2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

文化・芸術

2017年5月22日 (月)

ロックフェラープラザのジェフ・クーンズ2017

今は止んでいますが、路面が濡れている月曜日のニューヨーク。今日は曇り時々雨の予報で、所によっては雷雨になるそうなのでお気をつけください。最高気温は17℃。太陽が出ない分昨日より涼しく感じそうです。
**************************************************
さて、今回は2017年5月12日~6月2日までの間、ロックフェラープラザに展示されているパブリックアート『SEATED BALLERINA』です。
013
この巨大バルーンは、アメリカ人アーティストのジェフ・クーンズ(Jeff Koons)氏の作品。去年に引き続き春のロックフェラープラザに登場です。
003
今回の作品はミラーの様に周りの環境を映し出す素材でできており、見る人や設置された場所と呼応するインターラクティブな作品との事。私が見た日はよく晴れていたので、日光が反射して眩しく、見る角度によって印象が違いました。
005
クーンズさんの作品は、難しいことを考えずとも楽しめる作品で、去年の花でできた生き物のオブジェも好きでしたし、このバルーンも気に入りました。
015

巨大な作品なので、遠くからでもよく見えます。

014

何時も人気の観光地。

007
008
009
010

花の盛りは過ぎていましたが、それでもまだ綺麗でした。

011

もう直ぐチャネルガーデンが新しいテーマに替えられるかな?と楽しみにしています。

012

2017年5月 8日 (月)

ホイットニー美術館のビエンナーレ2017

晴れている月曜日のニューヨーク。今日は段々と雲が出てくるものの、1日晴れる予報。現在は8℃ですが、最高気温は14℃まで上がる予報です。とは言え、相変わらず涼しい日が続きそうですので、温かい格好でお出かけ下さい。

昨日から体調を崩してダウンしていますので、今日はさくっと本題に。
***************************************************
さて、今回は2017年3月17日~6月11日まで開催されているホイットニー美術館のビエンナーレ(The 2017 Whitney Biennial)を見てきた感想です。
038
何時も書いているのでご存知だとは思いますが、私は近代アートは好きなもののあまり現代アートが得意ではありません。なのでメトロポリタン美術館やMoMAには足は運んでも、ニューミュージアムには殆ど足を向けることがありません。
032
でも、一番好きなアーティストがジョージア・オキーフであり、夫がホッパーが好きなので、ジョージア・オキーフの作品を一番沢山所蔵しているホイットニー美術館にはたまに訪れます。今回は近所でボランティアをしている人達を美術館が招待してくださるという感謝イベントが開催されたので、夫と2人でお呼ばれして無料で展示を楽しんできました。
031
以前はアッパーイーストに在ったので、遠くてわざわざ感があったのですが。現在はミートパッキング地区、ハイラインの南端にあるガンズボート出口の直ぐ西側に移動したので、個人的に訪れやすくもなりました。
035
新しいホイットニー美術館は、ハドソン川に面している立地を生かした、窓が多く風景を作品の一部の様に取り入れた建物も素敵で。8階~5階にあるテラスに出ると、彫像や映像作品と共にローワーマンハッタンの景色を楽しむ事が出来るのも魅力。
036
屋上を緑地化してパーティーしている人々や、ハイラインを上から眺めたり、ニューヨークのシンボルみたいなウォータータンク(水道塔)を見たりしながら、遠く自由の女神やワールドトレードセンター、エンパイアステイトビルなんかも一緒に見れて、別の角度からニューヨークらしさを満喫できます。
044
毎年ホイットニーのビエンナーレは賛否両論、意見が真っ二つに分かれる印象があります。好きな人は大好きで、嫌いに人は大嫌い。あまり中間意見を聞かないという感じ。今年も例外ではなく、面白い作品を褒める評論家がいると思えば、作品テーマに批判が集中したり。相変わらず話題に事欠かない展示です。
039
今年で78回目連続して開催されているアートの祭典で歴史もあるだけに、注目も集まるのでしょう。今年はあまり説明を読まず、感じるままにアートを見て回ると決めてビエンナーレを見たら、結構楽しめました。
034
特に3Dで水辺の植生を細胞レベルから語っている映像作品や、鏡で延々と部屋の様子が続いて映し出される作品が、現実とバーチャルの境が曖昧になっている現代の世相や、情報が次々と拡散されて元の形が見えなくなっている状況に警鐘を鳴らしているように感じられて記憶に残っています。実物の部屋は天地が逆になっているのに、眺めている鏡に映った世界は見知った世界で、それが際限なく再生されているのが怖く感じられました。なのに目の前には、窓から見える美しいハドソン川の夕景。
041
かと思えば、有機的な植木が並ぶ部屋が紫色にライトアップされて、不思議な安らぎの空間を演出しているアート作品があったり。一枚の厚板から解けないパズルのように組み合わさった木の輪っかを削り出した、ひたすら原始的な作品もあったりして。
037
気付けばディナーの予約時間になってしまい、半分を見損なう位2人で楽しんでしまいました。現代美術も小難しいという先入観を捨ててみれば結構楽しいのかも、と思えたビエンナーレでした。

Whitney Museum of American Art
99 Gansevoort Street, New York, NY 10014
開館時間や入館料についてはHPにてご確認ください。
毎週金曜日の午後7時~9時半までは随意の金額で入館できます。

2017年3月 3日 (金)

