2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

日記・コラム・つぶやき

2018年9月 4日 (火)

ロンドン到着

無事ロンドンの短期アパートに到着し、夕食を食べました。機中でほぼ眠れなかったので、徹夜をした状態になっており、ふらふらなので今日は寝ます。2人共疲労困憊していますが、元気ですのでご心配なく。おやすみなさい。
20180903_083952

2018年9月 2日 (日)

ありがとうございました。

明日、朝一番で空港に移動します。全ての手続きは取りましたし(結果は届いていませんが)、家族や友達にも久しぶりに会えて嬉しかったです。
20180829_191925
昨日は、高校時代からの友人がわざわざ長野から会いに来てくれました。帰省中の貴重な時間を割いてくれてありがとうございました。探してくれたカフェもお洒落で、カレーも非常に美味。ゆっくり話も出来て最高でした。荷物を増やせないので購入はできなかったけれど、素敵な雑貨や服も見ることができて眼福でした。素敵なプレゼントも頂いて、早速今晩の荷づくりに使わせてもらいます。ご馳走様でした&ありがとうございました。3年後くらいにお目にかかれるのを楽しみにしています。元気でねー。お仕事で無理しないでくださいね。
20180828_104158
今日は元同僚の方たちが、足元が悪い中ホテルの近くに来てくださいました。働いていた時、目の前を急いで通り過ぎては『お洒落なカフェだなー。いつかのんびり食事してみたい』と考えていたお店が偶々ホテルの近くにあったので、リクエストを出してランチさせてもらいました。
20180901_175022
海外に沢山お友達がいるらしい元同僚が色んな知恵を授けてくれたり、旅行経験豊富な元同僚が励ましてくれたり。ロンドンでボランティアを探してみようとは思っていたのですが、その他にも健康に気を配ることも調べて試してみようかな?なんてアイディアをいただきました。

沢山のお土産もありがとうございました&ランチご馳走さまでした。イギリスで一緒に遊べることを楽しみにしています。
20180830_203113
皆さん、ありがとうございました!ロンドンに無事に到着したら、なるべく早く報告するように努力しますが、少しお時間ください。お元気で!

2018年9月 1日 (土)

私のNY

日本での時間もあと2日となりました。あっという間でビックリしちゃいます。
20180830_134505
一昨日は、元同僚のお昼休みに押しかけ、ランチをしながらキャッチアップ。全然時間が足りなくて話足りませんでしたが、彼女の体調が回復基調と聞き嬉しく思いました。ロンドンに遊びに来てくれるそうなので、楽しみにしています。一緒に湖水地方を探索しましょうね!待ってますよ!!
20180830_181530
昨日は早朝から書類を作成して、朝一で郵便局に足を運び速達で送付。その後、このブログを通じて知り合った友人と4時間半も喋り倒しました。日本に帰国して暫く経つ彼女とは、生活も何もかも全然違うのに、顔を合わせると話すことが泉のごとく湧いてきて、いつも「なんでこんなに時間が足りないんだろう?」と首を傾げることに。彼女と知り合うことができ、こうして友人になれた一事をしても、このブログを続けて良かったです。わざわざ私のホテルまでご足労頂き深謝してます。また3年後くらいに帰国したら喋り倒しましょうね!でも、その前にロンドンでおめもじ叶うことを祈ってます。
20180830_151601
夕方には、フレックスで早引けしてくれた元々は取引先の方だったけれど、今ではすっかり友人の女性とお茶。大学院で学位を取り終え、転職もした彼女と会うのは4年振り。さぞかし頑張っているのだろうと思っていたのですが、実際に現在も新たな語学を勉強し始めてバリバリと仕事と並行して頑張っているにも関わらず。ご自分の興味の赴くまま、楽しく働けるように、好奇心を満たせるようにと、自然体で仕事や勉強を続けている姿勢が素敵でした。全然力んでなくて、楽しそう。仕事や勉強って、本来楽しいものですものね。それだけじゃないにせよ。とっても励まされました。イギリスで会いましょう!私がびっちりリサーチします(なんて、でも結構本気)。
20180830_181654
******************************************************************************

