2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

日記・コラム・つぶやき

2017年11月 1日 (水)

無事です

ローワーウエストのハドソン川沿いで事件が起こりました。幸いなことに夫は仕事、私は体調を崩して1日ベッドで臥せっていたので2人とも無事でした。今のところ友人・知人も巻き込まれたという報は無く、個人としてはほっとしています。犠牲者とそのご家族は本当にお気の毒ですが…。

以下、ニューヨーク市から送信された安否確認情報と在ニューヨーク日本領事館から届いた緊急情報を添付致します。皆様の大切な方が無事ですように。
***************************************
【緊急】ロウアーマンハッタンにおける車両突入事件の発生

○ 31日,ニューヨーク市ロウアー・マンハッタン地区で、車両突入事件が発生し,複数の死傷者が発生した模様です。在留邦人及び旅行者の皆様で本件事故に巻き込まれた等の情報をお持ちの方は当館領事部212-371-8222までご連絡ください。

当地報道によれば、31日15時頃(当地時間)、ニューヨーク市ロウアー・マンハッタン地区で,トラックが歩行者に突っ込み,複数の死傷者が発生した模様です。また,銃撃事件が起きたとの報道もあります。 なお,警察当局者の話として,容疑者は既に拘束されていると報道されています。

邦人の方で本件事故に巻き込まれた等の情報をお持ちの方は当館領事部212-371-8222までご連絡ください。
******************************************************************
■ 本お知らせは,安全対策に関する情報を含むため,在留届への電子アドレス登録者,「緊急メール/総領事館からのお知らせ」登録者,外務省海外旅行登録「たびレジ」登録者に配信しています(本お知らせに関しては,配信停止を承れませんのでご了承願います。)。
■ 本お知らせは,ご本人にとどまらず,家族内,組織内で共有いただくとともにお知り合いの方にもお伝えいただきますようご協力のほどよろしくお願いいたします。
■ 在留届,帰国・転出等の届出を励行願います。
緊急時の安否確認を当館から行うために必要です。
以下のURLから所定の用紙をダウンロード後,FAXで(212)755-2851までご送付ください。
http://www.ny.us.emb-japan.go.jp/jp/b/02.html 
******************************************************************

Notification issued on 10/31/17 at 4:50 PM. The New York City Unified Victim Identification System (UVIS) has been activated in response to the vehicle incident near West Street and Chambers Street in Lower Manhattan. If you are concerned about the welfare of someone who may have been affected by the event and are unable to contact them, please call 311. From outside of NYC, you may call (212) 639-9675.


2017年10月28日 (土)

フェミニストグッズを販売するNolitaのショップ

快晴の土曜日のニューヨーク。明日は雨所により雷雨の予報なので、出掛けるのであれば今日が良さそう。最高気温は20℃で、カラッとよく晴れた気持ち良い秋の1日になりそうです。

ここ数日の涼しさで、一昨日から急に木々が紅葉し始めました。マンハッタンの紅葉のピークは今週末だと話している人もいましたので、紅葉狩りをするのであれば今日が良いかも。私達もボランティアが済んだらセントラルパークに足を延ばしてみようと思います。

それにしてもここ数年は紅葉が綺麗じゃないと生粋のニューヨーカーと意気投合しました。皆さんここ数年の紅葉にはがっかりされている様子。降雨量が足りなかったり、気温差が足りなかったり、理由は様々ですが。燃えるような紅葉になかなかお目にかかれません。ジョーン・ディディオン氏のドキュメンタリー映画を観てセントラルパークの紅葉の美しさに目を見張りました。まぁ、それは映像で何らかの操作をしているのかもしれませんが。今年の紅葉は予想に反して綺麗になってくれないものでしょうか。
**********************************************************
さて、今回はNolitaを散歩していて見つけた女性の権利を意識した商品を販売するショップ『Bulletin Nolita』です。
024
ボランティアの為に移動している際に新しいお店が登場していたのでふとショーウィンドーに目をやると、並んでいるのはミシェル・オバマ氏やヒラリー・クリントン氏の肖像や言葉。興味を惹かれて立ち止まり、じっくりと眺めるとどうやら女性の権利をサポートする言葉やロゴが使われた商品ばかりを取り扱うお店のようでした。
083
とても興味があったので、ボランティア後開店したショップに戻り入店。人々が買い物はしなくとも次々と入店する、面白い商品群でした。

