2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2018年4月第1週のセントラルパーク | トップページ | ガールスカウト・クッキー »

2018年4月13日 (金)

ハイラインで春の草刈り2018

曇天の金曜日のニューヨーク。今日の予報は晴れ時々曇り。現時点でも16℃ある気温は、25℃まで上がる予報です。昨日まで結構涼しかったので、体温調節が難しいですね。今日・明日は25℃前後まで気温が上がり、日曜日には最高気温が7℃の寒さに逆戻りするようなので、体調を崩されないようお気をつけください。

アメリカではガールスカウトが販売するクッキーが定番ですが、本日午後4時~午後6時までユニオンスクエア近くにあるKellogg's NYC(31 East 17th Street New York, NY 10003)でクッキー(およびガールスカウトシリアル?)の販売が行われます。今回販売しているのは『Girl Scouts Troop 6000』。この団体はニューヨーク市内のホームレスシェルターに住んでいる女の子20人によって構成されており、約1年までに発足。収益は全てホームレスで暮らす人達を支援するために使われるとの事です。勿論、目標を達成することにより、彼女達に自信を付けてもらうのが主眼なのだとは思いますが。何故アメリカ人がそこまでガールスカウト・クッキーに思い入れがあるのか全然解らないので、文化を学ぶためにも足を運びたいと思っています。
***********************************************************
さて、今回は今年もハイラインで行われた春の草刈り(Spring Cutback)にボランティアとして参加した備忘録です。
047
使われなくなった高架線路を利用してパブリックスペースとして2009年に誕生したハイライン。34丁目まで整備がされてj徐々にオープンしたり、現在も今年末~来年頭にオープンする予定の30丁目分岐部分の整備が進められていたりと、変化を続けています。
048
そんな変化し続けるハイラインの中において、毎年変わらず行われてきた行事の1つ。それが春の草刈り。オランダ人のガーデンデザイナーのPiet Oudolf氏が設計したハイラインの庭は、四季の移り変わりを楽しむ事を主眼にしており。冬には立ち枯れた草の風情を感じるために、枯れ草はそのまま残されています。
050
しかし春になったら新しい芽吹きを促すために、枯れ草を刈り取る作業が行われます。そして少しずつ除雪機等が導入されて全てが人力では無くなっているものの、細長く小さなガーデンが連なるハイラインのデザインの特性もあり、殆どが人の手で手入れされているハイラインの事。草刈りも人力で行われます。
051
とは言っても、10人前後しかいないガーデナーさん達だけで全ての草刈りを行う事はできませんので、草刈りのボランティアが募集されます。私は数年前に、小さなワンルームアパートに住み、自然と触れ合う機会が少ない都市生活を補う意味でも草刈りボランティアとして研修を受けて、草刈りに参加。以来、毎年この草刈りボランティアを楽しみにしています。
052
しかし今年はタリン旅行をしていたため、3月の2週までは参加できず。3週目は申し込んでいた日の草刈りが雪でキャンセルされ。4週目は風邪をひいて休み。結局草刈りをしそびれてしまったと悲しく思っていました。
054
それが「少しだけ天候不順の影響で草刈りをしそびれたセクションが出てしまいました。最後の仕上げとなる草刈りに参加しませんか?」というお誘いがあり。今年最初で最後となる草刈りに参加することができました。
056
2時間弱、地べたに這いつくばり、丁寧に草刈り。セクションにもよりますが、今年は去年よりも多くのガーデンで落ち葉を拾わないという方針が取られていました。
057
落ち葉には虫が休眠しているので、環境サイクルを守ろうという考えなのだと理解しています。都市部にあるガーデンは住人に緑を提供するだけでなく、環境の循環にも貢献すべきだという考えが広がっているのでしょう。全然勉強していない素人考えですが。
058
草によっては、ある種類の蜂がその花の枯れた茎にしか卵を産まない可能性がある事が解ったため、刈取りの対象から外されていたりもしました。草刈りの対象がより細分化されていたので、ガーデナーさんの説明も長め。対象外を示すフラッグも沢山ありました。
059
冬の間は会う機会が少なくなるボランティア仲間と久しぶりに会えるのも楽しく。汗を流しつつ、お喋りしつつ、草刈りをして疲労困憊になりつつも、楽しい2時間を過ごしました。
062
お蔭で現在筋肉痛に悩まされています。これも毎年のお約束で、いつも「それなりに体を動かしてるのになー」と運動不足を反省します。
063
この草刈りボランティアの方のインタビューにも出てきますが、他のニューヨーカーと言葉を交わせる絶好のチャンスでもありますので、ニューヨークに来たばかりで地元の人と話してみたい方にもピッタリです。研修を1回、草刈りに2回参加するだけのコミットメントだと思いますので、毎週とかはできない…という方でも気軽に参加できます。
065
今年は終わってしまいましたが、来年も募集がかかると思います。ご興味がある方は是非。とても楽しく、そして他では得難い経験ができます。
066

写真は全て2018年3月最終週のハイラインの様子でした。

068

« 2018年4月第1週のセントラルパーク | トップページ | ガールスカウト・クッキー »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1795052/73294188

この記事へのトラックバック一覧です: ハイラインで春の草刈り2018:

« 2018年4月第1週のセントラルパーク | トップページ | ガールスカウト・クッキー »