さて、こうしてブログを書けるのも明日が最後。ということで、9年間のニューヨーク生活を振り返るだけの自己満足記事を書かせてもらいます(いつもですが)。今回は一番の宝物『友人』です。
20180807_132301
大学時代ニューヨークに週末足を運んでいたとはいえ、ニューヨークは私にとっては住むのは初めての場所。それなりに土地勘とかはありましたが、ほぼ知り合いのいないところからのスタートでした。

でも新しいこと、わくわくすることが好きな私にとっては、誰も知らない土地に住めるというのは楽しみなことです。誰も自分を知らない、自分も誰も知らない土地で暮らせるというのは、私にとって海外生活の醍醐味の1つでもあります。
20180807_130515
そんな訳で、暮らし始めて3か月ほどはグリーンマーケットのお店の人とか、エレベーターで一緒になる人とかと言葉を交わす程度の会話しかありませんでしたが。3か月経ってボランティアを始め、クリエイティブライティングのクラスに通い始めてからは、知り合いができ始めました。

結局ボランティアは一番長いもので9年間、短いものでも5年間続けたので、ボランティア仲間の何人かとはとっても親しくなりました。毎週1回パートナーを組んでいた90歳を超える女性などは、勝手にニューヨークのおばあちゃんのように感じていて、彼女に何かあったら飛んでいく気がしています。
20180807_130600
クリエイティブライティングで知り合った友達2人は、私のNYCを模っているといっても過言ではないほど仲良くなりました。彼女たちは、2人共結婚式に招待してくれましたし。四季折々、一緒に泣いたり、怒ったり、窘められたり、背中を押されたり、激論を交わしたり。でも結局は笑い合った思い出で溢れています。

2人共既にニューヨークを出て早や数年。でも、1人は2週間に一回は「今何処に居るの?どんな気持ち?」とメッセージをくれて気にかけてくれていますし。私たちがロンドン生活に慣れたら、早速会いに来てくれると言っています。そして、もう一人とは、既にクリスマス辺りにスコットランドで合流しようなんて、計画が持ち上がっています。
20180807_131741
昨日は彼女がフェイスブックに私宛てのメッセージをアップしてくれて。今まで撮った沢山の写真と共に、「一緒に通った大学のクラスや、ライティングデート、デビッド・セダリスとの夕べ、本屋での買い物や、プライドマーチ、ロックフェラーセンターでオバマ大統領当選の報を待ちわびた時間や。沢山のディナー、ブランチ、誕生日会、クリスマスの集い、サンクスギビングやハロウィーンを覚えてる?確かに(2人共マイノリティーで英語が第一言語ではない外国籍の女性ということもあり)私たちはニューヨークに傷つけられ、悩まされたけど、今となっては楽しかったことしか思い出せないよ。ロンドンも大変だって小耳に挟むけど、あなたたちなら大丈夫!幸運を祈ってる」というメッセージが添えられていました。
20180808_114724
このメッセージを読んだ時は胸いっぱい。外で読んだのに泣きそうになって焦りました。色んな気持ちが溢れて、暫くコメントを返せなかったくらいでした。

ニューヨークを離れることが決まって、友達やボランティア仲間に話をしたら。その多くの人が「あなたならきっとロンドン生活も満喫するよね!」と声を掛けてくれることに気付きました。
20180808_114919
そして周りの人たちには私がニューヨークをそんなにも楽しんでいるように見えていたんだと思って、自分を褒めてあげたい気分でした。お金を稼がなくとも、キャリアを形成していなくとも、何も爪痕を残せなかったとしても、よくやった自分!みたいな気分。