023
店内の壁には、女性によって創られた、女性の為の商品を集めた店舗である旨のマニフェストが掲げられており。そして店舗の収益の10%がニューヨークの計画出産をサポートする団体『Planned Parenthood of New York City』に寄付される旨が説明されています。
084
実際に保険制度が変更になったのかは分かりませんが、トランプ大統領になってから保険制度の改革が何度も試みられており。その一環として避妊等の計画出産が保険の対象外とされることが大きな議論を呼んでいます。

大統領の言動も相まって、現政権は女性の権利を剥奪する考えを持っていると考えられており。去年から女性の権利を守ろうと立ち上がるレジスタンス運動が静かな広がりを見せています。
027
このショップはその一環なのだと思われます。偶々かもしれませんが、現在ニューヨーク市では様々な女性の権利に関する動きが見られます。このショップの近くに位置するニューミュージアムでもミュージアムショップでフェミニズムグッズが販売されてウィンドーに挑発的な言葉が並んでいましたし。ニューヨーク市立博物館(The Museum of the City of New York)でも、女性の政治闘争に関する展示が行われています。
086
全然必要ないと分っているのに、思わずカードやポスターを購入してしまいました。尊敬する女性達の勇気の出る言葉には抗い難いものがあります…。自分で飾ろうか、娘さんがいる友人に贈ろうか迷っています。
085
この『Bulletin』という会社は、オンラインショップを運営している人々が、気軽に実店舗で商品を並べる事が出来るようにするプラットフォームを提供している会社で、別に女性の権利に特化している訳ではないようですが。今のところ、会社設立メンバーが女性ばかりだったこともあり、フェミニズム関連商品を販売しているみたいです。

旅行のついでにも寄り易い立地ですので、覗かれてはいかがでしょうか。

Bulletin Nolita
27 Prince Street, New York, NY
Mott通りとElizabeth通りの間。地下鉄B, D, F, M, 6, Rおよび W線の駅から直ぐ。
お店のHPはこちら

2017年10月13日 (金)

ロンドン土産

朝焼けが綺麗な金曜日のニューヨーク。今日は晴れ時々曇りの予報で、最高気温は18℃。秋らしい1日になりそうです。明日は天気が崩れるようですが、日曜日は晴れてまた暑くなる予報です。

カルフォルニアの山火事で、死者が31名になってしまいました。現在行方不明になっている人も12人程いるようですし、まだ鎮火できておらず今晩から明日にかけて強風が予想されているので被害が広がる可能性が高いとのこと。定期的に山火事が起こった方が自然界としては良いそうですが、人々がこれ以上巻き込まれないよう祈るばかりです。

今日は朝からボランティアが入っているので、早速本題です。
********************************************************************
さて、今回はロンドン土産の話題です。

夫が無事に出張から帰宅しました。今回の出張は週末移動だったので(平日移動するより飛行機のチケットが安いので)、到着した日は休日。折角ロンドンまで足を運ぶのだから、仕事だけしてホテルに居るばかりでは気晴らしにならないであろうと、可能であれば少しだけホテルとは離れた場所にあるお店でお土産を買ってくれるようお願いしました。

そんな訳で、今回に限らず夫がロンドンから運んで来てくれたお土産自慢です。
003

毎朝紅茶を入れて飲む我が家。ティーバッグはいつものお店で購入したものの、茶葉(loose leaf tea)が丁度無くなったので買ってきてくれるように依頼。恥ずかしながら今回調べてTwiningsがイギリスのブランドだと初めて知りました。

004

2種類の紅茶を頼んだら、3種類買ってきてくれました。1つ多い理由を尋ねたら、「Buy 2 Get 1 Freeだった」との事。そう言えば、最近ニューヨークではそういう商法を前ほど見ませんね。紙袋に茶葉が入っている形態で無駄が少なく持ち運びも軽そうですが、見た目は良いのでお土産にも使えそうです。

006

日本へのお土産も買ってきてもらいました。こちらは如何にもロンドンらしい缶入り。

007

バーボンクッキーとミントチョコ。ホテルの部屋に置かれていたお菓子なのだそう。早速昨日家事の合間にランチ代わりにつまみました。美味しかったです。

001
002

M&Sが好きな私。前回買ってきてくれたクラッカーが美味しかったので、今回もクラッカーをリクエスト。沢山買ってきてくれました。昨晩デザートに食べたら美味でした。クッキーの様に見えましたが、チーズ味。

