2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« モントリオールのカフェ | トップページ | モントリオールでのディナー② »

2017年9月 2日 (土)

モントリオールでのディナー①

朝焼けが綺麗な土曜日のニューヨーク。今日は日中は晴れ時々曇りで、午後7時以降は天気が下り坂。雨が降る可能性があるとの事。月曜日のレイバー・デーは晴れて暑くなるようですが、日曜日は雨の予報です。行楽の予定は天気を見て立てた方が良さそうです。今日の最高気温も21℃。今日も1日涼しそうです。

昨日の午前中で仕事を終えた人が多かったのか、最後のビーチを楽しもうとハンプトンズに行く人達の行列が、近所のハンプトンズ行きバスが停まる歩道にできていました。皆さんセカンドハウスを持っているのでしょうか?それとも家を持っている知り合いがいるのでしょうか?ボランティア仲間と話していても、割とセカンドハウスを持っている人が普通にいるのに驚きます。やっぱりアメリカの方が土地&家が安いのでしょうか?それともローンをするのを怖がらないだけ?生涯一度も家を購入したことがない私にとっては未知の世界過ぎてよく分かりません。

9月22日~24日に、国際連合の総会に合わせて国連ビルの近くで難民の方達の食文化やアートを学ぶフェスティバルが開催されます。『Refugee Food & Art Festival』と題して、難民の方達がシェフとなり、ブランチ、ディナー等を提供しつつ、話をするという内容。難民の方達を少しだけとは言えサポートできるみたいですし、馴染みのない料理にチャレンジできそうですし、生の難民の方達の声を聴ける良いチャンスなので是非足を運びたいと思っています。体調がもつと良いのですが…。
******************************************************
さて、今回はモントリオールで食べたディナーの備忘録です。

中年夫婦なので、既に夜元気に出掛ける体力は無く。ニューヨークの自宅でも、殆どディナーに出掛けることがなくなり、家で食べています。そんな訳で、モントリオール滞在中も宿のあったマイルエンドで夕食をすることが多かったです。

そんな夕食の備忘録の第1回目です。

マイル・エンドにある気軽な健康食カフェレストラン『La Panthère Verte』
モントリオールに数店舗あるファラフェルのカフェレストラン。マイル・エンドにある店舗は広々として、ガラス張りの店内に深い色合いの木のテーブルと鉄の椅子。カジュアルながらも、清潔感があって、気持ち良く食事が楽しめました。
036
たった1時間のフライトとは言え、国際線なので2時間前までには空港に着いていなければいけないとか、空港までの移動に1時間半かかるとかで、早朝から活動する移動日は体も胃も疲れ気味。なので野菜多めの軽めの食事ができる場所な上に、宿から数ブロックだったのでこのカフェで夕食をしました。
031
あまり混んではいなかったのですが(どちらかというとランチに利用する人が多いと思います)、前に注文していた人達が沢山質問をしまくっていたので、注文するまでに15分程待ちましたが。カウンターで対応してくれた若い女性は日本人の友達がいるとかで、興味津々。気持ち良い対応をしてくれました。

カウンターで注文したら、名前を呼ばれるまでテーブルで待つシステム。使用する食器も残飯も全て環境に負荷が無い形で選ばれ、コンポストなどの処理がされるという事で、環境問題に興味がある方も満足がゆく店舗かも。
032
モントリオールは、水道水が安全で美味しく飲めます。その為か、ソフトドリンクが高いというのをこのカフェで痛感しました。多くのモントリオーラーが水筒を持ち歩いていたのも納得。
034
不健康なフレンチフライ&ビールのセットなんかもありますが、フライがスイートポテト(北米の甘くないサツマイモみたいなオレンジ色の芋)なのが少し工夫されている感じ。
035
私は疲れている時にはなるべく生野菜は食べないようにしているのですが、ここのピタサンドイッチはファラフェルには火が通っているし、生野菜も多すぎなくて消化に負担が掛り過ぎずに済みました。

ソフトドリンク×2+ピタサンド×2+ポテトフライで$31.15(TAX込)で、チップを$4払いました。ドリンクを飲まなければ$7近く浮くので、安く済ませることができると思います。

