2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« モントリオールの公共交通機関 | トップページ | 2017年8月のハイライン風景 »

2017年9月 5日 (火)

モントリオール徒然

薄曇りの火曜日のニューヨーク。今日は段々と雲が増えてくるようですが、1日天気はもつ予報。最高気温は30℃と今日も暑い1日になるようです。湿度も高そうなので、昨日より暑く感じるかも。明日は雷雨になるようなので、今日の内に用事を済ませておくと吉かもしれません。

トランプ大統領が本日DACAプログラムと呼ばれる、幼少期に親御さんによってアメリカに連れてこられた違法移民の子供達にアメリカに滞在する許可を与えるオバマ大統領が発令した大統領令を廃止する発表をする見込みであることが大きなニュースになっています。昨日は各地でDACAの継続を求めるデモが行われたことも併せて報道されていました。もしトランプ大統領がDACA廃止をするのであれば法廷で争うといくつかの移民サポート団体が表明しており、また混乱が生じそうです。

昨日は1日休みだったので、夫とのんびりと過ごしました…というか、相変わらず私の体調が優れずあまり家から出られず。この連休はボランティアをする以外は、基本的に家で大人しくしていました。すまない、夫よ…。お蔭でやらねばならない家事が溜まっていますし、朝からボランティアで時間もないので早速本題です。
********************************************************
さて、今回はモントリオールに関する徒然です。今日でモントリオール旅行記は終了です。ニューヨーク生活と銘打ちながら、長い間全然関係ない備忘録ばかりで失礼しました。
002
旅行先では全然理解できなくともなるべくローカルニュースやテレビを見るようにしています。ニュースって見る地域によって報道の順番が全然違ったり、地元でどんなことが話題になっているのか何となく伝わってきたりで面白いのです。
003
今回モントリオールでは多分、地元で生まれ育ったフランス語の方が得意そうだけれど英語も話せる旦那様とスペイン語が母国語と思われる奥様が持っているマイルエンドのアパートに泊まりました。
004
2階迄外階段で登ってドアを入り。ドアの直ぐがリビング、その奥左、中庭に面した角にウォークインクローゼットと寝室。右にはキッチン&ダイニング。そこを抜けると洗濯機&ドライヤーのある作業部屋。隣にバス&トイレ。反対側の通りに面してサブ寝室。そこを抜けると葡萄の絡まるテラスがあり、テラスからも外階段で外に出られそうでした。凄く広いアパートだったので、改装すれば2世帯が住めるアパートにできそう。
006
そんな物件を借りて、2日目。さてTVを見ようと思ったらつかず。オーナーさんに連絡したら直ぐ来てケーブルのチューナーを交換してくださいました。オーナーさん曰く「今まで貸し出した人たちはTVを見なかったみたいで気付かなかったよ。ごめん。」とのこと。まぁ、確かに旅先でTVをじっくり見たりはしないのかも。
007
とは言え、毎朝家で朝食を摂っていたので、我々はローカルニュースと思われるチャンネルに合わせて流しながら生活。最初はフランス語の朝の情報番組を見ていたのですが、料理とかばかりでつまらなくて。結局英語の朝の情報番組を見るようになりました。
026
そうしたら、連日難民/移民問題が報道されていました。モントリオールにアメリカからの国境を越えて流入する難民/移民が急増し、対応に苦慮しているという内容。
042
最初はオリンピックスタジアムに収容していたのですが、既に満員。いくつかのアパート等に収容するも追いつかず。とうとう、公園に軍が使用するテントを設置して、難民/移民の収容を始めたというニュースが連日流れていました。
065
アメリカでも少し報道されましたが、直後にハリケーン・ハービーが来て大騒ぎになったり。北朝鮮問題が落ち着きを見せないので連日ニュースを賑わわせたり。アメリカ国内も難民/移民問題で揺れ続けていたりで、あまり大々的には報道されていません。
093
でも、そもそも何故今カナダに難民/移民が押し寄せているかといえば、アメリカがトランプ政権になり、現在アメリカに滞在している難民が追い出されるという危機感を抱えていることが主な要因なのだそう。
011
アメリカには、2010年にハイチで起きた大地震(死者が20万人以上。統計によっては31万6千人とも)の際に期限付きの滞在許可を受けた難民が多数いるそうですが。今年の5月に「滞在許可をあと6か月だけ延長するので、その間に帰国の目途を立てておくように」と発表があったため、それまでにハイチに戻らなくてもいいように難民認定を受けなければと焦った人々が国境を越えてカナダに押し寄せているのだそうです。
098
モントリオールでは通常の4倍にも上る難民認定申請が提出され、全てのプロセスが追い付かず。難民を収容する場所もなく、困り果てている様が連日報道されていました。
086
アメリカに居ても難民・移民問題は大きな関心事ですが、最近はヨーロッパ等、他地域の状況があまり報道されない傾向にあります。勿論自分でサーチにいけば、情報は沢山あるのでしょうが、なかなか時間がとれず。
089
そんな状況下でのモントリオールでの連日のニュース。改めてきちんと関心を持ち続けなければと思った次第です。
043
旅行はやっぱりいいものですね。気晴らしになりますし、綺麗な空気や風景に心洗われますし。美味しいものを食べたり、少しとはいえ他国の文化に触れたりもできます。でも、自分の視野の狭さや知識の無さを痛感して謙虚になるきっかけをくれるというのも、大事な効用だと改めて感じました。
131 114

« モントリオールの公共交通機関 | トップページ | 2017年8月のハイライン風景 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1795052/71623953

この記事へのトラックバック一覧です: モントリオール徒然:

« モントリオールの公共交通機関 | トップページ | 2017年8月のハイライン風景 »