ボランティアのスタッフさんにお別れの挨拶をした時。仕事のミーティングとして時間を取ってくれた上で、初めてお茶をしながらじっくり話をしてくださいました。
20180808_203003
その時彼が「あなたはニューヨークを離れるかもしれないけど、ここで出会った人たちはあなたという国境を越えた友人を得たんだよ。あなたはきっと何処に暮らしても、世界中で暮らす人たちと会えない時間も、連絡も取らない期間も、国境も超えて、架け橋になるよ。真剣に暮らす人たちは、どんなに離れていても、声さえ聞かなくても、昨日会ったように話せるでしょ?きっとここで会った人たちともそんな関係になるよ。実際、あなたがロンドンに行くって聞いて、色んな話をするうちに、僕もロンドンに渡って、イギリスの歴史ある植物に関する情報の蓄積の仕方を学びたいって思っていたことを思い出したんだ。実際、研修に行けないか検討を始めたんだよ!離れた場所で頑張るあなたに励まされ、視野を広く持つ機会になる。あなたはきっとそんな存在になるよ」という言葉を贈ってくれました。

その言葉を貰えただけで、この9年間のニューヨークでの生活は意味があった。流した沢山の悔し涙も、疲れ切った日々も、憤りに満ちた毎日も。そう思えました。
20180808_202804
「今となっては思い出すのは楽しかった思い出ばかりだよ!」といった友達のようになる自分が今から想像できます。

2018年8月30日 (木)

友人と

月曜日には実家から東京に戻ってきました。時差ボケで夜早く眠くなるので、午後5時半にはチェックインして直ぐに食事を済ませ。ホテルに戻ったら、激しい雷雨で驚きました。ぎりぎりセーフで濡れずに済んで良かったです。
20180827_160314
実家では、お昼を実家でご馳走になったり夜を兄一家にご馳走してもらったり。短い時間でしたが、2年振りに家族との時間を過ごせました。皆それなりに元気そうで安心しました。姪っ子と甥っ子が大きくなっていてびっくり。そりゃ2年も経てば成長するよね…と解ってはいても、やっぱり驚いてしまいます。食事もとっても美味しかったです。お忙しいところお時間を割いていただきありがとうございました。やっぱり魚は静岡が一番!
20180827_104123
今回は帰省が短すぎてお目にかかれる人が極限られていたのですが、眼鏡の度が合わなくなって困っていたので、眼鏡屋で働く友人の職場に伺って、眼鏡を新調。ついでにランチもご馳走になりました。短い時間でしたが、話ができて嬉しかったです。お寿司もごちそうさまでした!眼鏡も軽くてとっても気に入っています。
20180829_100326
昨日は、小学校からの友人とお喋り。夏休み中のお子さんたちと時間を過ごしたいであろうに、時間を割いてくれてありがたかったです。まだ赤ちゃんみたいな印象だった友人のお子さんたちも「ごゆっくりー」とか声を掛けてくれていて、そんな気遣いができるまでに成長してるんだー、となんだかしみじみしちゃいました。小学校に上がったばかりだという男の子君が選んでくれたプレゼントのピアスもセンスが抜群で驚き!男の子って、自分のお母さんとか周りのお母さん達をよく観察してるんだーと改めて気付かされました。
20180828_155003
また数年後に元気に会えるのを楽しみにしています。楽しかったです、ありがとうございました!
20180814_180806
火曜日は1日種々の手続きをしていたのですが。やっとイギリスからビザの許可が下りました。無事パスポートも手元に戻ってきたので、計画通りイギリスに向けて出発できる事になりほっと胸をなでおろしています。1か月以内にイギリスに入国すれば、ビザ(査証)が貰える筈なので、これから数年ロンドンでの生活が始められる運びとなりました。
20180814_180855
そんな訳で、このブログもあと数日で終了とさせていただきます。大好きなニューヨークでの生活が終わったことは寂しくも感じますが、今は新たに始まるロンドン生活にわくわくしています。
20180814_191930
でも先ずはあと数日ある東京での日々を満喫したいと思います。

2018年8月26日 (日)