チェルシーのギャラリーでのヴィヤ・セルミンス展

よく晴れて寒い金曜日のニューヨーク。今朝のラジオでは予報が変わり、午後9時頃小雪が舞う可能性があると報じていました。積りはしないとの事。ネットの天気予報では午後から雲が出始めて午後5時頃小雪が舞うかもという予報。最高気温は4℃で、夜には氷点下になる予報。明日は久し振りに1日中氷点下の日になるようですので、今週末は暖かくして出掛けます。

今週末は地下鉄Mラインが運転を休止します。これから夏に掛けて大幅な改装工事が予定されているので、運転を休止する路線が沢山あるそうです。お出かけの際には、いつにも増して地下鉄の運行状況を確認する必要がありそうです。まぁ、ニューヨークの地下鉄は年がら年中、止まったり、一部運転を見合わせたり、一部運行を変更したりしていますが。

この3年間でニューヨークにおけるホームレス人口が急増したことを受け、デブラシオ・ニューヨーク市長が制度設計の見直しを発表したそうです。その中には、新たなホームレスシェルターを90か所で開設することも含まれるとの事。2011年にニューヨーク州からの補助金が停止して以来、シェルターに入れないホームレスが増えているのが原因らしいのですが。ここ3年間に急増した理由は示されていませんでした。何故なのでしょうか?この寒さの中、あちこちで毛布に包まって眠っているホームレスの人を見掛けます。トランプ政権になってから、国からの各州への福祉・健康に関する助成金が削減される大統領令が審議されているようですが。そんな事をやっている場合ではないのでは?と感じます。
**********************************************************
さて、今回はチェルシーにあるギャラリー『Matthew Marks Gallery』(3つあるギャラリーの内、522 West 22nd Street, New Yorkにあるギャラリー)で、2017年4月15日まで開催されている『Vija Celmins』展のご紹介です。
001
この展示は、例の如くボランティア仲間に誘われてボランティア活動の後に訪れ。とても気に入りましたし、夫が大好きそうだと思ったので2人で週末に改めて訪れました。

ヴィヤ・セルミンス氏は、1938年にラトビアのリガで生まれ、1940年代後半に家族と一緒にアメリカ合衆国に移民してきたアーティストとの事。彼女は1960年代から活躍するアーティストで、波、砂漠の砂、夜空等を緻密に描くことで有名なのだそうです。
002
今回の展覧会でも、星空(石の表面?)、波を描いた絵画と、精密に作られた黒板、石ころ等のオブジェが展示されています。その技術に感嘆しました。

星空か石の表面、どちらにも見える絵画は、白地に黒や灰色の点々が散らばっていたり、黒地に白や灰色の点々が散らばっているだけなのですが。どのような技法で描かれているのかが全く分からず、その不思議な静けさと美しさに見入ってしまいますし。波の絵は静謐さに満ちていて、心が凪ぐようでした。
007
拾った石や古い黒板を本物そっくり作ってあるオブジェも、拾った本物と彼女が制作したオブジェが並んで展示されているのですが、どちらがどちらか判らない精密さ。その技術の高さに舌を巻きます。

ボランティア仲間も、夫と私も堪能したこの展示。チェルシーにはギャラリーがひしめいていて、全て無料で楽しめる訳ですから、アート好きの方は足を運ばれてはいかがでしょうか。

Vija Celmins
Matthew Marks Gallery
522 West 22nd Street, New York
詳しい展覧会のお知らせはギャラリーのHPにてご確認ください。

2017年2月28日 (火)

カーネギーホールでマスタークラスを見学

少し霞んでいるものの晴れている月曜日のニューヨーク。今日は雲が出るものの1日晴れの予報で、最高気温は12℃と過ごし易い気候になりそうです。明日は雨、明後日は雷雨、金曜日は雪の予報ですので、せいぜい楽しめる時に太陽を楽しんでおきましょう。

ニューヨークの周辺には3つの空港がありますが、大体の人はお気に入りの空港があってそこからの発着しかしないようにしているようです。かくいう我々もラガーディア空港は好きではないので、殆ど利用したことがありません。そうしたら全米の空港で時間通り着陸する確率が一番低い空港の1つに選ばれたというニュースが出ていました。やっぱり敬遠していたのには理由があったんですね。

昨日のオスカー授賞式で、ベストピクチャーの受賞映画の名前が間違って読まれたことが大ニュースになっています。なんでも専門会社が入念に準備をしているにも拘らず、封筒の取り違えが起こったのだとか。何故そのような問題が起きたのか、原因を究明中との事。私の周りではラ・ラ・ランドは「別に普通に楽しい映画って感じだけどねー」とフラットな感想しか聞きませんが、かといって糠喜びは可哀想です。
*********************************************************
さて、今回はカーネギーホールで先週5回に亘って開催されていたマスタークラス『Jonathan Biss Workshop』の1回を見学した感想です。
096
カーネギーホールには教育部門があり、ニューヨークの学校の生徒を招いて音楽に触れあってもらうプログラムを運営したり、出産したもののお子さんと上手く距離を縮められない新米ママに自作の子守歌を作ってもらい赤ちゃんとの心の交流を促したり、公学校の音楽教師を招いてクラスのヒントを見つけてもらったりと、種々のプログラムが行われています。

そんな多くの活動の一環として、既にプロとして活躍している音楽家を招き、若手音楽家/生徒さんを公開レッスンするというワークショップ/マスタークラスが行われています。今年は声楽家やピアニストを招いて数日間に亘ってプログラムが組まれているらしく。
095
内、ピアニストJonathan Biss氏が5日間に亘って世界中から集まったピアニストにレッスンをつけるプログラムの第2日目。3人の生徒さんにレッスンを付ける様を公開するマスタークラスを見学する機会を得ました。

