2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

2017年12月31日 (日)

サンディエゴ観光2日目

昨晩は早めに就寝し、体力を取り戻した2日目。ニューヨークとサンディエゴは3時間の時差があるので、夜早めに眠くなる代りに朝はすっきり目が覚めます。お蔭で午前6時半からシャワーを浴びて朝ごはんをのんびりと食べただけでなく。友人と待ち合わせた午前10時迄に散歩も楽しめました。
053
残念ながら友人の奥さんは病気で家を出られないとのことだったので、友人に車でエンシニータス(Encinitas)の街を案内してもらいました。前回訪れた際には偶々瞑想ガーデンが休園していたので、今回リベンジしたかったのです。
057
エンシニータスは、サーファーのメッカで、自然派志向、スピリチュアルに興味のある人、環境問題に対する意識が高い人が集まる傾向のある町らしく。ゆったりとしたサンディエゴにおいても、時間の流れが緩やかな町みたいでした。
079
瞑想ガーデンも、お昼に入ったメキシカンのカフェも、ランチの後腹ごなしに立ち寄ったビーチも、ニューヨークと同じ時が流れているとは信じがたいのんびりモード。雄大な景色に幸せそうな人々。とても良い気分転換になりました。
088
その後、これまた私がリクエストしたドッグビーチに立ち寄ってもらう事に。今回案内してもらったドッグビーチはトーリーパインズの近くでエンシニータスよりは南側。エンシニータスから延々と繋がっている長いビーチの途中にある広大なビーチの一部でした。

ホリデーシーズンで暖かかったせいか、多くの人と犬。しかし、それにも関わらず広大なビーチのお蔭で有り余るスペース。何もかもがニューヨークと違って、ぽかんとしてしまう気分でした。
102
カラッとしているので20℃以上まで気温が上がって、暖かい日差しが降り注いでいても上着が必要な涼しさ。今回はサンディエゴ本来の暑くも寒くも無い、過ごし易い気候を満喫できた1日でした。

2017年12月30日 (土)

サンディエゴ到着

今年も年越しを友達カップルと祝うためにサンディエゴにやってきました。ニューヨークを離れた彼女達と新年を迎えるのも3回目です。
002
フライト自体は、アリゾナ州フェニックス乗り換えで5時間ちょっとと1時間10分程の2本で大したことなかったのですが。やっぱり朝から移動の連続でくったくた。
004
友人に車で空港で拾ってもらって、ホテルにチェックインし。夕食を食べた後ちょっと散歩したらもうダウンしています。今日は早めに寝て、明日に向けて体力を回復させます。おやすみなさい。
017

2017年12月28日 (木)

クリスマスプレゼント

冷え込んでいる木曜日のニューヨーク。現在の気温は-10℃。最高気温は-6℃ですが、風が吹くため体感温度は低くなるとラジオでは注意を促していました。依然として週間天気予報に氷点下を脱する日が見当たりません。少なくとも来週の木曜日まではずーっと氷点下みたいです。過去2年?位が暖か過ぎたのだとは分かっているのですが、寒さが堪えます。皆様、今日は寒さ対策プラス風対策をしてお出掛けください。

今日はちょっと体調が優れないので、早速本題です。
****************************************************************
さて、今回はクリスマスに頂いたプレゼント自慢です。
001

先ずは日本の友人から届いたギフト。私の料理下手が知れ渡っているのか皆さんから出汁を頂戴します。確かに便利です。

002

ハッキリした色遣いや図案は和風なのに、今風にアレンジされた風呂敷包み。入りシャルも刺繍されていて気が利いていてお洒落です。旅行する時に荷物を小分けするのにとても便利そう。特に昨今は空港でスーツケースを開けて係員に中身を見せる機会も多いので、隠したい物も多いですから…。早速年末年始の旅行から活用致します。

003

和菓子のクリスマス菓子が登場しているとニュースとかで見た記憶がありますが、実物を目にするのは珍しい。淡い甘さは如何にも日本でとても美味しかったです。こちらのきつい甘さが苦手な夫も喜んで食べていました。

004

ホリデーチップに使おうかとも思ったのですが、やっぱり勿体なくて…。結局使いそびれたポチ袋。むき出してお金を渡さなければならないような機会があったら使いたいと思います。日本では結構使う機会があったのに…。

005

友人のお子さんが好きだという組み立て消しゴム。なんだか懐かしいような物で今の子供達も遊んでいるんだな~と安心なような。でも私が遊ぶ感じでもないですし、かといって周りの子供達はまだまだ小さくて誤飲が心配。どうしようかと悩み中です。

003_2

ボランティア仲間とはあまりプレゼントのやり取りはしませんが。1つのボランティアはずっと同じ方とペアを組んでいるので自然とプレゼントのやり取りが発生しました。ユダヤ系アメリカ人やイタリア系アメリカ人の方々なのですが、2人とも信仰はしていないなので、自然とクリスマス前にプレゼントをするように。

002_2

ユダヤ系の方からはユダヤのペイストリーであるルゲラー(Rugelach)。以前頂いたことがあり、私がとても気に入っていたのを覚えていらっしゃって、今回プレゼントしてくださいました。頂いた時はまだ温かくて芳香が漂っていた焼きたてほやほや。ユダヤ系住民が多いニューヨークではスーパーや多くのお店でルゲラーが販売されていますが、彼女から頂くのは格別に美味しいです。

004_2

もう一人のボランティア仲間さんからはチョコレートのトリュフ。チョコレートは大好きなのですが、何故か食べるとアトピーが酷くなるので最近は食べるのを控えていますが。ホリデーシーズンは沢山プレゼントを頂いたので、思わず食べてしまいました。反省…。

001_2
因みに彼女達は2人とも糖尿病のきらいがあるので甘いものを控えるようにお医者様から言われていると伺ったので、今年のプレゼントはほとほと困ってしまい。結局薔薇とフリージアを混ぜた花束を近所のデリの軒先にある花屋で作ってもらって、2人にプレゼント。一緒に働いているスタッフさんには板チョコを差し上げました。

2017年12月27日 (水)

ホリデーシーズンの街角風景2017

曇りの水曜日のニューヨーク。今日は晴れ時々曇りの予報。本日の最高気温は-3℃。現在はまだ-7℃ですので、温かくしてお出掛けください。明日はもっと寒くなる予報です。ニューヨーク市から寒さへの警戒を呼び掛けるメールが届きましたので、以下に添付致します。「なるべく屋外で過ごさないように」と注意されてますが、私は今日屋外でのボランティアの日。重ね着しまくって、用事の際にはレイヤーを脱いだりして、こまめに体温調節したいと思います。

Notification issued 12/26/17 at 1:35 PM. New York City Emergency Management urges New Yorkers to prepare for upcoming extreme cold weather. Expect bitterly cold temperatures and wind chills through the week.

New Yorkers are encouraged to stay indoors as much as possible. When outdoors, be sure to wear dry, warm clothing and cover exposed skin. Check on your neighbors, friends, and relatives, especially the elderly and those with disabilities, and access and functional needs during periods of extreme cold. People most likely to be exposed to dangerous cold include those who lack shelter, work outdoors and/or live in homes with malfunctioning or inadequate heat. Seniors, infants, people with chronic cardiovascular or lung conditions, people using alcohol or drugs, and people with cognitive impairments (like dementia, serious mental illness or developmental disability) are at increased risk.

Health problems resulting from prolonged exposure to cold include hypothermia, frostbite, and exacerbation of chronic heart and lung conditions. If you suspect a person is suffering from frostbite or hypothermia, call 9-1-1 to get medical help.

For more information on how to prepare for extreme cold, please visit:  http://on.nyc.gov/2DQMN5H.
***************************************************************
さて、今回は再びホリデーシーズンのニューヨークの様子をお伝えします。
007
008

日本と違いクリスマスが過ぎても年明けまでホリデーデコレーションが継続されるニューヨーク。アメリカは日本と違って門松とかを出さないからだろう…と漠然と思っていましたが、友人がフェイスブックに「Yuletide」のお祝いと記載していたので意味を調べたら冬至から太陽が復活してくる季節を祝う風習が転じてクリスマスの季節を祝う意味になった、という事らしく。冬至から1月過ぎまでの期間だと記載しているページもありました。「だからクリスマスが過ぎても飾りが残されるのかな?」と夫と想像しました。

012
009
011

マディソン街にあるデパート『Barneys New York』のホリデーウィンドーはアーティストデュオの『The Haas Brothers』が担当。この世界こそが大きなギフトであるというコンセプトの下に明るく可愛らしく、でも考えさせられるウィンドーになっています。バーニーズのウィンドーは毎年毛色が違って楽しみにしているウィンドーです。今動画を見ていたら、ダウンタウンのウィンドーは違うデザインで面白そうなので、機会があれば観に行きたいと思います。

013

ニューヨークには各大学や協会が所持する立派なクラブがあります。選ばれた人達しか入れないそれらの建物はとても立派で飾りつけもクラシカルでゴージャスな事が多いような。このセントラルパークの近くにある建物のコートヤードのツリーも立派です。弁護士さんのパーティーに招待されて中に入った夫曰く「中も凄く綺麗だった」との事。

014

写真を撮影した時はハヌカの真っただ中だったので、セントラルパーク・サウスと5番街の広場には巨大なハヌッキーヤがありました。

022
024
145
146

アッパーウエストサイドのアパートに飾られたリース。

025

お店の前にはツリー。

026

お店の前に置かれていたランプ。ホノグラフィーだったのか立体的に見える星が光っていてとても綺麗でした。

027

年々派手になっているように感じるクリスマスツリー屋さんのデコレーション。

068

エバーグリーンや木の実のモチーフが多い季節ですが、ゴールドやシルバーで作られていると雰囲気が違って目を惹きます。

116

カフェのテラスもホリデー仕様に。

150
151
152

有名なアメリカ自然史博物館のOrigami Holiday Tree を見たことがないという話になり、夫と週末に足を運んだのですが。セキュリティーが強化されていたためか、1つの入り口からしか入場できず、人々が長蛇の列を成していたので諦めました。2018年1月7日まで展示されているようなので、年明けに観に行けたら良いのですが…。

007_2
008_2

最近は朝焼けがとても綺麗です。ガラス張りのビルにも朝焼けが写ります。

021

ハイラインから見たハイラインホテルのツリー。

023
025_2
027_2
028_2

毎年楽しみにしているツリーです。

029

チェルシーにある本屋。派手さはないものの、この本屋のホリデーディスプレイも好きです。

036

ウエストヴィレッジの児童公園のツリー。

038
039
040
043

ブリーカー通りが終わる場所にあるスクエア。ここのツリーとリースも毎年楽しみにしています。

049

グランドセントラル駅前の跨道橋もクリスマス色。

050

マディソン通りに新しくできたビルでしょうか?キャンドルみたいにライトアップされていました。

060

アイリッシュパブやバーは派手にデコレーションされているお店が多いです。

006

パーク街には犬型(?)のライトが。

007_3

グランドセントラル駅のリース。ライトアップされていなくとも雰囲気があります。

008_3
009_2
011_2

パーク街にも毎年恒例のデコレーションがあり、散歩が楽しめます。

022_2
021_2

夜になるとパーク街の中央分離帯にずらりと並んだツリーやビルのライトアップがとても綺麗。

018
024_2

アッパーイーストはクリスマスともなると人が少なくとても静か。

023_2

マディソン街は高級ブティックが多いので華やかな通りです。

025_4

大好きなメトロポリタン美術館のクリスマスツリーを見に出掛けたのですが、思ったよりもディナーをのんびりと食べてしまい、ぎりぎりで閉館してしまいました。残念…2018年1月7日まで展示されているので、なんとか足を運びたいです。

026_2

セントラルパーク動物園の脇に建つ建物。

027_3

2017年12月26日 (火)

のーんびりクリスマス

冷え込んでいる火曜日のニューヨーク。これから1週間最高気温が氷点下を脱する日が見当たりません。本日の最高気温は-1℃。でも今日は良い方で、これから1週間は最高気温が-3℃~-5℃の予報が続きます。最低気温なんて-12℃。-10℃を超えるときついんですよね…喉とか鼻が息をするたびに痛みますし。暫くの間は温かい下着を着こんで、風邪などお召しにならないようお気をつけください。

クリスマスを過ぎて、ラジオが一気に2017年を振り返る内容になっています。今年の重大ニュースとか、来年の予想とか。アメリカ経済は好調だと言われていますが、それを裏付けるようにこのホリデーシーズンの売り上げはとても良かったとの事。クリスマスが月曜日だったことにより、直前の週末にショッピングをする人が多かったからということらしいです。でも個人の貯蓄額もクレジットカードの借入額も非常に高い水準なので、近い将来経済が落ち込むのではないか?という恐れが広がってもいるみたい。意味なく溜めても仕方ないですが、どうせお金を使うなら建設的な使い方をしたいと思います。
***********************************************************
さて、今回は9度目のクリスマスをのんびりと過ごしたただの日記です。
001
ニューヨークに住み始めたばかりの頃。ここに住んでいるからこそ訪れる事が出来る場所をなるべく見ておこうという気持から、クリスマス休暇を使ってケベックを旅行しました。しかし偶々その年は大寒波。大雪で飛行機がキャンセルされ、電車は1週間先まで満席。仕方なく1日近くかけてバスで帰宅したことが堪え、クリスマスはニューヨークで大人しく過ごす事が殆どでした。
022
その後、温かいチャールストンを旅行したことがあるため今回ニューヨークの自宅でクリスマスを過ごしたのは7回目だと思います。友達カップルがニューヨークに住んでいた頃は、皆で集まってパーティーしたり、クリスマスのイルミネーションを見物に行ったりしましたが。今は夫と2人で家でのんびりすることが多くなっています。
030
今年は珍しくクリスマスイヴに年賀状を投函し終えたので、クリスマス当日は本当にのんびりすることが可能に。とは言え、貧乏性なので掃除やらをしていたら午後2時過ぎになってしまいましたが。家の中は少しすっきりしましたし、そこから少し読書を楽しむこともできました。
054
今年もクリスマスディナーは外食しました。今回はグラマシーにある暖炉のあるコンフォートフードのレストラン。古い農家のような内装に薪が燃える暖炉があって、窓にはリース。クリスマス気分を満喫できて、とっても楽しい食事でした。
056
その後、去年と同じくフィナンシャル地区に行ってツリー巡りをしようと計画していたのですが。既に気温は0℃で強風。寒すぎてイルミネーションを楽しむような気分になれず。いつもならば1時間位散歩がてら歩いて帰宅するのですが、それさえも放棄して地下鉄ですごすごと帰ってきました。
055
お蔭で午後7時過ぎには温かい我が家に帰還。洗濯をしつつブログを書き、その後ネットサーフィンしてのんびりと過ごせました。これはこれで、良いクリスマスでした。
051
ここからは年末に向けてラストスパート。楽しい年末年始を過ごせるように、あと少し頑張りたいと思います。
029