実家に行ってきます。

本日から1泊2日で実家に挨拶に出かけます。2年振りなのに短い期間しか顔を出せないので、ブログまで辿りつけないと思います。が、元気で活動しておりますので、ご心配なく。
20180825_152202
昨日は元同僚の方とこちらも2年と少し振りにお会いして、美味しい紅茶を飲んだり、公園を散歩したりしながら、お喋りを楽しみました。お子さんにも初めてお目にかかり、なんだか不思議な気分でした。
20180825_151637
私が中年になっているのだし、ニューヨークに9年間も暮らしていたのだからそんなものかと思うものの、やっぱり不思議。でも全然変わらない彼女なのでした。彼女とは、個人的なことではなく時事問題や日米の違い、最近の日本の流行などを話すことが主なので、変わらないのかもしれません。
20180825_195034
毎日暑いですが、楽しい日曜日をお過ごしください。

2018年8月25日 (土)

MY NYC:生活編『ボランティア』

日本に帰国して1週間が経ちましたが、その殆どを用事で費やしてしまいました。でもお陰で今日までに主な用事はほぼ終了。来週火曜日に電話の手続きをしてから、もう一つ用事を済ませれば、後は友達に会ったりのんびりするだけ…と信じてます。やっと友達に会える!

一昨日から少し体調を崩してしまい、用事を済ませたら夕方にはホテルに戻ってベッドに直行。夫にお弁当を買ってきてもらい、ホテルで夕食を済ませる日々でした。今日は元同僚と約束をしていますし、明日からは実家に顔を出すので、体調が戻っていると良いのですが。
******************************************************************************
さて、今回はニューヨーク生活の徒然を語るだけの内容です。この9年間、お世話になったボランティア活動についてです。
20180805_103033
夫がニューヨークに赴任が決まってから実際に渡航するまで3か月しかなかったこともあり、何の準備も心構えもせず、荷物だけバタバタとまとめて体だけ持って行ってしまい。ニューヨークについてから、短期アパートから実際に住むアパートに移り。少し落ち着いた時、はたと何をしようと初めて考え始めました。

それまで専業主婦をしたことがありませんでしたし、人生の成功を「死ぬまで自立していること」だと定義していた私としては、仕事を辞めることには大いに抵抗がありました。しかし、配偶者ビザでは就労できないため、新たに弁護士を雇って就労許可を取ったりする必要が生じる上に。かなり稼がないと、一家の収入としては下がってしまいます。
20180805_103803
外国生活は思いの外慣れるのに時間が掛かりますし、東京で暮らしていた時は2人共仕事で忙しく、あまり夫婦の時間が持てないことが悩みでもあり。また、仕事の最後の方では体力の限界を感じていて、ニューヨークでも体調が芳しくなかったこともあり、結局仕事はしないことに決めました。

じゃあ、学校に通うかと言っても、ニューヨークにどれ位の期間居るかも不明でしたし。大学院に入って勉強するなんて、そんな楽しい贅沢なこともないとは思ったのですが、働いて貯めたお金の大半を使い果たす大きな出費。そこまでして学びたい何かも思いつかず。
20180805_114610
結局勇気が出せず、体を休めた方が体調も良くなるかもしれないし、数年のことだし(当初は9年間も住むことになるとは夢にも思っていませんでした)ロングバケーションしよう!と思ったわけです。

しかし、家に居るのは性に合わず。3か月もしたら鬱々としてきてしまい、ボランティアを始めることにしました。結局、渡米3か月で始めたそのボランティアは、ニューヨークを離れるその時まで続けました。
20180805_114637
その後、そのボランティアだけでは週に3日しか埋まらないし他の組織も見てみたいということで、新たなボランティアに応募し。そこから数年で、最初のボランティア先の方に紹介されて、3つ目のボランティアを始め。最終的には、3か所でボランティアをする生活を5年ほどしていました。

これが自分にとって非常に幸運なことで、勉強になったと今になって思います。先ず、3か所のボランティア先が、其々違う社会的・経済的位置にある人々に属していたこと。一つはお金持ちの上流社会に、一つは中流社会に、もう一つはホームレスを含む生活が苦しい社会に。必然的に、ボランティアをしていなかったら、一生会うことがなかったであろう階層の人々と接する機会を得て、ニュースに敏感になった気がします。
20180805_121607
2つ目に、NGOの何たるかを少しだけ学べました。資金繰りや組織の作り方。NGOだからと言って、職員に清廉潔白でいることを強いることの矛盾(要は給料が凄く安くて、福利厚生が守られていない)や、求心力を保つことの難しさなどをつぶさに見ることができました。