クラスは全部で2時間半。3人の生徒が課題曲(ベートーベン、シューベルトもしくはブラームス)を弾き、その後30分~45分決められた時間内でレッスンを受けていました。
012
私は音楽の知識が全くありませんし、聞くのは好きでも曲名や作曲者の名前を覚えません。そんなに頻繁にコンサートに足を運びもしません。最近は腰が痛くて劇場の深い椅子に座っていられないので、映画やコンサートから足が遠のいていますし。

でもそんな全然知識が無い私でも(だからこそ?)レッスンはとても興味深かったです。Jonathan Biss氏が、「ここは同じ音が4回繰り返されてますね?繰り返しには絶対に意味があります。ただ何となく同じ音を弾いてはいけない」とか、「音符にしたら同じでも込められた意味合いは全く違う。既に作曲者はこの世にいないから、我々は精度の良い推測をしていく必要がある。」とか、「この曲は僕にとっては足掻いても足掻いても逃れられない悲劇性を表した曲なんだよ。でも貴方の演奏は美し過ぎてその足掻いている感じが伝わらない」とか、「間違いがない正確な演奏よりも、多少間違えても素晴らしい演奏を目指そう」とか、「主題が何回か繰り返される際には、クライマックスにあたる音に注目して。何回か繰り返しがある際には、絶対に少しの違いがある。その違いに込められている意味が絶対にある」とか、「ここは右手が主旋律を奏でていて目立つけれど、大事なのは左手の低音です。何故ならこの主題は苦しみだから」とか、「ピアニッシモは、音を最後まではっきり弾かなくて良いという事ではない。小さく音を鳴らす事と、柔らかい音を出す事は全く違う。この曲は深い悲しみを表現しているのだから、いくら小さな音でも音の輪郭が最後までクッキリしているべきで、しかも音には芯があるべき」とか、理論的な指導が続く、続く。
011
生徒さんの個性も聴いていておもしろかったです。生徒さんによっては指導を受けても受けても、全く演奏が変わっていないように聞こえる方もいて。先生の方から「何度もしつこく同じことを言って申し訳ないけれど、自分のスタイルを持つことと、自分の引き出しが1つしかないことは全く違う。自分のスタイルを持つことは素晴らしいけれど、引き出しは沢山持っていなければプロではないし、演奏の限界は知っておくべき。このレッスンが終わったら私が言ったこと全てを無視してくれて構わないから、一回失敗してみてくれない?」とまで言わしめたり。

他の生徒さんには、「次の展開を期待させては駄目。良い演奏とは、演奏家自身が『え?今何が起こったの?』と吃驚するような状態でなければ」と言っていたり。へぇ~と思う言葉が沢山でした。
049
以前、村上春樹氏著『小澤征爾さんと、 音楽について話をする』という本を読んだ際に、小澤征爾氏が演奏する楽曲を決めた後、2-3日書斎にこもってひたすら楽譜の勉強をするという記述があったと記憶しているのですが。それを読んだ時は、正直言って何のことを言っているのかピンと来ませんでした。でも、今回このクラスを傍聴することによって、全ての変調や音階の変化や音の繰り返し等から意味を読み取っていく作業の事か、と凄く納得したのでした。

あんまり面白かったので、ピアノを習っているボランティア仲間にもお勧めしておきました。チケットを購入しても$15でしたので、そんなに高価ではありません。傍聴していたのは、音楽の先生やピアニストを目指す若者が多かったように思います。

2017年2月 5日 (日)

コメディーショー『自殺のキャリア』

快晴の土曜日のニューヨーク。今日は段々と雲が出るものの1日晴れる予報。最高気温は午後にならないと氷点下を脱しないようで、最高気温は2℃。昨日に引き続き寒そうですので温かくしてお出掛けください。

昨日は、転職するボランティア先のマネジャーさんのサプライズ・お別れパーティーでした。残念ながら私は別のボランティアが忙しく、パーティーが終わる直前にちょっと顔を出して挨拶することしかできませんでしたが、最後にお別れができて良かったです。想像したよりも本格的なパーティーで、ケータリング(ドリンク)が入っていたり、記念撮影をする用のデコレーションされた椅子が置かれていたり。一般市民からの募金で賄われるNPOなので資金の使い道には慎重にならなければいけない訳ですが、働いている従業員を大事にできない組織は駄目だよなぁと他のNPOを見ていてつくづく感じるので、昨日のパーティーは好ましく感じました。ずっと組織を引っ張ってきた方だったので寂しくなりますが、次のステージでも活躍する気満々だったので楽しみです。お知らせをくださるそうなので、是非次の職場にも足を運んで彼の手腕を堪能させて貰うこととします。別れは寂しいですが、自分の世界を広げてくれるきっかけにもなりますね。
*********************************************************
さて、今回も既に終わってしまったコメディーショー『Career Suicide』の感想です。
033
このコメディーショーは2017年1月8日までNolitaにある小さな劇場で上演されていました。去年からなるべく沢山観劇しようと以前よりは頻繁に劇場に足を運んでおり、チケット会社から送信されるお知らせメールで興味を持ったショーでした。人から推薦されてもおらず、New Yorkerでレビューを読んだわけでもなく、話題になっていたわけでもないのに観に行くのは珍しい事です。

