2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« MY NYC:街角編:パブリックアート&ストリートアート | トップページ | 引っ越し完了 »

2018年8月13日 (月)

MY NYC:街角編:ウエストヴィレッジ

今にも降り出しそうな月曜日のニューヨーク。今日は1日所により雷雨の予報が出ており、いつ降ってもおかしくなさそう。傘は絶対に持って出掛けた方が良さそうです。太陽が出ないからか最高気温も26℃。湿度が高いので、べたつく気候となりそうです。

今日は荷物を詰めるだけでなく、各種手続きも完了しなければならないので慌ただしく。気持の余裕がないので(多分、全然忙しくはならないんですが)、早速本題です。
****************************************************
さて、今回もニューヨークのお気に入りを個人的に振り返るだけの内容。今日は大好きなネイバーフッドであるウエストヴィレッジです。
001
ニューヨークで最初に住んだアパートは東側にあり。引っ越してから3か月で始めたボランティア先も通った学校も東側にあった為、暫くは全然馴染みが無かったウエストヴィレッジ。
012
では何で馴染みのある場所になったのかといえば、クリエイティブ・ライティングで出会った友人が、付き合っていた恋人と丁度クラスが終わるころに同棲を決断。引っ越した先がウエストヴィレッジにある小さなアパートだったからです。

011
彼女達は数年前にニューヨークを出るまで、ずっとそのウエストヴィレッジのアパートに暮らしていて。週に1回集まってライティングデート(皆で集まってテーマを決めて文章を書いて批評しあったり、ただ単に時間を決めてひたすら個々に書き物をすること)をする時も、誕生日パーティーに呼ばれた時も、イースターやクリスマス、サンクスギビング等のイベントを一緒に祝う時も、そのアパートに集いました。
013
そうこうしている内に、近くでボランティアを開始。そのボランティアでは、3~5種類の仕事を請け負っていたので、長時間界隈で過ごす生活に。
014
必然的に合間に小腹を満たしたり、仲間とお茶したり、隙間時間をベンチでぼーっと休憩したりと、仕事だけではない時間を過ごすことも増え。結果として色んなお店やスクエアに気付いて、夫と週末の食事や金曜夜のデートで足を運ぶことが増えました。
015
ウエストヴィレッジの魅力は沢山ありますが、地元の人が集う場所という親密な雰囲気が一番好きでした。マンハッタンにおていは、食事をしても半分が観光客…なんてこともざらにあります。別に観光客が嫌という事ではないのですが、地元占有率が高いお店の方がまったりと落ち着ける気がして好きでした。
016
そしてチェーン店ではない、個人経営のお店が多いのも魅力でした。他にはないレストランやブティック、宝飾店やカフェ。カードを購入したり、お茶したり。ニューヨークの思い出に購入したピアスもこの界隈で見つけました。
002
碁盤の目で整然としたマンハッタンにおいて、細い道が複雑に入り組むウエストヴィレッジの風景は独特。行き止まりの道があったり、古いアパートが並んでいたりして、街並みも大好きでした。窓の下に花を飾ったり、ハロウィーンとかで思いっきりデコレーションしたりと、手入れが行き届いたアパートが多いとも感じました。
003
まぁ、そういう感じ方は人それぞれで、以前ボランティア仲間と話していたら、「ウエストヴィレッジ大嫌い!ごちゃごちゃしていて、汚らしい」と言っていて驚いた事があります。彼女に言わせると「イーストヴィレッジの方が可愛らしい街並み」なのだそうで、イーストヴィレッジこそごちゃごちゃしていると思っていた私にとっては、目から鱗でした。
004
ボランティアさんとかが手入れされている綺麗な教会の庭があったり。街角に小さな花壇が整備されていたり。スクエアのベンチで休めたり。ほっとするグリーンが多いのもこの地域の良さ。ここ数年でぐんと整備されました(多分、車が歩行者を撥ねる事件を防ぐための処置なのだとは思いますが)。
007
他の地区だってそうなのは百も承知ですが、それでもこの地域は美味しいレストランやカフェも多いと感じていました。なんでしょうね…雰囲気と味が相まって食事が楽しめるといったところでしょうか。
005
そして何より、友達やボランティア仲間と語り合った沢山の思い出がこのネイバーを特別なものにしています。ボランティア仲間からは色な学びも得ましたし、親子程も歳が離れた友人から学ぶものの多さ、歳の差がある友人を持つことの大切さをしみじみと感じさせてもらいました。
014_2
少し歳下の友人とは、愚痴ったり、夢を語り合ったり、政治について熱弁したり、人生について見つめ直したり。毎週のように会っては、喋り倒しました。彼女とは生涯の友になれると感じていますし、早速次の居住地に遊びに来ると言ってくれています。
20180809_114217
笑ったり、怒ったり、語り合ったり、悩んだり、少し背伸びしてタスクに取り組んだり。嫌味を言われたり、新たな事に挑戦したり、差別を受けて受け流したり、無視されたり。スタッフさん達の愚痴を聞いたり、ニューヨーカーの夢を聞いたり。SNSでフォロワーから援助を受けながら全米横断する人を見送ったり、定年を前にして職を失いつつも気丈に笑う人達の話を聞いたり。
20180809_115749
突然の雨にずぶ濡れになって仕方なく雨宿りしながらホームレスの女性や工事現場のおじちゃんと立ち話したり。道行く人達と微笑み合ったり、挨拶を交したり(そんなNY映画の中にしか存在しないという人がいますが、あるんです!結構)。ボランティアをしていて道行く人にお礼を言われたり(これも月に数回は起こります)。
20180811_093700
友達がよく口にする「貴方のニューヨークは何処?」という質問。私だったら「ウエストヴィレッジ(か、ハイライン)」と答えます、今であれば。

« MY NYC:街角編:パブリックアート&ストリートアート | トップページ | 引っ越し完了 »

コメント

コメントありがとうございます。お久しぶりです。
やっと帰国しました。着いた途端涼しくなってラッキーです。今朝などニューヨークよりも涼しいくらいですね?
泊まっているホテルでは中国語ばかり聞こえてくるので、昨日街中に出て初めて周りが日本語だらけで。やっと日本に帰った実感が湧いた気がします。が、まだ何となく一時帰国を終えてもニューヨークには帰らないのだという実感が湧きません。これから寂しさを感じるのでしょうか。

お気遣いありがとうございます。何とか引っ越しや移動をこなせています。これからも気を付けます。
長い期間ブログをお読みくださりありがとうございました。AKIKOさんも、お元気でお過ごしくださいませ。

5年前に戻って来てから、NYTimesのネット購読はしているものの、だんだん英語から離れている日常のなかで、貴女のブログは私が生活したNYを繋いてくれるものでした。
暑いですよ。日本は。NYの天気予報はさすがpreciseと思っていましたが、日本はとてもvague予報です。

帰国されて、体調崩されないようになさって下さいね。

お元気で

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MY NYC:街角編:ウエストヴィレッジ:

« MY NYC:街角編:パブリックアート&ストリートアート | トップページ | 引っ越し完了 »