3つ目に、雑多な幅広い仕事の経験ができたのが良かったです。裏方仕事から、力仕事。接客から運営のお手伝い。都度、違った部署の別の仕事を経験できたので、視野が広がったと感じています。
20180805_121717
そして何より、人との出会い。これは日本に居た時から思っていたのですが、仕事仲間(私の場合はボランティア仲間)には、友達には果たせない大事な役割がある気がしています。そして、友達の方が、仕事仲間よりも大事というわけでもないんですよね。

過ごす時間は短く、私生活では一切会わずとも、仕事仲間から学ぶことは多々ある。そして、それは友達から学ぶこととは全く違う、そう思います。しかも、仕事仲間に会うだけで、満たされる、大切な何かがあると思います。
20180805_121757
私は幸運なことに、ボランティア仲間の何人かとは友人にもなれました。年齢も性別も育った環境も、何もかもバラバラな親しいボランティア仲間は、私の人生にとっての宝物。早速日本の絵葉書を購入して送ろうと思っています。

人との関係って、費やした時間の長さとかじゃないんですよね?ボランティア先のスタッフさんにお別れの挨拶に伺ったら、「新しい土地で推薦状が必要だったら言って。完ぺきな推薦状を書き上げるから。ある種の人達とは、費やした時間は短く、何年も会ったり話したり連絡さえもしてなくとも、偶々会う機会を作れたら前日まで会ってたみたいに話ができるよね?私たちはきっとそんな関係を築ける気がしてる。」とハグをしてくれました。
20180807_133601
彼/彼女たちは、好奇心に満ちた精力的な人達ですから、本当に地球のどこかで再会できる気がしてます。

2018年8月23日 (木)

自分へのお土産

今日は午前4時近くまで眠れました。少し時差ボケが治ってきたのかも…と希望を持ってしまいます。今日から台風の影響が西日本を中心に出るみたいですね。東京も降水確率が少しだけれどあるようです。

昨日は健康診断を受けてきました。どうやら悪いところも見つからなかったようで、今のところは一安心です。ただ最近顎が痛くて食事に難儀しているので相談したら、ストレスで歯を食いしばっていることによる顎関節症であろうとのこと。マウスピースを作って気長に矯正していく必要があるのでは?のだそうで、短期的には痛み止めを飲むしかできないであろうとのこと。うーん、口を開く度に顎がバキバキ音を立てるので怖いですし、特に朝は痛むので困ったことです。心配事が減れば治るのでしょうか…。

また日本へ帰ってくる便では、スーツケースが凄く重くて「ヘビー」札を付けられていたので、なんとか荷物を減らそうと奮闘中。その一環として、もう再訪しない可能性が高い外国の少量余ってしまったお札やコインを三井住友銀行でユニセフに寄付してきました。空港やJAL機内でも寄付できたのに、間違ってスーツケースに入れてしまったんです。これで重いコインからは解放されたし、ユニセフにも貢献できたし、やれやれです。銀行で受け付けてくださると、寄付できる場所が多くて助かります。
******************************************************************************
さて、今回は自分自身のニューヨーク土産として購入した香水の話題です。
20180811_093806
ずっと香りは身に着けない生活をしていたのですが、ここ1年ほどサンプルで貰った香水を皮切りに、自分でも香りを購入して纏っていました。朝晩シャワーを浴びたりお風呂に入ったりして気を付けているのに、なんだか自分の臭いが気になって仕方ない時期があったためです。