では、何故興味を持ったかといえば、コメディーなのに題材が自殺だという事につきます。自分の中に自殺を笑いの題材にするという発想自体がなかったので、純粋にどんな風に創り上げているんだろう?と興味を引かれました。
012
そして、鬱を患う人とどうやって接するのか分からないというモヤモヤと漠然とした悩みがあったのでヒントが欲しかったという事もありました。何故かクラスで精神科医の女性と一緒になる機会が数回あり。彼女達の話を聞いていると、鬱がとても難儀な治りにくい病気であることが感じられたり。元同僚から鬱で苦しむ同僚の話を聞いたり。友人が軽い鬱なのでは?とちょっと悩んでいたり。色々なことが重なり、去年からかなり鬱病に興味があるのです。

このコメディーは、Chris Gethard氏というコメディアンが1人で滔々と喋るというもの。彼は自殺願望が強く出るタイプの鬱症状に学生時代から悩まされ、アルコール依存症も患っていたのですが、その事をさらけ出して面白おかしく語るというショーでした。とは言え、ゲラゲラ笑うという感じではなく、時々クスッとする程度。真面目な内容が大半を占めていたように思います。
008
通常劇場に足を運ぶとご年配の方の方が多い印象を受けるのですが、このショーは若い観客が多かった事が記憶に残っています。それだけご自身や周りに鬱を患っている人が居て、悩んでいる人が多いのかもしれません。またこの劇はオフブロードウェーの他のショーと比べてもチケットが安かったのも一因かもしれません。

アルコール依存症というのは飲酒量の問題だけではなく、飲酒の回数や全体量が少なくとも、飲んだ時に記憶を失ったり、奇行を繰り返すことも含むのだという事実を知ったり。自殺願望を伴うような鬱でも、処方された薬を正しく服用すると問題なく日常生活が送れるのだというのが驚きだったり(私は勝手に症状は改善するものの、スパッとは治らないと思い込んでいました)。
006
色々参考になる話が多かったのですが、一番印象に残ったのは鬱の人と話したり、関わったりするのを躊躇すべきではないというアドバイス。「鬱の人はちょっとしたことで傷ついてしまいそうで話すのが怖い」とか「自分から話しかけたり、外に出てきたりするのを見守る方が良いのでは」という人が多いけれど、それは間違いだとはっきりと仰っていたのが一番の学びだった気がします。

それと同時に、正しい治療の大切さも学びました。よく効く薬でも誤った使い方をすると症状が悪化すること。一度飲み始めた薬を、保険が切れた・お金が払えない等様々な理由から中断すると非常に危険であること。
004
そして、社会として鬱や自殺をタブー視せず、もっと広く正しい知識を広め、正しく議論すべきなのだという事も強く感じました。精神的な病気は恥ずかしいという意識そのものが、苦しむ人々を回復の道から遠ざけているのだということが理解できました。そして周りの人々も戸惑い、悩んでいる人が多くいると思うので、対処方法ももっと広く知らしめるべきだと思います。ショーの中でも、クリス氏のお母上が息子の鬱の事実を受け入れられず、泣いて泣いて苦しむ様子を見て彼も余計に悩んだという話しもありました。正しい知識こそが、鬱に苦しむ人とその周りの人々を助ける筈です。

自殺願望を抱いて苦しむ日々を過ごした自殺のキャリア、そして自殺を題材として取り上げることはコメディアンとしてのキャリアにとっては自殺行為だという意味がタイトルに込められているだろうショー。社会の意識を変える上で、意義あるチャレンジだと思います。
011
これをきっかけに、広く鬱病について語られる世の中になりますように。

2017年2月 1日 (水)

オフブロードウェイ・ミュージカル『A Taste of Things to Come』

曇りの水曜日のニューヨーク。雪は止み、予報通りアスファルトには積もっていないようです。太陽が顔を覗かせるようですし、最高気温は8℃まで上がる予報ですので、凍結して危ないというようなこともないでしょうか。

気持が落ち込み過ぎて忘れていましたが、オーガニック食材が豊富に揃うスーパーマーケット『Whole Foods』がブライアントパーク前(紀伊国屋書店の並び)に新しい支店を土曜日にオープンしました。観光の途中にも立ち寄り易い立地なので、益々便利になりますね。

トランプ大統領が就任してから、アメリカでは珍しく外国に学ぼうという風潮がある気がします。ヨーロッパでは移民・難民問題でどんな問題を抱え、どのように対応しているのか、とか。そんな中、カナダは何故拳銃による犯罪が少なく安全で、国民保健を確立し、移民・難民にもオープンでいられるのか?という比較が頻繁にされていたように感じますが。そのカナダのケベックで、週末礼拝中のモスクで銃が乱射され、6人が死亡、8人が負傷する事件が起こりましたね。アメリカでは大ニュースがあり過ぎて、直ぐにあまりメディアに取り上げられなくなりましたが。自分と違う人を排斥する風潮が広がったことが影響したのでは?と余計に暗い気持ちになりました。
*******************************************************
さて、今回は既に公演が終わっているオフブロードウェイ・ミュージカル『A Taste of Things to Come』の感想です。
134
このミュージカルは2016年11月17日~12月11日まで上演されていたYork Theater Companyによるプロダクション。会場はミッドタウンのレキシントン街にある教会の地下にある劇場でした。York Theater Companyは、47年の歴史を誇る劇団とのこと。