フラットアイアンにあるエース・ホテル(Ace Hotel)は洗練された田舎風の飾りつけ。

030_2
033

マディソンスクエア・パーク(Madison Square Park)のツリー。暗いともっと綺麗なのですが。

036
037

暗くなってから訪れれば、アーウィン・レドル氏の『Whiteout』とエンパイアステイトビルのライトアップ+クリスマスツリーが同時に楽しめます。

031

冬枯れたので公園内からでもフラットアイアンが見えます。

035

シェイクシャックの横にある噴水もシャンパンタワーかウエディングケーキのようなデコレーションが施されています。

038

全米で行われる寄付の約30%が12月なのだそう。今月議会を通過した税制改革によって寄付が減少するのでは?と予想されていることもあり、どこの団体も寄付集めに奔走しています。

039

フラットアイアンプラザのホリデーアートとエンパイアステイトビル。

040

ニューヨークでは数年前からクリスマスツリーをリサイクルする取り組みが行われています。既にユニオンスクエアにクリスマスツリーを集める場所が設置されていました。

041

ユニオンスクエアにもツリーが登場していないかな?と期待したのですが、リースのみでした。ホリデーマーケットが跡形もなく姿を消し静か。

043

グラマシーパークは住人のみが入れるプライベートパーク。

046

入ることはできませんが、中央に立つ立派なツリーと背後に見えるクライスラービルを眺めたり。

047
049
048

公園をぐるりと囲む歴史ある建物のクラシカルな飾りつけを楽しんだり。

044

2017年12月25日 (月)

タイムズスクエアの希望の壁2017

よく晴れたクリスマスのニューヨーク。朝の内は昨晩雨を降らせた雨雲が重く残っていましたが、あっという間に風に飛ばされ青空となりました。でもそれにつれて冷え込んでいる様な気もします。本日の最高気温は4℃ですが、強風で寒く感じそう。夜には氷点下に冷え込む予報ですので、温かくしてクリスマスの日をお過ごしください。

友人がフェイスブックで、アイスランドではクリスマスイヴに本をお互いにプレゼントして、クリスマスイヴの夜からクリスマスにかけて1日のんびりと読書して過ごす習慣があることを紹介していました。本好きの私にとっては非常に魅力的なホリデーの過ごし方だなーと憧れてしまいます。それに影響を受けた訳ではありませんが、今年は年賀状も昨日出し終わりましたし、大掃除も今日必死こいてやらなければならない程は切羽詰まっていないので、ディナーに出掛けるまでのんびり本を読んで過ごそうかと画策中です。

友人はクッキーを焼いた写真をアップしていたりして、皆さんのんびりとした幸せなクリスマスを過ごしている模様。皆様も大切な人と一緒に幸せな時を過ごせますように。
*********************************************************
さて、今回は新年が始まった瞬間にタイムズスクエアに降り注ぐ紙吹雪きに願いを込める恒例行事『希望の壁』(NYE WISHING WALL)がタイムズスクエアに登場している話題です。
059
毎年大晦日から新年を迎える瞬間にタイムズスクエアで大々的に行われるカウントダウン。今年が東芝がメインスポンサーを担当する最後の年みたいですね?ということは、アメリカ東海岸時間の大晦日の午前中に、日本の新年を祝うジャパン・カウントダウンが行われるのも今年が最後なのでしょうか?なんだか寂しいですね…。
053
それはさておき、今年も新年になった瞬間にタイムズスクエアに降り注ぐ紙吹雪きに願いを書く『希望の壁』がタイムズスクエアに登場しています。以前はインフォメーションセンターに常駐していた壁ですが、去年から移動の簡易壁が2017年12月1日~12月29日迄の間、午前11時~午後8時までプラザ(TKTSやスタジアム型のベンチがある前の広場)に登場しています。
054
人々が書いた願いは細断され、新年に集まった人々の頭上に希望の欠片として降り注ぐという訳です。願いを書き込むのは無料で誰でもできます。そして願いは細断されるので、誰かの下で読める状態で一生保管されるなんて心配もありません。
057
いつもは読むだけでしたが、今年は私も新年に向けての希望を日本語で書きこんできました。壁に貼られている人々の願いを読むのも楽しいのです。今年は例年と違って、一生懸命係員の男性陣が呼び込みをしていたので、願いが書き易かった気がします。
055
12月28日迄に提出された紙吹雪が今年の年末に細断の上、大晦日/新年に降り注ぎます。12月29日以降に書き込まれた願いについては、2018年/2019年のコンフェティになるとの事です。
051

凄い人混みです。

052

我々がNYCに居る間はずっとスポンサーだった東芝。東芝ビジョンが無くなってしまうなんて寂しい限り。

058

人々の願いがぎっしり。

056

2017年12月24日 (日)

フラットアイアンのホリデーアート2017

朝焼けが美しいクリスマス・イヴのニューヨーク。昨日は1日雨が降りましたが、今日は雲が多いものの太陽も顔を覗かせる予報で降水確率は0%。最高気温は6℃ですし、最低気温も氷点下にいかないので、それほど気温は冷え込まないようです。が、強風に対して注意を促すメールがニューヨーク市から届いています。明日の午後6時まで強風が続くとの事。以下に添付致しますので、お気をつけください。

Notification issued 12/24/17 at 3:20 AM. The National Weather Service has issued a Wind Advisory citywide in effect from 6 AM, on 12/24 until 6 PM, on 12/25. The advisory has been issued for sustained winds of 25-35 mph, with gusts in excess of 50 mph. During periods of high winds, residents should use caution when walking or driving high profile vehicles. Winds at these speeds can cause flying debris, turn unsecured objects into projectiles, and cause power outages. To prepare, charge cell phone batteries, gather supplies, and turn refrigerators and freezers to a colder setting. Always stay clear of downed power lines. If you are affected by an outage, turn off all appliances and keep refrigerator and freezer doors closed to prevent food spoilage. Do not use generators indoors. If you lose power and have a disability or access needs, or use Life Sustaining Equipment (LSE) and need immediate assistance, please dial 9-1-1.

ボランティア仲間達が「iPhoneが遅くなった!」、「もう絶対に次はAppleは使わない!」と今週会った時激怒していましたが。とうとうApple社に対して、いくつかの訴訟が起こされた事がニュースになっています。なんでもアップル側は、古いiPhoneの動作を遅くすることによってバテリーを長持ちさせる為のアップデートだったと主張しているようですが。消費者側は「新しいiPhoneを買わせる為のいやがらせだ。わざと動作を遅くするアップデートだったくせに、その事実を公表しなかったことがそれを物語っている」と怒っているとの事。アップル、最近どうしたんでしょうね。
****************************************************************
さて、今回は今年もホリデーシーズンに合わせてコンペティションを勝ち残ったアートが展示されているフラットアイアン・プラザのホリデーアート『Flatiron Reflection』です。
044
毎年この時期になると選考が行われ、勝ち残った作品がホリデーシーズンのフラットアイアン前の広場(23丁目と5番街&ブロードウェイが交差して成された3角形のスクエア)に展示されます。華やかで面白い作品が多いので毎年楽しみにしているのですが、今年は筒状のスデージのようなアートが登場しました。
043
その名も『Flatiron Reflection』で、中央に立つと自分が筒に写ってフラットアイアンと相まって面白い視覚効果が生み出されます。例年に比べるとちょっと派手さに欠ける気もしなくもありませんが、夜はライトアップされるのでしょうか?
045
作者は『Future Expansion』というブルックリンにあるデザイン事務所。展示期間は明記されていませんが、WEBの記事で2018年1月1日まで展示されていると書いている記事がありました。ご覧になりたい方はお早めに。

2017年12月23日 (土)

アーウィン・レドルの光のパブリックアート

雨の土曜日のニューヨーク。今日は午後4時頃まで雨が降る予報。最高気温は13℃と暖かめの1日となりそうです。

今週はホリデー前の最後のシフトという方が多かったので、ボランティア仲間からプレゼントやカードを頂き、忙しくもハッピーな気持ちに包まれた1週間でした。皆さん家族で集まってお祝いしたり、NJ週の農場に行ってのんびりしたり、友達で集まって食事をしたり、家族&友達で集まるために小旅行したりと、其々楽しそうな計画を立てていました。

ドイツの友人からも恒例のホリデーカードがE-mailで届きました。ご家族に起こった出来事をドイツ語でA4サイズにまとめたレポートのような物に写真が添えられているカードを英語に訳した物で、毎年とても楽しみにしているのです(彼女達はイギリス&アメリカに駐在していた期間があるので、ドイツ語を喋れない友達が結構いらっしゃるのです)。それによると彼女は来年の夏で小学校の先生を定年退職するそうで、今はあまりに忙しいので少しお休みするのが待ち遠しそう。殆どが移民・難民の子供達なので、カリキュラムを試行錯誤しながら一生懸命教えているみたいです。旦那様は今年もそんな子供達に週3日ボランティアでドイツ語を教えたとの事。でも10月に足を骨折して現在は日数を減らしているという驚きのお知らせが。4人いるお子さんも99歳のお母様も、お会いしたことがあっても無くても、毎年のカードで様子を拝読しているので他人だと思えません。お蔭で興味を持って移民・難民問題や中東問題の本を読んだりもしました。有難い出会いです。
********************************************************
さて、今回はマディソン・スクエア・パークで2017年11月16日~2018年3月25日まで展示されているパブリックアート『Whiteout』です。
050
私達が見たのは夕方だったのですが、夜はまた全然違う姿が楽しめそうな光のアートです。加えて写真を撮影したのは11月下旬で丁度落葉が綺麗な季節だったのですが、現在は全然違う冬の光景でしょう。雪の日に見ても綺麗でしょうね。
047
アーティストはオーストリア出身で、現在はニューヨークとオハイオをベースに活動しているアーウィン・レドル(Erwin Redl)氏。光を使った作品を多く発表しているアーティストみたいです。
049
このアートは正方形のグリッド型に張られたワイヤーから吊り下げられた100以上の球形のLEDライトが2つ並んでいる大型作品。LEDライトが風にゆらゆらと揺れる為、アートが屋外にあることによって生み出す相乗効果を感じやすい作品です。
048
今の季節であればこのインスタレーションの後ろにクリスマスカラーにライトアップされたエンパイアステイトビルが見える筈ですし。距離が離れているので一緒に見えるかは分かりませんが、クリスマスツリーだってついでに楽しめます。
051
フラットアイアン・プラザにこちらも毎年恒例のホリデーアートも登場していますので、2つのパブリックアートを同時に楽しめるのもアート好きには見逃せません。個人的には近くにあるABCカーペット&ホームという高級&お洒落な家具・インテリア店のショーウィンドーを見るのも毎年楽しみにしていますし。ユニオンスクエアのグリーンマーケットをそぞろ歩くとリース等が売られていてホリデー気分を味わえます。ホリデーマーケットは明日が最終日です。
046
この季節にそぞろ歩くのにピッタリのこの地域。私達もこのロングウィークエンド中に足を運びたいと思っています。皆様良いホリデーをお過ごしください。

2017年12月22日 (金)

雪のハイライン

曇っている金曜日のニューヨーク。ラジオでは午後から雨が降る可能性があると言っていましたが、WEBで見ると午後8時までは大丈夫となっています。残念ながら明日は本当に雨が降りそうです。でもそのお蔭か、今日の最高気温は9℃。寒さが和らぎそうです。

今日はクリスマス前最後の金曜日ということで、交通機関や道が混雑することが予想されています。お出かけの際には余裕を持って計画した方が良さそうです。夫のオフィスも午後3時に終業するそうですが、夫は終日仕事しないと間に合わなそう…と嘆き節。私も朝一で用事を済ませた後ボランティアに励む、通常の1日です。

体調を崩したせいで大掃除が終わっていないのが頭が痛いのですが…。今日こそアパート内で働く人たちに渡すチップは用意するぞ!と朝から気合を入れています。皆様よいホリデーを迎えるためにも、頑張りましょう。
*****************************************************************
さて、今回は2017年12月第3週のハイライン(The High Line)を中心とした雪景色をご紹介します。
081

先週の金曜日の午後から新たに雪が降ったのですが、その前に既に降った雪が残った状態のハイラインです。

082

今シーズンの雪は降っても道路には積もらず、草地や木道のみに残るので、茶色く汚くならず美しい印象。

083

雪とは関係ありませんが、ハイラインに面して新たに建ったZaha Hadidのコンドミニアム内にバスタブが設置され。綺麗に並んだバスタブを眺めながら、ニューヨーカー達は「そりゃ、お風呂に入りながらハイラインを眺められたら良いだろうけど、こっちからも丸見えだよね?どうするんだろ?ブラインドがあるのかな?」と不思議がっています。どうなんでしょう?