中年で体質が変わったのかなぁ…と弱り果て、試しにサンプルで貰った香水を付けたら、自分の臭いは依然として気になったものの、思いの外気分転換になることを発見。以来、香りを楽しむようになりました。
20180810_164108
それまでも、クラスメートの精神科医の方に、「頭痛に悩まされているなら、香りを上手に取り入れると良いですよ。ホールフーズ等で販売されているエッセンシャルオイル(ユーカリなどのスッとする香りが効果的)をこめかみに少量塗ると、症状が改善することがあります。私はいつも持ち歩いているだけでなく、子供たちに毎朝エッセンシャルを塗りつつ、静かに語らう時間を持つようにしてるんですよ。」とアドバイスされ、ユーカリオイルをこめかみに塗ったりはしていたのですが。人工的な香水とは無縁でした。

でも香りを身に着け始めて暫くしたら、自分の臭いも気にならなくなっていることに気付き。気分的なものだったのかもと思い始めてから、香水を取り入れるようになりました。
20180811_093727
そんな訳で、香りの効果に気付き、生活に取り入れて定着し始めた頃にニューヨークを出ることが決まり。考えたのが、大好きなニューヨークを思い出せるような香りを自分へのお土産に購入したい、という事でした。

そこでWEBで調べて行き当たったのが、イーストヴィレッジにある『Fragrance Shop New York』。自分の好きな香りをカスタムメイドしてくれる小さな香りの専門店です。
20180810_134322
飛び入りでも香りを作って貰えるようでしたが、WEBでは電話予約が推奨されていたので私も予約。丁度ボランティア仲間がお別れの食事会の場所に指定してくれたレストランがこのショップの並びにあり、わざわざ足を運ぶ手間が省けてラッキーでした。

香水(多分エッセンシャルオイルな気がします)は、30分程でブレンドしてもらえます。お店を訪れると、カウンターに並ぶ香りから自分の好きな物を約7種類選ぶよう指示されます。
20180810_133923
私はヒノキなどの針葉樹の香りが大好きなのですが、それらを使った香水を見つけられず、このお店で作ることを期待しての来店だったのですが。多分100種類ほどあった選択肢の香りの中に針葉樹が含まれず残念でした。

それでも好きな香りはあるもので、ホワイトティーツリーやらグリーンティーやらを、散々迷った挙句に選択。するとブレンダーさんが、その香りを2つずつ嗅がせつつ、どちらの方が好きか質問。それを何回も繰り返したら、徐にスポイトで紙にオイルを垂らしてブレンド。
20180810_134941
2種類の香りを作って嗅がせてくれました。好きな香りだけをブレンドして作られた香りなので、どちらも非常に心地よい香りだったのですが、私は迷うことなく1つを選択。ブレンダーさんも「確かにこっちの方が良い香りね」と納得顔でした。

出来上がった香りは、大きさの違う瓶を選んで詰めてもらえます。私は一番大きい瓶を選び(と言っても小さいですが、少量しか使わないので長持ちするとのこと)、約$94税込みで支払いました。
20180807_130553
いつでも同じ香りを購入できるよう、ブレンドのレシピはショップに保管されます。その際に香りに名前を付けるよう言われるので予め候補を考えておくと良いかもしれません。

私は全然考えていなかったので困ったのですが。ブレンダーさんにニューヨークを離れるので思い出に香水を作りに来た旨を伝えてあったので、「ニューヨークに関連する名前が良いのでは?思い出の場所とか?」とアドバイスを受け、『High Line』と名付けました。
20180807_130643
ブレンダーさんは、「ぴったりな名前ね!貴方は木や花の精油を多く選んでいるし、リフレッシュできる香りだから、ハイラインの雰囲気と合うわね!」とお墨付きを。その日1日、大好きな香りが漂う度に幸せな気分になりました。

今は新天地で使い始めようと大切にスーツケースにしまってあるのですが、使うのが楽しみです。この香りを嗅げば、ボランティア仲間が贈ってくれた「You will do great!  If you can make it in New York, you can make it anywhere!」という言葉を思い出して、勇気が出せそうに思います。

Fragrance Shop New York
65 E4th St. (btw 2nd & 3rd Ave) New York, NY, 10003
CALL: (212)254-8950
前もって予約をすることをお勧めします。詳細はお店のHPにてご確認ください。

2018年8月17日 (金)

