2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

映画・テレビ

2017年10月26日 (木)

NYフィルムフェスティバルで『Joan Didion: The Center Will Not Hold』

まだ真っ暗な木曜日のニューヨーク。暗すぎてよく分かりませんが、どうやらまだ曇っている様子。午前中は雨が降ったり止んだりで、午後からは曇り所により晴れという予報です。最高気温は16℃。明日・明後日は晴れるようなので、ハロウィーンイベントに繰り出す方は土曜日にした方が良さそうです。

本番のハロウィーンは来週の火曜日ですが、イベントの多くは今週末に行われます。ガバナーズアイランドに1,000個のかぼちゃが集結するイベント『Night of 1,000 Jack O'Lanterns』はチケットが高いのがネックですが興味が湧きますし。お子さんがいらっしゃる方はハイラインの『Haunted High Line Halloween』は無料で楽しめます。以前行ったら地味だったものの、無料で散歩のついでに楽しめるという意味では、セントラルパークの『Halloween Pumpkin Flotilla』も捨てがたい。ブルックリン植物園でもイベントが開催されます。私は土曜日丸1日ボランティアを入れてしまったので、日曜日に行ける行事を見つけて足を運びたいと思っています。
**************************************************************
さて、今回は2017年9月28日~10月15日まで開催されていたニューヨーク・フィルム・フェスティバル(The 55th New York Film Festival)でドキュメンタリー映画『Joan Didion: The Center Will Not Hold』を観た感想です。
032
このドキュメンタリー映画は、作家/エッセイスト/脚本家であるディディオン氏の生涯を彼女の甥っ子であるグリフィン・ダン(Griffin Dunne)氏が監督して映画化したもの。実際彼もインタビュアーの1人として登場します。

ジョーン・ディディオンは、アメリカでは有名な小説家・エッセイストで、ライターである夫のジョン・グレゴリー・ダンと二人三脚で映画を製作したり、晩年には自身の作品を原作とした舞台の脚本を担当したりして、とても知名度があります。その為、今回ニューヨークで暮らす様になって自然と彼女の事を認識しました。
008
でも興味を持ったのは友人の1人が熱狂的なファンだから。彼女のフェイスブックページをフォローし、本をすべて読み、人生の辛い局面で悩む友達には彼女の著作を薦め。頻繁にディディオン氏に触れるので、自然と読んでみようか…と数冊の著作を読みました。

しかしながら、私が読んだのはたまたま自叙的な作品で。あまりピンと来ずに格別彼女に傾倒することも無く現在に至りました。個人的に彼女が資産家の家系である夫と過ごしていた優雅な日常に対して反発心もありましたし。友人が何故、彼女にそこまで心酔しているのか理解できずにいました。
009
そんな折、今年のニューヨーク・フィルム・フェスティバルで彼女のドキュメンタリーが上映される事を知り、興味が湧いて足を運びました。当該ドキュメンタリーは3回上映がありましたが、私は夜出掛ける事をなるべく避けているので、週末の昼間に上映される最終回に足を運びました。

ネットで予めチケットを予約しておき窓口で受け取るWill Callを選択して、当日窓口に赴くと既に完売したチケットを求めて人々が列を成していました。やっぱり彼女に興味を抱く人は多いんですね。
010
ドキュメンタリー映画自体は、後日ネットフリックスでも配信されるようなので手軽に見る機会があると思われるのに、わざわざ会場に足を運んで観たいと思われる程、ディディオン氏の何かが人の興味を惹きつけるのを不思議に思いつつ鑑賞し。今は彼女のジャーナリスティックな本を是非読んでみたいと思うようになりました。

映画では、彼女の生い立ちからヴォーグでコンペティションに優勝してエッセイストとして働き始めた経緯や。ジョン・グレゴリー・ダン氏との夫婦関係。娘であるクインターナさんを養子として迎え、育てる様子。2人を失い、失意に沈みながらも(生きる気力を失い食べ物を口にしなくなって骨と皮のように痩せ細った姿も捉えられています)、その自身の感情をエッセイに認める作家魂(それが私が読んだエッセイです)。そういった彼女の生活・人生にも触れていますが。
073
私が興味を惹かれたのが、彼女のジャーナリストとしての成長と功績部分でした。ヒッピームーブメントがもてはやされていた時代に、ドラッグの蔓延や行方不明になる人が続出している現実を克明に本に描き出して警鐘を鳴らしたり。アメリカ政府の介入によって南アメリカがどれほど苦しんでいるのかをルポするために、自身も現地に乗り込んだり。黒人青年数人が白人のジョガーを集団レイプした事件をセンセーショナルに報じるマスメディアを痛烈に批判する作品を発表したり。
058
彼女はいつの時代もその他大勢に流されず、風潮に左右されず、ニューヨークタイムズやニューヨーカーといった『社会の良心』を体現していると思われている(そして自分で思っていそうな)大マスコミにも粛々とNOを突きつけ。ジャーナリストとして、かなり有能で魅力的な人だったのではと強く感じました。

それ故に、複数の友達が彼女に強く興味を抱き、尊敬しているのだろうと思うに至り。是非、彼女のルポ作品を読もうと心に決めました。
075
蛇足ですが、晩年の彼女が散歩している様子が作中に出てくるのですが、私が好んで足を運ぶセントラルパークのコンサバトリーガーデンやベセスダテラス、ザ・ポンド等で。自分の暮らす環境がとても幸運なことなのだと改めて認識し、夫に感謝しました。ニューヨークは、憧れの人達が暮らす場所だという意味でも魅力的なんですよね。
064
こうやって新しい作品に出会ったり、新しい事実を学んだりできるのはフェイスブックの長所ですね。日常の些末なことばかりでなく、きちんとニュースや心動かされた作品、問題意識を持っている事物について書いてくれる友達に感謝です。

2017年10月 6日 (金)

映画『アンレスト』

曇っている金曜日のニューヨーク。こんなに曇っているのに予報では晴れ時々曇り。降水確率も10%と低いです。本当でしょうか?今日も最高気温が27℃まで上がる予報で、湿度が高いのでムシムシと暑くなりそうです。