001_2
002_2

こちらが前回のお土産。上のチーズクラッカーがとても気に入りました。今回も買ってきてくれたので嬉しい限り。下の味がついていないクラッカーは、フムスと一緒に食べました。ランチを自分だけのために作るのが面倒なので、クラッカーがあると便利。

004_2

前回の出張時には丁度マーマレードが無くなったのでお土産にリクエスト。マーマレードは豚肉料理にも使うので、他のジャムより消費が早いです。1つは日本へのお土産に。

005

前回はコーヒー豆もきらしそうだったのでM&Sで買ってきてもらいました。夫曰く「値段の割には美味しい」。1つは我が家で消費し、1つは日本土産に。

003_2

トリュフ味の高級ポテトチップは、あちらの駐在員をしてらっしゃる同僚からの頂き物との事。ロンドン土産としてよく使われるとか。ニューヨーク土産が早々にネタ切れして毎回頭を悩ませるので、ちょっと高級なポテチって良いアイディアだよな~と思いつつ、嵩張りすぎるし、割れそうだし…と躊躇もします。因みにたっぷり空気が入れてあるせいか、思ったよりも割れていませんでした。

2017年10月 9日 (月)

公共交通機関が刷新中

雨が降ったようで地面が濡れている月曜日のニューヨーク。今日は1日太陽が顔を出したり、雨が降ったりというはっきりしない天気になるみたいです。でも午後4時以降に雨脚が強まる他は、霧雨みたいな軽い雨なのかも?最高気温は24℃、とは言え1日中20℃以上でほぼ横ばいの気温になるみたいです。

本日はコロンブス・デー。ニューヨーク州では祝祭日とされていますが、議論もある休日なので一斉に休みになる訳ではありません。かくいう夫の会社も今年は休日とはみなされていませんので、普通の週末でした。しかしながら夫は土曜日から出張で不在なので、いずれにせよ私には全く関係ないお休みになっています。ボランティアは年に4日しか休みになりませんし、今日は元々ボランティアを入れていなかったので家事をまとめて済ませる日です。
*************************************************************
さて、今回はニューヨークの地下鉄やバスのシステムが少しだけ新しくなっている事の徒然です。
008
乗り物酔いが酷い+専業主婦をしているので時間が捻出しやすい+運動不足になりがちなので可能であれば歩く+マンハッタンはストリートアートや公園が多く散歩が楽しい、ので普段あまり公共交通機関を利用しません。が、ボランティアを梯子するので時間が無かったり、生ものを購入して早く帰宅したかったり、ブルックリンに足を延ばしたりすると、地下鉄に乗ります。

一昨年から段々と地下鉄駅が刷新されて、電光掲示板で電車の到着時間が表示されていたり。インタラクティブなトラベル・ステーションが設置されて、タッチパネルで路線図や到着予想時間、乗換案内や事故&工事でスケジュールが変更された場合の情報を見ることができる駅が増えていたりと段々便利になっています。
007
WiFiが使える駅も増え、以前はマンハッタンだけだったFiWiも他のボロー(行政区)にも広がっているのだとか(実際に使った事が無いので解りませんがHPではブロンクスでも使えるようになったと誇らしげに報告されています)。日常的に利用する方であれば、MTAのアプリケーションをダウンロードしておけば、頻繁に起こる故障や事故による運行状況の変化もいち早く知ることができます。

私達はマンハッタンに住んでいるので、交通渋滞と頻繁に引っかかる信号、各ブロックで乗降するお客さんで時間が掛り過ぎてバスをほぼ利用しません。が、色々な人と話していると、階段の昇降が億劫なお年寄りや地下に潜るという行為を何が何でも避けたいがために、バスを利用する方が多いことに驚かされます。
006
エクスプレスバスが迅速に目的地に着けるよう工夫したり、車内でWiFiが使えたりする車両を増やしたりもしているようですが、先日23丁目を歩いていたら新しいバス停が登場していることに初めて気付きました。インターラクティブではないようでしたが、立派なターミナル型のバス停でバスの到着予想時刻が表示されており。バスおよび地下鉄の路線図と周辺の地図が掲出されていました。

残念ながら、WiFiステーションおよび電子機器の充電ステーションは兼ねていないようでした。しかし、これで観光客の方にも少し優しい街になりつつあるのではないでしょうか。もっと情報が増えて、海外から来て携帯電話が使えない観光客の方達も街を楽しめるようになるといいですね。
002
勿論、地元の人達がもっと快適に移動できるように、情報面だけでなくハードもアップグレードをしてほしい事は無論のことです。

