2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« MY NYC:ベーカリー編『Bien Cuit』 | トップページ | MY NYC:街角編:ウエストヴィレッジ »

2018年8月12日 (日)

MY NYC:街角編:パブリックアート&ストリートアート

今にも降り出しそうな日曜日のニューヨーク。本日も正午前後を中心に局地的な雷雨が予想されています。夕方には少し回復するようですが、1日中降水確率は15%以上あるので、念のため傘を携帯した方が良さそうです。サイトによっては午後4時までは雷雨の可能性を示唆していますので、行動には注意が必要そう。最高気温は28℃ですが、湿度がとても高いので、不快指数は高めかもしれません。

昨日はニューヨーク各地で、道路が川のようになったり、強風や雷雨の影響で停電したりと影響が出たとの事。凄い雨でしたよね!夜ももう一降り来ると注意報が発令されたので戦々恐々としていましたが、きませんでしたね。今日の雷雨は酷くないと良いのですが。

金曜日はニューヨークオフィスにおける夫の最終出社日でした。オフィスの荷造りをし、全てを出荷し、空っぽになった空間を見て感慨に耽ったそうです。9年間お疲れ様でした。まだ夫には自宅の書類を整理して貰わねばならないのですが、流石に昨日はぐったりとしていました。いよいよ月曜日は全ての箱詰めを終え、火曜日は引っ越し。ニューヨーク生活も大詰です。
************************************************************
さて、今回も9年間住んだニューヨークの超個人的お気に入りを振り返るだけのポスト。今回は、移動がてら楽しんでいたパブリックアートとストリートアートについてです。
037
ニューヨークでは、ひたすら歩き回っていました。次々と店が入れ替わり、街の様子が変わり、面白い人が多くて、意外と公園やスクエア(とそこにあるガーデンや緑)コミュニティーガーデンが多く、無料のイベントも盛り沢山。徒歩での移動が最高に楽しい街だという事もありますし。
038
こちらに来たばかりの頃は、友達もいない、仕事もない、目標もない…という状態で、人生初の専業主婦生活に戸惑うばかり。ニューヨーク行きを知らされて4か月弱で、引き継ぎをして仕事を辞め、2週間で荷造りをして、あれよあれよという間に海外に来てしまい。
040
こちらに来てからも、アパートを探して、引っ越して、生活の基盤を築いて…なんてしていたら、あっという間に季節が変わり。ほっとしたのか体調も崩しがちで、ひたすら茫然自失状態だった気がします。
121
3か月が過ぎてやっと活動をする余裕ができて、ボランティアを始め、学校に通い始めましたが。最初は、兎に角街に馴染む為にひたすら散歩しては体を新たな国に馴染ませて。ボランティアや学校が始まったら、移動の為にやっぱり毎日往復2時間くらい歩くようになりました。
025
最後の方は長距離歩くと腰の痛みが軽減して、夜痛みで目が覚めない・食事を座って食べられる文化的な生活を営めることに気付き、意識的にガシガシ歩く日を週に1回設けるようにもなり、余計にマンハッタンはバテリーパークからセントラルパークの北端まで、隈なく歩くようになりました。
007
そうこうする内に、いつしか楽しみになったのが、そこかしこにあるパブリックアートとストリートアート。バテリーパークの入り口に設置される大きなパブリックアート。毎年展示が変わるハイラインのグループ展。マディソンスクエア・パークの大規模なアート。
008
アスタープレイスのフォトジェニックなパブリックアート。ユニオンスクエアの東側に定期的に設置される大きなオブジェ。ブロードウェイの41丁目~34丁目の間に半年周期で現れるシリーズ。
009
ブロードウェイのコロンバスサークル~ハーレムの間に設置されるアート。タイムズスクエアのイベントに合せたインタラクティブなピース。セントラルパーク・サウスのプラザに3か月毎位?で設置される多様性に富んだ作品。パーク街の45丁目~北に設置される有名アーティストの作品群…挙げるときりがありません。
010
それにも増して多いのが、ストリートアート。ニューヨークでもストリートアートは法律違反で、罰金が科されると思いますが、アートは戦い!という文化が根強いアメリカでは、ある意味リスペクトされている分野でもあります。
011
ローワーイースト、バワリー周辺、SoHo、Nolita、ミートパッキング、イーストヴィレッジ、アルファベット・シティー、チェルシー辺りは、そこかしこにアートが溢れています。あまりマンハッタンを出ないので詳しくありませんが、ブルックリンも少なくともDUMBOやウィリアムズバーグ、プロスペクトパーク周辺では、沢山のストリートアートが楽しめます。
012
ストリートアートは違法なので直ぐに塗りつぶされてしまう事が多いですし、そうでなくとも他のアーティストが上書きしてしまったりするので、短いスパンで変わります。
013
その為、毎週のように通る道でも変化があるので飽きるという事がありません。加えて咲いている花、木々の様子、天候の変化、人々の服装の移り変わり…散歩や移動が心から楽しめる街でした。
014
ジムに無料で通えた1年は移動でしか歩かなかったのですが、有料になって月$100なんてとっても払えない!となって散歩に切り替えたのでした。が、今となってはジムに通えなくて良かったと心から思います。
015
散歩が楽しいって、実は住み易さの重要なポイントだと思ったのでした。無料なら肩ひじ張らずに、バラエティー豊かなアートに触れることができますし。

« MY NYC:ベーカリー編『Bien Cuit』 | トップページ | MY NYC:街角編:ウエストヴィレッジ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MY NYC:街角編:パブリックアート&ストリートアート:

« MY NYC:ベーカリー編『Bien Cuit』 | トップページ | MY NYC:街角編:ウエストヴィレッジ »