2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« ロンドンでのディナー | トップページ | フィラデルフィアのワナメーカーオルガン »

2018年5月29日 (火)

フィラデルフィア

曇天と霧に覆われてグレーに煙る火曜日のニューヨーク。今日は曇りで午後からは太陽も顔を覗かせる予報です。最高気温は28℃まで上がるようなので、ムシムシしそうです。暑さと湿気対策をして出かけたいと思います。

今日の午後、全米のスターバックスコーヒー店が全従業員に差別に関するとトレーニングを受講させるため、全店舗が数時間閉店することが大きなニュースになっています。フィラデルフィアのスターバックスの店長が、待ち合わせをして全員揃ってから商品を購入しようとしていた(と本人は主張している)黒人男性2人を警察に通報し、不法侵入として連行された事件がきっかけ。この様子を撮影していた動画が全米で大議論を巻き起こし、スターバックスは謝罪。今回の研修に至ったわけです。

差別意識を意識的でも無意識でも持っていない人は稀ではないでしょうか?ラジオやメディアでも、無意識下の差別意識に敏感になるよう呼び掛ける内容が増えています。無料でWEB診断を受けられるサイトもあるようですので、私も自分自身をよりよく知るために努力したいと思います。
************************************************************************
さて、今回はメモリアルデーのロングウィークエンドを利用して旅行していたフィラデルフィアの備忘録です。これから暫くフィラデルフィア旅行についての記事が続きます。ニューヨークの話題が長らくなくて申し訳ございません。今しばらくお付き合いください。
20180528_104513
高校生の時に訪れたフィラデルフィア。25年ぶりにやっと再訪する機会を作れました。

ニューヨークに住んでもうすぐ9年。行こうと思えばいつでも行ける距離なのに、だからこそかえって訪れる機会を作れずに今まできてしまい。この夏帰国できるかも…となって、焦って戦没将兵追悼記念日(メモリアルデー)のロングウィークエンドに行ってきました。
20180526_155028
ニューヨークからフィラデルフィアは、バスで2時間。電車であれば1時間20分程で到着します。今回は断然安いバスで移動。利便性を考えてバスにしては高めのグレイハウンドを利用しましたが、2人分の往復チケットが$66。2時間位なら座っていても苦ではないですし、ハッスルも少なく、思いの外楽に移動ができて快適でした。

今回はどうにか回復したものの、まだ体調が万全ではなく。移動日は正午にフィラデルフィアに到着し、ホテルまで徒歩で20分かけて移動。3泊4日なので、大した荷物はありません。
20180526_144313
ホテルに着いたら、部屋を直ぐ用意してもらえたので部屋に荷物を落とし。ホテルの近くでランチをしてから、夕方まで昼寝。夜はディナーを済ませてから、デパート『メイシーズ』にある世界一巨大なパイプオルガンの無料コンサートを鑑賞。

2日目は、フリー・ウォーキングツアーでフィラデルフィアの街の成り立ちを学び。3日目は、市庁舎の無料ツアーにのったり、独立記念館を外から眺めたり。4日目はフィラデルフィア美術館およびフェアモントパークを散歩、とゆったり目のスケジュール。毎朝10時まではホテルでのんびりし、夜はさっさと夕食を済ませてホテルに帰るという事を心がけていました。
20180526_155337
お陰で割と長く滞在した割には、博物館や美術館を見れませんでしたし。隈なくフィラデルフィアを見た感じはしませんでしたが、中年旅行はそんなものなんでしょう。楽しみましたし、高校生の時に比べて格段に治安が良くなり、街がきれいになったのを知れてよかったと思います。

民泊が何故か高くてホテルとほぼ値段が変わらなかったため、今回はホテルに滞在。ニューヨークから言われたくはないでしょうが、フィラデルフィアのホテルはボストンに負けず劣らず高くて弱りました。
20180526_155353
が、お陰で凄く快適。体調が優れず部屋で寛ぐ時間が長かったので、結果的に非常に助かり、旅行の印象もぐんとよくなった気がします。バスタブとシャワーが別にあったので、夜はバスタブで暖まり、朝はシャワーをさっと浴びれて便利でした。

宿泊場所と食べ物の印象って、旅の印象を大きく左右しますよね…。そういった意味では、食事も楽しめた旅行でした。詳細な備忘録は明日から記載致します。

« ロンドンでのディナー | トップページ | フィラデルフィアのワナメーカーオルガン »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フィラデルフィア:

« ロンドンでのディナー | トップページ | フィラデルフィアのワナメーカーオルガン »