昨日の朝ノーベル文学賞が発表されましたね。カズオ・イシグロ氏が受賞して、彼の作品が好きなので嬉しかったです。彼の新作を読んでいなかったので、これを機に読もうかという気にさせてもらいました。ラジオを聞いていたら「何故Haruki Murakamiはノーベル文学賞を受賞できないのか?」という話しをしていて、アメリカでもこんな話題が出るんだなーと改めて彼の人気の高さを認識した日でもありました。
***********************************************************
さて、今回は映画『UNREST』(不安)の感想です。
064
この映画は先日『コロンバス』を観に行った際に予告が流れていた事で初めてその存在を知り。慢性疲労症候群を題材としたドキュメンタリー映画と知って強く興味を抱き、帰宅後早速調べたところ、上映がたったの2日間でした。そこでスケジュールをやりくりして、朝からIFCセンターに足を運び鑑賞してきました。

『アンレスト』は、慢性疲労症候群をご自身が患っている女性Jennifer Brea氏が、自分自身を写し、ベッドの上でスカイプやソーシャルメディアを通じて知り合った世界中の他の患者さん達をネットを通じてインタビューして創り上げた映画です。医学的にも正確な内容になるように、医師、科学者等の専門家のインタビューも差し挟まれますし、理解が難しい所はCGを使って説明もされています。
063
他の患者さんのドキュメンタリー部分は、健康な映画クルーが世界中に飛んで撮影。ジェニファーさんの自己ドキュメンタリーやスカイプを通じたインタビューが多いですが、自主製作映画という訳ではなく、きちんと制作チームがいる手が込んだ作りになっています。

とは言え、立つこともできず床を這いずり回るような時にもご自身を撮影するジェニファーさん。痛みにのたうち回る姿が映されていたりして、見るのがとても辛い内容ではありました。
065
ジェニファーさんは、とても活発な女性で世界中を見てみたいと願っていたとの事。実際CNNのレポーターのような事もやっていたようですし、旦那様とカヌーをしたり、異国を旅したり。慢性疲労症候群を発症した時には、ハーバードの博士課程の真っただ中。旦那様と結婚する直前の幸せな時期だったそうです。

インフルエンザに罹り高熱が出たのをきっかけに、立つこともままならないように。最初は「期末試験のストレスでしょう」と診断されるばかり。でも全然症状が改善しないため、自分達でリサーチしたり、違う医療機関を巡る内に慢性疲労症候群(chronic fatigue syndrome: CFS)だと診断されました。
068
慢性疲労症候群は医学的にも定義が定まっておらず、従って研究も進んでいない病気。未だに精神病の一種だと信じている医者も多いそうで、一般的な認識も「気の病」だと思われがち。そのため患者は辛い症状だけでなく、経済的な問題や社会の偏見とも戦う事を強いられます。

世界中に慢性疲労症候群を患う人は1,500万人~3,000万人居ると推定されています。数字が正確でないのは、多くの慢性疲労症候群を患う人は何らかの精神病と診断されていたり、医療に頼るのを諦めて診療を受けていない可能性が高いから、という事のようです。
067
気の病だと決めつけられがちなことの要因として、多くの医師が教育課程で慢性疲労症候群について全く学ばないため知識が不足していること(実際、最初に医師がやることはグーグルで調べることだと専門家が皮肉を言っていました)が挙げられていましたが。ジェニファーさんは、理由は解明されていないものの患者の大部分(86%だったと思います)が女性であることも関係あるのでは?と疑っていました。

『あー、女はヒステリックだからね』というようなメンタリティーがあるのでは?と。実際、男性が影響を受けないことにはお金が出資されないという傾向があることは有名ですよね?確かに、慢性疲労症候群の研究に連邦のお金が殆ど拠出されていない理由は、そんな所にもあるのかもと思わずにいられません。
069
とは言え、男性の患者さんもいらっしゃいますし、ドキュメンタリーの中にも写真が大好きで活発に飛び回っていたのに、今では寝たきりになってしまっている男性患者さんも登場していました。この映画を観た後で、「気の病だから」とか、「俺たちだって疲れてるっつーの」とか、「自分に注目を集めたいだけでしょ?」とか言える人は少ないのではないでしょうか?

私自身、全然知識がない病気だったので、患者さん達がここまで苦しんでいるなんて思ってもみませんでした。そしてドキュメンタリーの中で、「慢性疲労症候群を患っている人には軽度の人もいて、一見普通に生活しているように見えたりもします。実際働いている人も多くいて、そういう人達は頻繁に休む人だな…位に思われている可能性が高い」と仰っていたのがとても印象に残っています。
070
慢性疲労症候群の患者さんにおける、自殺率は高い傾向があるそうです。それは鬱っぽい人だから病気になったという事ではなく、治る見込みがない事への絶望や社会から置いてゆかれる孤独や恐怖、家族の迷惑になっているという罪悪感、そして社会の偏見に耐えられないという要因があるように見受けられました。

慢性疲労症候群に限らず、体質や健康状態は人それぞれ。いくら自分が健康だからと言って、全ての人がそうであると決めつけないこと。体調が悪い人は自己管理がなっていないからだと思い込まないこと、何でもストレスや精神的な要因のせいであるとアドバイスをしないこと、の大切さを改めて思いました。
066
しかしながら、暗くて辛いだけの、説教くさい映画では決してありません。ジェニファーさんが難病に侵されながらも、自分の生きる意味を映画を作ることによって探そうともがき続ける姿に勇気も貰いました。ジェニファーさんに限らず、患者さん達は強くて明るく、何故そんなに前向きでいられるのかと不思議になる程。

是非多くの人に観てもらいたい映画でした。上映してくれる場所を募集しているようですので、上映映画を選べる機会をお持ちの方はいかがでしょうか?知識が身に着くだけでなく、人に対する思いやりも育める内容だと思います。

2017年9月17日 (日)

映画『コロンバス』

霧に覆われている日曜日のニューヨーク。本日の予報は晴れ時々曇り。今は晴れそうもないように感じてしまいますが、最高気温が27℃まで上がるのを見ると昨日の様な気候になるのでしょうか。今日も湿度が高めみたいなので、汗ばむ陽気になりそうです。

今日はハリケーン・ホゼの影響で海が荒れるので海岸には近づかないよう注意が促されています。毎回ハリケーンが近付くとサーフィンに繰り出す人達がいますが、先日それで若い男性が行方不明になったばかり。今回は無謀な事をする人達がいないように祈るばかりです。