2017年9月29日 (金)

フルーツバスケット

快晴の金曜日のニューヨーク。今日は日付が変わるころから雲行きが怪しくなるようですが、日中はよく晴れるそうです。最高気温は22℃。湿度も非常に低いので、カラッと晴れた気持ち良い秋の1日になりそうです。

昨日もブロンクスでギャングがらみの発砲事件があったようですが。先日起きた教室内での刺殺・刺傷事件の犯人が、いじめに遭っていたことが明らかになってきました。デブラシオニューヨーク市長がいじめ防止のキャンペーンを行ってきたわけですが、成果が見られないと批判の声が上がっています。現在、金属探知機がある学校の多くが黒人・ラテン系生徒が多い学校に集中していることも併せて問題視されており。いじめはなくすのが難しい問題ではありますが、知恵を絞って対策は練って欲しいと思います。経済格差を是正して、親が子供に注意を払える環境を作ることが近道な気もしますが。

トランプ大統領がツイッターで国歌斉唱中に起立しないアメフト選手を批判してから、アメリカ国内で「そうだ!国歌斉唱中は起立しろ!」という声と、「そんなこと国が強制すべき事柄ではない!」という声が飛び交っていることが連日ニュースを賑わせています。私は個人的にはツイッターをやっていないので、ニュースでしか目にしませんし。フェイスブックで話題にしている友人もおらず。さして興味も無く傍観していたのですが、誰かが調べたところ議論を発信しているアカウントの多数(正確な%を忘れましたが、70%とか?)がロシアがらみのフェイクアカウントから発信されていることが分かったそうです。専門家の見立ては「ロシアの目的は選挙に介入することではなく、最終的には他国の分裂を誘発し、国家としてのまとまりを弱めること」。ツイッター等で流れてくる、誰が発信しているのか解らない情報や意見、そしてそれらを基にして裏付けも取らずに書かれるネット『ニュース』(と呼ばれるジャンク)には十分注意したいです。
********************************************************
さて、今回は最近購入したフルーツバスケットです。

011
近所に土曜日ごとやってくるグリーンマーケットで1週間分の果物と野菜をまとめ買いしています。2往復して買い物をしますが、それでも流石に週の途中でちょっと買い足します。しかし、肉・魚類やお米、調味料以外の材料は大体ここで仕入れてしまいます。

今年の夏は、朝食に切ったフルーツにミューズリー(Müesli)とヨーグルトをかけ、蜂蜜で甘くしたものを食べており。また私がランチや小腹が空いた時のおやつにフルーツをつまむので結構な消費量。
013
その為、土曜日にリンゴや桃、ブルーベリーや洋梨、アプリコットや苺を買ってくるとフルーツが山盛り。その上グリーンマーケットの果物は熟れていない場合が多く、熟れるまでキッチンカウンターに置いておくので、カウンター上はごっちゃごちゃ。何とかすっきりさせたいと考えていました。

家にある物で…と考えたものの、しっくりいかず。結局、グリーンマーケットで野菜や果物を入れてあるカートンにそっくりに作られた木の容れ物を購入しました。その名も『ベリーケボックス』。
014
林檎や洋梨を入れると、思ったよりもデッドスペースが多くて上手く収容できないのが悩みですが。この入れ物を見る度に、ニューヨークのグリーンマーケットを思い出す事でしょう。

日本に帰ってから、ニューヨークでの楽しい日々を思い起こせる気がして、既に愛着が湧いています。

2017年9月23日 (土)

友達からの贈り物

快晴の土曜日のニューヨーク。昨日も暑かったですが、今日は1日快晴に恵まれ最高気温は31℃まで上がる予報。行楽日和にはなりそうですが、汗を沢山かきそうですね。

設置場所が拡大しているシティーバイク。とうとうクイーンズのアストリアにも設置されました。ボランティア仲間にもファンが多いですが、私はどうにも事故が怖くて利用したことがありません。先日もキップスベイ(マレーヒルだったかも?)で、シティーバイクに乗っていた観光客がタクシーに撥ねられて怪我を負っていましたし。事故が起こらないように祈ります。

ハリケーン・マリアがプエルトリコを直撃した被害が、報道されているよりも大きいとクオモ州知事がコメントしていました。プエルトリコとのつながりが大きいニューヨークでは、家族の無事を確かめるのを助ける活動も行われているとの事。これ以上大きな被害が出るハリケーンが来ないと良いと思いつつ、まだまだ続くんですよね…多分。1日も早い復興を願います。