084

屋根も真っ白。

085
087

日があまり当たらない部分は雪が融けずに残ります。

089

23丁目付近の芝生。

090

街中なのに自然を感じられる。程よいミックスがハイラインの魅力です。

093
092

クリスマスらしい赤い実。

094

季節によってその姿を変えるのが魅力のハイライン・アート。現在はアートに溜まった水が凍っています。

095

寒い日はご覧の様に空いているハイライン。地元の公園ぽさが味わえます。

097

ただ人気の10番街を見下ろすシアター状の部分は雪が積もっていると立ち入り禁止になってしまいます。雪が積もっていない時にどうぞ。

098

Cornus sanguineaがMidwinter Fireという名前に相応しい色になってきました。

099

16丁目の分岐。

100

101
隅には雪が吹きだまっていました。

103

スタンダードホテル付近。

106
107

雪の白さは枯れた草のフォルムを浮かび上がらせます。

110

スタンダードホテルの南側は日が当たるので雪があまり残っていませんでした。ここら辺が雪で覆われていると非常に綺麗なのですが。

111

雪が降った直後だと随分違ったアートを楽しめそうです。

115

南端部分。

120

新たに金曜日に雪が降った後のブライアントパーク(Bryant Park)のクリスマスツリー。

121

オーナメントが雪の帽子を被っていました。

117

土曜日のブライアントパークは人混みを覚悟してお出かけください。

118

寒い日だったので、ブライアントパークの噴水が氷柱に。

122
124

ブライアントパークの花壇にも雪が残っていました。

126

ブライアントパークの隣にある、ニューヨーク公共図書館本館のシンボルであるライオン像もホリデー仕様のリースの上に雪。

154

雪景色のセントラルパーク(Central Park)。

157

2017年12月21日 (木)

デランシー通りのローカルなパイ屋

快晴の木曜日のニューヨーク。久し振りに寒さが厳しく感じました。最高気温は4℃までしか上がらないので、温かくしてお出掛けください。私は長時間外で過ごすボランティアなので、上下ウールのレイヤーを着こみました。クリスマスは雪になるなんて予想されていましたが、今日見たら晴れ時々曇りに変わっていますね。土曜日は雨みたいですが、イヴとクリスマス晴れてくれた方が有難い気がします。

本日もまだ体調が悪いので、いきなり本題です。
************************************************************
さて、今回はローワーイーストサイドに2014年11月からオープンしているパイ屋『Petee’s Pie Company』です。
070
既にオープンから3年が経ったという事ですが、テナメント博物館の近くにあるこのパイ屋の存在は全然知りませんでした。そもそも私はあまりローワーイーストサイドに足を踏み入れないんですよね…、美味しそうなレストランも沢山あるのに。

でも今年のサンクスギビングにパイを食べるべきお勧めパイ屋というリストが何処かに掲載されていて、その中でこのパイ屋がお奨めされていました。丁度近くに行く用事があったので、それならばとついでにパイを買いに足を延ばしました。
071
残念ながら感謝祭前日のその日は、パイはホールでしか販売していなかった上、私が訪れた午後2時半頃はパイが完売していたので試すことはできず終い。でもそうなると、もっと食べたくなるもの。先日用事の後に直接ボランティアに足を運んだ際に、ランチ代わりにパイを食べに行きました。

お店はパイをその場で作っていますという雰囲気むんむんの、実直な感じな店構え。カウンター式の席が5つほど用意されていますが、大人数でイートインするのには適していません。友達と集まるのも、2人ならばOKだと思いますがそれ以上だと喋り難いでしょうし。他のお客さんが来たら気を使うと思うので、長居にも向かないと思います。
072
ドリンクもベーシックな物がありますが、出てくるのに長い時間がかかりましたし、やっぱりパイをパパッと食べて出るというのが基本。じっくり味わいたいのであれば、テイクアウトした方が良いのかも…という位、居心地はイマイチ。

パイは昔懐かしいアメリカの味という感じ。甘みが強い、今風ではない味付けです。それもその筈、どうやら南部に伝わるレシピを基に作っているらしいのです。
076
ただ、最近オープンして好評を博しているお店らしく、材料は地元でできる限り仕入れており、可能な限りで有機栽培されたフルーツや、有機物を食べて育った牛から絞った牛乳で造られたNY州産のバター等を使っているとのこと。またニューヨークに多いビーガン(完全菜食者:乳製品も一切食さない)やグルテンフリーにも対応した商品も用意されています。

私は酸っぱいパイが好きなので、南部では有名だという『レモン・チェスパイ』を選択。なんでも卵、バター、砂糖を混ぜた中にレモンの果汁と皮を加えただけのシンプルなパイなのだそうで、伝統的なパイの1つとの事。
006
個人的な好みとしては甘みが半分位だったら嬉しかったと思いますが。アメリカらしさを堪能できました。何かのついでがあったら、他の味も試したいと思います。お土産にも良さそうに思いました。

Petee’s Pie Company

61 Delancey St
New York, NY 10002
メニュー、営業時間等の詳細はお店のHPにてご確認ください。

2017年12月20日 (水)

ワシントンスクエア・パークのクリスマスツリー2017

曇っている水曜日のニューヨーク。今日の予報も晴れ時々曇り。最高気温は7℃ですが、夜になるとグングンと気温が下がるみたいなので、夜までお出掛けの方は準備した方が良さそうです。

今日は体調が悪いので早速本題です。
*****************************************************************
さて、今回はグリニッジヴィレッジにある文化の中心的存在であるスクエア『ワシントンスクエア公園』(The Washington Square Park)のクリスマスツリーを中心に、周辺地域のホリデーシーズンの風景をご紹介します。
034

いつもはアーチの前、5番街の突き当りに立てられるツリーですが、今年はアイ・ウェイウェイのパブリックアートがある為、パーク内に移動しています。

032

後ろにアイ・ウェイウェイ氏の作品が見えます。

033

何となく見慣れませんが、写真はいつもより撮り易かったかもしれません。

037

アイ・ウェイウェイの作品内から見るとこんな感じです。

035

ワシントンスクエア公園の北西の角(だと記憶しています)には華やかなイルミネーション。

036

街路樹がライトアップされていたり。

038

公園内にツリーがあるのが不思議です。

039

こちらはクリストファー公園前にあるクリスマスツリー屋さん。緑と赤のライトがクリスマス気分を盛り上げています。

040

ブリーカー通りと6番街の角にある『Father Demo Square』内にある噴水がツリー状にライトアップされていました。

044

ここからは大好きなウエスト4th通りです。

047

角に建っている、季節ごとに豪華な飾りつけをするお宅。

045

今年のテーマはプラチナ色と鳥でしょうか?

046

アクセントにエメラルドグリーンのオーナメントが飾られています。

048

ライトアップしていない木にも鳥の飾り。

049
057

ストゥープの手摺りにもエバーグリーンと鳥。

058

ウエスト4th側の柵にも飾りつけ。

050

お隣の家も豪華に飾り付けていました。

052
051
055

こちらは木の実と常緑樹、そしてカラフルなオーナメントがテーマでしょうか。

054
053
056

そのまたお隣のアパートのテーマカラーは青と銀。

059
060
061
062

レストランにはツリーやリース。

063

ハーブが多用された飾りつけや。

064

窓の桟を利用した飾りつけ。

066
067

8番街とホレシオ通り、ジリニッジ・アヴェニューの交差点にある『Jackson Square』のライトアップ。去年と変わっています。

031

ハヌカ(Hanukah)の期間中はエンパイアステイトはブルーと白にライトアップされています。

079

2017年12月19日 (火)

友達とホリデーウィンドー巡り

曇りの火曜日のニューヨーク。予報は晴れ時々曇りで降水確率は10%。昨日も少し暖かくて肩の力が抜けましたが、今日は最高気温が12℃と随分寒さが和らぎそうです。

昨日ワシントン州シアトルとオレゴン州ポートランドを結ぶ新たな高速電車の初運転が行われ、その電車が高速道路を跨ぐ橋で脱線。いくつかの車両が高速道路に落下し、走行していた車両に落ちるという大事故が起こりました。少なくとも3名が死亡、約100名が負傷したとの事。現在原因究明が進んでいますが、30マイル/時間で走行すべきカーブを80マイルで走っていた事実が判明しており、スピードの出し過ぎが原因と考えられているそうです。シアトル出身でご家族や友達がシアトルに居るボランティア仲間の事が頭をよぎり心配な気持ちに…。日本でも新幹線で亀裂が見つかったそうですし。車に頼らない社会を構築することは、これからもっと大事になってくると思いますので、スピードや利便性、居住性の追求の前に今一度安全面に対する取り組みを見直してもらいたいと切に願っています。
**********************************************************
さて、今回は毎年恒例となっている友達カップルとのホリデーウィンドー巡りについてです。
129
今年でニューヨークでのクリスマスも8回目(去年8回目と記載しましたが、7回目の間違いでした。丁度年賀状を書いていたので、2017年だと勘違いしてしまいました)。仲良くさせてもらっている友人とは2010年1月に知り合ったので、丸8年弱友達付き合いをしている計算に。
132
その為、毎年一緒にやる私達だけの恒例行事が出来上がりつつあります。その一つが、クリスマスにホリデーウィンドー巡りをすること。彼女達がニューヨークに住んでいた頃は、クリスマス当日にパーティーをした後繰り出していたのですが、現在はサンディエゴに住んでいる彼女達がニューヨークを訪れたタイミングで一緒に歩くことにしています。
131
今年は友人の奥さんもシフトを調整してロングウィークエンドにしてニューヨークを訪れる事ができたので、4人で週末に歩いてきました。集合もいつもの如く、34丁目とブロードウェイの角にあるデパート『メイシーズ』前。
128
そこからセントラルパークの南端までいつものようにホリデーウィンドーとイルミネーションを楽しみながら散策しましたので、風景のお裾分けです。
130

今年のメイシーズのウィンドーのテーマは『The Perfect Gift Brings People Together.』。全てのウィンドーがニューヨークを舞台にしていて、細かく作り込まれており、お子さんは特に楽しめそうな作りでした。以前さっと見た時は、相変わらず子供向けだなーという感じでピンと来なかったのですが。今回じっくり見たら、細部まで面白くて楽しめました。毎年恒例の『Believe』をテーマにしたヴァージニアちゃんのお話も34丁目側にあります。店内もキラキラと美しく輝いていて作り込まれていますので、覗くのをお忘れなく。

133

5番街と38丁目/39丁目に面して建つデパート『Lord & Taylor』。私はこのデパートのウィンドーを気に入ることが多いのですが、今年は少しがっかり。でも周りを縁取る常緑樹とリスは可愛かったです。テーマはスノードームを通して出る旅。

134

そこからは5番街のイルミネーションを眺めながらロックフェラーセンターへ。今年は5番街と47丁目付近の角からロックフェラーまでが凄い混みようで。サックス・フィフス・アヴェニューのホリデーライトショーを観たくて立ち止まる人と、見終って出る人と、これからロックフェラーのツリーを観たくて入りたい人が入り乱れて、何度か押されてふら付きました。実際にロックフェラーセンターに入るまでに20分はかかったと思います。ベビーカーを引いていくのは危険な気がしました。

135

そんな訳で人混みで待っている間に、ホリデーライトショーは3回観たのですが、人が多すぎて写真は撮れず。

136

不思議なことに一旦ロックファラープラザに入ってしまえば、酷くは混んでいませんでした。

138

但し、ホリデーシーズンでは恒例ですが、プラザに入れるのは5番街からのみです。6番街側へと出る事はできますが、ツリー側からプラザに入ることはできませんのでご注意ください。

139

我慢強く待って、友達と協力しながら、やっと柵の前に陣取ることに成功。お蔭で人が入っていないクリスマスツリーの写真を一枚だけ撮ることができました。

140

プラザ内はそこまで混雑していなかったので、もう一回ライトショーが始まらないかと暫く待ちましたが、まだまだみたいだったので諦めました。

141

ロックフェラープラザを北側に出てから、サックス・フィフス・アヴェニューのホリデーウィンドーの列に加わり、北から南に向かってストーリーに沿って見物。ここは思ったよりも混雑していませんでした。中でトイレを借りたのですが、店内のデコレーションもとても綺麗でしたし、トイレも清潔だったのでお勧めです。

143

ここから少し人混みを避けたい+マディソン街にある綺麗なツリーを観たいということで、マディソンの50丁目に。

142

このクラブ(ホテル?)のコートヤードにあるツリーは毎年立派で楽しみにしています。綺麗な写真も撮れるのでお勧めです。建物の中にあるツリーも立派ですし、周りのリースやガーランドも華やか。

144

ティファニーやヘンリー・ベンデル、バーグドルフ・グッドマンのホリデーウィンドーを楽しんで、プラザホテル前でツアーを終えました。ディナーはダウンタウンに移動して、喋りまくり。楽しい夕べでした。

127

2017年12月18日 (月)

ウィリアムズバーグのストリートアート

重く雲が垂れ込めている月曜日のニューヨーク。今朝は軽い雨が降っていたので、午前6時に目が覚めた時は真っ暗でした。今日は段々と雲が晴れて太陽が顔を覗かせる予報です。なんだか信じられませんが…。最高気温は8℃と少し厳しい寒さが和らぎそうです。

とうとうクリスマスまで1週間。週末に散歩や買出しをしていたら、まだまだクリスマスツリーを購入している方達を見掛けました。アッパーウエストのグリーンマーケットに1週間分の食料を買いに行ったら、そこにあるツリー屋さんでお気に入りのツリーを選んだり、購入したツリーを肩に担いで運んでいるカップルを見掛けました。どうやらご高齢になったご夫婦が多いアッパーウエストでは、自分達では巨大なツリーを運べないので、お子さん夫婦がホリデーの為に帰宅するのを待って、運んでもらっているという事みたいでした。ツリー屋さんを通りかかると、背丈よりも大きなツリーが沢山売られていて、私は勝手にレストランやショップで飾られる用だと思っていたのですが。アッパーウエストのブラウンストーンで立派なツリーが窓から見えて、自宅用なんだ!と驚いたり。ホリデーらしい楽しい風景でした。

我々の窓から見える新築のガラス張りの高層アパートにも見事なツリーが並んでいます。皆さんツリーのライトが目立つように、夜でも照明を抑えているので遠くからでも飾られたツリーたちがよく見えるのです。今年は体調がイマイチでツリーを自宅には飾りませんでしたが、よそ様のツリーを眺めるだけで楽しめると夫と窓の外を眺めながら笑い合いました。
*************************************************************
さて、今回はブルックリンのウィリアムズバーグを散歩して見掛けたストリートアートのご紹介です。
003