ハドソン川沿いに新たなビルが建ちまくっていますが、57丁目に完成したピラミッド型の目を惹くビルの下に8スクリーンある新たな映画館がオープンしました。なんでも座り心地の良い椅子とバーがある最新の映画館なのだとか。映画館が見たくてショーをチェックしましたが、あまり惹かれず。でも近いうちに何か観に行けると良いな・・と思います。
*************************************************************
さて、今回は現在公開している映画『コロンバス』(Columbus)の感想です。
011
ベッドバグ(トコジラミ)が問題になってからすっかり映画館から足が遠のいてしまった私。腰の調子がすこぶる悪かったこともあり、ここ数年全く映画を見ていませんでした。映画を見るといったら飛行機の中くらい。家でもカウチがないので、床に座って映画を見ていると腰が痛くて堪らなくなるので、結局見なくなっていました。

そんな私ですが、ボランティア仲間2人が別々にこの映画を推薦してくれたのと、丁度腰の調子が良い時が重なったため、久方ぶりに映画館に足を運びました。調べてみると上映しているのがウエストヴィレッジにあるIFCセンターのみみたいだったので、チケットを予約。
003
もう既に上映期間の終わりに近づいているのか、IFCセンターの中でも特に小さい、30人も入れば一杯になってしまう小さな劇場での上映でした。それでも小さな劇場は満席になりました(途中で飽きたのか退席していた人がいましたが)。

監督はこの映画が長編映画デビュー作であるKogonaga氏。今まではビデオエッセイニストや映像エディターとして活躍してきた方みたいです。私に勧めてくれたボランティア仲間達は彼が日本人だと思っていたので私もそう思って映画を観ましたが、映画の主人公は韓国系アメリカ人という設定。帰宅して調べてみると、Kogonaga氏も中西部で育った韓国系アメリカ人だとか。
004
今まではご自身の情報を出さずに活動されていたものの、映画の監督ともなるとそうもいかず初めて表舞台に出てきたみたい。Kogonadaという芸名(ペンネーム?なんていうのでしょう?)については、監督が尊敬する小津安二郎監督の脚本家を務めた野田高梧氏の名前をもじったという事らしいです(今朝聞いたポットキャストでそう仰っていました)。

ボランティア仲間が私がきっと気に入ると考えた理由は、私が近代建築やモダンアートに興味があると思っているから。確かに全く知識はありませんし、全然美術館とかに足も運びませんが、興味はありますし。きっと仰らなかったものの、同じ日本人だから興味があるのでは?と考えたのではと推察します。
010
2時間弱の映画を観た感想は、一言では言い難い余韻を残す素晴らしい作品だというもの。批評では「小津監督の『東京物語』を彷彿とさせる」という意見が見られますが、私は観たことがないので解りません。ただ、ハリウッド的な作りではない、盛り上がりやアクションに欠ける淡々とした映画で、夫も私も非常に気に入りました。

別にクライマックスが無いからと言って、感情が動かない訳ではありません。それどころか、ずっと心の何処かが痛いような、悲しいような、空しいような、怒り出したいような、何とも言えない重い気分に襲われ続けます。でも、わざとらしい、ここで泣いてください!みたいな音楽も台詞回しもないので、泣きたいのに泣けないような状態で見終りました。そんな所も、日常に似ています。実生活では、なかなか泣けませんからね・・・。
006
でも脚本や映像のこま割や撮影手法が凝っていて素晴らしいというのは勿論あるものの、私がこの映画をいたく気に入った主な理由は、建築の使い方でした。本当の主人公は主演の男女ではなく(いや彼らの演技は素晴らしかったですし、主演の女の子はとても説得力があると思ったのですが)、近代建築だといっても過言ではない存在感を放っていました。

大体インディアナ州のコロンバスという町自体、存在を知りませんでしたし。ましてやそんな片田舎(失礼!)に、これほどまで素晴らしい近代建築物群があるなんて。建築物が有する人を癒す効果が映画の鍵として使われていることもあり、建物を今までと違った角度から見たり感じたりするきっかけに成り得る映画だと感じました。
008
出てくる街並みや建物があまりにも素敵なので、コロンバスに旅行に行きたくなりました。監督は元々近代建築やモダンアートに興味があり、ニューヨークタイムズ紙が掲載したアメリカの近代建築が楽しめる都市ベスト10にコロンバスが入っていた事に驚き。初めてその存在を知り、興味を持ったと語ってらっしゃいましたが、この映画がきっかけでコロンバスを訪れる人が増えるのではないかと想像します。

私は心に響く素敵な映画を観た後は暫く映画の世界から帰ってこれなくなってしまうのですが。この映画を観た後も、家に帰り着く道すがら夫を放ったらかして黙り込みがちに。確かに人に薦めたくなる、作品でした。ご覧になっていない方は是非。
009

2016年2月28日 (日)

映画『シラノ・ド・ベルジュラック』

快晴の土曜日のニューヨーク。今日は1日晴れて、最高気温は6℃。最低気温も2℃と、冬らしくも過ごし易い1日になりそうです。

今朝WEBマガジンの『Gothamist』を読んでいたら、生まれながらのニューヨーカーに質問しよう!コーナー(Ask A Native New Yorker)に「地下鉄の駅でベビーカーを持って困っている親が居たら手を貸すべきですか?」という質問が寄せられていました。質問者は「助けてあげるべきだと思う反面、自分は子供がいないのでベビーカーの構造がよく解っておらず。何かの拍子にベビーカーが閉じたりして子供に怪我をさせたり、子供を階段に投げ出したりしてしまうのでは?と思うと怖くて二の足を踏んでしまいます。またニューヨークの多くの地下鉄駅にはエレベーターもエスカレーターも無いことを十分理解した上で親御さんだって子供を連れて移動している筈。であるならば、手助けしなくてもいいのでは?とも考えてしまう」というお悩みを抱えていました。

回答はシンプルで、「いつでも何かお手伝いしましょうか?と声を掛けましょう。でも断られることもよくあるので、気にしないこと」というもの。実際、乗り物酔いが酷いし、お金も勿体ないし、マンハッタンは散歩が楽しい土地なので、地下鉄を利用する機会が極端に少ない私でも、ちょくちょく階段の下でガサゴソしているベビーカーの親御さんと遭遇します。ニューヨークの地下鉄駅は、本当にエレベーターやエスカレーターが少ないのです。

その際、先ず片親か両親揃っているかを確認し。ご両親が揃っていれば声を掛けません。片親の場合、様子を見て声を掛けるようにしています。大抵の場合、「大丈夫です。1人で登れます」と手助けを断られます。しかし「ありがとうございます。手を貸していただけますか?」と言われた場合でも、殆どの場合はその会話を聞いていた近くを通り掛った男性が代わりに荷物を運んでくれました。