今週末は難民の方達がシェフとなるイベントが開催されるので是非とも参加したかったですし。今日は是非やりたいボランティアがあったのですが。体調が安定しないので、今日は諦めました。でも、昨日までよりは大分良いので、散歩とかして何とか回復を図りたいと思います。
*********************************************************
さて、今回は海を越えて送られた贈り物やお便り自慢です。
003

山岳会でお世話になった女性からの贈り物。インテリアは興味だけはあるものの、凝った事が無く。日本に居る時から2年ごとに引っ越ししていた上に、ニューヨークに来てからはいつ帰国しても困らないように物を増やさないようにしているので、結婚してから20年近くずーっと無印良品で購入したプラスチックのケースを家具代わりに使い続け。大きな家具はIKEAや中古家具屋でこだわりも無く購入した物を使っている状態。いつかは終の棲家を見つけてきちんと暮らしたいという希望はあるものの、いつの事やら…という私には、なんだか遠い世界みたいな素敵なお宅ばかりでした。殆どのお宅が、フリーランスや会社経営をしている女性のものだというのが興味深かったです。

014

美しい切り絵のカードもありがとうございました。

008

元同僚が北海道から送ってくださった絵葉書。最近前よりは鳥に興味があるものの、鳥を見るために旅行するという気持がついぞ理解できない私にとっては、彼女からの便りは本当に面白く。大好きな作家である梨木香歩さんも頻繁に鳥を観察するために旅行されていて、物語をお裾分けしてもらうのがいつも楽しみです。フクロウを見れたのかな?サンディエゴに住んでいる友人がフクロウを手に乗せて写真を撮っていたので、彼女にも見せたかった気がします。

009

ニューヨークに居ると、日本の物は大抵手に入ります。今となってはインターネットもスカイプも何もかもあるので、日本で暮らすのと殆ど変らないような便利さ。学生時代は1日遅れの日経新聞や朝日新聞が唯一の日本語の情報源だったのとは隔世の感があります。只一つ残念に思うのが、新年初詣にいけない事だったりします。今年に入って特に京都に行きたくてたまらない気持になることがままあります。元同僚からの葉書を見て、お参りしたい~と思っていました。

010

元ボランティア仲間で現在はドイツに住むご夫妻は、今年の夏イタリアの南チロル・アルト・アディジェ州のホリデーハウスで日々トレッキングをして過ごされたとの事。色んな小さな町に車で出掛けては、数時間ハイキングをして綺麗な風景を楽しんだそうで、とても楽しかったようです。ヨーロッパは近場で言語も文化も違うバケーションが楽しめるのが羨ましいですね~。

011

ニューヨークで出会って、現在も仲良くしてくださっている友人からのプレゼント。アトピーで水気はしっかり拭き取らなければならないため、いつもハンカチを持ち歩く私には嬉しいガーゼのハンカチ。早速愛用致しております。ありがとうございました。

013

健康に関するヒントをくださったりや体調不良の相談にのってくださるのも、とても心強く有難く感じています。お互い原因を突き止めて、元気に暮らしたいですね。

012

地元の友人から今年もお祝いを頂戴しました。私は何もしないのに、毎年本当にありがとうございます。

015
016

気付けばそろそろホリデーカードの準備を考え始める季節です。また頂いたシールを使わせてもらいます。ありがとうございました。

2017年8月19日 (土)

悲しみに沈むニューヨーク

晴れている土曜日のニューヨーク。昨日の雷雨から一転、今日は良い天気に恵まれ、最高気温も31℃まで上がる予報です。湿度もそれなりにありそうですので、熱中症にはご注意ください。

今日は全米9カ所で白人至上主義を訴える団体のデモが開催される予定との事。先週末の死者が出た衝突を受けていくつかはキャンセルされたようですが、ボストンやニューヨークではデモが決行される予定です。ボストンのデモに備えて、警察が厳重体制を敷いており。会場であるボストンコモン周辺の駐車場は全て閉鎖。武器となりうる物は一切持ち込み禁止(主張を書いた紙を張り付けた棒や自撮り棒も駄目)。周りの道路も交通規制すると徹底した対策をとっているそうですので、周囲にお住まいの方や観光をご予定の方は、無用な争いに巻き込まれ無いよう予定のご確認を。