La Panthère Verte

160 Rue Saint-Viateur E
Montreal, QC H2T 1A8
お店のHPはこちら

日曜日も営業。マイル・エンドのタパスバー『Taza Flores』
モントリオールはある意味健全な街で、日曜日のディナー時は多くのレストランが閉まってしまいます。その為日曜日の夜にディナーにありつくのが大変。
111
そんな訳で宿の近くで営業しているタパスバーを見つけた時は、殆ど選択の余地がないというような状態でした。しかし評判が良かっただけあって、大満足な内容でした。
104
先ずモントリオールのお店らしく気持ちよさそうなテラス席があり、殆どのお客さんはテラスで食事をしています。その為、日の光に弱くて室内で食事をする私達はのびのびとスペースを楽しめ。しかも窓が開け放たれていたので、室内に居ても清々しい風を感じながら食事ができて気持ち良かったです。
105
そして店員さんがとてもフレンドリーで、ポイントを抑えたサービスだったので気持ち良く食事が楽しめました。タパスバーなのでワインの方が種類豊富でしたが、カナダのビールなんかもありました。
106
食事はワインが合うような強めの味付けでしたが、ビールでも十分楽しめる美味しさで満足。薄味がお好きな方は避けた方が良いかもしれませんが、そうでなければ楽しめると思います。
107
付け合せのパンバスケットが、量もたっぷりでサービスだと思えない美味しさ。モントリオールの食のレベルの高さを感じさせました。このパンをたっぷり食べれば、それだけで結構お腹一杯になるのでは?一皿ずつが小さいので、色んな料理が楽しめるのも嬉しかったです。
108
モントリオール旅行中は、手数料を抑えるために現金で生活していたのでいくらだったか忘れてしまいました(アメリカのカードは外国で使用するたびに、購入した金額の10%を手数料として課してきます)。それだけモントリオールが安全で、銀行でお金を引き出して持ち歩く事が出来た訳です。
109
でもお蔭でレストランにいくら払ったか、殆どの場合覚えていません。ここも安くはなかったですが、べらぼーに高くもなかったと思いますが…。
110
Taza Flores
5375 Avenue du Parc
Montreal, QC H2V 4G9
お店のHPはこちら

ポルトガル料理のレストラン『Rotisserie Mile End』
プラトー・モンロワイヤルを歩いているとポルトガル料理店の多さに驚きます。恥ずかしながら、モントリオールを訪れるまでこんなにまでポルトガルからの移民が多いことを知らなかった我々。
005
こんなに沢山居るのであれば、是非ポルトガル料理を試してみようと検索を掛けたら宿の直ぐ傍にあるレストランがポルトガルのロースト料理を提供するレストランだと判明。気軽に行けるしと足を運びました。
001
お約束のテラス席もあり、前を通りかかると皆さん外の空気を吸いながら気持ちよさそうに食事されていましたし、ここのテラスには屋根もあるので日差しも問題ないのですが。面している通りがバスも通る交通量がそれなりにある通りなのが気になり、いつもの如く店内で食事をしました。
002
ポルトガル料理自体に馴染みがなくて2人ともよく分からないので、取り敢えずディナーセットを頼むことに。セットにはサンドイッチにも使われる丸くてふわふわの白いパンと小さなサラダが付いてきます。
003
メインは確か4種類のお肉から2種類を選択して、付け合せをライス/ポテトフライ/ローストポテトから選ぶのだったと思います。お肉はラム/チキン/ソーセージ/リブがあったと記憶しています。
004
凄く量が多くて満腹になります。1つのディナーセットが$16~18だったような?ドリンクを頼まなかったので、チップを入れても$40弱位で済んだ気がします…しかとは言えませんが。気軽な感じでしたし、お勧めです。

Rotisserie Mile End
100 Rue Saint-viateur O
Montreal, QC H2T 2X2
お店のFBページはこちら

« モントリオールのカフェ | トップページ | モントリオールでのディナー② »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1795052/71588755

この記事へのトラックバック一覧です: モントリオールでのディナー①:

« モントリオールのカフェ | トップページ | モントリオールでのディナー② »