そんな訳で、6年間住んで実際にベビーカーを運んで階段を登った/降りたのは2回だけです。親御さんが男性のみの場合はほぼ100%断られましたし。女性も多くの場合は一人で何とかできると断ります。まぁ、実際一人で何とかできなければ周りに誰も居ない時困るので、何とかできる範囲の荷物で移動されているのでしょう。

でも実際手助けしようとすると、殆どの場合近くの男性が「私がやりますよ」と言ってくれるのが、腰が悪くて中腰での作業が全く向かない私には心底有難く。普段はあまりレディー・ファースト文化を嬉しく思っていないのですが、身体的な部分では違いがある事は否めない訳で。肉体的に弱い部分で騎士道精神を発揮してもらうのは有難いものだと痛感しています。

『Gothamist』の記事では、実際にお子さん連れで地下鉄で移動しなければならない親御さんに向けてのアドバイスも載せられていますので、参考までにご一読されてはいかがでしょうか。
********************************************************
さて、今回は先日鑑賞した映画『シラノ・ド・ベルジュラック』(Cyrano de Bergerac)の感想です。
008
映画は好きなものの全然通でもなければ、知識もない私。この1990年に映画化され数多の賞を取った有名らしい映画も知りませんでした。それを言うならば、原作であるエドモン・ロスタン作の五幕の韻文戯曲も全く知識がありませんでした。

毎週火曜日にFrench Institute Alliance Française (FIAF)で上映されるフランス映画/フランス人監督による映画を、フランス語に触れる為とフランス語圏の文化を学ぶためになるべく鑑賞するようにしているものの。それだけでなく、今週の『シラノ・ド・ベルジュラック』は特に観たいと楽しみにしていました。
019
その理由は、以前お世話になっていた先生が私がきっと好きであろうと勧めてくださった映画だったため。いつか観たいと思い続けていたのですが、無制限に映画を観て自堕落な生活をしてしまいそうで怖いし、お金も勿体ないのでNetflixに入っていない状態では観る目途も立たず。半ば諦めていたところでの上映だったのです。

映画は17世紀フランスに実在した剣豪作家、シラノ・ド・ベルジュラックの恋の物語。シラノは類を見ない剣豪であるにも関わらず、とてもロマンチストで言葉が巧み。美しい詩文を生み出していましたが、驚くほど鼻が大きく自分の醜さを非常にコンプレックスに思っていたという設定になっています。
022
彼は従妹のロクサーヌに恋をしているのですが、ロクサーヌから自身の部隊にいる剣士に恋をしていると打ち明けられてしまいます。ロクサーヌが恋する剣士、クリスチャンはとってもハンサム。彼もまた劇場で見掛けたロクサーヌに一目ぼれしていたのですが、彼は朴訥なタイプで口下手。洗練され教養高いロクサーヌが望むように恋を囁くことなどできません。

そこでシラノが一肌脱ぎ、愛するロクサーヌが幸せになるためにクリスチャンの恋文の代筆を始めます。ロクサーヌは、美しく情熱的な恋文にメロメロ。言い寄る伯爵等を退け、クリスチャンとの結婚式を強行突破して結ばれてしまいます。
046
それに激怒した伯爵は、シラノの部隊を激戦地に送り込み。クリスチャンは差し入れに訪れていたロクサーヌの腕の中で戦死してしまいます。死に際、クリスチャンは「ロクサーヌは僕の心のみを愛していると誓った。どんなに醜くとも、僕の魂を愛しているって。それはすなわち、彼女はシラノを愛しているという事だ。彼女は僕を愛してなんかいない。」と言い残し、絶望の内に命を落とし。

シラノはシラノで、勇気を出しさえすれば。自分の溢れんばかりの恋心を真っ向面からロクサーヌに伝えていれば、どんなに醜い自分でも高潔な魂を持ったロクサーヌは自分を愛してくれたのかもという可能性に気付きながら。結局はその勇気を持てなかった自分だからこそ、愛されなかったのだという苦い現実を受け入れ。死してもなお、唯一の愛すべき伴侶としてクリスチャンを修道院で想いつづけるロクサーヌを見守り続ける。そんな美しくも悲しい物語でした。
045
筋書だけ聞くと、いかにも遠い昔に書かれた戯曲っぽいのですが。全編にちりばめられた詩がとても美しく、主演男優であるジェラール・ドパルデュー氏の好演と相まってとても楽しめました。もしもフランス語が理解できたらその美しさを堪能できたろうにと、流れるような台詞の音を聞くだけでも分かり、その点は少し残念でしたが。

映画鑑賞後、「この映画を観るのは2回目だけれど、観てから随分と時間が経ってるから初めて観たように感動したわ。」、「私もよ。以前観た時に凄く感動したのを覚えていたので、今日観るのを楽しみにしていたのだけれど、期待を裏切らない映画よね。詩の美しさったら!」、「他の映画化も観たけれど、私はこっちの新しいバージョンの方が好きなの。」とか口々に言い合ってる方がいらっしゃって、人気の映画だったことが伺えました。
005
とても素敵な映画なので、機会があれば是非。

2016年2月 3日 (水)

映画『スパニッシュ・アパートメント』

グラウンドホッグデー(Groundhog Day)の火曜日のニューヨーク。昨日よりは寒いですが、それでも最高気温は11℃まで上がる予報で、1日晴れ。過ごし易い日になりそうです。

今朝スタテンアイランドのグラウンドホッグのチャック君が占ったところによると、今年は早く春が来るそうです。フィラデルフィアに居る有名なグラウンドホッグのフィル君も早い春を予想したそうで、今年はこのまま暖かくなるのかな?とちょっと期待しちゃいます。

昨日は初めての大統領予備選がアイオワ州で行われたので、今朝はそのニュースでもちきりです。共和党はテッド・クルーズ氏が、民主党はヒラリー・クリントン氏が其々僅差で辛くも勝利を収めたとのこと。でも両者ともに三つ巴の様相を呈しているようで、まだまだ予断を許しません。3月頃には前ニューヨーク市長のブルームバーグ氏も立候補するという噂が流れていますし、どうなることやら。個人的にはドナルド・トランプ候補が敗れてくれて、一先ずほっとしています。
*******************************************************
さて、今回はDVDで鑑賞したフランス・スペイン映画『スパニッシュ・アパートメント』(原題:L'Auberge Espagnole、英題:The Spanish Apartment)の感想です。
007
この映画は聞いていたポッドキャストで勧められていたので興味を持ちました。特に興味を持ったのが『エラスムス計画』(The Erasmus Programme (European Region Action Scheme for the Mobility of University Students)。