ニューヨークのデモ会場はワシントンスクエアパークです。本日観光のご予定がある方や、散歩を予定されているお住まいの方もデモの予定をご確認の上、十分ご注意ください。本当にピリピリしていますからねぇ…。今週はニュースやFBを見る度、あまりのボルテージの上がり方に肌が粟立つようでした。気をつけましょう。
******************************************************
さて、今回はモントリオールの備忘録をお休みして、昨晩の悲しみに沈むニューヨークの様子を。ニューヨーク生活と銘打ちながら、長らくモントリオールの事ばかりで申し訳ありません。明日からもうしばらく続く予定なので、ご了承ください。
020
もう二度とこんな夜景を見たくないと消灯されるたびに願うのですが。祈りむなしく、昨晩もスペインのバルセロナとカンブリルスで起きた車両を使った連続テロ事件およびフィンランドのトゥルクで起きた無差別刺殺事件の犠牲者を悼み、エンパイアステイトビルの灯りが消灯されました。
021
フィンランドは知り合いが住んでいるので一瞬冷やりとしましたし。ヨーロッパを旅している友人が何処に居るのか知らなかったので、バルセロナの事件を知った際にも心配に。幸い皆さん無事でしたが、心が痛む事には変わりありません。
010
国際的な貧富の格差と国内での貧富の格差。是正する努力をしていかなければ、こうやって少しずつ人々の生活を蝕んでいくのだと改めて突きつけられた事件でした。
011
アメリカでも「非力な個人として何ができるのか?」という問いかけが聞かれます。真剣に向き合う時なんですよね。
013

この写真では何故かグレーっぽいですが、まだ雷雨が残る午後7時過ぎ、急に空全体が不思議な黄色の光に包まれて、なんだか不思議な黄色の世界になっていました。

017

その後は雲と稲光が残っているのに、夕焼けに。

018

2017年8月13日 (日)

帰宅しました

昨晩無事ニューヨークの自宅に帰りました。
014
モントリオール発の飛行機は夕方だったのですが。お隣で手続きが簡略化されているとは言え国際線である上に。アメリカ線だけはカナダ側でアメリカの入国審査や税関審査が行われるため、出国の3時間前には空港に到着しているように念を押された上に。
010
空港までのシャトルバスに1時間半はみるようにインフォメーションのお姉さんに忠告されたため、昼過ぎには宿を出発。結局、宿をチェックアウトした後に気になっていたカフェにバスで足を延ばして朝食を食べ。近くの公園を散歩しただけでタイムアップでした。
012
その後はスムーズにローカル路線バスから空港のシャトルバスに乗り換え。シャトルバスに乗ってからは1時間弱で空港に到着。悪名高いモントリオールの渋滞には、街を出て高速にのった直後に少し嵌っただけで済みました。

しかし空港に着いてからは、少しハッスルしました。先ず査証(ビザ)でアメリカに出入国する場合は、機械でのチェックインが許されず必ずカウンターにて手続きをしなければならないのですが、カウンターでずーっと揉めているお客さんがいて延々待ち。
016
やっと手続きが終わったと思ったら、凄く空いていたにも関わらず抜き打ちのセキュリティーチェックに当たり、脇に呼ばれて全ての電子機器を探知機の様なもので1つずつ丁寧に探索された上に、バッグも隈なくチェックされ。

追加セキュリティーチェックが済んだら、通常のX線による保安検査。この検査は空港によってルールが違いますが、モントリオールは特に厳しく靴や上着を脱ぐのは勿論の事、他の空港の様にトレーの中に物を重ねて置くのは禁止。全てが平らになるように複数個のトレーを使って、全てを並べて置いていきます。しかもPC等の電子機器は全てカバーから取り出して剥き出しの状態にして一つのトレーにまとめて入れます。
007
そして自分のトレーがX線のチェックポイントに行った際に、改めて搭乗券を渡しスキャンしてもらい。OKが出て初めて自分も金属探知機(もしくはX線。係員の指示があります)を潜ることを許可されます。

他の空港のセキュリティーチェックよりも時間がかかりますし、アメリカの入国+関税検査も済ませる為、他の国での手続きより断然時間が掛ります。舐めて掛って、やっと手続きが終わったら猛ダッシュを掛けている人を何人も見掛けましたので、くれぐれも時間の余裕を持ってお出掛けください。
008
やっと厳しい検査を終えてターミナル内に入ったと思ったら、離陸時刻がコロコロと変わりまくり。直前に大幅な遅延が出るかもしれないというアナウンスがあったと思ったら、急に「今急遽離陸・着陸許可が取れました!急遽ボーディングを開始します!」と搭乗を直後に促され。