ストリートアートではないと思いますが(宣伝かも?)。良い言葉です。

004_2

Deborah Kass氏のOY/YOパブリックアート。イーストリバーフェリー乗り場にあります。

009

シャッターのアート。

010

減ってきたものの、トランプ大統領のストリートアートはまだまだあります。

011_2
012

ちょっと立体感が感じられるアートが歩道のあちこちに。ずっと前から少しずつ増え続けているみたいです。

026

個人のお宅前に飾られていたアート。見た事あるんだよな…と思いつつ、思い出せず。

027
028

お店の前に置かれたサンドイッチボード。

030

なんだかジョージア・オキーフを思い出しました…。

029

わざと廃墟っぽい雰囲気をだした飲み屋。前でモデルさんが撮影していました。

031
032
033
035
036
057
052
054
055

ウィリアムズバーグは壁画が多い地域。

034

ぺたりと貼り付けたアートも多くあります。このアーティストの作品はマンハッタンでも頻繁に見掛けます。

040

最近は工事現場の仮設壁にアートを施すケースが増えています。

037
駐車場にあった亡くなった仲間を追悼するアート。

041
042
051
043
044
イーストリバーに面して建つ工場や倉庫の壁には大規模なアートが。

064
色が綺麗だったので思わず撮影した郵便ポスト。多分何かの宣伝だと思うのですが。

065
お店の壁にもアートが施されています。このうどん屋さんも入ってみたいお店の1つです。

069

2017年12月17日 (日)

ウィリアムズバーグにあるチュニジアン・レストラン

朝から曇っている日曜日のニューヨーク。今日は雲が出るものの、1日晴れ時々曇りの予報です。少なくとも雨は降らない予報。最高気温は3℃ですが、日中は氷点下にはならないようなので、ぎり散歩も楽しめそう。昨日セントラルパークを散歩した友達カップルは「とってもマジカルだった!」と喜んでいました。

ボランティア仲間の男性が腰痛に効くヨガポーズの情報を送ってくれたのですが、その時丁度調子を崩していた私。そのまま返事をするのを忘れていたのを思い出し、先日お礼のメールを送信。その際、彼がアフリカ旅行に行くと言っていたのを思い出し、「アフリカはどうでした?」と聞いたら。「まだアフリカだよ!大晦日までニューヨークに戻らないよ」というメッセージと砂漠でヤギの子供を抱いている写真が送られてきました。70歳を迎えてますます元気で世界中を旅しているボランティア仲間を見ると励まされます。ちょっとクスッと笑って、年末の忙しい時期に幸せを貰えました。

年末を迎え、住んでいるアパートで働くドアマンやスーパーさん達にホリデーチップを渡す季節となりました。やっとホリデーカードは引っ張り出してきたものの、まだメッセージを書いて現金を包む作業はやれていません。なんとか今週中に渡さねば!
*********************************************************
さて、今回はブルックリンのウィリアムズバーグで入ったチュニジア料理のレストラン『La Goulette』です。
063
レストランのHPを見ると地中海料理店と紹介していますし、チュニジアは地中海に面しているので間違いではありませんが…。夫と付き合い始めた頃からずっと世界中で一番旅行したい場所がチュニジアである私としては、見逃せなかったこの食事処。

食事ができるテーブルも沢山用意されていますし、広々していて居心地も良いですし、トイレもあるのでレストランではあるのですが。多くのお客さんは食事をテイクアウトするので、とてもカジュアルな雰囲気で、どちらかというとデリとかに近い感じです。
058
我々が訪れた週末のランチ時は殆どお客さんも居らず、静か。注文した品はカウンターに取りに行くセルフサービス形式ですが、落ち着いて気持ち良く食事を楽しめました。チュニジアに憧れている私としては、店内に飾られているチュニジアの写真を眺めるのも楽しかったです。
059
そして先ずは、個人的にチュニジアを訪れたい理由の1つであるミントティーを飲みながら食事を待ちました。残念ながら有名なチュニジアングラス(カラフルなガラスに金色の柄がつけてある独特のガラス。旅行したら絶対お土産に購入したいと思っている)ではありませんでしたが。ミントは苦い位ザクザク入っていて、非常に私好みの味でした。夫にはミントがきつすぎるとの事。
060
食事は、ニューヨークに沢山あるハラル系のものでした。私は初めてなのでオーソドックスにファラフェル・プレートを頼んだのですが、サラダが新鮮で普通に美味しかったです。ただし量は凄く多くて、半分入れ物を貰って持ち帰りました。
061
夫も初めてなのでミックス・グリス・プレートを選択。ラム・ソーセージ、ビーフとチキンのケバブがライスの上にのっていました。異国情緒たっぷりですが、日本人にもとっつきやすい感じ。夫も気に入っていました。

2人ともボリュームたっぷりで、野菜も沢山のっているプレートを頼んだので、確か2人で$40位しましたが。サラダとかピタにすれば、とても安く食事ができると思います。席も余裕を持って用意されているので、入れるか心配する必要も無さそう。
062
また是非訪れたいと思ったお店でした。本当は店内の写真は載せてはいけませんが…あんまり素敵でしたし、丁度誰もいない瞬間があったのでちらり。

La Goulette

159 Grand St Brooklyn, NY

Telephone 347-689-4126
メニューや営業時間等の詳細はお店のHPにてご確認ください。

2017年12月16日 (土)

久し振りのウィリアムズバーグの風景

晴れて冷え込んでいる土曜日のニューヨーク。現在の気温は-2℃ですが、今日は最高気温は4℃で氷点下は脱する予報です。とは言え寒い事には変わりありませんので、温かくしてお出掛けください。昨日は午後3時頃から雪が降り始めましたが、今日は晴れ所により曇りの予報。雪の心配は無さそうです。ただ、雪は残っているようですので足元には十分ご注意ください。

トランプ政権がエルサレムを正式な首都として認める発表をした影響で、全米に対して報復テロを行う予告がされた旨、在ニューヨーク日本国総領事館から注意喚起のメールが送信されました。以下に添付致しますので、内容をご確認の上ご留意ください。

○12月14日,当地報道によると,過激派組織「イスラム国」(IS)は,トランプ政権のエルサレムに関する決定への報復として,メッセージアプリ「テレグラム」を通じて,米国本土でのテロ攻撃を警告しました。
○ニューヨークでは,この2ヶ月で2度のテロ事件が発生しています。これから冬休みを利用した海外旅行者も多く見込まれる中,不特定多数の人が集まる場所は,テロの標的となることが予想されるため,引き続きテロ等に関する安全対策に十分注意してください。

1 12月11日,ニューヨーク市ポートオーソリティ・ バスターミナル付近の地下鉄通路(歩行者用地下トンネル)内で,爆発テロ事件が発生し,爆発装置を所持していた被疑者を含む4名が負傷しました。10月31日には,ニューヨーク市マンハッタン地区南部で、車両突入テロ事件が発生しており,ニューヨークではこの2ヶ月で2度のテロ事件が発生したこととなります。

2 また,当地報道によると,米国がエルサレムをイスラエルの首都と認める決定を下したことへの報復として,過激派組織「イスラム国」(IS)は,メッセージアプリ「テレグラム」を通じて,「Wait for us」や「ISIS in Manhattan」のタイトルで,タイムズスクエアや爆弾ベルト及び起爆装置などの写真を掲載して,米国本土を攻撃すると警告しました。

3 在留邦人及び旅行者の皆様におかれましては,引き続き外務省や当館が発出する安全情報及び報道等により,最新の治安情勢等の関連情報の入手に努めるとともに,日頃から危機管理意識を持つよう努めてください。また,万一の状況に備え,家族,友人,職場等との連絡手段を改めて確認してください。
※関連情報
・ホリデーシーズンの安全対策について(パークアベニュー299第44号)
http://www.ny.us.emb-japan.go.jp/jp/ParkAve299/Vol.44.html
・海外安全情報(広域情報)「年末年始に海外に渡航・滞在される方へ ~テロ・犯罪・感染症対策と「たびレジ」登録のお願い~」
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2017C250.html
・海外安全情報(広域情報)「エルサレムをイスラエルの首都と承認する等の米国大統領布告発出に伴う注意喚起」
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2017C253.html
********************************************************
さて、今回は久し振りにブルックリンのウィリアムズバーグ(Williamsburg)を散歩したので、風景のご紹介です。
001

訪れたのは感謝祭後の11月の終わりだったので、歩道にはクリスマスツリー屋さんが出ていました。

002

街路樹も紅葉が綺麗。

007
008
イーストリバーフェリーの乗り場から眺めるマンハッタン。
017

East River State Parkからはマンハッタンの抜群な眺めが楽しめます。

015

East River State Parkには静かなビーチがあり、座ってランチを楽しむ人達もいました。

019

ウィリアムズバーグ橋も見えます。

021

018
暖かい季節であればピクニックも楽しめそう。

023
024

SoHoやチェルシーマーケットにもある地元アーティストの屋台が集まる『Artists & Fleas』がウィリアムズバーグにもありました。

038

古い倉庫や工場の建物が残っているのも面白い地域です。

049

今回初めて『Grand Ferry Park』の存在に気付きました。

050

とても小さな公園ですが…

048

イーストリバーの流れが速い事を間近で感じられますし…

046

眺めが良い静かなベンチがあって落ち着けます。

053

昔はグランド・フェリー・パークのあった場所にフェリーが停まったから、ここら辺には古い倉庫のような建物が多いんですね。

056

ウィリアムズバーグには古い建物を利用した面白そうなレストランやバーが沢山あって、試してみたいと思いつつ行きそびれています。

066

個性的な建物もあります。

067

2017年12月15日 (金)

2017年12月第2週のハイライン

朝焼けが美しい金曜日のニューヨーク。ですが、今日は1日氷点下の予報。午後5時頃からは雪も降るようなので、温かくしてお出掛けの上、なるべく早く帰宅した方が良さそうです。個人的には今日は外でやるボランティアの日。ウールを下に着こんで出掛けたいと思います。

今年は銃による無差別大量殺人事件が沢山起きた印象があります。そんな中、テキサスの事件で母親と2人の姉妹を失った9歳の女の子にクリスマスカードを送ろうという運動が起きています。彼女は家族を失った痛みは勿論、世間から忘れられていると感じているそう。お金ではなく、彼女の事を気に掛けているという気持をみせて欲しい…という呼びかけです。クリスマスカードを送付する住所も記載されていますので、私もニューヨークらしいカードを見つけて彼女に送りたいと思います。
**********************************************************
さて、今回は先週のハイライン(the High Line)の風景をお届けします。
017

雪が降る前だったので、まだ紅葉が少し残っていたハイライン。スモークブッシュの煉瓦色が道路から見ても目立ちます。

018

とは言え、南端のガンズボート通りの入り口の周りはすっかり葉っぱが落ちていました。

019

南端のテラスもご覧の通り。

020

Betula populifoliaの白い木肌が目立ちます。

021
022
023

スモークブッシュ(Cotinus 'Grace')があまりに綺麗だったので沢山写真を撮りました。

025

もう直ぐ枯れてしまうのでしょうが、こんな風に葉っぱが赤くなっていると可愛らしく感じます。

026
027

ミッドウィンター・ファイヤー(Cornus sanguinea 'Midwinter Fire')の枝が赤く染まり始めました。

028

Symphyotrichum laeve ‘Bluebird’でしょうか?アスターの見分けがいつまで経っても上手くできません。この後雪が降ったので、枯れてしまったでしょうか。

029

チェルシー・グラスランドは、植物の形がよく見えて面白い季節です。

030

ハドソンヤードに建った高層ビルの反射でとても眩しいという現象が。

032
Red Sprite winterberryでしょうか?鮮やかな赤い実と隣の黄色の葉のコントラストが綺麗です。
033

マンサク(Hamamelis x intermedia ‘Jelena’)が先週も咲いていました。

034

この週の火曜日はコートが不要な暖かさだったので、新たな葉っぱが出てきたり、ずっと咲いていなかった花が咲いていたりと冬らしくない様相でした。

035
036

マグノリア(Magnolia macrophylla (bigleaf magnolia)とMagnolia tripetala (umbrella tree))の葉っぱは落ちても独特の美が宿っています。

031_2

2017年12月14日 (木)

グランドセントラル駅にある本格派ベーカリー

雪の木曜日のニューヨーク。今はこんこんと降っていますが、午前中に止んで、午後には太陽が顔を出す予報です。現在の気温は-3℃。最高気温も3℃までしか上がらないと予想されていますので、今日も温かくしてお出掛けください。あぁ、スノーブーツを買っておくんだった…。

ホリデーシーズンは楽しみも多いですが、毎年そのせいで発生するゴミや資源の無駄遣いには罪悪感が湧きます。プレゼントの交換とかも無駄なんですよね、結構。周りの人達も「食事をご馳走する」とか、「クラスをプレゼントする」とか、「ギフトカードにした」とか仰っている方が多くなってきました。お互いにプレゼントは止めようと決めた、という人達も。

そんな中、ブルックリン植物園からエコフレンドリーなホリデーの過ごし方ガイドが送信されました。何でもかんでも諦めるのも良くない気はしますので、無駄を減らして楽しむきっかけになれば。
*******************************************************************
さて、今回はグランドセントラル駅のマーケットに入っているベーカリー『BIEN CUIT』です。
120
引っ越してから滅多にグランドセントラル駅に足を運ばなくなった私。用事があって久し振りにグランドセントラル駅を訪れた際に、一緒に居たボランティア仲間にお勧めされたのがこのベーカリーでした。マーケットに足を踏み入れたのなんて何年振り…という感じだったので、いつの間にこのベーカリーに変わっていたのやら。

なんでも彼女にとっては「ニューヨークで一番美味しい」パンが販売されているのだとか。他のボランティア仲間は「え~?サリバン・ストリート・ベーカリーよりも美味しいの?」と懐疑的でしたが。推薦してくださった方は、「私の好みだとこっちの方が美味しい」と断言。
129
私もハード系のパンであれば、サリバン・ストリート・ベーカリーが一番好きでしたが、興味を惹かれて彼女の一押しだというライ麦と全粒粉を混ぜて68時間醗酵させた看板メニューらしい『MICHE』を購入しました。どのパンも半分でも販売されていますが、私は頻繁に足を運ばないのでホールで購入。その晩食べない分はすぐさま冷凍してしまいました。