エラスムスは、1987年に開始されたEU域内の高等教育機関の活性化や質の向上を目指したプログラム。でもこの映画が題材としているのは、EU域内であれば自由に単位を持ち帰ることができる留学制度の部分。EU域内であればどこの国の大学でも試験に受かりさえすれば行くことが可能なため、色んな国の生徒が大学に集う事になる様子をよく表わしている、という紹介がされていたので興味を持ったのです。
007_2
主人公はフランス人の経済学を専攻している大学院生であるグザヴィエ。彼はモラトリアム真っただ中で、親の期待が非常に重く感じている様子で。将来コネで入社しようと目論んでいるポジションを得るにはスペイン語の習得とスペインの経済情勢に強くなることが求められると言われ、それらの要件を満たすという目的半分。ここではない何処かに行って職を得て働くという現実から逃げたいという気持半分といった体でバルセロナの大学に1年留学することに決めます。

そこでエラスムスに申し込もうと各種手続きを取るのですが、色んな部署をたらいまわしにされた挙句に最初の部署に戻るというシーンが盛り込まれており、フランスでもお役所仕事は非効率的で、ユーザーフレンドリーではなく、融通が利かない感じが笑えます。
004
諸々の手続きを終え、恋人と最後の甘い時を過ごして、単身バルセロナに飛ぶグザヴィエ君。ある程度はスペイン語ができる上に、ご両親の知り合いの家に滞在させて貰う筈が、その知り合いには話が通っておらずいきなり路頭に迷い。仕方なく、空港で知り合ったフランス人ご夫婦の家に居候しながらアパートを探し。

自分の予算で滞在できるアパートを探し求めて、やっと見つけたのが表題になっている学生が折り重なるようにルームシェアしているアパートです。このアパートは家族向けのアパートの部屋に、物置部屋やリビングの一角にまでも男女が住んで家賃を浮かせている状態。勿論違法で、大家さんから再三立ち退きを要請されている、とんでもないアパートです。
014
そしてその住人達は国際色豊か。1人の女性はスペイン人ですが、他のルームメイトは全てエラスムスを利用して留学している外国人。イギリス人の女性、イタリア人の男性、デンマーク人の男性、ドイツ人の男性およびベルギー人の女性が確か居て、そこにフランス人のグザヴィエ君が加わった訳です。

皆さん母国語が違うので、結局共通言語である英語かスペイン語でコミュニケーションを図り。大学に行けば、バルセロナがあるのはカタルーニャ地方なので公式言語はカタルーニャ語であるとして、大学教授が頑なにカタルーニャ語で授業をして、スペイン語しか習得していない多くの留学生が弱り切って教授に物申していたり。其々の家族から電話が掛ってくると、電話の脇に置かれている各国語のフレーズを読みながら一生懸命フランス語とかで「彼は居ません」と言っていたり。兎に角、なんでもない日常が興味深くてとても面白く鑑賞しました。
051
また育った環境も母国語も全然違う若者が集まって、どんな風にパーティーして、どんな風に衝突して、どんな風に仲直りするのか、もなんだか楽しく。こんな学生時代を送れたら、大変だけどどんなにか楽しいだろう、と何となくセンチメンタルな気分になったりも。

脚本が良く出来ているとか、素晴らしい演技とかいう訳ではないと思うのですが。ヨーロッパの雰囲気が感じられ、EU域内であれば人材の交流が活発で、お互いを手探りで理解し絆を深めていく若者の姿が印象的。国の概念が少し違うように感じられるヨーロッパに住む人々の現実を垣間見れるという意味で、とても楽しめた映画でした。
052
とは言え、この映画は2002年の作品。14年が経ち、難民や移民が押し寄せている今とは状況が大きく異なるとは思います。が、理想とするところが垣間見れる作品だと感じました。

2015年10月24日 (土)

映画『シェフと素顔と、おいしい時間』

朝は晴れている土曜日のニューヨーク。ですが時間が経つにつれて雲が出てくる予報です。とは言え雨は降らないそうなので、最高気温が13℃というひんやりした1日に向けて寒さ対策だけすれば良さそうです。

火曜日に巡回中の警察官が何者かに撃たれて死亡する事件が起き、今週はその話題が多くニュースで取り上げられていました。昨日立ち入り禁止のテープも解かれ事件現場は通常の状態に戻ったそうですが、元々治安が悪い地域だっただけに住人は不安を隠しきれないとの事。事件が起きたのは1番街と102丁目にあるアパートですが、イーストハーレム(スパニッシュ・ハーレム)は確かに治安が悪いという印象があります。何度も書くようですが、銃規制が何故進まないのかが理解できません。

アリゾナまで到達したアメリカ横断中の友達カップルが、たまたまセドナを訪れたブルックリンに住む友達と昨日合流して記念写真を撮影。その写真をフェイスブックにアップしてました。前日にセドナに到着した際にアップされた写真を見て、翌日当地を訪れる予定の友達がコンタクトを取り合流が実現した訳です。

先日たまたまSoHoで映像作家でVine動画を制作する会社を興している知人とばったりと会い立ち話をした際に、3か月毎移り住んでいる友達カップルが近々西海岸に移る予定であることを話したばかり。その際に彼も会いたいと言っていたので、アリゾナ州セドナで再開を果たしている写真を見て嬉しく思いました。フェイスブックって便利なんだな、とそこかしこで友人・知人と会う約束をしている彼女達を見ると感じます。
***********************************************
さて、今回はDVDで鑑賞したフランス映画『シェフと素顔と、おいしい時間』(英題:Jet Lag 仏題: Décalage Horaire)の感想です。
011
無事体調も落ち着いてきて秋から学校に戻った事ですし、またなるべく映画を観るように努力する生活に戻りました。前よりゆっくり進むコースにしたり、また最近ずっと風邪をひいたりで前ほど真面目に勉強できていませんが…。まぁ、焦らず続けることが大事だよねということで、DVDを借りてきて夫と週末のんびりと鑑賞しました。

この映画は短いラブコメなので借りただけで、何の前情報も知らず。ストーリーだけ読んで簡単な会話が多いのかな?という期待の下に観ただけなので、主演がジュリエット・ビノシュ氏とジャン・レノ氏であることも全然知りませんでした。
013
そのため物語の中盤、厚い化粧を落とした主人公の女性が部屋に入ってくるシーンで初めてビノシュさんだと気付いて驚きました。その位印象が全然違います。そしてジャン・レノさんに関しては、このブログを書くためにウィキペディアを読むまで気付いていませんでした。長い髪で無精髭を生やし、情けなさ全開で演じている姿は今までの印象を大きく裏切るものでした。でもそれは違う見方をすれば、2人とも非常に役になり切っていたともいえる訳で。何処からどう見ても、人生に打ちのめされた、アンハッピーな、でも気は優しい人でした。

