2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« ガーメント地区のホリデーマーケット2017 | トップページ | ウエストヴィレッジの1人で食事がし易いオーストラリア風カフェ »

2017年12月 2日 (土)

晩秋の街角風景

晴れている土曜日のニューヨーク。今日も1日晴れて、降水確率も0%。湿度も低く、気持ち良い1日になりそうです。最高気温は11℃。ずっと体調が悪くて外出できていない私も、今日こそは散歩位はできると良いのですが…。

日曜日にはブルックリン植物園で『ファースト・サンデーズ』シリーズが始まります。ネイチャーツアーや温室のハイライトツアー、冬の落ち込みがちな気分を上げるコツを教えてくれるツアーやヨガ、お子さんが楽しめる読み聞かせやアクティビティー等が用意されているそうです。冬の植物園は静かで、それはそれで楽しめて好きです。
*************************************************************
さて、今回は2017年11月下旬のニューヨークの風景をお届けします。
006

11月15日のハイラインの様子です。随分と咲いている花が少なくなってきました。

007

そんな中マンサクは満開でした。

009

マンサクは数か所に植えられていますが、コーチビルの前にも。

010
011

フライオーバー(跨線橋)はまだ紅葉が綺麗でした。ボランティアが忙しかったり、体調を崩したりでこの2週間はハイラインに行けていないのですが、もう紅葉は終わっていそうな気がします。

013

Calamagrostis brachytrichaは晩秋が特に綺麗な草です。

014

23丁目付近。まだ紅葉が綺麗でした。

019

ローワーデッキのスマックは1本だけ葉を残していました。

020

スタンダードホテル近くでは、日差しを楽しむ人も。

021

春を告げる花という印象が強いクロッカスが、秋にも再度花をつけることを初めて知りました。

022

ハイラインの南端に近い林は、白樺と線路が独特の風景を生み出す場所。

025

やっぱり夏に比べると人が少ないハイラインです。

026

ハイラインの南端からニュージャージーを撮影する人多数。

027

昔は冷凍庫だったビルも、現在では窓が作られオフィスビルになっています。政府機関が入っているとか。

029

今年は暖かかったせいか、年々早まっていたホリデーデコレーションが比較的のんびりだった印象が強いです。でも11月も下旬になると、飾り付けが始まりました。

030

フラットアイアン近く。謎の煙に包まれていました。先日は火事に遭遇して凄い煙と臭いでしたし…涼しくなってもハンカチが手放せません。

040

アスタープレイス周辺は学生さんと働く人が忙しく行き交う独特の雰囲気。

072

紅葉したボウリング・グリーン(Bowling Green)。直ぐ傍にあるチャージングブルと勇敢な少女像は黒山の人だかりでした。

010_2

ハドソンリバー・パークのコンポスト収集所に野菜くずを出しに行ったら、パンプキン用のバケツが用意されていました。パンプキンらしくオレンジ色。

022_2

建設ラッシュが続くニューヨークですが、新しく出来ているのはコンドミニアムだけではなく、ホテルも次々と登場しています。ホテルの中に運び込まれる木々が歩道に並べられていました。中庭があるのでしょうか?

004

レストランやバーもホリデー仕様に。

024
027_2

Nolitaの街路樹。
025_2
煉瓦の建物に外階段。防犯上好ましくないので減ってきましたが、ニューヨークらしい風景だと感じるものの一つです。

026_2
MoMAショップのホリデーデコレーション。真っ白なツリーに真っ赤な石。

029_2
ブロードウェイ沿いのユニオンスクエア近くにある立派な教会の庭も黄色に紅葉した木々と赤く色付いた蔦で秋の風情。

035
ユニオンスクエアもやっと紅葉していました。

037
地下鉄ユニオンスクエア駅の入り口は、ツリーでフェスティブ。

042
日本のカボチャも登場していたユニオンスクエアのグリーンマーケット。

040_2
感謝祭前日のグリーンマーケットは大変な賑わいでした。

072_2
070
2017年11月13日~12月24日までグランドセントラル駅構内でホリデーフェア(GRAND CENTRAL HOLIDAY FAIR)が開催されています。天候に左右されないホリデーショッピングが楽しめる小さなマーケットです。

071
フードホールができてから、規模が半分になってしまいましたが、何かのついでに足を運ぶとホリデー気分が味わえます。45丁目に面したホールに登場するクリスマスツリーは立派なので、毎年見るのを楽しみにしているツリーの1つです。

074
まだ点灯されていないものの、飾りつけは完了したブライアントパークのツリー。点灯されたツリーを見るのが楽しみです。

076
感謝祭の連休中のウィンターヴィレッジは歩くのも大変なほどの混雑ぶりでした。

077
中央図書館から東に42丁目を眺める。

079
ニューヨーク公共図書館の42丁目と5番街の角にある中央図書館のシンボルであるライオンもホリデーの装いに。

002
003
感謝祭が終わり道端のクリスマスツリー屋さんも登場しました。通るたびに清々しい森林浴気分が味わえます。針葉樹の香りが大好きな私にとってはご褒美のような季節。

080

« ガーメント地区のホリデーマーケット2017 | トップページ | ウエストヴィレッジの1人で食事がし易いオーストラリア風カフェ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1795052/72353405

この記事へのトラックバック一覧です: 晩秋の街角風景:

« ガーメント地区のホリデーマーケット2017 | トップページ | ウエストヴィレッジの1人で食事がし易いオーストラリア風カフェ »