因みに我々夫婦はサリバン・ストリート・ベーカリーのパンが一番好きですが。ブルックリンの『Bakeri』のパンやグリーンマーケットのロールパンなんかも好きで、格別パンに拘りが強い訳でもありません。しかしながら、お勧めくださった方はなんとマンハッタンからブルックリンにわざわざ自転車で通ってまでこのお店のパンを買っていたそうで、相当拘りがありそうでした(今でこそグランドセントラル駅に出店していますが、最初はブルックリンにしかお店がありませんでした)。
001
食べてみた感想はとっても美味しいし、醗酵期間が長いと聞いて心配した酸味も強くなく、粉の風味は豊かだけれど癖が強くも無く、食べやすいといった感じ。私は粉の風味を味わいたくてバターをつけないでパンを食べるのが好きなのですが、酸味が強い黒パン等はそうもいかないのが苦手に感じる時があるのですが。このパンはバター無しでも無問題。

トーストして、バター、ジャム、ピーナッツバター等をつけてシンプルに食べても美味しかったですし。卵やハムなどのおかずと朝食べても、チキンのクリーム煮とディナーに食べてもよく合いました。サンドイッチにしても癖が強すぎなくて、なんにでも合わせやすそうだと想像します。
076
かと言って、個性が無い訳でもなく。粉の風味はそこら辺のパンに比べたら強いですし、思ったよりもふかふかして弾力も強く、外もパリッとはしている物の固過ぎて口の中が痛い程でもなく、バランスが取れた絶妙な食感と味でした。

かなり気に入って、私もひいきにしたいと思っていたのですが…。どうやら私は長時間醗酵した食べ物とかに不耐性があるらしく。このパンを食べるとお腹の調子が悪くなる気がしています。美味しいのに、68時間醗酵が仇となり食べられないかも…、もう少し様子をみます。
015
ヒスタミンの摂取を控えている方には『MICHE』は向かないかもしれませんので、他の醗酵時間が短いパンを予め調べたり、お店の方に聞いたりして自分に合うパンを選んだ方が良いかもしれません。菓子パンやケーキも販売されていたので、何かの折に試してみたいものです。

BIEN CUIT

Grand Central Market

(Located on the corner of 43rd & Lexington Ave)

89 E. 42nd St.

Manhattan, NY, 10017
メニューや営業時間等の詳細はお店のHPにてご確認ください。

2017年12月13日 (水)

トライベッカのフランス風ベーカリーカフェ

快晴の水曜日のニューヨーク。現在の気温は-5℃。最高気温も1℃までしか上がらない、寒い1日になりそうです。しかも強風注意報が発令されていますので、体感温度は相当低そう。温かい格好をして出掛けたいと思います。以下にニューヨーク市から送信された強風注意報の内容を添付致します。

Notification issued 12/12/17 at 8:20 PM. New York City is experiencing intermittent wind gusts in excess of 40 MPH. During periods of high winds, residents should use caution when walking or driving high profile vehicles. Winds at these speeds can cause flying debris, turn unsecured objects into projectiles, and cause power outages. To prepare, charge cell phone batteries, gather supplies, and turn refrigerators and freezers to a colder setting. Always stay clear of downed power lines. Do not use generators indoors. If you lose power and have a disability or access needs, or use Life Sustaining Equipment (LSE) and need immediate assistance, please dial 9-1-1. For the latest weather information, please visit www.weather.gov/nyc.

昨日からユダヤ教のお祭りハヌカが始まりました。これから8日間ユダヤ教徒の方々はお祝いをするようです。セントラルパークの南東にあるパブリックスクエアにも巨大なハヌキアが登場。アパートの入り口やビルのロビーにもハヌキアが設置され、灯りが点されていました。昨日はボランティアの後に用事を済ませ、体調も悪いしちょっと疲れたので自分にご褒美モードになり。お気に入りのベーカリーに行って菓子パンを購入したのですが。お店に入ったら、やってるのかな?と不審に思う程お店の中がガラーンとしていました。菓子パンを購入してから、お店の方に「どうして今日はこんなに商品が少ないんですか?」と質問したら、「今日からハヌカが始まったんです。だから皆さん焼き菓子を買いに来られたんですよ。明日にはまたお店一杯の商品が並びます」との事でした。ハヌカの始まりには、ご馳走として焼き菓子やケーキも食べるのでしょうか?調べると油を使った料理を食べるのがしきたりで、揚げドーナッツを食べると記載がありますが…。ユダヤ教の事は何時まで経ってもよく解りません。周りにはユダヤ系の方が多いのに、皆さんあまり信心深くないのででしょうか。
****************************************************************
さて、今回はトライベッカにあるフランス風ベーカリーカフェ『maman』です。

015
そもそもこのカフェに興味を抱いたのは、『アニエス・ベー』のデザイナーであるアニエス・トゥルブレさんがニューヨークのお気に入りを紹介する記事を読んでいたら、彼女のお気に入りの食事処と記載があったから。「フランス人にとってのおふくろの味と感じるメニューが揃っている」とコメントしていたので美味しそうだと思った訳です。
016
でもトライベッカには滅多に足を運びませんし、SoHoではほぼ食事はしない為、試しそびれていました。しかし何故か通っていた学校のロビーにママンのポップアップショップが登場。嬉々として試したら、アップルタルトが激ウマ。一時期嵌りに嵌っていました。
006
その後、ミートパッキング地区にあるサムソンビルの2階にもママンのカフェが入り。ボランティアの後、自分にご褒美モードになって足を運んだのですが、アップルタルトは季節限定品で夏には販売されないとの事でした。
017
そうこうしている内に、偶々散歩中お腹が空いた際にトライベッカのママンに入店。その時は週末のブランチ時で、店内が非常に混み合っていたので相席になり、全然落ち着いて食事ができず。1つしかないトイレに行列せねばならなくて気に入らず、ブログに書かず終いでした。
018
が、先日週末の遅いランチに訪れたら、店内は然程混んでおらず。気持ち良く食事が楽しめました。洗練された田舎風のインテリアを楽しむ余裕もあり、店員さんの対応も非常に気持ち良かったです(これは前回もそうだったのですが)。
019
夫はラビットホールを、私はパンプキンワッフルを選択。どちらもニューヨークにおいても量が程よく多すぎなくて、とても美味でした。メニューは健康志向で体型を気にする方でも楽しめる食事が用意されている印象です。私の選択はともかく。
020
器もお揃いではない、ちょっとアンティークっぽいお洒落な食器。わざとバラバラな食器を使って、まるで誰かのお家に遊びに行っているかのような雰囲気を醸し出していますし。混んでいる時間帯を外せば、とても楽しい食事でした。
007
しかも今がホリデーシーズンだからなのか、いつもなのかは分かりませんが、入口近くに小さなフランスをテーマにしたマルシェがあります。ギフトをお探しの方は、手頃な値段の素敵なネックレスやピアス、ブレスレットが販売されていましたので要チェックです。

コルタド+モカ+ラビットホール+パンプキンワッフルで$43(TAX+チップ込)でした。入口脇のセルフサービスのカフェエリアでお茶する分にはもっと安く済みます。

maman
211 West Broadway, New York, New York
メニュー等の詳細はお店のHPにてご確認ください。

2017年12月12日 (火)

ホリデーシーズンの街角風景

地面は濡れていますが雨は降っていない様子の火曜日のニューヨーク。今日は1日曇りで、朝と夜に雨になる可能性があるとのこと。降水確率は80%で最高気温は9℃。明日から最高気温が1℃とかの寒い日が日曜日まで続く予報ですので、夜まで外に居る予定の方は温かくした方が良さそうです。

昨日42丁目のポート・オーソリティー駅とタイムズスクエア駅を結ぶ地下道で起こったテロ行為が大きく報じられていますが、影響は残っていません。犯人はオンラインでパイプ爆弾の作り方を学んだものの、実際には思ったように爆発させることができなかったとみられるそうです。火薬に火はついたのにパイプが爆発しなかったとの事。携帯電話で着火する予定だったのに、何かの拍子に暴発した可能性もあるようです。これからホリデーシーズンでテロの企てが増える時期でもあるので、何も起こらないことを祈るばかりです。
**************************************************************
さて、今回はホリデーシーズンに入って華やかなニューヨークの風景をご紹介します。
053

コロンバスサークル近くにあるビルの入り口。華やかなブルーのツリーやリース。

054

立派なツリーです。

055

ヘルズキッチンのワインバーの店先。

058

こちらは感謝祭のディナーを食べに行ったレストランのリース。

057

お隣にあるダイニングバーはピンクでまとめられています。

059

ダイニングバーの少しだけカジュアルバージョンお店は黄色の電飾で街路樹と店先を華やかに。このお店は毎年四角いリースを飾るのもポイント。

001

アヴェニュー・オブ・アメリカはいつ通り掛っても沢山の人。

122

グランドセントラル駅の45丁目に面したホールに立派なツリーが登場しました。

123

写真映えするこのツリーの前で家族写真を撮影する人を頻繁に見掛けます。個人的にも毎年楽しみにしているツリーの1つ。

124

入口に飾られたリースも立派。

127

42丁目の跨道橋にも小さなリース。

126

42丁目の街灯にはエバーグリーンが飾られていますが。一番グランドセントラル駅に近い飾りには、ヤドリギ(mistletoe)がぶら下がっています。恋人同士でこの街灯の下に行くと盛り上がるかも?

002

ホリデーシーズンなのに所々に綺麗な紅葉が残っていて驚きます。

004

毎年デコレーションを楽しみにしているハイラインホテルにもツリーが登場しました。

013

ゴールドとシルバーを基調とした品の良いツリー。

009
010

種々の星を模ったオーナメントが飾られ…

007

根元にはトナカイや…

012

橇が飾られ。

011

ツリーとお揃いのリースが入口に飾られています。

008

夜見ると一段と綺麗なので、楽しみにしています。

003

因みに雪を被ったツリーはこんな感じ。

006

クリスマスに雪ってとってもお似合いです。

014

チェルシーマーケットのデコレーションはモダン。こちらは10番街に面した出入り口。

039

そしてこちらは9番街に面した出入り口。

038

中も凝ったデコレーションで楽しめます。が、チェルシーマーケットは特に著作権について厳しい注意書きがHPに記載されていますので、ここに写真を掲載することはできません。是非足を運んで実際に眺めてみてください。

016

ミートパッキング地区のカラフルなオーナメント。

040

チェルシーにあるレストラン。

075

雪のセントラルパーク。

002_2

42丁目のホテルの軒先。ゴールドの葉や実が上品ながらも華やか。

008_2
009_2

ウエストヴィッレジの家には素敵なリースが。

010_2

歩道に登場するツリー売場。雪が似合います。

011_2
013_2

トライベッカにある木製のおもちゃを売るお店。おとぎ話から抜け出てきたようです。

001_2

2017年12月11日 (月)

無事です

午前7時45分にポートオーソリティー・バスターミナルで爆発が起こりました。現在ポートオーソリティーは閉鎖されている模様。42丁目の西側は警察車両と地下鉄に乗りそびれた人でごった返しているとのこと。

現在地下鉄A,C,Eラインを中心に多くの地下鉄が運行を停止したり、部分停止したりしています。お出かけの前に通勤経路のご確認を。

ポートオーソリティー周辺は避けた方が賢明です。夫は一度状況を確認するために帰宅し、経路を確認してまた出社しました。無事で良かった…。

皆様も安全にお過ごしください。

Notification issued 12/11/17 at 7:29 AM. Due to police activity, expect traffic and transit delays, and a heavy presence of emergency personnel in the area of West 42nd Street between 8th Avenue and 9th Avenue in Manhattan. Consider alternate routes and allow for additional travel time.

Notification issued 12/11/17 at 7:48 AM. Due to police activity, expect traffic delays and a heavy presence of emergency personnel in the area of West 42nd Street between 8th Avenue and 9th Avenue in Manhattan.

The following MTA service disruptions are in effect:

- 1, 2, 3, N, Q, R, W and 7 trains are bypassing Times Sq-42 St in both directions.

- A, C and E trains are bypassing 42 St/Port Authority-Bus Terminal in both directions.

Consider alternate routes and allow for additional travel time.

ブルックフィールド・プレイスのイルミネーション2017

盛大に曇っている月曜日のニューヨーク。朝の内は雪が舞う可能性があるそうですが、段々と晴れてくるとの事。最高気温は5℃。明日は雨が降る予報で、最低気温は氷点下に落ち込むようなので、済ませられる用事は今日中に済ませておくと吉かもしれません。