物語は全編たったの2日間。パリのシャルル・ド・ゴール空港でストライキにより足止めを食らった多くの人に混じって2人がたまたま居て。ビノシュ演じるローズが電話中に携帯電話をトイレに流して困っている所に、たまたまアメリカ在住の元シェフであり現在は冷凍食品会社を経営するレノ演じるフェリックスが携帯片手に通り掛り。ローカルコールなので電話を使わせてと頼むところから物語はスタート。
012
結局全てのフライトがキャンセルされ、人々は空港に足止めされることに。ファーストクラスの乗客であるフェリックスは空港内のヒルトンホテルに案内されますが、ローズは空港内のベンチに横になって寝る体制。それを看過できず、フェリックスは自分の部屋にローズを誘います。

そこから手探りでお互いの事を知り、頻繁にかかってくる電話での会話や、ローズが元彼と空港で口論していたのをフェリックスがたまたま止める形になったことから、2人はお互いの事情を何となく理解していき。ローズが長年同居していた男性から逃げてアカプリコに移住する予定である事、そしてフェリックスが別れを切り出された恋人に追いすがっている事をお互いに攻撃し合い。
020
結局もの別れになってローズが部屋を出て行こうとタクシーに乗り込んだところで、フェリックスが追いすがってきて、2人でホテルの厨房でフェリックスが作った料理に舌鼓を打ちながら腹を割って話をします。そして紆余曲折を経て、服を着たまま寄り添って眠りに落ちるような仲となります。でも翌日、2人は何もなかったかのごとく別れ。ローズはアカプリコに辿り着き…。というお話。

たった2日のお話ですし、登場人物もほぼほぼ主人公の2人だけ。舞台もほぼ空港と隣接するホテルだけ。あまりハリウッド映画では見られない設定な気がしますが、日本人にはしっくりくるものが。なんてことない内容ですが、会話が面白く、役者が好演しているので最後まで楽しく鑑賞できました。とても短いですし。
004
個人的には2人が自暴自棄になっていた時期であるとしても、自分の人生設計を変更する位惹かれ合うようになる過程が今一つ腑に落ちず。まぁ、私は夫についてニューヨークに来ることにも抵抗を感じた位、自分の予定を人の為に変えるのが嫌いな性質なので余計にそう思うのかもしれませんが。軽いラブコメとして楽しんで見れたものの、現実味は全く感じなかったというのが本音です。

疲れた週末に夫と家でのんびりDVDで観る分には2人で「面白かったね」と言い合えましたが、わざわざ劇場に足を運んで1,800円とか払っていたらちょっと脱力したかもしれません。またフランス語が早口で難しく、全然聞き取れませんでした。まぁ、それは私が勉強をサボってばかりで耳が慣れていないだけかもしれません。
006
酸いも甘いも知った大人になってから見た方が楽しめる映画だと思います。

2015年7月23日 (木)

フランス映画『五月のミル』

雲一つない快晴の水曜日のニューヨーク。今日は最高気温は約29℃。湿度も低めで雨の心配もなく、気持ち良い1日になりそうです。

今晩10時にJFKで、明日の午後6時にラガーディアで、其々デルタ空港の職員が一斉にストライキに入るそうです。セキュリティーや荷物を取り扱う人達約1,000人がストライキをするそうなので、デルタで移動予定の方は事前に確認を取った方が良さそうです。
***********************************************
さて、今回は昨日観た映画『五月のミル』(原題:Milou en mai、英題:May Fools)の感想です。
012
以前も書きましたが、60丁目にあるフランス語圏の文化を紹介する団体『French Institute Alliance Française』に併設されている劇場『Florence Gould Hall』では、毎週火曜日の午後4時と午後7時半の2回、映画が上映されています。FIAFのメンバーであれば無料で観ることが可能ですが、そうでなくともチケットを購入すれば普通の劇場と同じように映画が鑑賞できます。

8月から9月の頭にかけて夏休みで映画の上映が一時中断されるそうなので、来週がシーズン最後の上映となります。今月はルイ・マル(Louis Malle)監督作品の特集が組まれています。
003
昨日の上演作品は、1990年のフランス映画である『五月のミル』。1968年に起きたフランスの五月革命の最中にプロヴァンスのジェール県という片田舎で起こる人間模様を約4日に渡って描いている作品です。

たった4日間で、舞台もほぼ映画の冒頭で亡くなるヴューザック家夫人の邸宅とその周辺に限定されており、人間模様が濃密に描かれています。故人の亡骸の前で相続争いを繰り広げたり、邸宅を残すかどうかで揉めたり、故人の持ち物を他の人が到着する前に盗んだり、配偶者や恋人の目の前で他の人と親密になったり、かと思えば飲めや歌えや踊れやのりたい放題。
001
閉鎖空間の中での濃密な時間に加えて、1968年の5月革命の様子がユーモアを交えて描かれてもいて、世界中の学生運動の引き金となった5月革命を知らなかった私には非常に興味深く感じられました。

博愛主義で性に大らかなヒッピームーブメントもフランスが発祥だったのが感じられますし、その頃の社会主義・スターリン主義・毛沢東主義に感化された学生の熱意や、自由と平等を謳いながらその実それを口実に働くことを拒否する愉悦を覚えたように見える労働者の様子が、皮肉とユーモアを交えて描かれていてとても面白かったです。
014
会場からは絶えず笑いが起きていましたが、それだけに終わらず他国の歴史や文化を楽しみながら学べる良作だと感じました。機会がありましたら、お勧めしたい映画でした。

毎週火曜日のシネサロンのご案内はこちら

2015年6月14日 (日)

映画『It's Easier for a Camel...』

夜には雨が降る予報ですが、日中は少し雲が多くなる位で済みそうな日曜日のニューヨーク。最高気温は27℃の予報です。

昨日はいつにも増して町が賑やかだった気がしますが、ヒラリー・クリントン氏がルーズベルト・アイランドでスピーチを行い、サポーターが集結したのも一役買っていたのでしょうか。これから彼女がニューヨークに来る機会も増えそうです。