帰国

無事帰国して、ホテルに着きました。夕飯を食べて荷解きを終えたら午後8時には2人してベッドに倒れこんで泥のように眠ってましたが、午後11時頃目が覚めてしまいました…。時差ボケですね。そんな訳で、連絡もできずごめんなさい。お陰様で移動も問題なく、2人共息災です。
20180815_085754
今日から用事をこなすぞ!と意気込んでますが、この分だと数日頭が働かず、夜はホテルで大人しくすることになりそうです。

2018年8月15日 (水)

引っ越し完了

無事、ニューヨークのアパートを引き払いました。荷物を送り出し、ホテルに荷物を落とし、近くの和食処で乾杯して、ニューヨーク最後の夜を過ごしました。今はやっとホテルでまったりしています。

途中で激しい雷雨になったり、レンタル家具屋さんが待てど暮らせど引き取りに来てくれなかったりとヤキモキしたりもしましたが、概ねスムーズに進み無事引っ越しを終えることができた…と思っています。変な修理代の請求が来ませんように…。

もうぐったり疲れていますし、明日もそれなりに朝早いので、今晩はご報告まで。日本の皆さん、予定も全然連絡せずにごめんなさい。日本に帰って、予定がもう少しはっきりしたら改めて連絡させてもらうつもりです。

今回荷物が多くて、お土産を全く用意できませんでした。ごめんなさい!無事、日本に着いた報告ができますように。

9年間、多くの人に支えられて充実した豊かな日々を過ごせたことを感謝しています。ありがとうございました。

2018年7月 6日 (金)

のんびり独立記念日

雨の金曜日のニューヨーク。今日は午前中雨が降ったり止んだりした後、午後2時~4時頃にかけて雷雨の可能性が高いようです。場所によっては都市型洪水が起こる可能性があるそうなのでお気を付けください。夕方は太陽が出て、明日はちょっと涼しくて晴れる絶好の行楽日和になりそうです。

アメリカと中国の貿易戦争が激化して懸念が広がっています。経済に悪影響を及ぼしませんように。
****************************************************************
さて、今回はニューヨーク生活最後の独立記念日(Independence Day)をのんびりと過ごした徒然です。
20180704_205112
夫が前日に国外出張から帰宅したので、元よりのんびりと過ごすつもりだった今年の独立記念日。週の真ん中の水曜日で美術館などの主な施設は休んでしまうので、日帰り旅行するにも厳しい日程。
20180704_213520
そこで去年もそうしたように、マンハッタン内を散歩したり、普段は混んでいて入れないレストランで食事をしたりするつもりでした。が、週末よりはかなりましだったものの、祝日も凄い暑さ。
20180704_223414
結局、ウエストヴィレッジのお気に入りのレストランへブランチに出掛け、独立記念日セールを行っていた服屋さんで夫の服を購入しただけで、しおしおと帰宅しました。ニューヨークって、結構湿度が高くてムシムシ暑いんですよね、日本より大分ましだと誤解されがちですが。
20180704_223447
帰宅してからは、通常通り家事をして過ごしました。最後なのでコニーアイランドに花火を見物に行くことや、バテリーパークにニュージャージの花火を見に行くことも検討したのですが、雨も降っていたので萎えてしまい。結局、アパートから少し見える花火を楽しむに留まりました。
20180704_223552
今年はメイシーズの花火とニュージャージー州の花火がかなりずれていて。メイシーズの花火は、ビルとビルの間からたまーに欠片が見えるくらいだったのですが、ニュージャージーの花火は遠めですがばっちり見えました。
20180704_223558
夫と二人でベッドに並んで座って見物し、「これだけでも祝日気分を味わえるね~」と満足していました。エンパイア・ステートビルやジャビッツ・センター、ワン・ワールドトレードセンターがアメリカ国旗色にライトアップされている夜景も毎年恒例。こんなもので毎年楽しめるのですがから、お安いものです。
20180704_223423
ニューヨークを出るまでには、一度コニーアイランドの花火を見物に出掛けたいものです。

より以前の記事一覧