ブルックリンにあるアトランティックアヴェニュー駅で、9歳の男の子がプラットフォームで電車に引っかかり、1車両分位引きずられた上で線路に落下するという事故が起きました。電車は直ぐに停車し、男の子は車両と線路の間に落ちた為、足を2か所骨折する怪我を負ったものの命に別状はないそうです。こちらのプラットフォームには落下防止柵がありませんし、あまりはっきりと線なども引かれていませんので、電車に近づきすぎないように利用者の方で注意する必要があります。そもそも電車を待っている人を線路に突き落とす通り魔事件が定期的に起きるので、ホームで待つ間は真ん中の方で待つのが鉄則。お子さんにも改めて教育を徹底した方が良さそうです。
***********************************************************
さて、今回は毎年恒例になりつつある、バテリーパークシティーにある複合施設『ブルックフィールド・プレイス』のクリスマスイルミネーション『Luminaries』のご紹介です。
038
以前はパームツリーが並ぶ温室のような空間をライトが彩る静謐なイルミネーションで、ニューヨークにしては珍しく静かで人も少なくお気に入りのホリデースポットだったのですが。フランスをテーマにしたフードコート『Le District』やNYの人気店を集めたフードコート『Hudson Eats』が入ってから観光客と地元の人達が集まる人気スポットになりました。
027
それ以来、ホリデーシーズンのイルミネーションも派手な電飾の『ルミナリーズ』に。刻々と色を変える小さな正方形のライトが並べられ、3つある願い台に3秒手を載せて願いを込めると、願いに合わせてライトの色が変わるというイルミネーションです。
036
今年も『ルミナリーズ』が登場したので先週末見物に行こうと思ったのですが、先週末は丁度無料の『胡桃割人形』を上演するためイルミネーションが中止されていました。バレエの『胡桃割人形』はアメリカのクリスマスを彩る風物詩。無料で観れるのであれば足を運ぼうかとも思ったのですが。席に限りがあるとのことだったので、折角であれば一人でも多くのお子さんに観て欲しい演目なので、我々は行かないことにしたのでした。
033
祈りを捧げる台は真っ白な箱のような形。手を載せると、箱自体も色を変え。3秒たって手を離すと、祈りの台が変わった色に頭上のイルミネーションも色を変えます。誰も祈りを捧げないと、青い色のライトのままです。
039
毎年祈りを込めた人、1人につき$1が寄付されるのですが。今年は『GRAMMY Museum』および音楽教育に寄付が寄せられるそうです。お越しの際には是非願いを込めて台を触ってください。
056
ホールには立派なクリスマスツリーも沢山飾られており。毎年恒例のミラーボールのようなオーナメントが飾られたツリーは、ライトが反射してキラキラと輝き豪華でそれは綺麗。このツリーも楽しみにしています。
047
046_2
それに加えて、今年はサックスフィフスアヴェニュー等のショップが参画して、小さなプレゼントがついたツリーやアルファベットのオーナメントがついたツリーも飾られて、輪をかけて華やか。お子さんとツリーの写真が撮り放題です。
055
052
048
しかもニューヨークらしい景色が眺められる窓も点在。そのいくつかはホリデーらしいデカールで飾られているので、夕日&ハドソン川の風景が雪の結晶で飾られている景色が眺められたり。ツリーと『Oculus』と呼ばれる新しいワールドトレードセンター駅を同時に楽しめたり。
054
建物内にはホリデーのポップアップショップが登場。ギフトラッピングをしてくれるステーションも用意されていたり。無料のジャズコンサートが行われていたり。2階には(結構な値段していましたが)、いかにもホリデーらしい暖炉やツリーの前でサンタと写真を撮影できるフォトコーナーも登場。赤いドレスやセーターを着たお子さんがサンタの膝で撮影されていたりもしました。
059
外には小さなスケートリンクも登場。小さなお子さんは橇のような物に乗って、お兄ちゃんと滑っていたり。お子さんがとても楽しそうでした。
051
お子さんと訪れてもとても楽しめそうな空間に仕上がっていました。フードコートも家族で食事がし易そうですし、家族みんなでホリデーを過ごすのにうってつけの空間かもしれません。
023
024

入口には立派なリースとツリー。

029

ガラスには雪の結晶。

030
044
049
058

色を変えるルミナリーズ。

025

ハドソン川と夕焼け。

050
060

其処彼処に立派なツリーとリースが。

061

ついでに地下道で繋がっているオキュラスも見物。モダンなツリーや前に立つと翼の様に見えるオブジェ。巨大雪だるま等があり、こちらも楽しめる空間に。小さなホリデーマーケットもありましたし、クリスマスキャロルの無料コンサートも開催されるようでした。

045

2017年12月10日 (日)

初雪2017

快晴の日曜日のニューヨーク。ちょっと雲が出たりもするようですが、天気は概ね良さそう。雪見に出掛けるのに良さそうな陽気です。現在の気温は0℃ですが、最高気温は5℃。放射冷却がある分、昨日と同じ位に感じる気がします。

昨日はサンタのコスチュームを着た人達が街を練り歩く『サンタコン』(SantaCon)の日でした。午前10時頃から雪が降り続いたので、例年に比べると道路を団体で歩いている人達を見掛けませんでした。外でたむろったり、吐瀉物で汚したりと問題を起こすことも多いようですから、雪が降ったのは良かった気がします。

大掃除を少しずつしようと思っているのですが、腰が痛くて…。毎年思うのですが、掃除って腰に凄く負担なんですね。中腰になったり、腰を捻ったり、変な体勢を維持したり、意識しないでしてしまうのでしょう。忙しくてヨガをさぼりがちですし。ぎっくりいってしまわないように気を付けて過ごしたいと思います。
************************************************************
さて、今回は昨日この冬初めて本格的に雪が降ったので、雪景色をお届けします。
051

午前10時頃からこんこんと雪が降り出しました。

054

ボタ雪だったので、あっという間に真っ白に。

052

それでもタイムズスクエア周辺は大変な混雑でしたし。コロンバスサークルのホリデーマーケットも繁盛していました。

053

雪の日の方が却って暖かく感じたりもしますし。雪はホリデーマーケットにとても似合います。

058

セントラルパークは白銀の世界。

055

馬車もいつもより繁盛しているようでした。

062

遠くにホリデーマーケットやイルミネーションが見えたり…

063

高層ビルが雪に煙っていたり。

059
061

つい最近まで割と暖かかったので、散り損ねた葉っぱがオーナメントの様。

064

雪見を楽しむ人が沢山繰り出していました。

066

セントラルパークの街灯は温かみのある黄色の光が素敵。雪にも良く似合います。

072

雪原に枯葉が散って面白い風景を生み出していました。

073

岩の上でポーズをとって写真を撮る人達も。

074

段々と暗くなってきたので、メリーゴーランド周辺は少し静か。

071

雪が降り続く中でも、犬の散歩やランニングをする人達もいらっしゃいました。因みにボール遊びに興じたり、雪の中で転げまわったりする犬もいて、「本当に犬は喜んで駆け回るんだねー」と夫と感心したり。

077

低く雲が垂れ込めています。

079

雰囲気満点の橋。

081

早速そり遊びを楽しむ子供達もいました。彼女達の笑い声が遠くまで響いて幸せな気分に。

082

午後5時前ですっかり暗くなり。

083
084

木の造形が綺麗に浮かび上がります。

086

ホリデーシーズンの夜は特に綺麗なリンカーンセンター。

092

コンサートに来る方の安全を考慮して、懸命な除雪作業が行われていました。

091

クリスマスツリーも夜の方がくっきりと写ります。

087

ツリーも雪をまとってホワイトクリスマスっぽい。

090

ニューヨークの街中の雪は降って2日もすると汚くなってしまうので、降っている最中か止んですぐ散歩するのが楽しむコツだと思います。

095

フォーダム前の並木も雪化粧。白樺でしょうか。

096

歩道のクリスマスツリー売り場は、雪を纏うと極小の森みたいな雰囲気に。

099
098

店先のリースやオーナメントも雪に映えます。

048

2017年12月 9日 (土)

タイムズスクエアのホリデーマーケット

曇天の土曜日のニューヨーク。朝起きたら雪が積もっているかもと言われていましたが、今のところは雨、雪共に降っていません。スノーブーツを買いそびれているので雪が積もったら困るのですが、それでもやっぱり雪景色をちょっと楽しみにしていたので、安心したようながっかりなような。でも明日の午前4時までは注意報が出ていますので、これから降るのかもしれません。予報では午前11時以降に降り出す可能性があるとの事。最高気温は2℃ですが、日中は氷点下にはならないみたいなので、思ったよりは寒くならないのでしょうか?今日も散歩したいと思っていたので、そこは有難いような。以下、ニューヨーク市から送信された注意報を添付致します。足下にお気をつけて。

Notification issued 12/8/17 at 5:23 PM. Due to forecast weather conditions, New York City Emergency Management has issued a Travel Advisory for Saturday (12/9) and Sunday (12/10).

The National Weather Service has issued a Winter Weather Advisory for NYC from 4:00 AM (12/9) until 4:00 AM (12/10), for a possible total accumulation of 3-5 inches of snow. 

New Yorkers are advised to exercise caution when driving, walking, or biking, and allow for additional travel time as roads may be slippery. Residents should also check on their neighbors, friends, and relatives, especially the elderly and those with disabilities, and access and functional needs during periods of extreme cold.

For more information, please visit www.weather.gov/nyc or http://on.nyc.gov/2BQcyBd
****************************************************************
さて、今回はタイムズスクエアに2017年11月23日~12月23日まで登場しているホリデーマーケット『GIFTED HOLIDAY MARKET』です。
002
去年もタイムズスクエアにホリデーマーケットらしきものが登場していましたが、クリスマスオーナメントを取り扱っていたように見えましたし、何となくごちゃごちゃしていて入る気になれず。そのままスルーしてしまいましたが、今年は他のホリデーマーケットを運営するアーバンスペースがホリデーシーズンに出してきたギフティッドの小さなバージョンをタイムズスクエアのど真ん中にオープン。
082
流石に沢山のマーケットを運営しているだけあって、入り易そうなレイアウトだったので少し覗いてみました。因みにタイムズスクエアには軽食を食べられるフードホールが北側に登場していて、そちらもアーバンスペースが運営。大人気アイスクリーム屋『Ice & Vice』なんかが食べられます。
083
『ギフティッド』マーケットに関しては、16の屋台が入っており、全てのお店がニューヨーク発祥でニューヨークを拠点に展開しているとの事。その為ニューヨーク土産&ニューヨークからのプレゼントとして相応しいというコンセプトのようです。
084
個人的には必要としている物を販売しているお店が無かったですし、ピンと来なかったのですが。入口の所に料理学校の生徒さん達が制作したお菓子で作ったタイムズスクエアが展示されていて、大変楽しく見物しました。
085
本来的には作品はブログに載せられませんが…。生徒さん達の力作を皆さん多くの人に見て欲しい筈…と信じて、ここに載せました。実際見ると可愛らしくて笑顔になれること請け合い。お子様も喜ばれるのではないでしょうか。
087
この季節のタイムズスクエアは大混雑して地元の人は徹底的に避けがちですが。用事で近くまでお越しの際には、ついでに覗いてみられてはいかがでしょうか。
086

2017年12月 8日 (金)

ロックフェラーとブライアントパークのクリスマスツリー2017

曇り空の金曜日のニューヨーク。今日はこのままはっきりしない空模様のようですが、雨/雪は日付が変わるころまでは降らないようです。昨日も風が冷たかったですが、今日も風を伴う寒い1日になるようなので、温かくしてお出掛けください。明日の朝起きたら雪が積もっている可能性が少しだけあるようです。明日は雪になるみたいですし、雪見散歩が楽しめるかもしれません。

ウィーンに住む友人が育児休暇を満喫しているようです。実際に出産したのは彼女のパートナーの方で1年間(1年半かも…)出産/育児休暇を取っていましたが。彼女が職場復帰した為、交代で友人がパートナーとして育児休暇を取得。半年間子育てに専念するそうです。友人はオーストラリアに住むまで家事全般をした事が無く。アメリカに来るまで料理をした事が無かったのですが。今は子育てをしながら、ベーキングや料理等を楽しんでいるみたいです。世界が広がったのではないでしょうか。昨晩はベビーシッターを雇って、友達と集まってゲームを楽しむ月に一回のお楽しみの夜だったよう。子育てをしていても大人だけの時間を確保するのは贅沢ですが、良いアイディアですね。
***************************************************************
さて、今回はニューヨークのホリデーシーズンのシンボル的存在と言っても過言ではないロックフェラーセンターのクリスマスツリーと、個人的に毎年楽しみにしているブライアントパークのクリスマスツリーが点灯されたという話題です。
013
なおイルミネーションなので夜見た方が綺麗な訳ですが、これらのツリーも友達カップルとホリデーライトツアーに行く際に夜見る予定なので、まだボランティアや用事のついでに昼間見ただけです。見る分には昼間でも十分楽しめますが、写真には上手く写りません。予めご了承の上ご覧ください。
008

点灯式が行われ、カラフルな電飾が点されたロックフェラーのクリスマスツリー

006

昼間は噴水のライトアップはされないのでしたっけ?

022

ニューヨークに暮らす様になって変わらないものの良さを実感するようになりました。

009

ロックフェラープラザのスケートリンクの周りの旗は金と銀のホリデー仕様に。玩具の兵隊さんも登場しました。

012

チャネルガーデンにもお馴染みの天使の像が。

011

通路は金と銀のオーナメントで飾られています。

010

015

でも夜は混むんですよね…。

018

サックス・フィフス・アヴェニューといえば、ホリデーウィンドー。今年のテーマは『Once Upon a Holiday』。白雪姫をイメージしたウィンドーは必見です。

023

平日の朝10時半頃でこの混雑。午後通った時はもっと混んでいました。夜は行列になります。

024

ウィンドーの中は勿論のこと、周りを縁取るカラフルな電飾も明るく、心が浮き立ちます。「鏡よ鏡」もあります。

069

そして勿論、サックス側の歩道からロックフェラーのツリーを見ることをお忘れなく。もうちょっと南側から撮影すればもっと綺麗な写真が撮れます。その為記念撮影の人気スポットでなかなか場所が確保できない訳ですが。

074

一方、42丁目の5番街と6番街の間にあるブライアントパークのクリスマスツリーも点灯されました。

073

赤と青を基調とした立派なツリーは真ん前まで行って触ることも可能。

078

スケートを楽しむ人達とツリーを同時に眺められるのは、ロックフェラーと同じです。

076

星や雪の結晶のオーナメントが飾られているところは大きく違います。

081

2017年12月 7日 (木)

5番街のイルミネーション2017

快晴の木曜日のニューヨーク。今日は1日晴れの予報で、湿度も低いようです。最高気温は8℃ですが、体感温度は低そうな雰囲気です。一度だけ風花が舞った事がありますが、まだ雪が降っていないニューヨーク。土曜日は雪が降る予報ですが、どうでしょうか?来週から寒くなることは確かなようなので、本格的な衣替えの時期かもしれません。

最近空気が乾燥しているせいか、火事のニュースを多く見かけます。昨日もグランドセントラル駅近くで火事があり、煙を吸い込まないよう注意を促すメールがニューヨーク市から届いていましたし。今朝はブルックリンで大きな火事があったようです。我が家のあるフロアでも、最近焦げている匂いがしたり、煙のようなガスのような匂いがしたりで、心配になってフロントデスクに電話しようかと思う事が頻繁にあります。こちらの家電は癖が強いので、オーブンの使い方に慣れていない、ニューヨークでは珍しく料理をする新しい住人が住み始めたのかな?と思ったり。何はともあれ、注意を怠らないようにします。

大掃除を少しずつ進めていますが、なかなか捗りません。通常の家事やボランティア、用事の前後で取り掛る上に、腰を傷めたり疲れすぎたりしないように適度に休憩を挟むように心がけているので時間をとられます。ホリデーカードに着手できるのはいつのことやら。
***********************************************************
さて、今回はホリデーシーズンのイルミネーションの中心である5番街の風景をお届けします。と言っても、友達カップルが来たら夜一緒に歩く約束をしているので、今回はボランティアの前後に散歩しました。昼間なのであまり綺麗に写っていませんので、予めご了承ください。見る分には、明るくても十分楽しめるのですが。