フランスで、結婚式で撃たれた祝砲で女性が死亡した事故がニュースになっていましたが、ニューヨークの歴史あるホテル『ザ・ウォルドーフ=アストリア』(Waldorf Astoria)のロビーで結婚式のゲストとして訪れた男性の所持する拳銃(ショットガンという情報もあり)が暴発。ロビーの床に当たり、近くに居た4人の人が割れた大理石やガラスの破片が刺さって怪我をしたそうです。まったくー。結婚式に出席するのに銃を持ち込むなんて。

在ニューヨーク日本国総領事館からお知らせメールが届きました。私は携帯電話を所持していないので登録できませんが、お持ちの方は登録されると安心そうです。
************************************************

2015年6月12日
在留邦人の皆様
旅行中の皆様
               在ニューヨーク日本国総領事館

外務省は,緊急事態発生時に在留邦人や日本人短期渡航者への情報提供を迅速に行うことを目的として,従来の情報提供・安否確認手段に加え,「一斉通報・安否確認のためのショートメッセージサービス(SMS)」を開始しました。このサービスの対象国・地域は,在留邦人が比較的多い米国を始め,インドネシア,オーストラリア,韓国,シンガポール,タイ,中国(香港を含む),フィリピン,ベトナム,マレーシア,台湾です。

米国においては,ベライゾン(Verizon)社の制限規定により,同社携帯電話は本サービスの対象外となることもあり,現在は一斉通報機能のみの運用となります(将来的には安否確認機能を備えるべく,今後,システム全体の改善等に取り組んでまいります。)。

このサービスは,SMSを利用することにより,緊急事態発生時には,短時間に多くの皆様に情報提供できるようになりました。当館では,これまでの緊急メールや当館ホームページ,ツイッターでの情報提供に加え,このSMSも活用して情報提供してまいります。

このサービスは,在留届を提出した方,または「たびレジ」へ登録した方が対象となります。また,それぞれを提出・登録している場合でも,携帯電話番号を正確に届け出ていただく必要があります。つきましては,在留届電子届出システム(ORRnet)及び外務省海外旅行登録「たびレジ」で届出・登録された方は,以下のURLからご自身の携帯電話番号の登録が間違いないかご確認ください。

※在留届電子届出システム(ORRnet): http://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/
※外務省海外旅行登録「たびレジ」 : http://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/

また,当館窓口などに書面にて在留届をご提出いただいた方は,オンラインでの登録状況確認はできませんので,本メールへの返信(zairyu@ny.mofa.go.jp)で携帯電話番号をお知らせいただくか,以下のURLから変更届の様式をダウンロードし,携帯電話番号を記入の上,FAX送信,郵送,または,当館窓口にご提出ください。

※変更届様式(当館HP): http://www.ny.us.emb-japan.go.jp/jp/b/henkou.pdf (PDF形式)
              http://www.ny.us.emb-japan.go.jp/jp/b/henkou.html (HTML形式)
※宛先及び照会先: Consulate-General of Japan
          Consular Section(在留届係)
          299 Park Avenue, New York, NY 10171
          Tel: 212-888-0889
          Fax: 212-755-2851

このサービスの詳細については,以下の外務省海外安全ホームページをご覧ください。
※運用開始について: http://www.anzen.mofa.go.jp/c_info/pdf/sms_kh.pdf
※よくあるご質問 : http://www.anzen.mofa.go.jp/c_info/pdf/sms_qa.pdf

******************************************************************
■本お知らせは,緊急時における情報提供に関する重要なお知らせのため,在留届への電子アドレス登録者,「緊急メール/総領事館からのお知らせ」登録者,外務省海外旅行登録「たびレジ」登録者に配信しています(本お知らせに関しては,配信停止を承れませんのでご了承願います。)。
■本お知らせは,ご本人にとどまらず,家族内,組織内で共有いただくとともにお知り合いの方にもお伝えいただきますようご協力のほどよろしくお願いいたします。
■在留届,帰国・転出等の届出を励行願います。
緊急時の安否確認を当館から行うために必要です。
以下のURLから所定の用紙をダウンロード後,FAXで(212)755-2851までご送付ください。
 http://www.ny.us.emb-japan.go.jp/jp/b/02.html

******************************************************
さて、今回はDVD『It's Easier for a Camel...』(原題:Il est plus facile pour un chameau...、邦題:ラクダと針の穴)の感想です。
001
この映画は2003年に公開されたフランスのコメディー映画です。監督はヴァレリア・ブルーニ・テデスキ(Valeria Bruni Tedeschi)氏。監督の妹さんは、ニコラ・サルコジ仏大統領夫人のカーラ・ブルーニ氏なのだそう。

イタリアのトリノ生まれでフランスで育ったという監督の生い立ちを反映させたかのような映画の内容。監督自身が主演をしていて、勿論魅力的なのですが、美人でスタイルが良くて隅から隅までピカピカという感じではないのが等身大な女性っぽくて共感ができます。これはハリウッド映画に比べてフランス映画全般に言える気がします。

主人公のフェデリカはお金持ち過ぎてイタリアに居る際に誘拐されたことがあり。ご両親が子供の安全を確保するために、フランスに移り住んだという設定。フランスでも仕事をせずに優雅に暮らしており、長男は世界中を旅する生活。末娘は精神的に不安定で、精神科医に通い詰める日々。
051
フェデリカは自身がお金持ちであることにコンプレックスというか負い目の様なものを感じており。付き合っている彼は苦労して育った男性で、ブルジョワの彼女を事あるごとに責めます。彼女は脚本家として自身を養えるだけのお金を稼ごうと日々作品を書き続けますが、結局色んな人に金持ちの道楽・暇つぶしの様に扱われて傷つき続けます。

それで自分を肯定してくれる男性と浮気をしてみたり、教会の懺悔に通い詰めてみたり。夜ベッドで眠る彼を起こさないように、窓を開けて声を殺して泣くような苦しい生活を続けます。
005
そこにお金の為だけにお父さんと結婚し、ずーっと不倫というか結婚の外に本当の愛を持っていたお母さん。そのお母さんの不貞に気付きながら、自身の末娘がその不倫相手の子供ではないかと疑い心からの愛情を注げず苦しむお父さん。お金持ち過ぎて我武者羅に頑張れず、精神を病んでいる3人の子供達の家族関係が絡んできて、なかなか気が重い内容でした。