直ぐに急いで乗り込んで、飛行機で離陸前にトイレに行くというあたふたした感じに。でも最悪2時間近く遅延すると言っていたのが、15分の遅延で済んだので結果オーライでした。
009
ターミナル内には、モントリオール名物のベーグル屋さんとスモークミート屋さんがあるので食べ損ねた・お土産にまとめ買いし損なった人も安心。我々は前日に引き続き、レスターズ・デリでスモークミートサンドイッチを食べてランチを済ませました。

飛行機が離陸したのは丁度夕焼けの時間。機内からセントローレンス川がオレンジ色に染まる雄大な夕景が眺められて何とも贅沢でした。
011
そんなこんなで、実際には1時間2分の飛行時間であっという間にニューヨークに舞い戻り。こちらでは凄く効率の悪いシャトルバスに乗って、無事帰宅。大して何もしていないのに、帰宅したら夜10時でした。

近くの都市から帰るだけといっても、やっぱり国際旅行は体力を使います。今日は朝から溜まった家事をやっつけていますが、体がどうにも疲れているので、必要最低限の家事をしたら後は養生したいと思います。

2017年8月 4日 (金)

雷雨の金曜日のニューヨーク。ラジオでは朝方雨、夜には雷雨になると言っていましたが、朝から雷雨になっています。とは言え、雨量は今のところそんなに多くなさそうです(書いている間に大雨になりました)。日中は晴れ時々曇りの予報で、最高気温は28℃。湿度が高めなので、また少し動くと汗をかく1日になりそうです。

ハイラインを跨ぐ形で建っているスタンダードホテル。このホテルの前にある広場では面白いアートが展示される事が多いですが、現在はワシントンにある行政府へと直通で繋がる公衆電話が設置されているとの事。電話ボックスの中には、意見を申し述べる際に使える定型文が用意されていて、自分の名前や意見を申し述べたいトピックがブランクになって提示されているそうです。去年の大統領選をきっかけに政治への関心が高まった事を受け、その動きを途絶えさせないようにという試みだそうです。ボランティア仲間も市議や州議員に電話を沢山していましたが、最近デモ参加や電話の話を聞きません(まぁ、バケーションシーズンですしね)。面白い試みなので、ちょと立ち寄ってみたいと思います。市民権を持っていないので、意見をする気はありませんが。
*********************************************************
さて、今回は今朝の虹のご紹介です。
033
突然の雷雨が多いニューヨークでは、割と虹を見掛けはしますが。大抵はゲリラ豪雨/雷雨の後、急に晴れて虹が出るというパターンです。それも夕方が多い印象が強いです。
038
しかし、今朝は午前6時40分頃から雨も降っていないのに虹が出て。雨雲に覆われて雨が降り始めてからも虹が消えず。
041
その後激しい雷雨になるという不思議なパターンでした。最初は稲光が見えて、それはそれで綺麗だったのですが。現在は大雨で雷は空全体が光るだけです。
003

最近は月がとても綺麗です。

2017年7月30日 (日)

友人と

快晴の日曜日のニューヨーク。本日の予報は晴れ。最高気温は28℃で、湿度は低めとのこと。夏らしく気持ち良い1日になりそうです。BBQやピクニックをするなら今日はピッタリかも。

2人の男がクイーンズにあるマクドナルドのATMにスキミングの読み取り装置を設置した疑いで指名手配されています。MTAの乗車カードを購入する時とか、銀行のATMに銀行のカードを入れる際には、読み取り口をじっと観察する癖がつきました。それでも情報は定期的に盗まれて、クレジットカードが不正使用されてしまいますが…。

新しいガイドラインに沿ってより多くの人が検査を受けるようになったためか、B型肝炎感染者がより多く発見されているそうです。その多くは移民だと考えられているとの事。医療関係者には、感染が起こらないようにより一層注意深く仕事をしていただきたいです。
******************************************************
さて、今回は2週間程前に友人とディナーしながらお喋りした徒然です。
006
クリエイティブライティングのクラスで一緒になって以来、とても仲良くなった2人の友達。1人はオーストリア人の女性と結婚して、ウィーンにて子育てしながら仕事に邁進中。もう1人は去年からサンディエゴに移り住んで、年に4回ニューヨークのオフィスに出張で来ています。