048

イルミネーションの中心の北端はプラザホテルから。

049

プラザホテルの目の前にある噴水にはツリーが敷き詰められ、黄色のライトが飾られています。

050

そしてホテルの窓には、クラシカルで豪華な金色のリースが。

051

アップルストアがあった場所は大工事中。カルティエの仮店舗は本店舗が再開して1年以上経った今でも残されていますが、ホリデーライトは本店の方が断然豪華です。

046_2

プラザホテルの南には毎年とても凝ったホリデーウィンドーを展開することで有名なバーグドルフグッドマン(the Bergdorf Goodman holiday windows)があります。今年のウィンドーはニューヨークにある施設をテーマにしています。ニューヨークフィルが好みではなかったので心配しつつ見始めましたが、他のウィンドーは素晴らしく。特にニューヨーク植物園のウィンドーはとても好きでした。

052

男性用のバーグドルフが入っているビルの玄関。

040

5番街ではありませんが。バーグドルフがある57丁目を西側にカーネギーホール方面に歩くと、大きなキャンディーケインのイルミネーション。

043

57丁目の南側の歩道をもう少し西に歩くと、マンハッタンに多分ここにしか存在しない1/2番街があります。その角に建つビルにはロビーに立派なツリーがあり。

042

通路には電飾が。加えて雪の結晶が投影され、とても綺麗。

041

正面もこんな風になっています。

037

57丁目の交差点にはユニセフの雪の結晶が今年も登場。『UNICEF Snowflake』は16,000個のバカラのクリスタルでできています。

038

57丁目の交差点の南東の角にはティファニー本店。建物全体が宝石の様であるだけでなく、ホリデーウィンドーも上品で一見の価値あり(例年よりは少しがっかりでしたが…)。また写真は載せられませんが、ティファニーブルーで溢れたゴージャスなツリーとリースに埋め尽くされた店内も必見です。

035

ティファニーの隣には、色んな意味で注目の的であるトランプタワー。今年もデコレーションは控えめで、入り口脇にはライフルを持った警察官が配備されています。

054

毎年全ての窓にリースが飾られ、建物全体がダイヤの様に輝くハリー・ウィンストン。ですが、今年は(これからずっと?)東側に移転していました。1階部分しか電飾が施されていないため、例年よりは慎ましやか。

034
033

5番街から55丁目を少し西に入った場所に入口があるペニンスラホテル。ファサードにトナカイやツリーが飾られ、5番街に面した窓にはリース。毎度ながら非常に豪華絢爛です。

055

同じ55丁目を少し東に入った場所に入口があるセイントレジスホテルも高級感溢れるイルミネーション。大きな胡桃割人形が入り口脇を固めています。

032
056
031

ここから南に下る間にも、宝飾店やブランド服店などのイルミネーションが楽しめます。

029

フェラガモのイルミネーションが変わりました。因みに去年のライトはこちら

030

そして帰ってきた52丁目の角にあるカルティエ。建物全体をプレゼントに見立てたイルミネーション。恒例ですが大好きなホリデーライトなので復活してとても嬉しいです。去年はぎりぎり間に合ったんですよね、確か。

065

3匹の豹も…

066

各国語で「メリークリスマス」と書かれたフラッグも復活。

026

蛇足ですが、事件を受けてマンハッタンのあちこちに歩道を車から守る為の対策が施されています。5番街には一見するとお洒落な花壇の様に見える保護ブロックが配置されていて、流石ハイエンドな地域という気がしました。

068

今年のサックス・フィフス・アヴェニューのホリデーウィンドーのテーマは『白雪姫』。細部まで丁寧に木で作られていて、大変見応えがありました。植物や鳥が好きな方は隅から隅まで楽しめますし。南北に面したウィンドーも白雪姫をテーマにしたドレスやケーブをまとったマネキンが、同じテーマの背景を前に飾られていて、例年より楽しみました。

067

ロックフェラーセンターの「世界を支えるアトラス像」周辺にも、黄金に輝くリースと玩具の兵隊(でしょうか?)が登場。

071

ロックフェラーセンターのツリーも点灯されました。このツリーは別記事にて。

072

ビルの入り口を少し覗くとこんな空間があったりしますので、お見逃しなく。

075

42丁目のブライアントパークのツリーも点灯されました。

039
このまま5番街に沿って南下すると、ロード・アンド・テイラーメイシーズのホリデーウィンドーが見物できます。私も機会を改めて見に行くつもりです。

2017年12月 6日 (水)

コロンバスサークルのホリデーマーケット2017

曇っている水曜日のニューヨーク。ラジオでは段々と雲が薄くなると言っていましたが、アプリでは1日曇りと予想しています。でも雨は降らないようなので、傘は携帯しなくても大丈夫かも(WEBでは降水確率20%になっているサイトもありますが)。最高気温は8℃。昨日はコートが要らない暖かさでしたが、今日はそうはいかなそうです。

トランプ大統領が、アメリカ大使館をエルサレムに移転すると発表して大騒ぎになっていますが。生活に関わる所では、メディケイド(民間の医療保険に加入できない低所得者・身体障害者に対して用意された公的医療制度。高齢者も対象)のプラン変更を今週中に申告しなければならないそうで、皆さん頭を悩ませているようです。保険の事はサッパリ理解できません…。

昨日は久し振りに雨が降っていたのですが、5番街やロックフェラーは人出が多かったです。ボランティアのついでにいくつかのホリデーウィンドーを見物しましたが、今年は私好みの隅々まで細かい細工が施された物が多いのかも?他のウィンドーを見物するのも楽しみです。
*********************************************************
さて、今回は毎年恒例、コロンバスサークルに登場するホリデーマーケット『The Columbus Circle Holiday Market』です。
025
数あるホリデーマーケットの中で、個人的には一番好きなこちらのマーケット。規模ではユニオンスクエアに敵いませんし、木々に囲まれているという意味ではブライアントパークだってそうなのですが、セントラルパークの真ん前にあり、適度にこじんまりとした雰囲気が何となく好きなのです。
029
目の前にタイムワーナービルがあることで、綺麗なトイレがあるという安心感も大きく。また、このマーケットにしか出店していない屋台が毎年あるのもポイントが高い気がします。
026
どのホリデーマーケットもそうなのですが、夜に訪れると暖色の灯りに包まれた小さなマーケットはとても良い雰囲気。但し、週末の夜は相当混雑するので覚悟の上お出掛けください。『マーケットが開いて初めての週末だし、まだ大丈夫でしょ?』と高を括って出掛けた我々は、人混みが苦手なので早々に退散しました。平日の昼間に機会を改めて足を運びます。
027
残念ながら毎年このマーケットに出店されていた、ブルックリンの手作り石鹸屋さんは今年は無いようでしたが(そのお店の針葉樹の香りがする石鹸が大好きだったのですが)。インドの手染めの布を使った製品を売るお店や、愛用しているトルコのハマムタオルを扱うお店。リネン製品を扱うお店など、今年初めて見る面白そうな屋台もありました。じっくり眺めに行くのが楽しみです。
031
テーブルとベンチが用意された、軽食が食べられるセクションは今年も登場。しかし夜は満席な上に、通路も大混雑していたので通り抜けることも断念しました。食べ物の屋台は例年通り多くはありませんが、ホットアップルサイダーやホットチョコレートの屋台は大繁盛していました。
024
個人的には、ここでボンに住む友人家族を思い出しつつドイツのクリスマスクッキーを買うのが毎年恒例の楽しみになっています。このお店はユニオンスクエアにもあるのですが、コロンバスサークルの方が好きなのです。ボランティアの後に寄り易いですし。
033
ホリデーマーケットを冷やかした後は、目の前のタイムワーナービルへ。まだ夫は『HOLIDAY UNDER THE STARS』を見ていなかったので見物する為です。
034
私達が2階に上がったら、丁度午後5時~真夜中までの0分と30分に行われている、ライトショーが始まりました。音楽に合わせて、星形のライトが色を変えたり点滅したりする単純なショーですが、定番のクリスマス音楽を聴きながらなので楽しめました。
035
コロンバスサークルのホリデーマーケットは2017年12月24日まで開いています。
036
The Columbus Circle Holiday Market
59丁目とセントラルパーク・ウエストの交差点(セントラルパークの南西の角)
地下鉄コロンバスサークル駅から直ぐです。
月~土曜日:午前10時~午後8時
日曜日:午前10時~午後7時
クリスマスイヴのみ午後4時に閉店。
詳しい情報はHPにてご確認ください。
038
039
041
042
047
049

051

2017年12月 5日 (火)

リンカーンスクエアのクリスマスツリー2017

今にも降り出しそうな火曜日のニューヨーク。今日は雨が降る可能性がありそうですが、そんなに強くは降らなそう。最高気温は15℃で、少し暖かい1日となりそうです。

相変わらず気が滅入るニュースが多いのですが。昨日、久しぶりにボランティア仲間とお茶をしました。そうなるとニュースの話題になる訳で。コーヒーを飲みながら1時間程話したのですが、相変わらず消化不良感を残して会話が終わりました。先ず1時間ではしっかりとした議論をすること自体が難しいですし。私は元々文章を書くのは好きですが、口頭での説明や会話がとても苦手。かてて加えて、英語の壁がありますし。相手は日本の知識が新聞で読むくらいしかないのですから、とっても議論が難しく感じてしまいます。言葉の定義からして違いますし、善悪の価値判断が入ってしまいがちですし。私の場合、それに加えて自分の知識不足も痛感するので、後で調べなくてはとも思う訳で。色んな意味で脳が興奮してしまうらしく、議論した日はいつも寝不足に陥ります。お蔭で昨晩は午前3時まで眠れず、今朝は3時間睡眠での起床。こういう刺激って有難いと心から思うのですが、身体的にも精神的にもストレスではあるんですよね。こういう時に海外に住んでいることを実感します。

先週寝込んでいたせいで、大掃除を始める事すらできていません。今日ボランティア前後で少しは片付けないと。年末が迫ってくると、気ばかり焦っていけません。
*************************************************************
さて、今回はリンカーンセンター前にあるスクエア、リンカーンスクエア(Lincoln Square)に今年もクリスマスツリーが登場した話題です。
002
過去の写真を見るとかつてリンカーンセンターには噴水の傍、ニューヨークフィルの本拠地である(だった?)ディヴィッド・ゲフィン・ホール(旧称エイブリー・フィッシャー・ホール。いつの間に名前が変わったんでしょうか?)前に立派なクリスマスツリーが立っていたようですが。少なくともニューヨークに住み始めた8年前からはツリーをプラザ内で見た記憶はありません。もしかしたら、学生時代に胡桃割人形を観た際にはあったのかもしれませんが、全く記憶に残っていません。
003
でも、リンカーンセンターの真ん前。ブロードウェイとコロンバス・アヴェニューが交差してできる三角形のダンテパーク(Dante Park)内に、立派なツリーが立つので毎年楽しみにしています。
005
毎年冬至の日に『Winter’s Eve』と銘打った冬の訪れを祝うイベントがリンカーンセンター周辺で開催され、その中でこのクリスマスツリーの点灯式も行われます。足を運んだことはありませんが…。
004
今年も平和を想起させる鳩等のオーナメントが、カラフルなライトと共にツリーを彩っています。胡桃割人形も始まっていましたし、ホリデー気分が高まる一角です。
001

2017年12月 4日 (月)

6番街のイルミネーション2017

濃い霧に覆われていた月曜日のニューヨーク。日が昇るにつれ、霧も晴れてきました。昨晩はスーパームーンだったらしく、今朝のラジオでは「まだスーパームーンが美しく輝いています」と言っていたのですが、残念ながら我が家からは見れず。今日は段々と雲が多くなるようですが、日中は天気がもつ予報です。明日は雨らしいので、用事は今日中に済ませておくと良さそう。その為気温は段々と上昇するようで、最高気温は11℃です。

昨日は夫の服や1週間の野菜&果物を調達する為に散歩がてら出掛けたのですが、偶々ランチに入ったレストランでボランティア仲間に遭遇。凄い偶然にテンションが上がりました。そのボランティアは冬の間はほぼお休みになるので、ハロウィーン以来会っていない方だったので、近況を雑談。彼女は「この時期のお店が大嫌いだから、NYCで造られた商品が並ぶポップアップショップだって宣伝に騙されて足を運んだの。そしたら全然違ってがっかり。」と嘆いていました。

自分へのクリスマスプレゼントとしてヘルシンキとロンドンに居る友達に会いに行っていたと仰っていて、「結局友達にはホリデーカードを書いて、メッセージとして『今年のプレゼントはディナーです。一緒に食事に行きましょうね』って。ディナーをご馳走することをプレゼントに代えるわ」とのこと。確かにこの歳になってくると、もう物は要らなくなってきますよね…。経験や時間を貰える方が嬉しい気がします。ヘルシンキが大好きな私はとても羨ましかったのですが、彼女曰く「皆、『なんでヘルシンキなんか行ったの?』っていうのよね。全然ピンとこないみたいだったから、貴方みたいな人がいて嬉しいわ。あの街は素敵よね!」とだそう。個人的には旅行先としては、今まで訪れた都市で一番気に入っているのになーと不思議でした。
*************************************************************
さて、今回はホリデーシーズンの定番、アヴェニュー・オブ・アメリカのホリデーライトのご紹介です。
006
ホリデーシーズンのイルミネーションというと、一番にパッと頭に浮かぶのは5番街ですが、アヴェニュー・オブ・アメリカも毎年同じ飾り付けが登場するので古き良きアメリカのクリスマスという感じが味わえて好きな通り。同じように感じる人が多いらしく、毎年5番街と並んで大混雑する場所でもあります。
012
なんといっても、6番街にはラジオシティ・ミュージックホール (Radio City Music Hall)があり、この時期はクリスマス・スペクタキュラーというショーを観るのが季節の風物詩の様になっています。友達カップルも、「安っぽい、いかにもっていう作りのショーなんだけど、ホール自体が歴史があって一見の価値があるし、風物詩だから、なんか毎年観ちゃうんだよねー」と言っていましたし。「1回は観てみると良いよ」と言われることも多いショー。実際毎年この時期になるとラジオシティーの周りは、子供連れのご家族や観光客で混みあいます。
015
ラジオシティーは、ロックフェラーセンターのクリスマスツリーの向かい側にあるので、一緒に楽しむ人も多いです。そのついでにと6番街の飾りつけと一緒に写真を撮る人も目立ちます。6番街の飾りつけは規模が大きい飾りが多いので、写真を撮るのにうってつけ。一目で何処かわかるので、思い出に残る写真が撮り易いのではないでしょうか。
003

