2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« ウエストヴィレッジの1人で食事がし易いオーストラリア風カフェ | トップページ | リンカーンスクエアのクリスマスツリー2017 »

2017年12月 4日 (月)

6番街のイルミネーション2017

濃い霧に覆われていた月曜日のニューヨーク。日が昇るにつれ、霧も晴れてきました。昨晩はスーパームーンだったらしく、今朝のラジオでは「まだスーパームーンが美しく輝いています」と言っていたのですが、残念ながら我が家からは見れず。今日は段々と雲が多くなるようですが、日中は天気がもつ予報です。明日は雨らしいので、用事は今日中に済ませておくと良さそう。その為気温は段々と上昇するようで、最高気温は11℃です。

昨日は夫の服や1週間の野菜&果物を調達する為に散歩がてら出掛けたのですが、偶々ランチに入ったレストランでボランティア仲間に遭遇。凄い偶然にテンションが上がりました。そのボランティアは冬の間はほぼお休みになるので、ハロウィーン以来会っていない方だったので、近況を雑談。彼女は「この時期のお店が大嫌いだから、NYCで造られた商品が並ぶポップアップショップだって宣伝に騙されて足を運んだの。そしたら全然違ってがっかり。」と嘆いていました。

自分へのクリスマスプレゼントとしてヘルシンキとロンドンに居る友達に会いに行っていたと仰っていて、「結局友達にはホリデーカードを書いて、メッセージとして『今年のプレゼントはディナーです。一緒に食事に行きましょうね』って。ディナーをご馳走することをプレゼントに代えるわ」とのこと。確かにこの歳になってくると、もう物は要らなくなってきますよね…。経験や時間を貰える方が嬉しい気がします。ヘルシンキが大好きな私はとても羨ましかったのですが、彼女曰く「皆、『なんでヘルシンキなんか行ったの?』っていうのよね。全然ピンとこないみたいだったから、貴方みたいな人がいて嬉しいわ。あの街は素敵よね!」とだそう。個人的には旅行先としては、今まで訪れた都市で一番気に入っているのになーと不思議でした。
*************************************************************
さて、今回はホリデーシーズンの定番、アヴェニュー・オブ・アメリカのホリデーライトのご紹介です。
006
ホリデーシーズンのイルミネーションというと、一番にパッと頭に浮かぶのは5番街ですが、アヴェニュー・オブ・アメリカも毎年同じ飾り付けが登場するので古き良きアメリカのクリスマスという感じが味わえて好きな通り。同じように感じる人が多いらしく、毎年5番街と並んで大混雑する場所でもあります。
012
なんといっても、6番街にはラジオシティ・ミュージックホール (Radio City Music Hall)があり、この時期はクリスマス・スペクタキュラーというショーを観るのが季節の風物詩の様になっています。友達カップルも、「安っぽい、いかにもっていう作りのショーなんだけど、ホール自体が歴史があって一見の価値があるし、風物詩だから、なんか毎年観ちゃうんだよねー」と言っていましたし。「1回は観てみると良いよ」と言われることも多いショー。実際毎年この時期になるとラジオシティーの周りは、子供連れのご家族や観光客で混みあいます。
015
ラジオシティーは、ロックフェラーセンターのクリスマスツリーの向かい側にあるので、一緒に楽しむ人も多いです。そのついでにと6番街の飾りつけと一緒に写真を撮る人も目立ちます。6番街の飾りつけは規模が大きい飾りが多いので、写真を撮るのにうってつけ。一目で何処かわかるので、思い出に残る写真が撮り易いのではないでしょうか。
003

ブライアント・パークから北に数ブロック歩いた場所にあるニューズ・コーポレーションのビル。赤いライトで彩られた木に白いトナカイ。電光のツリーが毎年恒例。

004

とは言え、赤い氷柱型のライトが追加されていた年があったのですが、木から血が降り注いでいるようで不吉だという意見があったのか、次の年から姿を消しました。

007

ニューズ・コーポレーションの北隣のブロックには、巨大ライト。

005

両脇にはライトアップされた木立が並ぶテラスがあり、テーブルと椅子が並んでいます。観光客がここぞとばかりに休んでいますが、光が綺麗な場所でもあります。

009
008

ライトの北隣のブロックには、噴水に設置された巨大オーナメント。

013
011

オーナメントの北東のブロックにあるのが、ラジオシティー・ミュージックホール。このツリーは黄色から赤へと刻々と色が変化するのですが、何故か今回赤ばかり撮れてしまいました。

016
017

北に向かうと、胡桃割人形が並ぶビル。殆どの飾りつけは西側に集中していますので、西側の歩道を歩くのがお勧めです。

018

オフィスビルのロビーにも立派なツリーが並びます。

019

ヒルトンホテル。今年はホテル前の橇のディスプレイが無くなり、赤いツリーのみ。

020

一番北にあるイルミネーション。

021

人も多いため、写真では上手く伝わりませんが。このビルの向かいにある街路樹も寒色のライトアップがされているので、この一角は光に溢れてとてもフェスティブ。

023

ロビーには2本の立派なツリーがあり、根元には伝統に従ってプレゼントが並べられています。このビルに入っている企業が、寄付するのでしょう。どちらのツリーの前でも、お子さんが立って親御さんが写真撮影をしていました。

022

« ウエストヴィレッジの1人で食事がし易いオーストラリア風カフェ | トップページ | リンカーンスクエアのクリスマスツリー2017 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1795052/72368818

この記事へのトラックバック一覧です: 6番街のイルミネーション2017:

« ウエストヴィレッジの1人で食事がし易いオーストラリア風カフェ | トップページ | リンカーンスクエアのクリスマスツリー2017 »