2人共とても仲良くさせてもらっていますが、サンディエゴに移住した友人は3か月に1回はニューヨークに出張で来るため、結構頻繁に会っている気がしますし。加えて、彼女達が3か月ごとにアメリカ中を移り住んでいた時も、行く先々に我々が旅行がてら訪れ。その延長で、毎年新年を一緒に迎えるのが恒例行事となりつつあります。
008
そんな訳で、同じアメリカとはいえ飛行機で約6時間掛る離れた距離に住んでいる割には、よく顔を合わせて近況報告をしています。そんな彼女が、プライドウィークに出張で来ていたにも関わらず、急遽2週間も間を置かずに舞い戻ってきました。

彼女は人権を守るNPOで働いているのですが、去年の11月新大統領が誕生してからてんてこ舞いの忙しさ。団体に帰属する弁護士さんだけが忙しい訳ではなく、危機感を覚えたアメリカ国民から一挙に寄付が集まった為にシステムがダウンしたり。実際、24時間体制で弁護士さんを各空港に張り付けたり、裁判を起こしたり、寄せられる相談に対応したり。増えた業務をカバーするために、寄付を募ったり。色んなレベルの人達が、様々なセクションで其々忙しいとのこと。
007
今までの彼女はフェイスブックで些細な日常や風景を見せてくれたので、離れていても元気に暮らす様子が伺えたのですが。今年に入ってからは、殆どフェイスブックにも登場せず。私生活と仕事を分け、パートナー(妻)を大事にする彼女らしからぬ仕事人間振りに、よっぽど忙しいのであろうと心配していました。

そんな矢先のとんぼ返り出張。しかも結婚記念日を跨いでの急な出張だった為、奥さんも急遽週末だけニューヨークに来るという慌てよう。心配だなぁ…と思いつつも、彼女が是非会おうと声を掛けてくれたので食事をしました。とっても義理堅い人なんです。
009
1回目は奥さんもまだニューヨークに居たので、4人で和やかに食事。私達は年初に会って以来だったので、主に奥さんの近況を聞きました。なんでも、サンディエゴの病院での新しい仕事はとても気に入っているそうなのですが、メキシコとの国境に近い場所柄英語を喋れない親御さんが多くて、スペイン語を学ばなければと危機感を抱いているとの事。「自分の子供の処置について説明を受けているのに、全く理解できないなんて。想像を絶する恐怖よね?少しでも和らげたいと思ってるんだけど、私は語学センスが無くて…」と眉を下げていました。でも、そうやって考えて、努力するだけでも優しいですよね。

2回目の食事は、友人がサンディエゴに帰る前日に夫と3人で。その時は「こんなに直ぐ戻ってこなきゃいけないなんて、そんなにプロジェクトが上手くいっていないのか?今回の出張で良い方向にいきそうか?」と質問。プロジェクトマネジャーの彼女は、外注先の納期遅延になすすべもなく振り回されているようで、凄いストレス。
005
いつもはとてもポジティブで明るい彼女が、途中泣きそうになったりしていて。大好きな団体なのに転職を考え始めたとまで言ったのに驚きました。部下の女性陣に、高級チョコレートのお土産を持参して、頭を下げたそうで…中間管理職の悲哀と苦しさをひしひしと感じました。女性も40歳近くになると、責任も増し、部下も増え、気苦労が絶えないんだなと思う反面、そんな風に女性も仕事で活躍できる世の中になってきたことが嬉しくも思ったり。

とは言え、友人のストレスはとても深刻。あまりのストレスで不整脈まで出てしまったそうで、お医者様から定期的に立ち上がって体を動かす様に釘もさされたそう。そんな彼女の気持ちを少しでもほぐそうと、食事の後は彼女のお気に入りであるワシントン・スクエアパークへ。
069
そこでは、とりとめのない話をしました。近況報告はしても、愚痴らない所は流石なのです。まぁ、奥さんは精神的に安定していて、頭もとても良い女性なので、友人も甘えて吐き出させてもらっているだろうと推測しますが。

この日は、とても綺麗な夕焼け。次の日、早朝フライトの友人に合わせて早めに公園を後にした際に、やっと蛍がチラホラ飛び始めていました。この公園に今年も蛍が居て一安心です。
048
今度、彼女が出張でやってくるのは10月の予定。その前にまた急遽呼び出される事が無いよう心から祈っています。勿論、これ以上トランプ大統領が人権を踏みにじるような暴挙に出ないことも、彼女達の為にも心底願っています。

より以前の記事一覧