシルクハットの様な帽子、伸ばした髪の毛の一目で正統派ユダヤ教徒だと解る服装の男性陣しかいなかったり。女性陣も黒い服にストッキングという格好だったり。ブルックリンみたいな光景です。
123
レスターズ・デリは空港にも入っていたので、2日連続になってしまったのですが。知っていれば…と思わないこともなかったですが、2日連続でも飽きない美味しさ。ユダヤ人街にあるデリということで、如何にもユダヤ系デリなのでは?と期待も高まりました(元々デリ自体がユダヤ系だったらしいですが)。
122
結果的にはニューヨークのパストラミサンドイッチとの違いが味音痴の私にはイマイチ解らず。ジューシーで肉厚で地味深くて美味しかったですが。ニューヨークのパストラミよりは塩辛くないかな?という気がしないでもない…。とは言え、パストラミサンドが別段好きでもないので、遠い過去の記憶過ぎて定かではありません。
125
でも個人的には、スモークサーモンのベーグルサンド(ニューヨークで言うところのLOXサンド)が凄く美味しいと思いました。スモークサーモン自体も非常に美味でしたし、モントリオール風ベーグルがサンドイッチに合う。
126
ニューヨークでもそうですが、ユダヤ系の方々が運営するデリは美味しいですね。マイルエンドはユダヤ色をあまり感じませんが(ベーグル屋さんが有名とは言え、ベーグルを買い求めている人達は観光客が主ですし)、直ぐお隣のレスターズ・デリ周辺はユダヤ人色が色濃く感じられます。
127
雰囲気の違いを味わえるという意味でもお薦めのデリです。
129
Lester’s Deli

1057 Avenue Bernard

Outremont, QC H2V 1V1
お店のHPはこちら
130

« モントリオールでのディナー① | トップページ | モントリオールの公共交通機関 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1795052/71606255

この記事へのトラックバック一覧です: モントリオールでのディナー②:

« モントリオールでのディナー① | トップページ | モントリオールの公共交通機関 »