何故このミュージカルに興味を持ったのかと言うと、去年ボランティア仲間に勧められて観劇したBedlamの『SENSE & SENSIBILITY』がとても気に入り。そのBedlamで働いていた女性が、ディレクターデビューをするミュージカルであるとお知らせのE-mailが届いたから。去年のシェイクスピア・イン・ザ・パークでもそうでしたが、女性によって制作された劇や女性のみによって構成された舞台が増えているように感じて応援したい気持ちもあり。若い女性が初めて創り上げるミュージカルで、キャストは全員女性なんて、是非観に行こうとなったわけです。
012
小さな劇場でしたが、狭いロビーの壁には一面ミュージカルの舞台となっている1950年代~1960年代に掛けて考案された、今となってはぎょっとするようなレシピの数々が貼り出され、観劇気分を盛り上げてくれました。小さな劇団なりに愛情を持って運営されていたようで、手作り感満載のグッツも少しだけ販売されていたり。

ミュージカル自体は比較的短く、4人の女性キャストが密室でずっと歌い踊っているだけという密室劇。舞台の展開もありませんし、休憩を挟んで10年の時が過ぎるのですが、第1部と第2部は其々50年代と60年代の1日を演じているという空間と時間の限定ぶり。その中で4人の女優さん達の会話と歌(たまに主人公の生ナレーション)を通じて物語を浮き彫りにしていくスタイルでした。
013
見終った後は幸せな気分になりましたし、とても楽しめました。が、周りの人たちに熱心に薦めたくなるという感じでもないような。広がりがあって、考えさせられるという感じのミュージカルではなく、楽しめて、心が軽くなるエンターテインメントでした。とは言え、このご時世。毎日なんだか憂鬱なニュースばかりなので、たまにはパーッと観劇でもして楽しみたいという事も多いですから、このミュージカルみたいな軽い・明るい・楽しいという感じの作品も必要ですよね。

そうはいっても全然実が無いという訳ではなく。4人の女優さんは、其々子だくさんの専業主婦、結婚はしていても子供を作らない主義の主婦、そうあるべきだと白人の男性と結婚したものの本当に愛しているのは(違法である)有色人種の男性だと気付いてしまいハーフの婚外子を身ごもっている主婦、および女優として成功することを夢見て独身を貫いている女性を演じており。1950年代の女性が如何に抑圧され、自由が無く、其々の立場で孤独に苛まれていたかが分かりますし。遠い昔のように感じますが、結構今でも同じように女性は苦しんでいることが多いよなーと思いました。
002
そして休憩後の第2部である1960年代は、女性の考え方や立場が粘り強い公民権運動によって変わりつつあることが同じ4人を通じて描かれています。皆さん第1部ではワンピースを着て言葉使いにも気を付けていたのに、第2部ではパンタロンを穿いたり、自由に話したり、職を持っていたり、自分の会社を立ち上げていたり。たった10年で社会がガラリと変わった事が感じられました。知識として知っていても、動いている女性を見ると違いが実感できたというか。

観劇後、夫と夜道を歩きつつ感想を言い合っていたのですが。私が「たった10年であんなにがらりと世相って変わるんだねー。変化って起こる迄は長いけど、起こってからはあっという間に広がるんだね。そのティッピングポイントに到達する迄は時間が掛るけど、超えてしまえばがーっと一気に変わる感じがよく感じられて面白かった。」と言ったら、夫は「どちらかというと50年代から60年代の変化の急激さよりも、60年代から今までの50年近く、女性の権利を巡る状況が殆ど変化してない事の方が驚いた」と。うーん、確かにと唸ってしまいました。
137
初演はフィラデルフィアの小さな劇場だったというこのミュージカル。チャーミングな作品だったので、いつかまた何処かで再演されるでしょうか。

2016年12月27日 (火)

ニューミュージアムのピピロッティ・リスト展

曇っている火曜日のニューヨーク。今日は午前中は小雨がぱらつく所があるようですが、夕方近くには晴れる予報です。最高気温は15℃と暖かくなりそう。変な気候ですね。また今年の初めみたいに、年が明けると共に急激に寒くなりそうで怖いです。

今朝は安倍首相がハワイのパールハーバーをオバマ大統領と共に訪問する予定であることがトップニュースとしてラジオで報じられています。何事もなく無事に訪問が終わりますように。

昨日SoHoに出掛けたら凄い人出でした。不思議に思っていたのですが、どうやらクリスマスの翌日セールなるものがニューヨークには存在するそうです。また貰ったプレゼントが気に入らなかった人達が、商品の交換や返品に繰り出す日でもあるとの事で、なんだか凄い無駄なんですね…。
*********************************************************
さて、今回は2017年1月15日までニューミュージアムで開催されている『PIPILOTTI RIST: PIXEL FOREST』展を見てきた感想です。
024_2
ニューミュージアム(The New Museum of Contemporary Art)は、ローワーイーストサイドにある現代美術を展示する美術館。7階建ての建物は東京をベースにしているSejima + Nishizawa/SANAAのデザインにより、最上階からはローワーイーストサイドの面白い展望が楽しめます(が、週末しかオープンしていないそうで、昨日は見ることができませんでした)。

私はアートの知識が皆無なので、知識が無いと楽しむのが難しいと感じてしまう現代美術は苦手。近代美術(モダンアート)迄は好きで、MoMAとかホイットニー美術館の一部は楽しめるものの、ニューミュージアムやホイットニー美術館、グッゲンハイム美術館にはあまり足を運びません。(まぁ、最近は時間が作れなかったり、貧血で気分が悪くなってしまったりで、美術館自体にあまり足を運びませんが)。
008
なのに何故訪れたかというと、ピピロッティ・リスト展が大変な評判を呼んでいて、色んな媒体で紹介されていたから。そして知識なしで見ても、単純に綺麗~とか面白い~とか思っているだけでも楽しめそうだったから。しかも何回かお目にかかった事がある女性の旦那様がキュレターをされていると知り、親近感も覚えました。

実際ロビーと2階~4階迄跨ぐ展示を1時間半で見て回りましたが、私は満喫しました。夫はちょっとグロテスクに感じて2階の展示は苦手だったみたいですが。
010
ピピロッティ・リスト氏は、スイス出身のビデオアーティスト。全ての作品に動画が使われていますが、その作品は多岐に亘っていました。

私が一番好きだったのは、ベッドに寝転がって天井に投影される動画を眺める展示。水面の様な投影画面には、実際水の中で撮影した映像が中心に映し出され。水中植物や泳ぐ人が同等の物としてフォーカスされたり、フェーズアウトしたり。不思議な世界観で、グロテスクな物も綺麗に見える植物も、細胞レベルになってしまえば同じなんだなーなんて感じながら、ぼーっと眺めているだけで楽しめました。
011_2
4階と3階を繋ぐ階段にはスマートフォンが床に置かれていて、アーティストが「助けて~!」とか叫んでいる映像作品が流され。壁には海を漂う船の油絵に映像を投影した面白い作品が掛けられ、移動も楽しく。

3階には展覧会のタイトルにもなっている『PIXEL FOREST』とクッションに座ったり寝転がったりして壁に投影された動画を楽しむ作品、および下着でできたランプに投影される動画を楽しむ作品が飾られています。
012_2
そもそもピピロッティ・リスト氏のテーマは、『生と死』、『自然とテクノロジー』、『有機物と無機物』の関係性を考えたり、境目を探るという事らしく。ピクセル・フォレストは、画素を引き延ばして実体化した感じなのでしょうか。難しく考えなくても、非常に綺麗な刻々と色を変える光に囲まれて神秘的な空間に身を浸すことができます。

2階の展示は、女性器や男性器が他の階に比べてバッチリと映っていたり、英語ではない言語が沢山登場したり、チカチカと移り変わる動画が多くて、少し観るのがしんどい展示がありましたが。薄い布を何重にも張って、映し出される映像と見物者の影のコラボレーションを楽しむ作品や。岩や壁に動画を投影する作品はとても面白かったです。
013_2
動画の撮影は禁止されていますが、写真の撮影はOKなので面白い写真を撮ろうと皆さん写真を撮りまくっていました。写真好きの方にもお勧めの展示です。とは言え、展示品の写真をここに載せる訳にはいきませんので、展示内容を紹介している記事をご参照ください(記事のリンクはいつまで有効か不明ですが)。

2016年10月22日 (土)

オフブロードウェー劇『分別と多感』

朝から今にも降り出しそうな金曜日のニューヨーク。今日は1日曇って夜には雨が降り出す予報です。WEBの天気予報では一時雷雨に見舞われる可能性がある事になっていますが、ラジオではそのような事は言っていませんでした。最高気温は22℃。1日中殆ど気温が変動しないようです。

ブルックリンのボーラムヒル(Boerum Hill)で、毎年の様に力を入れたハロウィーンの飾りつけをしているカップルがいらっしゃるそうで。今年は地獄行きのバスというテーマで12体のパンプキンで作った人形が展示されているそうです。見物したい方はBergen StreetのBondとNevinsの間にあるとの事です。
*************************************************************
さて、今回は先日観劇したオフブロードウェイ劇『分別と多感』(Sense and Sensibility。知性と感性という訳もあるようです。個人的にはそちらの方がしっくりくるような)の感想です。
059
そもそもこの劇に興味を持ったのは、ボランティア仲間に薦められたから。彼女はご自身も劇監督をするミュージカルや劇が大好きな女性。「絶対観た方が良いよ!凄く斬新でよく出来た劇だから!」と薦めてくれたので、丁度腰の調子が良くなって長時間座れるようになって観劇したいと思っていたところだったので観に行ったわけです。

劇場はワシントンスクエアパークの南に面した場所にある教会の地下。細長い部屋の壁に沿って両側に席が4列ずつ並んでいて、部屋の真ん中がステージ代りとなっています。観客に挟まれて演じる訳です。
005
そのため全てのセットはローラーが付いていて、役者自らが動かしながら場面転換をします。ライティングも効果音も音楽も演者自らこなしていて、出演者は全部で10人のみ。その為主役の2人の女性を除き、殆どの役者が1人2役・3役をこなしていました。

挟まれる形で演じるので、くるくる回ったり横を向いて演じたり。正面を向いて演じない事のデメリットをまるで感じさせず、反対にとても新鮮な構成に感じましたし。台詞の真っただ中で演者がすり替わったり。会話をする2人を1人の役者が演じて、ローラーのついた椅子でブーンと左右行ったり来たりしながら衣装も変えず表情や仕草・せりふ回しだけで演じ分けたりと演出も斬新。映像の手法を実際に動くことで表現したりで、飽きさせません。でもストーリーはジェーン・オースティンのままなので、とても古典的。そのギャップが面白かったです。
007
英語は現代英語に近づけた古典的な言い回しと完璧な現代英語が1対3位の割合でしょうか。私の様に古典英語(特にイギリス英語)が苦手な人でも、問題なく理解できました。恥ずかしながら原作を読んだことがないので、最初は衣装も何も全然変わらない登場人物が次々出てきて若干混乱を来しましたが、後半に入るころには筋も把握し、登場人物も概ね理解できました。が、筋だけでも予習してみた方が楽しめたと思います。

小劇場特有の観客を巻き込むパフォーマンスも見事。観客をディナーテーブルに一緒に着いているゲストに見立てたり、会場の使い方も秀逸です。ニューヨークで観劇するとよく感じますが、今回は特に役者さんの力量に感心しました。
010
そんな訳で15分位の休憩を挟んで2時間半の公演中、集中力が途切れることなく存分に楽しみ。見終わった後にはもう1回観たくなるほど気に入りました。11月に誕生日を迎える友人に、劇やミュージカルのチケットをプレゼントして一緒に観に行くことがよくあるのですが、今年はこの劇を提案してみようかな?と考えている位気に入りました。

大きな会場に行ったらこの劇の良さが失われてしまいそうなので、このままオフブロードウェーで続けて欲しいような、こんな面白い劇がブロードウェーにいかないのは勿体ないような複雑な心境です。
009
芸術の秋。面白い劇をお探しの方は、この劇をチェックされてはいかがでしょうか。

2016年3月 6日 (日)

カーネギーでフラメンコ・ギター

曇っている土曜日のニューヨーク。でも今日は1日氷点下にはならない予報で、最高気温は6℃と過ごし易そう。雨も降らないようなので身軽に出掛けられそうです。

最近地下鉄の改札付近やホームにいやに沢山の警察官が並んで立っているので、『発表されていないけれど、新たなテロリズムの予告でもあったのかな?』と思っていたのですが。警官を多く地下鉄に配置するのは新たなニューヨーク市警の取り組みで、1月・2月に地下鉄で起こった事件が18%も増えて382件に上った事を受けての対応だそうです。安心だと有難がるべきだとは思うのですが、ライフルとか持って立たれるとそれはそれで怖いんですよね…。いや、ありがたいんですけど。

ここ数週間インフルエンザや風邪が流行っているらしく、病院は大忙しなのだそう。でも幸いなことに、今年に入って私は例年に比べるとすこぶる調子が良く。いつも冬になると悩まされていた止まらない咳が全くと言っていいほど出ません。友人・知人でも何人かが病に倒れて救急受付に駆け込んだりしていますが、私はこのまま逃げ切りたいと思って気を付けています。

今回はどうやら吐き気・お腹にくるらしいので、皆様もお気を付け下さい。
*****************************************************
さて、今回はカーネギーホールでフラメンコギターを楽しんできた徒然です。
006
また無料のチケットを頂いたので、フラメンコギターリストのビセンテ・アミーゴ(Vicente Amigo)氏のコンサートを楽しんできました。全然フラメンコに興味はなかったのですが、以前無料チケットを頂いて試に聴いてみるつもりでカーネギーでのコンサートに行ったら、美しいしらべと本能的なところに訴えてくるようなリズムが美しく。昨晩は丁度夫が休暇に入る夜だったので、リラックスするのにピッタリだと出掛けることにしました。

あまり興味がないのでアミーゴ氏がグラミー賞も受賞した有名なミュージシャンだという事も知らず。結構空いてるのかな?なんて軽い気持ちで訪れたらほぼ満席の活況で先ず驚き。後ろの席に座っていた男性が同じ感想を述べていたので、心の中で同意してしまいました。
007
我々はドレスサークルの席だったのですが、いつものコンサートに比べて若い人達が多く。服装もヒッピーみたいな恰好をしていたり、ドラッドヘアだったりと、ちょっと違った雰囲気の方が多くて面白く。皆さんアミーゴ氏が大好きらしく、ノリノリで聞き入っていました。

ギターのソロは美しく。手拍子や足拍子、パーカッションなんかでリズムが入るとのりが良く。最後に男性のフラメンコダンサーが披露した激しい踊りは圧巻で、会場中が拍手喝采に包まれました。インターミッションなしの90分通しの演奏だったのですが、だれることなく楽しみました。
008
が、しかし。我々の座っていたセクションの一番前に座っていた若い方達が、スマートフォンで動画を録り始め。我々と同じ列に座っていたご年配の男性2人が、最初はアッシャーさんを呼んで注意してもらっていたのですが。1時間程経った時に、別の人が動画を録り始めた時にはアッシャーさんが周りに居なかったので、プログラムを投げて「電源を切れ!」と言って注意しました。

確かに演奏中にプログラムを投げるのはマナー違反ですし、すべきではなかったとは思います。が、注意を受けた女性は、隣に座っていたその前にアッシャーに注意を受けた男性と何やら文句を言っていたと思ったら。演奏の途中で立ち上がり、男性の事でホール側に文句を言いに行った様子で。彼女が演奏の途中で帰ってきたと思ったら、入れ替わるようにホールのマネジャーさんと思しき男性が表れて、プログラムを投げた男性を連れて出て行ってしまいました。
004
結局、プログラムを投げて注意した男性とそのご友人はホールに帰ってこなかったので追い出されたのだと思われ。一方で、スマートフォンの電源を切る事が義務付けられているカーネギーのコンサート中に電源を切らないばかりか、動画を録画していた人達は最後までコンサートを満喫する結果となり。なんだかずっと凄くモヤモヤとしてしまい、コンサートを心から楽しめませんでした。

プログラムを投げた人達を追い出すのであれば録画していた方も追い出すべきでは?喧嘩は両成敗すべきでは?文句を言ったもの勝ちみたいな制裁の仕方は間違っているのでは?とどうにも納得がいかない気分です。コンサートホールでスマートフォンの液晶画面を掲げられると非常に目立って目障りですし、音楽に集中できず周りのお客さんにはとても迷惑ですし。それを注意すべきアッシャーがその責務を怠っていた結果と言えなくもないのですし。
015
昨晩のコンサートでは、遅れて来たのに演奏の真っ最中に席に座る人が目につきましたし。演奏の途中でトイレに行って帰ってきたり、帰ってしまったりという人も多くて、なんだか集中できませんでした。何故アッシャーが途中で入ってくる人を、演奏の区切りがつくまで止めないのかが不思議でしたし。マナーが悪い人が多かったから、周りもそれに倣ってマナーが悪くなってしまったのかもしれませんが、兎に角よい演奏だっただけに残念でした。余りにも酷かったので、カーネギーホールにメールでも書いてみようかと思っています。

何はともあれ演奏は素晴らしかったです。欲を言えば、コンサートホールで静かに聴くのではなく、バルか何処かで赤ワイン片手にリズムに身を任せて聴きたかったですが。

2016年3月 4日 (金)

カーネギーでオープンリハーサル

朝から雪が降っている金曜日のニューヨーク。ですが、午後になると雪は止み晴れ間が覗くようです。午後雪が止めば気温は氷点下を脱するようで、最高気温は本日も3℃です。まだ細かい雪が降っているようですので、お足下に気をつけてお出かけ下さい。

次々と新しいフードホールや施設がオープンするニューヨークですが、今度はローワーイーストサイドに新たなシネマコンプレックス『Metrograph』がオープンしたそうです。でもこの施設は古い映画や外国映画をリバイバルする拘りの映画施設らしく。現在発表されているラインアップだけ見ても魅力的です。

古い建物を利用した素敵な外観といい、1920年代のニューヨークにおける映画の活況を取り戻すという目標と言い、施設内にレストランと本屋を備え、本に関するイベントやレストランでの文化的イベントも行う予定だという取り組みといい、なかなかにツボを突いています。最近はベッドバグが怖くてとんと映画館に足を運ばなくなっていましたが、新しい施設ならまだベッドバグには汚染されていないかな?という気がしますし。近いうちに面白そうな映画を見つけて足を運びたいと思います。

NJトランジットがこのまま労組との話し合いが決着しない場合、今月半ばにストライキに突入するようです。NJトランジットでは万が一ストライキが起こった場合の対策を発表したようですが、通常の38%のキャパシティーしかないそうなので、通勤等で当該トランジットを利用されている方は今の内から対策を確認しておいた方が良さそうです。

そのストライキ。公には給与等の待遇面で折り合いがつかないということになっているのですが、本当の理由はニュージャージー市長であるクリス・クリスティー氏がトランプ氏支持を打ち出した事に反発するためだという噂(冗談)がまことしやかに人々の間で流れています。ニューヨークは只でさえリベラルな市ですから、今回の大統領選は腹に据えかねている人が多いのでしょう、きっと。
**********************************************************
さて、今回はまたまたカーネギーホールでのオープン・ワーキング・リハーサルに招待いただいた徒然です。
003
何度も記載しているのでご存知だとは思いますが、オープンリハーサルはカーネギーホールに一定額以上の寄付をした方達が招待される特典で。リハーサルを公開することに同意したアーティストの方がリハーサルを行う際に、客席で見学できるというものです。

その為開催される曜日も時間もバラバラ。今回はミネソタ管弦楽団(Minnesota Orchestra)が昨晩開催したコンサートのリハーサルを午後1時から行い、その様子を見学させてもらいました。今回のリハーサルにはバイオリンのソリストであるヒラリー・ハーン(Hilary Hahn )氏目当てのお客様が多かったようです。
002
今回の演目は全てジャン・シベリウス(Jean Sibelius)。①交響曲第3番 ハ長調 作品52、②ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 作品47、③交響曲第1番 ホ短調 作品39の3曲でした。

前回のリハーサルとは異なり、今回はごくごく普通にその晩演奏する演目を殆ど止めることなく演奏していくスタイル。午後1時~午後3時までがステージを使える時間だったようで、先ずはオーケストラだけで練習できる交響曲第1番と第3番をおさらい。たまに指揮者の方が演奏を止めて修正点を伝えると、コンサートマスターさんが第1ヴァイオリンの人達と話し合っていたり、各楽器同士で意見交換をしていたりと、話し合いがよくされているのが印象的な楽団でした。
001
小休止の後にハーン氏が登場すると、ハーン氏と指揮者のオスモ・ヴァンスカ(Osmo Vänskä )氏が少しだけ話し合いをした後。ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 作品47を止めることなく演奏してくださり、皆でうっとりと聞き入りました。(今調べて初めて知ったのですが、ヴァンスカ氏はフィンランド出身なのですね。だからオール・シベリウス・プログラムにしたんですね、多分)。演奏の良し悪しなんて全然わかりませんが、素晴らしく美しい演奏と音楽で。リハーサル中は拍手は禁止されているのですが、全ての演奏が終わった後、自然に拍手が湧きおこり。ハーン氏が観客に向けてお辞儀をしていました。

その後ハーン氏が楽団員に向けて何か言葉をかけてステージを辞し(殆ど聞き取ることができませんでした)。ステージが使えるぎりぎりまで、交響曲を再度おさらいしてリハーサルが終了しました。今回は皆さん大満足の表情で、「素晴らしいリハーサルだったわね!」、「ソリストが凄く良かったわね」と言い合っていました。
016
今まであまりシベリウスが好きではなかったのですが、今回何となく好きになりました。こうやって音楽に無料で触れる機会を頂けると、段々と音楽の魅力が分かってくるようで有難く思います。

より以前の記事一覧