ブライアント・パークから北に数ブロック歩いた場所にあるニューズ・コーポレーションのビル。赤いライトで彩られた木に白いトナカイ。電光のツリーが毎年恒例。

004

とは言え、赤い氷柱型のライトが追加されていた年があったのですが、木から血が降り注いでいるようで不吉だという意見があったのか、次の年から姿を消しました。

007

ニューズ・コーポレーションの北隣のブロックには、巨大ライト。

005

両脇にはライトアップされた木立が並ぶテラスがあり、テーブルと椅子が並んでいます。観光客がここぞとばかりに休んでいますが、光が綺麗な場所でもあります。

009
008

ライトの北隣のブロックには、噴水に設置された巨大オーナメント。

013
011

オーナメントの北東のブロックにあるのが、ラジオシティー・ミュージックホール。このツリーは黄色から赤へと刻々と色が変化するのですが、何故か今回赤ばかり撮れてしまいました。

016
017

北に向かうと、胡桃割人形が並ぶビル。殆どの飾りつけは西側に集中していますので、西側の歩道を歩くのがお勧めです。

018

オフィスビルのロビーにも立派なツリーが並びます。

019

ヒルトンホテル。今年はホテル前の橇のディスプレイが無くなり、赤いツリーのみ。

020

一番北にあるイルミネーション。

021

人も多いため、写真では上手く伝わりませんが。このビルの向かいにある街路樹も寒色のライトアップがされているので、この一角は光に溢れてとてもフェスティブ。

023

ロビーには2本の立派なツリーがあり、根元には伝統に従ってプレゼントが並べられています。このビルに入っている企業が、寄付するのでしょう。どちらのツリーの前でも、お子さんが立って親御さんが写真撮影をしていました。

022

2017年12月 3日 (日)

ウエストヴィレッジの1人で食事がし易いオーストラリア風カフェ

どんよりと曇っている日曜日のニューヨーク。でも予報によると午前11時頃から少し太陽が顔を出したりもするよう。降水確率は0%なので、傘は持たずに出掛けられそうです。最高気温は11℃。昨日と同じ位でしょうか。

金曜日の真夜中に税制を変更する法案が可決されました。ラジオではさらっと触れていただけでしたが、人々はかなり怒っている様子です。それというのも、500ページほどある法案に、手書きで修正を加えた修正案を、採決の1時間程前にFAXして、強引に予定通り議会を通してしまったから。「共和党が数に物言わせて、国民一人一人に影響を及ぼす大事な法案を、民主党員に読む時間も与えず、強引に通した」とエリザベス・ウォーレン氏がSNSで直接抗議する動画を上げる等、民主党員が強い憤りを表明。それに国民も呼応し、土曜日のフェイスブックには「アメリカ国民は全員外に出て抗議活動をしているべき!」とか、「来年の選挙ではこの法案を強引に通した議員全員が落選することを願う」とか強い言葉が並んでいました。実際に昨日はファイナンシャル地区近くで大規模な抗議デモが行われたとの事。

昨日からトランプ大統領が自宅があるニューヨークに帰宅中。その為、トランプ大統領が支持者を集めた資金集めパーティーをした会場前にはデモを繰り広げる人達が集まり。コロンバスサークルでは、ドリーマーの保護を訴える人達が集まり。各地でデモが繰り広げられたそうです。今日もトランプタワー前とかは要注意かも。いざこざに巻き込まれたくない方は、事前にチェックしてから出掛けられた方が良さそうです。
***********************************************************
さて、今回はウエストヴィレッジにあるオーストラリア風カフェ『Merriweather Coffee + Kitchen』です。
028
ボランティアの移動で前を通るたび居心地が良さそうで気になっていたカフェ。マンハッタンは物価が高いので、少し外食するだけでも平気で$10位飛んでしまい、勿体なくて普段はなるべく家で食べるように心がけているのですが。夫が出張で不在だと途端に料理をしなくなるずぼらな私は、1日1回外食をするようになります。
026
そんな時に気になっていたこのカフェでボランティアとボランティアの合間に急いでランチを食べました。このカフェがあるのはレストラン、カフェ、スイーツショップ、バー等が並ぶハドソン通り。ウエストヴィレッジと言っても、もう少しでハウストンというかなり南側に位置しています。
027
少しハイラインやホイットニー美術館、ショッピングの中心であるブリーカー通りや劇場などがあるクリストファー通りから離れているせいか(といっても、余裕で徒歩圏内ですが)、他のお洒落なカフェに比べて席が確保しやすい印象があります。
016
このカフェでは、オーストラリア風の軽食が食べられるのが売り。特にバルサザールのパンを使ったアボカドトーストをはじめとするトーストが人気です。私はリコッタチーズと洋梨のコンポートの蜂蜜掛けトーストを食べましたが美味しかったです(まぁ、失敗が難しいメニューでもありますが)。
015
コーヒーの酸味が苦手(が故に、ブルーボトルとかインテリゲンシアよりはヨーロッパで普通に出されるコーヒーとかラ・コロンブの方が好き)な私が好きな酸味少な目のラテを出してくれます。しかし苦みは控えめなので、苦み走ったラテがお好きな方にはイマイチかもしれません。

138
お洒落なカフェにありがちな、ちょっと高めな値段設定なので、フード&ドリンクを頼むと$10を超えてしまいますが。美味しいですし、トイレも使えますし、パパッと食事を済ませる事が可能。居心地も良いです。

トイレが少ないウエストヴィレジ。スターバックスではつまらない…という時に、使えるカフェだと思います。

Merriweather Coffee + Kitchen

428 Hudson St
New York, NY 10014
メニュー等の詳細はお店のHPにてご確認ください。

2017年12月 2日 (土)

晩秋の街角風景

晴れている土曜日のニューヨーク。今日も1日晴れて、降水確率も0%。湿度も低く、気持ち良い1日になりそうです。最高気温は11℃。ずっと体調が悪くて外出できていない私も、今日こそは散歩位はできると良いのですが…。

日曜日にはブルックリン植物園で『ファースト・サンデーズ』シリーズが始まります。ネイチャーツアーや温室のハイライトツアー、冬の落ち込みがちな気分を上げるコツを教えてくれるツアーやヨガ、お子さんが楽しめる読み聞かせやアクティビティー等が用意されているそうです。冬の植物園は静かで、それはそれで楽しめて好きです。
*************************************************************
さて、今回は2017年11月下旬のニューヨークの風景をお届けします。
006

11月15日のハイラインの様子です。随分と咲いている花が少なくなってきました。

007

そんな中マンサクは満開でした。

009

マンサクは数か所に植えられていますが、コーチビルの前にも。

010
011

フライオーバー(跨線橋)はまだ紅葉が綺麗でした。ボランティアが忙しかったり、体調を崩したりでこの2週間はハイラインに行けていないのですが、もう紅葉は終わっていそうな気がします。

013

Calamagrostis brachytrichaは晩秋が特に綺麗な草です。

014

23丁目付近。まだ紅葉が綺麗でした。

019

ローワーデッキのスマックは1本だけ葉を残していました。

020

スタンダードホテル近くでは、日差しを楽しむ人も。

021

春を告げる花という印象が強いクロッカスが、秋にも再度花をつけることを初めて知りました。

022

ハイラインの南端に近い林は、白樺と線路が独特の風景を生み出す場所。

025

やっぱり夏に比べると人が少ないハイラインです。

026

ハイラインの南端からニュージャージーを撮影する人多数。

027

昔は冷凍庫だったビルも、現在では窓が作られオフィスビルになっています。政府機関が入っているとか。

029

今年は暖かかったせいか、年々早まっていたホリデーデコレーションが比較的のんびりだった印象が強いです。でも11月も下旬になると、飾り付けが始まりました。

030

フラットアイアン近く。謎の煙に包まれていました。先日は火事に遭遇して凄い煙と臭いでしたし…涼しくなってもハンカチが手放せません。

040

アスタープレイス周辺は学生さんと働く人が忙しく行き交う独特の雰囲気。

072

紅葉したボウリング・グリーン(Bowling Green)。直ぐ傍にあるチャージングブルと勇敢な少女像は黒山の人だかりでした。

010_2

ハドソンリバー・パークのコンポスト収集所に野菜くずを出しに行ったら、パンプキン用のバケツが用意されていました。パンプキンらしくオレンジ色。

022_2

建設ラッシュが続くニューヨークですが、新しく出来ているのはコンドミニアムだけではなく、ホテルも次々と登場しています。ホテルの中に運び込まれる木々が歩道に並べられていました。中庭があるのでしょうか?

004

レストランやバーもホリデー仕様に。

024
027_2

Nolitaの街路樹。
025_2
煉瓦の建物に外階段。防犯上好ましくないので減ってきましたが、ニューヨークらしい風景だと感じるものの一つです。

026_2
MoMAショップのホリデーデコレーション。真っ白なツリーに真っ赤な石。

029_2
ブロードウェイ沿いのユニオンスクエア近くにある立派な教会の庭も黄色に紅葉した木々と赤く色付いた蔦で秋の風情。

035
ユニオンスクエアもやっと紅葉していました。

037
地下鉄ユニオンスクエア駅の入り口は、ツリーでフェスティブ。

042
日本のカボチャも登場していたユニオンスクエアのグリーンマーケット。

040_2
感謝祭前日のグリーンマーケットは大変な賑わいでした。

072_2
070
2017年11月13日~12月24日までグランドセントラル駅構内でホリデーフェア(GRAND CENTRAL HOLIDAY FAIR)が開催されています。天候に左右されないホリデーショッピングが楽しめる小さなマーケットです。

071
フードホールができてから、規模が半分になってしまいましたが、何かのついでに足を運ぶとホリデー気分が味わえます。45丁目に面したホールに登場するクリスマスツリーは立派なので、毎年見るのを楽しみにしているツリーの1つです。

074
まだ点灯されていないものの、飾りつけは完了したブライアントパークのツリー。点灯されたツリーを見るのが楽しみです。

076
感謝祭の連休中のウィンターヴィレッジは歩くのも大変なほどの混雑ぶりでした。

077
中央図書館から東に42丁目を眺める。

079
ニューヨーク公共図書館の42丁目と5番街の角にある中央図書館のシンボルであるライオンもホリデーの装いに。

002
003
感謝祭が終わり道端のクリスマスツリー屋さんも登場しました。通るたびに清々しい森林浴気分が味わえます。針葉樹の香りが大好きな私にとってはご褒美のような季節。

080

2017年12月 1日 (金)

ガーメント地区のホリデーマーケット2017

霞んでいるもののよく晴れている金曜日のニューヨーク。今日も1日晴れの予報で、最高気温は12℃。来週の月曜日まで天気がもつ予報なので、週末も行楽が楽しめそうです。

昨日はデラウェア州でマグニチュード4.1(ニューヨーク市から来たお知らせではもう少し大きかったですが)の地震が起き、ニューヨークでも揺れが感じられたそうです。私は全く気付きませんでしたが。怪我人等は出ていないそうなので、心配は不要とのこと。

2017年に入ってから、インスタグラムで一番タグ付が多くされた市としてニューヨーク市が選ばれたそうです。全米でというなら驚きませんが、全世界でというのですから少し吃驚。でも確かにヨーロッパの人に比べると、アメリカ人はSNSをやっているイメージが強いですし、旅行客も多いので、相乗効果でタグ付する人が多いのかも。因みに世界でタグ付が多い場所トップ10に入っている3か所は、タイムズスクエア、セントラルパークとブルックリンブリッジだそうです。一目でニューヨークと分る一目瞭然感がキーなのかもしれませんね。
*********************************************************
さて、今回は2017年11月20日~12月24日まで、ブロードウェイ沿いの41丁目~40丁目にかけての歩行者天国部分で開かれているホリデーマーケット『GARMENT DISTRICT HOLIDAY MARKET』です。
082
このマーケットは、ユニオンスクエアや近くにあるブライアントパークで開催されているホリデーマーケットも主催しているUrbanspaceの主催。とは言え、直ぐ傍にもっと規模が大きく、座れる席も沢山あるブライアントパークのウィンターヴィレッジがあるので、どうしても素通りしがちなマーケットでした。
083
しかし今年はクリスマスムードがパワーアップ。先ず中央にあるドイツ風のプレッツェルやフランクフルトを売る屋台が星型やトナカイ、氷柱状のライトで飾られてムード満点。屋台の周りにあるテーブルもチェックのクロスやリースが飾られたランプでクリスマスらしく飾り付けられています(食事を楽む方々がいらっしゃったので写真は撮れず)。
084
屋台の数は多くはないものの、ブルックリンで手作りされているジュエリーのお店や蜂蜜専門店、チェコ?か何処かの可愛らしい食器を販売するお店等が並び、他のマーケットとは違うラインアップ。
085
そして何より、オーナメントとツリー、ポインセチアを使ってドレスを表現した作品が飾られていて、ホリデー気分を満喫できます。皆さんセルフィーを撮影したり、家族写真を撮影したり。
086
黒人のご家族が、子供達にドレスの後ろに立たせて写真を撮っていて、良い写真が撮れそうだと思いました。クリスマスツリーの前で撮影するのとは一味違ったホリデー写真が撮れるのではないでしょうか?勿論見るだけでも楽しめます。
087
場所もタイムズスクエアのど真ん中から直ぐ。ブライアントパークからも数ブロックしか離れていません。ミュージカルを観る際や、ウィンターヴィレッジに足を運ぶ際には、ついでに楽しまれては如何でしょうか。

GARMENT DISTRICT HOLIDAY MARKET
期間中毎日:11:00AM ~ 8:00PM
お店の詳細等はHPにてご確認ください。

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »