2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
無料ブログはココログ

旅行・地域

2018年1月22日 (月)

マウント・ソリダッドとサンディエゴ土産

曇って小雨が降ったり、霧が出たりしている月曜日のニューヨーク。現在の気温は既に6℃あり、最高気温は11℃まで上がる予報です。1日中曇りの予報ですが、用事を済ませるには良い日かもしれません。明日は暖かさが続くようですが、雨が降るとの事。

議会が法案で合意することができなかったので、週末から一部の連邦機関が一時閉鎖に追い込まれています。その影響から自由の女神像やエリスアイランド等、連邦が管轄する施設が閉鎖されていました。しかし、アメリカのシンボルとも言える自由の女神像が閉鎖されているのは悪いメッセージを発してしまうという事で、ニューヨーク知事が今日から再開を指示したとの事。しかし、全ての施設がオープンするわけではないので、本日お出掛けの際には事前にオープンしているか確認した方が良さそうです。

昨日は夫婦揃って風邪をひき、1日家で大人しくしていました。今日から出張の夫が、長いフライトを何とか無事乗り切ってくれますように。
**************************************************************
さて、今回は年末年始訪れていたカルフォルニア州サンディエゴの旅行記の最終回。書きそびれたラホヤのマウント・ソリダッドから眺めた景色と今回の旅行で購入したお土産の備忘録です。長い間お付き合いありがとうございました。
023
先ず、ラホヤ・ヴィレッジから車で10分弱で到着する小高い丘の上にある戦没者記念碑『Mt. Soledad National Veterans Memorial』からの景色のご紹介です。
024
ここは滞在していたラホヤ・コーヴ(入り江)のホテルから程近く、ホテルに置かれていたラホヤの観光案内冊子でラホヤを一望できると薦められていたために訪れました。観光トロリーも停まっていましたので、レンタカーをしない方でも訪れる事が可能です。
025
ラホヤはマウント・ソリダッドと呼ばれる丘が少し内陸にあり、そのせいで海岸線へのアクセスが悪く、代わりに美しい海岸線と別荘が織り成すリゾート感が増している気がします。その丘の頂に、戦没者を追悼する巨大な十字架が立っています。
026
私達が訪れたのは大晦日だったので、連邦が管理する記念碑は閉鎖されていたのですが。手前で車を駐車してしまえば、徒歩で敷地内に入って自由に散策することが可能でした。
027
十字架の根元には戦没者の名前や顔写真がずらりと並んでいるため、何となく写真を撮るのが憚られました。なので記念碑からの風景写真ばかりです。美しい海岸線や内陸の乾いた山々が一望できるので良い景色です。わざわざ訪れる価値があるかと言われると疑問ですが、車で移動していたり、時間に余裕があったら訪れる価値はあるかもしれません。
028
以下、今回購入した旅のお土産です。

バードロック・コーヒーロースターズのコーヒー豆
旅行先のお土産としてコーヒー豆を購入することが多いです。地域性が無いといえばそうなのですが、甘いものは控えている方も多いですし…。そもそも私達がカフェ好きで、何処を訪れても地元の人気カフェを試してみる事が多く、そのついでに豆も購入。
101
今回はラホヤ・ヴィレッジの南にあるバードロックの町にあるコーヒー店『Bird Rock Coffee Roasters』で購入しました。一袋$15位でした。
031032 032_2
ラホヤ・ショアーズの『Everyday California』のTシャツとジップアップ
ラホヤでカヤックツアーをする会社として立ち上げられたブランド。元々は大学を出たものの就職難で職が見つからなかった男性2人が立ち上げた小さな会社との事。地元密着の正真正銘のサンディエゴブランドなので、時間があれば訪れたいと思っていたお店でした。
015
水筒やビーチサンダルもとても可愛くて思わず欲しくなったのですが、必要ないので我慢。代わりに年末に古くなったTシャツを処分した夫のTシャツを購入。

また今までは雨の日に便利なので羽織物と言えば、フードつきばかり持っていたのですが。ヨガの際にはフードがとても邪魔なので、チャックで開閉できる、薄手の羽織物でフードがついていない物を探しており。このお店の「ナマステ」がぴったりだったので購入。早速愛用しています。
067
小物を入れられるようになっていたり、速乾性も抜群だったり、薄手でも温かかったり、指を出すデザインになっているので手袋が不要だったりと、機能性も満点。このお店は良いお土産が見つかるのでお勧めです。

マグネット
旅先でマグネットを購入しては、冷蔵庫に貼り付けて旅の思い出にしています。今回はオーシャンサイドの桟橋の上にあったお土産物屋さんで購入。
 033
地元産の蜂蜜
希望としてはグリーンマーケットでピーナッツバターや蜂蜜を購入したかったのですが、年末年始で何処もお休み。そんな時、夕食に入った『El Pescador Fish Market & Restaurant』のカウンターで地元産の蜂蜜が売られていたので購入。
034
種類の違う花から採れた蜂蜜が並んでいたようで、薄い黄色から茶色っぽい色まで。手書きでいかにもローカルっぽいのが気に入りました。朝食で、フルーツを切ってミューズリーとヨーグルトをのせ、蜂蜜やメープルシロップをかけて食べるので、これから活躍させます。

2018年1月20日 (土)

サンディエゴ周辺のスイーツ

今日もとても綺麗な朝焼けの土曜日のニューヨーク。今日は晴れ時々曇りで、最高気温は9℃。ウーマンズマーチの方々も凍えなくて済みそうですが、現在は3℃ですので温かくしてお出掛けください。

昨日ボランティア先で色んな方と挨拶を交していたら、年末年始があまりにも寒かったので現在はとても暖かく感じている人が殆ど。人間て本当に比較の動物なんだなぁと感じました。小さなお子さんのお母さんは「子供達は外が寒いなんて全然気づかないみたい。元気だよー」との事。子供は風の子って本当なんですね。

また一人のボランティア仲間は、「今週やっと年末年始で増えていた観光客が落ち着いた気がする。街が空いていて生活しやすい」と仰っていました。確かにそうかもと思う一方、今週はいやに日本人観光客を多く見るんだよなーとも思ったり。大学生が卒業旅行する季節なのでしょうか?凄く日本語を耳にする機会が多い一週間でした。
*******************************************************
さて、今回はカルフォルニア州サンディエゴ周辺で食べたスイーツの備忘録です。

ラホヤ・ヴィレッジの『Bobboi Natural Gelato』
このジェラート処は前回サンディエゴを訪れた際に、訪れたい場所の希望としてリストしていたにもかかわらず、訪れ損なったお店でした。その後、友達カップルが試して「人生で一番美味しいジェラートかも!」とわざわざショートメールをくれたので、今回は絶対食べようと決めていました。
101
勿論友達カップルがラホヤに住んでいるのがラホヤに泊まる事を決めた一番の理由ですが、このジェラート屋さんに徒歩で行けるというのもホテルを決める際に重要なファクターとなりました。その位試してみたかったお店。

というのも、ネット上の評判がすこぶる良く。しかも一昨年サンディエゴを訪れる直前にたまたまウォールストリート・ジャーナルでサンディエゴが特集されていて。その紙面で3日間のモデル観光コースが紹介されていたのですが、そのコースにわざわざこのジェラート屋が組み込まれていたため、非常に興味を持ちました。
081
ラホヤヴィレッジの海岸線から近い場所にあるお店は、いつ前を通りかかっても行列がありました。しかも極小の為、イートインするためにテーブルを確保するのは至難の業だと思われます。

私達はディナーの後行列に加わり。カップにジェラートを入れてもらって、ホテルに歩いて帰りがてら立ち食いしました。
063
ジェラートを食べながら歩いていたら、大学生のグループと思しき若い人達が歩きながら会話しているのが耳に入り。男性が「ジェラートを食べなきゃー」と女声で馬鹿にするように言ったら、それを聞いた女性が「正直な話、あんたの意見なんて全く興味ないの。馬鹿にしたきゃ、すれば?私はあなたが何と言おうと、言うまいと、ジェラートを食べるわ」と言い捨てていて、内心拍手してしまいました。うん、とっても美味しいから食べた方が良いよ、と思いながら。

イタリア出身の男性2人が、カルフォルニアの新鮮な果物や材料を使って作る本格ジェラート。ビーガンメニューも用意されていたので、友達同士気兼ねなく訪れる事ができます。メニューは日替わりとの事。
007
味音痴の私は、わざわざ遠方から訪れて行列に加わる程でもないかな?と思いましたが、ラホヤを観光するならば是非ついでに寄るべき!とは感じました。とっても美味しかったです。

小さなカップで2フレーバー入れてもらうと$5位と値が張りましたが、ニューヨークのジェラートも本格的なお店はその位するので妥当な値段だと思われます。

Bobboi Natural Gelato

8008 Girard Ave
La Jolla, CA 92037
その日のメニューや営業時間等の詳細についてはお店のHPにてご確認ください。

ジュリアンの『Julian Pie Company』
サンディエゴから車で約1時間離れた山間の町ジュリアンはパイの町として名を馳せています。その先駆けとなったのが、ジュリアン・パイ・カンパニー。おばあちゃんが一人で始めたパイ屋さんは、今やサンディエゴのダウンタウンにも卸すほどの人気店になったそうです。
033
それでも作り立ての新鮮なパイを求めて、サンディエゴから訪れる人が後を絶たず。友達カップルも、山間をドライブして気分転換がてらこのお店を訪れるそう。

私達が訪れた大晦日は大混雑していましたが、平日であればお店の目の前に駐車して悠々とパイを食べることができると友達カップルは言っていましたが。注文の為に列に並んでいる時に周りの人と話したら、「いつもはもっと混んでるよ。注文の列なんてドアの外まで続くからね」と言っていました。その為、週末は相当な混雑を覚悟して訪れた方が良さそうです。
032
友達カップルは、いつもベーシックな「ダッチ・アップル」を頼むそう。夫の分は私の独断と偏見で夫の好物のルバーブが入った「アップル・ルバーブ・クラム」。私は「ピーチ・アップル・クラム」をセレクト。甘さに備えて、コーヒーも注文しました。

注文してから品物が出てくるまで約5分掛りました。注文した際に番号を言われますので、当該番号が呼ばれるまで窓口付近で待機して受け取るシステムです。
013
裏庭に静かなテーブル席が準備されていて、美味しい空気の中でパイが食べられるのが素敵でした。パイ自体も、アメリカにしては甘すぎない方で美味しかったです。個人的にはクラムが甘かったので、普通のパイにしたら良かったと思いました。

再訪する機会があれば、同じく人気がありそうだった『Mom’s Pie House』のパイも試してみたいものです。

Julian Pie Company
2225 Main St
Julian, CA 92036
メニューや営業時間等の詳細はお店のHPにてご確認ください。サンディエゴのダウンタウンなどでもパイを購入することは可能です。

2018年1月19日 (金)

ラホヤ・コーヴのホテル『La Jolla Cove Hotel & Suites』

朝焼けが美しい金曜日のニューヨーク。今日は晴れ時々曇りの予報で、最高気温は4℃。明日は最高気温が11℃、明後日は9℃と暖かくなる予報で、週末は外出が辛くなさそうです。楽しい週末になりますように。

1月20日(土)に今年もウーマンズ・マーチが開催されます。午前11時にセントラルパーク・ウエストの75丁目付近からマーチが始まり、セントラルパーク・サウスを5番街まで東進し、5番街を43丁目まで下るというルートとの事。ボランティア先でも一緒にマーチする人を募集していましたし、昨日会ったヨガ教室の生徒さんや先生達も皆さん参加すると息巻いていました。今年のマーチは女性の権利を訴えることが主眼。最近の「Me Too」運動や、セクハラに関する告発も受け、女性の声がもっと各分野(特に政治)で反映されるように立ち上がろうという訴えが中心になっているそうです。私も気持ち的には一緒にマーチしますが、永住権も持たない外国人なので、家で見守るつもりです。混雑・混乱を避けたい方は、5番街付近、特にトランプタワー周辺は避けた方が無難です。
***************************************************************
さて、今回はカルフォルニア州サンディエゴを旅行した際に滞在したホテル『La Jolla Cove Hotel & Suites』の感想です。
004
先ず、今回の旅の主目的は友達カップルと一緒に過ごすこと。その為、彼女達が住むラホヤに宿をとることが先ず念頭にありました。しかも、空港からの往復以外は彼女達が大抵ドライブしてくれるので、交通の便は最重要事項ではなく。いざという時にはバスなどが使え、しかも徒歩圏内に困らない程度のレストランやお店がある場所というのが条件でした。
022
その為、主目的が観光の方(特にダウンタウンやコロナドを中心に回る方)や、バスは通るものの非常に時間が掛るようでしたので、公共交通機関で動き回りたい方には参考にならないと思います。
004_2
加えて私達が滞在したのが年末年始なので、各種割引が全然利きませんでした。ラホヤはアメリカ人の方達が年末年始を過ごすのに好まれているリゾート地らしく、実際オレゴン州やテキサス州から訪れている家族連れを多く見掛けました。
004_3
従って、普段であればラホヤにある高級ホテルに泊まれそうな値段を出しても、今回選択したラホヤ・コーヴ・ホテルしか選べなかったという事情もあります。なお、ラホヤ・ヴィレッジにはもっと新しくて評判が良いホテルが同じ位の値段でありましたが、私達は海が見えることを優先しました。
061
以上の事情や条件をご理解の上、個人的感想をお読みください。
006
ラホヤ・コーヴ・ホテルは、古いリゾートホテルといった雰囲気。昔よく見掛けた熱海の古びたホテルみたいな感じで、その昔は新婚旅行客とかが泊まっていたんだろうな…と思わせる造りです。

サンディエゴの建物の多くがそうなように、エアコンが無いというのがネット上で書かれていた主な苦情でしたが、それは解消していたようでした。設備は古いままですが、少なくとも壁や天井は塗り直したみたいです。
012
しかし音は筒抜け。その為、隣室のお子さんの泣声や大人の話し声なんかが凄く聞こえますし。隣人が夜中帰ってきたり、早朝フライトの為シャワーなんかを浴び始めると、その音で目が覚めました。お蔭で周りの迷惑になるのが気になって、あまりTVをつけませんでした。私達は騒音に耐性があるので大丈夫でしたが、音に敏感な方は避けた方が賢明な気がします。

お風呂なんかも昔のままなので、左右に分かれた蛇口をひねっていって適温のお湯を出すスタイル。廊下に面して窓があるので、窓はあっても開けることはできません。
014
とここまでネガティブな事を書いてきましたが、次に泊まるとしたら別のホテルを試すと思いますが、ここに泊まったこと自体は後悔していません。

先ず部屋の広さは十分。机もあったので、まとめて絵葉書を書く私にとっては便利でした。
005
そして海に面したバルコニーからの眺望が素晴らしかった!どうしても時差ボケで早朝3時とかに目が覚めてしまうので、朝ぼんやりと明るくなる海を眺めたり、早朝の空気を吸い込んだり、星を眺めたりと満喫しました。

008
朝食は屋上にある部屋で無料で食べられるのですが、そこからの眺めも抜群。朝食自体は特筆すべきことは何にもない、セルフで食べられるものばかりの内容でしたが、毎朝ラホヤの海岸線を眺めながら食事ができるだけでも贅沢な気分でした。もう少し暖かい季節なら、外で食事ができてとても気分が良いことでしょう。

068
夜には屋上にある囲炉裏のような設備に火が入れられるので、周りにあるソファーで集って話し込む人達が沢山。私達が足を運んだ際には全てのソファーが埋まっていたので諦めましたが、とても贅沢な気分に浸れると思います。
003
ラホヤヴィレッジには充実したレストラン・カフェ群があり、ホテルから徒歩で食事に行くのに困りませんし。毎朝、目の前の海岸線を散歩できたのは心からリフレッシュできました。ロケーションは最高です。但し、ラホヤ・コーヴに近すぎる部屋(海に向かって右側)を選ぶと、風向きによってはアシカやアザラシの臭いに悩まされそうな気がします。臭いに敏感な方は予約の際にきちんと確認をお忘れなく。
005_2
毎日眺めた海が旅の印象として強く残っています。

La Jolla Cove Hotel & Suites

1155 Coast Boulevard

La Jolla, CA 92037
ホテルのHPはこちら

2018年1月18日 (木)

ラホヤのディナー処

雲があるもののよく晴れている木曜日のニューヨーク。本日の最高気温は2℃ですが、現在はまだ-6℃。相変わらず寒いです。昨日は結局午後4時まで雪が降り続きましたが、降った傍から融けて全然積もりませんでした。明日は晴れて少し寒さが緩むらしいので、嬉しいですね。

昨日いつものように用事のついでにジャパン・プレミアムビーフにお肉をまとめ買いに行ったら、閉店していてガーンとなりました。調べてみると年末で閉まって、移転する予定との事。新たな店舗情報は追って連絡があるということですが、今までみたいに用事のついでに立ち寄れる場所でないといけなくなってしまうのでショックです。あそこのお肉は味が全然違って美味しいので、とても気に入っていたのですが…。

今日はテキサスからメイン州にかけての東海岸で、フライトのキャンセルが相次いでいることがニュースになっていました。なんでも何処かで吹雪いているからなのだからとか。ニューヨークは好天に恵まれているのでピンときませんが、フライトを予定されている方は出掛ける前に状況をチェックした方が良さそうです。ボランティア仲間は無事メキシコに向けて飛び立ったそうで、一安心です。
********************************************************
さて、今回はカルフォルニア州サンディエゴの海沿いのリゾート地ラホヤ(La Jolla)で食べたディナーの備忘録です。

今回の旅行ではラホヤ・コーヴにあるホテルに泊まっていたので、ラホヤヴィレッジの徒歩圏内にあるレストランで食事をしました。

陽気でカジュアルなイタリアン『Sicilia Bella』
このレストランはYelpでとても評判が良かったこと、ホテルから徒歩5分の近い場所にあったこと、値段がお手頃なこと、から到着してくたくただった初日に足を運びました。
013
014
店内には、イタリア産の食材やテイクアウトできるデザートなどが並んでいてイタリアのデリといった雰囲気。真ん中にテーブルが並んでいて、そこに注文した食事が運ばれてくるという非常にカジュアルなスタイルです。
010
ビールやワインも用意されており、全てイタリア産に拘っているようでした。お店の方は多分イタリア人(というよりシチリア出身の方なのでしょう)で、凄いイントネーションが強い英語で熱意を持って説明してくださいます。
009
お店の方お勧めのビールも美味しかったですし、食事は凄い量で食べきったらお腹がはちきれそうでした。突き出しに出てきた乾パンみたいなおつまみも、原材料やらイタリアでは一般的に頻繁に食べられるものなのだというような事を説明してくださり。
011
食事中も、「美味しいか?」と何度も来る熱心さ。なんだか微笑ましい気持ちになりました。デザートも美味しそうだったのですが、お腹一杯過ぎて試せなかったのが残念です。2人で$40位だったと記憶しています。
012
Sicilia Bella

7918 Ivanhoe St
San Diego, CA 92037
メニューや営業時間等の詳細はお店のHPにてご確認ください。

パティオが気持ち良いニューアメリカン『Prepkitchen』
食べたかったレストランが閉まっていたので、通り掛かった時お店の雰囲気が気に入って適当に入ったレストラン。いくらサンディエゴが暖かいとはいえ、夜は寒くて外で食事なんて…と思いましたが、このレストランのパティオはストーブで温められていて暖か。
110
しかもMt Soledad(マウント・ソルダッド)が望めて景色も良し。たまたまスーパームーン前日の明るい月も見ることができて、頻繁に悩まされる音楽もなし。とても気分よく食事を楽しめました。
106
また従業員の方が特別感じが良かったのもポイントが高かったです。基本的には放っておいてくれたのですが、注文した料理はタイムリーに出てくるし、気持ち良いサービスでした。
107
メニューはニューアメリカン。ちょっとヘルシーにした軽めのアメリカンといったところ。特別特徴もありませんが、どれも美味しそうでした。地ビールのセレクションが豊富ではなかったのが、若干残念だった位でしょうか。
108
私が注文した洋梨とチーズのパニーニも、夫の頼んだチキンバーガーも普通に美味しく満足しました。とてもサービスが良かったですし、ホリデーは大目にチップを払う決まりなので(30日に訪れました)、2人で$50位だったと記憶しています。
109
Prepkitchen
7556 Fay Ave
La Jolla, CA 92037
メニューや営業時間、予約等の詳細はお店のHPにてご確認ください。

地元の魚が食べられるレストラン『El Pescador Fish Market & Restaurant』
サンディエゴは魚介類が人気の土地。メキシコ料理でも、フィッシュタコスが人気だったりします。そこで折角なので魚を食べようと訪れました。
059
名前の通り、お洒落な魚屋の店内で食事ができるといった雰囲気。カウンターに並んでいる魚の切り身やメニューを見て注文を済ませてから、テーブルで番号札を置いておくと料理が運ばれてくるシステムです。ドリンクはカウンターで待って自分で運ぶシステムだった気がします…(持ってきてくれるかも?多分夫にやってもらったので記憶が定かでなく、自信がありません)。
061
広々とした木のテーブルにゆったりと座って食事ができるのが先ず良かったですし。堅苦しいレストランが苦手な私達にとっては、適度にカジュアルなのも居心地がよく。五月蠅すぎず、静かすぎないノイズレベルも会話しながら食事が楽しめました。
056
食事を待っている間にみるみる満席になったのですが、近くで3人のお子さんたちが器用にお箸を使って、数種類のお刺身を前菜としてむしゃむしゃ美味しそうに食べていたのがお金持ちの地域なんだと感じさせました。マンハッタンもそうですが、お子さんたちがお箸を問題なく使えますし、刺身とか抵抗なく食べるんですよねー。
057
2人とも魚が並び、その調理法をサンドイッチ、サラダ、もしくはプレート(サラダかグリルした野菜+パンかライスがついてくる)を選択するセクションから注文。折角なので地元で採れた魚を…ということで、私はハマチのサンドイッチを。夫はソードフィッシュ(メカジキ)のプレートを注文。
058
待っている間に、黒板に手書きされていたビールを飲みつつお喋りを楽しみました。ビールは地ビールがいくつかあった気がしますが、地ビールに特化している訳でもなかったようでした。
060
多分今回の旅行で一番値が張ったと思いますが(自宅用のお土産に、このお店で販売されていた地元産蜂蜜も購入したので、食事だけの値段が定かではないのではっきり言えませんが)、個人的には一番ここの食事が美味しく感じました。魚介好きな方にはお勧めです。

El Pescador Fish Market & Restaurant
634 Pearl St
La Jolla, CA 92037
メニューや営業時間等の詳細はお店のHPにてご確認ください。

超人気メキシカン『The Taco Stand』
宿をラホヤヴィレッジにとった時から訪れたいと思っていたメキシコ料理屋。ニューヨークはなんでも揃っていますが、メキシカンだけは、どうもここだ!という美味しいレストランを見つけられていないので、サンディエゴを訪れる際にはメキシコ料理を食べるのを楽しみにしています。
062
そんな中でも大変評判だったのが、この「タコスタンド」。友達カップルも一押しで、「絶対1回は食べるべき!」と太鼓判を押していました。
094
ラホヤヴィレッジだけでなく、エンシニータスでも見掛けましたし。ダウンタウンにも店舗があるとの事。ラホヤヴィレッジのお店はいつ通り掛っても行列がありました。割と早く行列は動くので、待ち時間は15分程だったと思います。
096
ただ、注文をする人の行列と注文を終えて商品を待つ人達で、店内は大変な混み具合。煩いですし、全然落ち着きません。外にもカウンター席があるのですが、流石に夜は涼し過ぎ。店内は満席で待つ気もしなかったので、私達はテイクアウトしてホテルで食べました。
098
このお店の売りは、注文を受けてからタコスのトルティアから手作りすること。その為全てが新鮮で美味しいのですが、残念ながらホテルに着くころにはレタスやトマトの水分を吸って、ちょっとトルティアがしなっとしてしまっていました。
099
ブリトーも仄かに温かいという位まで冷めており。「その場で食べた方が絶対に美味しいだろうね」と夫と言い合いました。ランチの方が混むみたいでしたが、ランチに訪れて外でも良いからその場で食べた方が良さそう。
095
そんなベストの状態ではないタコス2個とブリトーを1つ購入して2人で分けたのですが、それでも非常に美味しかったです。その場で食べたら驚くほど美味しいんじゃないかと想像します。ここはメキシカンがお好きな方は試してみるべき!個人的にはブリトーが断然好きでした。
097
ブリトー1つ+タコス2つ+ドリンク3本で$25位だったと記憶しています。凄く安いのも魅力ですね。

The Taco Stand
621 Pearl St
La Jolla, CA 92037
メニューや営業時間、他のロケーション情報はお店のHPにてご確認ください。

2018年1月17日 (水)

サンディエゴ周辺のランチ処

雨が降っている水曜日のニューヨーク。最高気温は3℃まで上がる予報ですが、午後3時頃までは雨が雪に変わる時間帯があるようです。風も吹いて体感温度は低いようですので、温かくして、雨対策も怠らずにお出掛けください。

猛威を振るっていたインフルエンザと風邪の流行が少し治まってきたようです。周りで病に倒れていた人達も回復してきたみたいです。夫も今日から復活。一安心です。でも、週末はまた寒さが緩むそうで、まだまだ気温の上下は続きそうですので、体調を崩されないようにお気をつけください。
*********************************************************************
さて、今回はカルフォルニア州サンディエゴを年末年始で旅行した際に食べたランチの備忘録です。

エンシニータスの『Mozy Cafe』
健康志向が強いエンシニータス。折角サンディエゴに滞在するのだから美味しいメキシカンが食べたいと探して行き当たったのがこのカフェでした。メキシコ料理をヘルシーにアレンジしたようなメニューが並んでいます。
073
店舗は小さな小屋みたいな造り。イートインするテーブルが並ぶスペースは簡易に囲ってあるといった風情で、凄くカジュアル。お店の人はとてもフレンドリーで肩の力が抜けているのが如何にもエンシニータスっぽいお店でした。
069
メキシコ料理とは言っても、ドリンクとしてスムージーが並んでおり、サラダやアザイーボウルなんかもあるので、本当に健康的な食事を楽しむことが可能。でも、そこは火が通っていない食べ物があまり好きではない私のこと。ベーシックにブリトーを選択。
072
ブリトーもベジタリアンメニューが充実。私はライス、ブラックビーン、卵、ワカモレ、チーズにプランテンが入ったシンプルなブリトーを頼んだのですが、調味料を殆ど使っていない割に、プランテンの甘みが効いていて素材の味で十分満足。美味しかったです。
068
夫はサラダを注文。全員違う味のスムージーを頼みましたが、美味しいという意見で一致。家族連れやグループ、カップルなんかがまったり食事を楽しむ中で、私達も随分話し込みました。
075
雰囲気が良くて、地元の人達の生活が垣間見れるようなこちらのカフェ。観光するというより、エンシニータスの人達の生活ぶりを感じたいという方には特におすすめです。お値段もお手頃でした。

Mozy Cafe

698 N Coast Hwy 101
Encinitas, CA 92024
お店のフェイスブックページはこちら

ラホヤ・ショアーズの『Cheese Shop』
ラホヤ・ショアーズと呼ばれる広い砂浜近くにある小さな町にあるデリ。カウンターで注文するとサンドイッチやスープ、サラダ、ドリンクなんかが買える普通のお店に見えます。が、ここのサンドイッチは本当に美味しく。唯一、去年に引き続き今年も訪れたお店でした。
029
去年はお店の前にあるテーブルに座って食事しましたが。今年はテイクアウトして、1時間のドライブの後山間の町ジュリアンで食べました。
016
このお店のネックはトイレがない事。公衆トイレは浜辺にあるのですが、このお店からは徒歩15分位離れた場所です。困り果てて、結局浜辺に面して建っているリゾートホテルのロビーにあるトイレを借りました(フロントで聞いたら心良くOKしてくださいました)。
031
サンドイッチは全て注文を受けてから作ってくれるので、約10分程待ちました。パンも具材も新鮮でとても美味しいです。パンは白いパンか、全粒粉か選べたと思います。値段もお手頃でした。午後4時には閉まってしまうので、ディナーには向きません。

Cheese Shop
2165 Avenida De La Playa, La Jolla, CA 92037
メニューや営業時間等の詳細はお店のHPにてご確認ください。

オーシャンサイドの『Zig Zag Pizza』
古き良きビーチタウンといった風情のオーシャンサイド。色々美味しそうなお店がありましたが、ピアに程近くて便利な上に評判も良かったピザ屋でランチをしました。木造のピアからは徒歩3分の便利さ。
046
このお店は天井が高くてだだっ広い、インダストリアルな感じとサーフタウンの雰囲気がミックスされた独特な内装。
043
クラスト、ソース、トッピング、全てを自分で選んでピザをカスタマイズできることが売りみたいでしたが。私は面倒くさがりなので、お店が予め組み合わせを作ったピザのメニューから選びました。
044
友達はピザをカスタマイズ。ピザソースの代わりにBBQソースを選んで、トッピングはベジタリアンのもの。とっても美味しいと非常に気に入っていました。
045
夫は例の如くサラダを頼み、私と友人のピザをつまみました。1人1枚ピザを頼む前提でしたが、こちらはアメリカンサイズ。半分でお腹一杯になったので、2人で1枚シェアするので十分かもしれません。
041
ピザは非常に美味しかったですし、お店の居心地が抜群に良くて、結構長居して話し込みましたし。ホテルの1階に入っている店舗なので、ホテルの清潔なトイレを借りることができるのもポイントが高かったです。

ネックはホットドリンクがない事でしょうか。リーズナブルに食事ができて満足しました。

Zig Zag Pizza
333 N Myers St, Oceanside, CA 92054-2526
メニューや営業時間等の詳細はお店のHPにてご確認ください。

バードロックの『Bird Rock Yogurt』
ラホヤ・ヴィレッジの南にある小さな町バードロック。その名の通り、昔は海岸に鳥の姿をした奇石があったそうなのですが、崩れてしまったのだとか。現在は人気のコーヒー店『バードロック・コーヒー・ロースターズ』があることで有名みたいです。
047
そんな小さな町の外れにあるスタンド。サラダ、スープ、スムージー、サンドイッチ等を販売しており、お昼時に訪れたら近くで働く人々がランチのテイクアウトをする為に混み合っていて、結局約15分待ちました。
049
周りに少しだけテーブルがありますが、食事には向いていません(お隣にあるスターバックスにはきちんとしたテーブルが置かれていますが、当たり前ですがスタバのお客さん専用である旨の注意書きが置いてあります)。そして、トイレもありません。
050
私達はバードロック・コーヒーロースターズでトイレは済ませていましたし、前年訪れた近隣の犬が集まって夕日を楽しむ、3ブロック離れた海岸線にある公園『Calumet Park』を再訪したかったので問題なく。注文したサンドイッチができたら、早速公園に移動して、ベンチで海を見ながら食事を楽しみました。

素材が新鮮だという評判だったのですが、旅行中の生ものは怖くてミートボールサンドイッチを頼んだ為、普通に美味しいという感じでした。夫のLOXもしかりだったようで、地元の人達が頼んでいたサラダやスープが吉かもしれません。

Bird Rock Yogurt
5604 La Jolla Blvd
San Diego, CA 92037
メニューや営業時間等の詳細はお店のHPにてご確認ください。

2018年1月16日 (火)

サンディエゴ周辺のカフェ

重い雲が垂れ込めている火曜日のニューヨーク。今日は最高気温は3℃まで上がる予報なものの、雪が降る可能性があるとの事。午前中は氷点下のままみたいですし、温かくしてお出掛けください。

薬を飲んで一晩寝れば大抵回復する夫が珍しく寝込んでいます。現在流行している風邪とインフルエンザは本当に性質が悪いみたいですね。私は今日ボランティアなので、どうしようかな…と悩み中です。皆様も風邪など召されないようお気をつけください。
************************************************************
さて、今回はカルフォルニア州サンディエゴを年末年始に旅行したい際に訪れたカフェの備忘録です。

ラホヤヴィレッジの『Parakeet Cafe』
ラホヤヴィレッジの中にあるド派手な内装が可愛いカフェ。夜にはアルコールもサーブされるので、バーとしても使えます。オーガニックなカフェ飯も食べられるようですが、私達はディナーの後にコーヒーを飲む為に立ち寄りました。
111
閉店間近だったので、店内にはPCに向かって黙々と作業する男性と女性が一人ずつ。そして外のテラス席でビールを飲みつつお喋りを楽しむ男女の3人組が居るのみ。デザートはビーガンや抹茶を使った物が用意されていて、健康志向っぽかったです。メニューから推察するに、多分オーストラリア風のカフェ。
112
ド派手な壁紙やネオンサイン、タイル使いが面白い内装は、ある意味サンディエゴっぽくない感じではないでしょうか?有名処じゃない、ニッチな感じや地元の若者の文化を感じたい方にお勧めします。トイレもあったので、トイレ休憩にも。
113
Parakeet Cafe

927 Silverado St
La Jolla, CA 92037
メニューや営業時間等の詳細はお店のHPにてご確認ください。

人気カフェのラホヤショアーズ店『Brick & Bell Cafe - La Jolla Shores』
ラホヤヴィレッジにも店舗があって試してみたいと思っていたカフェがラホヤショアーズにあったので、トイレを借りがてら朝のコーヒーを楽しみました。友達カップルによると「サンディエゴは、ここにしかないお店が多いけど、人気が出るとサンディエゴ内の色んな場所に支店を作る傾向があるんだよね。サンディエゴ内だけでチェーン展開するというか」と言っていましたが、このカフェもそんな感じなのでしょう。
012
ショーケースに並ぶのは、大小さまざまなスコーン達。他にもマフィン等がありましたが、どうやら売りはスコーンみたいでした。ランチ時にはサンドイッチもあるみたいなので、ランチ処としても使えそう。その代り午後5時半には閉まってしまうので、ディナーには向きません。ラホヤヴィレッジのお店もいつ通り掛ってもお客さんが沢山いましたが、ラホヤショアーズのお店もほぼ満席でした。
009
アメリカの常で人気の高い席は屋外のテーブル。でも私達には涼し過ぎたので、店内の窓際に陣取って休憩しました。従業員の皆さんもフレンドリーでしたし、スコーンもドリンクも普通に美味しかったです。
010
Brick & Bell Cafe - La Jolla Shores
2216 Avenida De La Playa
La Jolla, CA 92037
メニューはこちら

バードロックの人気カフェ『Bird Rock Coffee Roasters』
日本語のガイドによると「サンディエゴを代表するコーヒーロースター」らしいラホヤヴィレッジから南に約1時間歩いた場所(車なら5分位)にあるバードロックの町にあるカフェ。雨が滅多に降らない、1年中暖かい事で有名なサンディエゴらしく、開放感あふれる造りでした。
048
店内は広く、お子さんが遊べるプレイコーナーまで完備。ギャラリーも兼ねているらしく、店内には地元アーティストの作品が飾られていました。奥にはそこそこ清潔なトイレもあります。
044
お土産用のコーヒー豆を購入したので、ドリップコーヒーが無料で飲めました。ドリップコーヒーは注文するとカップをくれて、セルフでポットから注ぐスタイル。何回でもおかわりできちゃいますが、そこは信頼ベースでやっているのでしょう。
045
入口の脇にあるベンチのようなスペースで休憩したのですが、風が涼やかで日差しが温かく、最高にリラックスした時間を過ごせました。
046_2
サンディエゴらしさを満喫できるセッティングかも。
043
コーヒーやラテは、サードウェイブっぽい(ブルーボトルとかと同じ系統の)酸味が強い味で、私達はあまり好みではなかったのですが。それでも、ちゃんと淹れられた美味しいコーヒーだという事は解りました。
101
コーヒー好きなボランティア仲間の方にお土産で豆を渡したら、大変喜ばれました。甘いものを控えている人が多い昨今、お土産にチョコレートとかを買えなくて困りがちですが、コーヒーは飲む方が多いので重宝します。ちょっと値が張るので、お世話になった方限定ではありますが…。
051
Bird Rock Coffee Roasters
5627 La Jolla Blvd
La Jolla, CA 92037
お店のHPはこちら

2018年1月15日 (月)

サンディエゴのミッションビーチとベルモントパーク

よく晴れたキング牧師記念日(Martin Luther King Jr. Day)のニューヨーク。今日は晴れ時々曇りの予報で、最高気温は-1℃。現在の気温は-7℃と、今日も1日寒くなるようです。皆様温かくしてお過ごしください。

毎年会社の休日が違うアメリカの会社ですが、今年は夫の会社はキング牧師記念日は休み。しかし早速仕事が忙しいらしく、今日は1日家で仕事をするとの事。私も家じゅう掃除したり、シーツを替えて洗濯したり、アイロン掛けしたり…と通常通りの月曜日を過ごすつもりです。2人とも風邪気味で体調がイマイチですし、今日は家で大人しくします。
**********************************************************************
さて、今回はカルフォルニア州サンディエゴのミッションビーチ(MISSION BEACH)を訪れた備忘録です。
086
今回サンディエゴを訪れて希望していたのがグリーンマーケットを覗くこと。健康志向が強いと言われるカルフォルニア。グリーンマーケットにはどんな野菜や果物が並んでいて、いくら位するのかを見てみたかったのです。ニューヨークとは全然違うのでは?と想像していましたし、あわよくばお土産を見つけられたらという希望を持っていました。
064
しかし大晦日にラホヤで毎週土曜日に開催されているグリーンマーケット(The La Jolla Open Aire Market)に足を運んだらお休みで(SNSに全くお知らせがなかったので開催されているのかと一縷の希望を抱いて足を運びましたが、影も形もありませんでした)。リベンジで、毎週火曜日にパシフィックビーチ(PACIFIC BEACH)で開催されている『Pacific Beach Tuesday Certified Farmers Market』を友達カップルにリクエスト。
061
今見たらフェイスブックにきちんとお休みのお知らせが出ていましたが、現地では何故か気付かず訪れてしまい。結局グリーンマーケットが見つからないので、その日初めて体調が回復して合流できた友人の奥さんが「じゃあ、隣にあるミッションビーチに行く?懐かしい遊園地があって面白いよ?」と提案してくれたので提案に乗ることに。
072
ミッションビーチは、パシフィックビーチ(友達カップルはPBと略して呼んでいました)の南隣。細長い半島にあって、湾と海に囲まれた幅3ブロック程の面白い地形の場所でした。
068
海側に沿って長い遊歩道が完備されており、広い砂浜とビーチハウスを見ながら散歩できます。この遊歩道はミッションビーチまで繋がっているそうで、自転車や歩きで2つのビーチを梯子できるとのこと。
059
1月2日(火)の午後3時過ぎという時間だったので難しいとは思いつつ、駄目で元々と遊園地の小さな駐車場に入ってみたら、またまた目の前で車が出てくれました。この旅行中はそんな事の連続で、とってもラッキーでした。
084
そこから先ずは長ーい遊歩道を半島の突端に向かって散策。右手に広大な砂浜とそこで遊ぶ人々を、左手に延々と並ぶビーチハウスを眺めました。
079
ビーチハウスの殆どは、民泊に貸し出されていて、住んでいる人はほぼいなそうなのが複雑な気分に。私達も民泊を使いまくっているので言えないのですが、それで家賃が高騰して現地の人が住めないのは如何なものか…と改めて考えてしまいました。
077
突端には岩の防波堤があり、その上から見るとサンディエゴの湾が一望できて良い景色。友人は写真の腕がいいので、とても綺麗な写真を撮影してフェイスブックにアップしていました。
075
私は雰囲気が伝わればいいや…という感じなので、いつもこんな写真でごめんなさい。
085
そこから今度は商店街を通ったりしながら、小さな歴史ありそうな遊園地『ベルモントパーク』(Belmont Park)へ。
087
この遊園地は映画『BIG』を思い出すような規模と懐かしい感じ。
088
1925年にミッションビーチを開発する目玉として建設されたというこの遊園地。なんといっても人気は木造のローラーコースター。木の支柱がガタガタと凄い音を立てて揺れるので、見ているだけで空恐ろしい…。「あれって安全なの?!」と思わず尋ねてしまいました。
062
ディズニーランドで人気を博して有名になり、現在ではハワイとこのベルモント・パークで販売されているというパイナップル味のソフトクリーム『Dole Whip』を必ず食べるという友達カップルはベンチで舌鼓を打ち。私達はその間に公衆トイレに行ったり、味見させてもらったり。
089
園内には小さな列車が走っていたり、フリークライミングができる壁があったり、ミニゴルフで家族連れがはしゃいでいたり、ジップラインで頭上を子供達が通り抜けたり(トイレへの通路の上を通るので、初めは腰を抜かしそうになりました)。
090
グルングン回る激しそうな乗り物やら、いくつかスリルが味わえる乗り物もあるので、大人から子供まで楽しめそうでした。
083
ソフトクリームを食べ終わったら、丁度夕日の時間。残念ながらこの日は曇っていて、夕日が海に落ちる様は観ることができませんでした。それでも夕焼けに包まれた浜辺はとても綺麗で、心が落ち着きました。地元の人達が夕日の時間に自然と海辺に集まるのも解ります。
091
賑やかでついでに買い物も楽しめそうな町でした。
076

2018年1月14日 (日)

サンディエゴの『オーシャンサイド』

燃えるような朝焼けの日曜日のニューヨーク。今日は1日晴れの予報で、最高気温は-2℃。現在の気温は-9℃で、寒い1日になりそうです。明日のキング牧師記念日も天気はもちそうです。今年は夫の会社も休みなので、早速連休。贅沢な気分です。

昨日の朝、ハワイで「弾道ミサイルがハワイに向かっているので直ちに屋内に避難するように」という内容の緊急警報メッセージが住人のスマートフォンに配信されたそうです。38分後に正式に誤報である旨が発表されましたが、現在のところ何故誤報が起こったのか原因は発表されておらず、住人からは怒りの声が上がっているそうです。大切なことなので、きちんと原因を突き止めて対処していただきたいです。
****************************************************************
さて、今回はサンディエゴのダウンタウンからは車で約1時間北にあるビーチタウン『オーシャンサイド』(Oceanside)への日帰り旅行の備忘録です。
026
この町を訪れたのは2018年の元旦。前日ジュリアンへのドライブで少々疲れ気味だったので、近場でのんびりしたいとこの町をリクエストしました。前回サンディエゴを訪れた際にはカールスバッドまでしか足を伸ばしませんでしたし、西海岸で最長の木製桟橋があるというのが魅力的に響きました。
025
友達カップルは何故かあまりサンディエゴの北側に行かないらしく、オーシャンサイドも初訪問。一緒にワクワクしながら訪れました。
027
ラホヤからハイウェイ101号線を通ってのんびりドライブすると約40分で到着。先ずは話題のピアを見ようと海岸線に車を走らせました。すると、またラッキーなことにピアの根元近くにある公共駐車場で目の前の車が出てくれたので、直ぐ駐車することができました。前日の失敗を踏まえ、時間を気にしなくて良いように1日券を購入($10でした)。
028
木製の桟橋としては西海岸で一番長い600Mというだけあって、海岸から見るピアは圧巻。白い砂浜、青い海と空をバックにした姿は美しかったです。
029
桟橋を散歩すると、砂浜や海も堪能できますし。木製なので桟橋自体にも雰囲気がありました。
037
桟橋の途中には公衆トイレもあったので、念のため借りておき。また桟橋の脇にあったお土産物屋さんでオーシャンサイドのマグネットが$3で販売されており、この桟橋の姿が気に入って購入。今回の旅の思い出はこの桟橋の磁石となりました(私達は旅行するたびにマグネットを集めて冷蔵庫に貼っています)。
034
日本語のガイドに「桟橋にあるRUBY'sでコーヒーを」と書かれていたので、友人と「景色も良いだろうし、折角だからやってみよう」とトライすることに。しかし桟橋の突端にあるダイナーに辿り着くと、待ち時間が途轍もなく(忘れてしまいましたが、それでも待つ人がいるのが信じられないような時間でした)、すぐさま諦め。
032
その場で借りられる釣竿等がありましたが、私達は釣り好きでもないので散策をさくっと終え。トリップアドバイザーで評判の良かった、桟橋から直ぐの場所にあるピザ屋『Zig Zag Pizza』でゆっくりランチを楽しみました。
038
このピザ屋さんは、大きな空間を贅沢に使ったカジュアルな感じがとても居心地がよく。大きなテーブルに陣取って、ピザを分け合いながらお喋りを堪能できました。静かすぎず、五月蠅すぎず、ノイズレベルも丁度良い感じ。しかも、トイレはホテルの中にある清潔なトイレを借りることができるので、ポイントが高かったです。
047
ランチをした後は、オーシャンサイドのメインストリートを散策。これが何とも不思議でした。
048
先ず目が止まったのが、市役所と図書館。目の前がヤシの木の植えられたプールになっていて。2つの建物も役所というよりは、安っぽいホテルかカジノといった雰囲気。モダンなんだか、怪しんだか、アドービを意識してるんだか、中東風なんだかという不思議な代物で、皆で「なんだって、こんなデザインにしたんだろねー?面白いね」と首を傾げ。
051
その後もヤシの木が植えられたメインストリートを歩きながら、閉館してしまった映画館を発見しては「見てよ!あのチケットブース!あんな典型的な形のチケットブースがある映画館なんて久しく見てないね。1950年代で時が止まってるみたい」とか大盛り上がり。
052
エンシニータスで気に入った『Swami’s Cafe』があったり、キッチュなカフェがあったりもしましたが。一方で近くに米軍基地がある影響か、他のサーフタウンに比べてハンバーガーやドーナッツ、典型的なダイナー等のこれぞアメリカン!という雰囲気のお店が多い印象でした。前にハーレーが団体で停まっていたりも。
050
ベーグルショップもあって気になりましたが、友人は一言「サンディエゴのベーグル食べてもがっかりするだけだよ」。他にも車社会っぽい小型ショッピングセンターがあったりして、作り物感が強い街並みでした。
031
結局町の散策を終えたのは約3時間20分後。駐車チケットは3時間まで30分毎にあったので、3時間で足りたかも…と思いつつ、「でも時間を気にせずのんびりできて良かったかもね?」と言い合いました。
033
映画の中に出てきそうな、いかにも西海岸っぽい、ちょっと昔懐かしい街並みを楽しみたい方は是非。木製ピアも一見の価値ありでした。勿論、サーフィンを楽しみたい方や手軽に釣りを試したい方にもピッタリだと思います。
039
054

2018年1月13日 (土)

山間のパイの町『ジュリアン』

盛大に曇っている土曜日のニューヨーク。午前9時までは雨が降る可能性があるようですが、その後は段々と天気が回復する予報です。しかし、天気が回復するのと同時に気温も下がってくるそうで、日の入りと共に氷点下の世界に逆戻り。明日は1日中氷点下を脱しない予報です。

昨日は強い雨が降っていましたが、その上霧で真っ白でした。お蔭でまたニューヨーク周辺の空港で飛行機の遅延とキャンセルが相次いだとの事。今年はなかなか移動する方に厳しいスタートですね…。これから天候が安定するよう祈るばかりです。今月・来月と夫が出張する際には影響を受けませんように。

アメリカでは、日本の大掃除にあたる大掃除を春に行う習慣があるそうですが(スプリング・クリーニングと呼ぶらしい)、ボランティア先のスタッフさん達と話していると、結構年末・年始に大掃除をした人がいることに気付きます。クリスマスを家族と過ごしたり、旅行したりして、年末・年始は家で2日間のんびりするので、その時に溜まった片づけをまとめてするということらしく。何処の国でも働き方が似てくると、習慣も似てくるのかもしれません。
****************************************************************
さて、今回はサンディエゴから車で約1時間北東に向かった山間にある小さな町『ジュリアン』(Julian)への日帰り旅行です。
034
この山間の町には、1986年におばあちゃんが一人で始めた有名なパイ屋『Julian Pie Company』があり、このお店が人気を博したことから他にもパイ屋さんがいくつも登場。お蔭でサンディエゴでは「パイ・タウン」と呼ばれて日帰り旅行先として親しまれているようでした。
036
そうやって沢山の人が訪れるようになったからでしょうが、小さな事には変わりありませんが数ブロックしかないメインストリートには本屋、石鹸等を売るお店、アンティーク店、ダイナー、お菓子屋等が並んで賑やかでした。平日の午後にしか訪れたことが無かった友人は「こんなに混んでるジュリアンなんて見た事ない!店の前に駐車できないなんて!」と非常に驚いていました。
041
この町は前回友達カップルとニューヨークでディナーした際に、「今度貴方達が訪ねてくれたらパイ・タウンに行ってみようよ。一時間のドライブで着くから丁度良い距離だし、綺麗な景色が楽しめるからドライブ自体も喜んでもらえると思うよ」と薦めてくれた場所。山が大好きな私は興味を持ち、リクエストしたのでした。
042
ですが年末年始。ふと大晦日に心配になり電話確認すると、「今日(大晦日)は午後3時に閉店して、1月1日は終日休みます」との事。1月2日は友人が仕事なので行けないため、訪れるならばその日しかないと午後1時頃慌てて向かいました。
049
友人が気を使って往路と復路の経路を変えてくれたおかげで、往路は岩がごつごつと剥き出しになった山と牧場の風景を、復路は山火事に遭ったように見える剥き出しの木が並ぶ不思議な山と草原、牧場の風景を眺めながらドライブを楽しめました。
060
念のため酔い止めの薬も飲んでいたので、ちょっとくねくねとした山間のドライブも乗り切り。帰りにはちょっとした展望台で休憩も入れたりして、満喫できました。
050
ジュリアンの町に到着すると、メインストリートは3ブロック程の小ささ。西部開拓時代の雰囲気を残す町という事で、確かにカウボーイ映画とかに出てくる数えるほどしかお店が無い町みたいな風情でした。
040
が、しかし。皆さん同じことを考えたようで、車と人はとても多くて。友人はパーキングを探してくるくると町を走り、結局メインストリートから1本裏に入った民家が並ぶ通りにぎりぎり停められるスポットを見つけました。
033
そこから真っ直ぐパイの老舗『Julian Pie Company』へ直行。しかしお店もドアの外まで人が並ぶ盛況ぶり。1つしかないトイレにも大行列ができており、仕方なく私はレジの列に、夫と友人はトイレの列に二手に分かれて並び。
030
注文と支払いを終えたら私もトイレの列に並び。出てきた友人にレシートを渡して番号を言い、パイを受け取るのをバトンタッチ。結局私がトイレから出たら、友人と夫はサンドイッチは食べ終わっていました。
032
裏庭にあるパティオで、ラホヤ・ショアーズにあるお気に入りの『チーズショップ』で購入したサンドイッチを食べ、デザートにジュリアン・パイカンパニーで購入したコーヒーとピーチ&アップルクラムを堪能。アメリカのパイの割には甘すぎず、確かに美味しい!これは私の中で唯一好きなパイ専門店であるニューヨークの『Little Pie Company』に次ぐ美味しさでした。
037
お腹が満たされて、一頻りお喋りをした後は町を散策。お土産にピッタリなお菓子を売っているお店はまたまたレジで大行列していて店内を見ただけで諦め。もう一つ道行く人々が包みを抱えていた人気店『Mom's』というパイ屋も気になりつつ。昔海軍で勤め上げたらしい店主が営む一軒家を利用した不思議な本屋をブラブラしたりして、田舎の雰囲気を味わいました。
035
都会ではないアメリカの普通の町の雰囲気を味わうのにピッタリの場所でした。

2018年1月12日 (金)

デル・マーのドッグビーチ

霧に包まれている金曜日のニューヨーク。今日の予報は雨で、明日の朝まで残るとのこと。時には強く降るそうなので、濡れないようにご注意ください。今日の最高気温は16℃。随分暖かくなりますが、明日の夜からまた氷点下に落ち込む予報ですので、体調を崩さないようにしなければ。

現在、全米でインフルエンザや風邪が流行していることがニュースになっていました。なんでも今年の型は非常に威力が強く、亡くなる方も出ているとの事。今のところ流行のピークを迎えたのか、これからも猛威を振るうのかは不明だそうです。兎に角体調が悪い人は直ちに医師に診てもらい対応をすること。体調が悪い人はなるべく外出を控えて他人(特に高齢者や子供)への感染を抑えること。まだ感染していない人は、予防接種を受けること、を推奨していました。私は子供の時、予防接種で高熱を出して医者に「これからは予防接種は避けるように」と言われて以来、受けた事が無く。今年も勿論、予防接種を受けていません。確かにボランティア先で病に倒れている人が多くて、感染が怖い…。皆様もお気をつけください。
*******************************************************
さて、今回はカルフォルニア州サンディエゴの高級住宅地であるデル・マー(Del Mar)にある犬が綱から放たれて自由に遊べるドッグビーチ『Del Mar Dog Beach – North Beach』です。
092
前回サンディエゴを訪れた際にとても楽しかったのがドッグビーチにて海で遊ぶ犬を見たこと。多くの海岸は犬を禁止している訳ですが、サンディエゴには犬と共に訪れる事を許可されているビーチが比較的多く存在しています。
099
但し、その殆どが犬を綱でしっかり繋いでいる事を義務付けており、犬を放して遊ばせることが許可されているビーチは3つしか存在していないようです。前回私が随分と犬を見るのを楽しんでいたので、友達カップルがこの1年でしっかりリサーチしてくれた様で。「新しいビーチを見つけたよ!凄く沢山犬がいて、時々サーフィンしている犬もいるの。絶対貴方は気に入ると思う」と意気込んで報告してくれたのが、今回連れて行ってもらったデル・マーのノースビーチでした。
088
デル・マーは高級住宅地。サンディエゴのダウンタウンから北の海沿いは総じて高級ですが、その中でも一番格が高い住宅地と言われているとの事。友達カップルの億万長者の友達ご夫妻も、デル・マーの丘の上の豪邸に住まわれています。今回サンディエゴ空港に降り立った際、「友達が庭で育ててるオレンジが実り過ぎちゃったってくれたから、お裾分けするね」と貰いました。庭にはプールもあり、シアターを完備。ゲストハウスも備えた豪邸。そんな家がゴロゴロ建っている地域なのです。
087
デル・マーは、ラホヤからであれば車で15分程の近い場所にあります。ドッグビーチの前には路上駐車する狭いスペースがあり、ラッキーなことに目の前で車が出たので直ぐ駐車することができました。メーターにお金を払って、早速砂浜を散策開始。
086
100
我々が訪れた時期は干満の差が激しい時期だったそうで、丁度干潮の時間に訪れたせいか、只でさえ広い砂浜がだだっ広く見えました。年の暮れの土曜日だったので多くの人と犬がいましたが、それでも有り余るスペースがあって、犬も楽しそう。
090
道路から見たらそんなに広く見えなかったので、駐車料金を1時間半分しか払わなかったのですが、道路から波打ち際に向かって犬を見ながら歩くだけであっという間に時間に。2時間半位払っておけば良かったと皆で後悔しました。
093
多くの犬が海にそそいでいる川で泳いだり、海に果敢にも飛び込んだりしていましたが、残念ながらサーフィンしている犬はいませんでした。泳いでびしょ濡れの犬が飛びついてじゃれてきて、私も濡れちゃったりしましたが、多種多様な犬が楽しそうに遊んでいて、見ていて全然飽きませんでした。
097
犬が大好きなのに毛にちょっとアレルギーがあるのか、住んでいるアパートのエレベーターに風邪をひいている時に乗るとくしゃみと咳が止まらなくなって困る私でも、これだけ広大な空と海に囲まれた空間であれば全然問題なし。3匹位寄ってきて撫でさせてくれましたし、楽しい時間でした。
098
犬を差し引いても、驚くような広大な砂浜に砂岩でできているように見える崖が迫っている景色や、海、川を見ているだけで随分リフレッシュされました。ストレス軽減にはもってこいの場所です。
096
095
084

エンシニータスの一番南にある小さなビーチタウン『CARDIFF-BY-THE-SEA』。サンディエゴの町には入口にアーチ状の大きなサインがありますが、この町の看板は小さくて可愛い。友達カップルは引っ越し先を探していた際、この町の名前が気に入り過ぎて何とか住めないか画策したのだとか。デル・マーに入る前に、給油の為に立ち寄りました。

より以前の記事一覧