コメディーといってもお腹を抱えて笑うのではなく、乾いたふっとした笑いが漏れるようなダークな内容。最後にずっと入院していたお父さんは亡くなってしまいますし、誰も新しい人生を切り拓いたりしませんが、それでも何故か希望が持てると感じたエンディングでした。不思議な映画です。
012_2
凄く良くもなかったですし、映画館で観たら怒りそうでしたが、DVDで観る分にはまぁOKな内容でした。フランス語とイタリア語が両方解る方がいたら、とっても勉強になりそうでした。

2015年4月24日 (金)

映画『ずっとあなたを愛してる』

急に涼しくなった木曜日のニューヨーク。今日からニューヨークで働いている友人は、フロリダでのタンクトップ生活とのギャップに文句たらたら。でも、綺麗な春の花が見れる事にはご満悦の様子です。

来週(2015年5月1日(金))とうとう新しいホイットニー美術館がオープンします。新たなホイットニーはハイラインの南端、ガンズボールト通りに面しており、美術館からハドソン川やハイラインの景色を臨める造りになっています。

ホイットニーは、大好きなオキーフ作品が一番多く展示されていましたし、興味深い展示も多かったのですが、遠いし高いし混んでるしでなかなか訪れる機会を作れなった美術館。でも、今回のロケーションは大好きなハイラインの脇にあるので、週末等に散歩がてら訪れやすくなったので楽しみです。

でも、これでミートパッキング地区がもっと高級志向に変わっていきそうですね。
******************************************
さて、今回もDVDで鑑賞したフランス映画『ずっとあなたを愛してる』(英題:I've Loved You So Long、原題:Il y a longtemps que je t'aime)の感想です。
003
最近体調がどうにも悪く勉強ができないので、せめてもと観る映画の量を増やしました。この映画はスタッフお勧めサインが付いていたので興味を惹かれて観ました。

2008年のフランス映画ですが、主演はイギリス人のクリスティン・スコット・トーマス(Kristin Scott Thomas)氏です。今回初めて知りましたが、彼女は19歳でフランスに移り住んだため、フランス語が堪能。フランス人医師と結婚して3児を儲けたそうです。どうりでペラペラ話していると思いました。でも、映画の中ではイギリス人とのハーフなので、フランス語に英語訛りがあると言われています(が、よく分かりませんでした)。

物語の舞台はフランスの学園都市ナンシー( Nancy)。空港で姉であるジュリエットと妹であるレアが久しぶりに再会するシーンから始まります。殆ど会話がなく、ぎこちない2人。物語が進むにつれ、何故2人が長い間顔を合わせていなかったのかが、徐々に分かってきます。
010
ジュリエットが15年間服役していた事。刑務所を出て行く所がなかったので、妹であるレアが夫と2人のベトナムから引き取った養女、そしてろうあ者である夫の父親とで暮らす家に招いた事。ジュリエットが犯した罪は殺人だった事。そして殺したのは自身の6歳の息子だった事。

ジュリエットが犯した罪に関わらず、レアは姉を愛し、気にし続けていたと言います。母親が姉との一切の関わりを禁じた為に面会に行けなかったけれど、面会を望んでいた事。姉の事を考えない日は無かった事。その証拠に毎日つけていた日記の最初の一言はジュリエットの名前だったこと。

でも、ジュリエットはなかなか妹をはじめとする人々に心を開くことができません。唯一心情を吐露できるのは、全く喋れないおじいさんの部屋でのみ。その理由を長い間刑務所で過ごしていたからだろうと考えていたのですが、最後の最後に医師であり母親であったジュリエットの最大の秘密が明らかになり、全ての謎が解かれます。
018
そのシーンが悲痛に満ちていて、それまで比較的静かなシーンの多い映画にあって感情が爆発して叫びまくるのでインパクトが大きく。一人で観ていたのですが、泣き過ぎて呼吸困難になってしまうかと思う位、涙が出て止まりませんでした。

ラストには、幸せそうに笑うジュリエットの姿がありますので救いがあります。人生の容赦の無さ、世間の無理解や偏見、人々の抱える孤独がこれでもかと描かれている割には、観終わった後温かい心持になりました。痛みを理解しようと努力する心優しい大人と、純真な子供達の存在のお蔭かもしれません。

2015年4月22日 (水)

映画『Love Is in the Air』

朝は晴れている水曜日のニューヨーク。これから所により雷雨になるそうなので、準備をお忘れなく。

昨日イーストハーレムでバスに発砲される事件が起こりました。幸い怪我人はでなかったようですが、怖いですね…。そしてブルックリンでも2件の発砲事件が起こり、死傷者が出たとの事。安全になったとはいえ、ここはニューヨーク。今週末は方々に出掛ける予定なので、気を引き締めて行動します。

今日フロリダに移り住んだ友人カップルがニューヨークにやってきます。そして明日、ウィーンに移り住んだ友人カップルがニューヨークを訪れます。今週末は久しぶりに友達と集まれるので楽しくなりそう。体調がもって参加できるように祈るばかりです。
*******************************************
さて、今回はDVDで鑑賞したフランス映画『Love Is in the Air』(邦題:ラヴ・イズ・イン・ジ・エアー、原題:Ma vie en l'air ←このタイトルを直訳するとMy Life in the airの様な気がするのですが、グーグル翻訳をかけてもLove is in the airと訳されます。何故なのでしょうか?フランス語は難しいです・・・)の感想です。
002
相変わらず体調がイマイチなので、気楽に見られそうな映画を…という事で選んだラブコメ。2005年のフランス映画で、この作品が初長編だというレミ・ブザンソン(Rémi Bezançon)氏が監督・脚本を担当しています。

主人公はフランスの郊外に住んでいると思われる30代のヤン。航空会社でパイロットの養成をする試験官をしています。でも、彼は極度のフライト恐怖症。なんでも母親がフライト中に急に産気付き、彼を空の上で産み落とした際に命を落とした事がトラウマとなってしまったそう。でも、空の上で生まれた彼に、航空会社はいつでも無料で飛行機に乗れる権利をプレゼントしたため、彼さえ望めばいつでも気軽に空の旅を楽しめる境遇です。
001
彼には小学校からの腐れ縁の悪友リュドが居て、アパートになし崩しで居候されています。リュドは酒癖は悪いし、実家の葬儀屋を継ぐのが嫌で治験の検体になって小銭を稼ぐ日々を送っているし、パーティーに出掛ければ例外なく拳の喧嘩を始めるし、とできない男の代表みたい。でも、ヤンは「お前には呆れる」とぶつくさ言いつつ、楽しく生活しています。

ヤンには若い頃から信じている恋に関する信仰の様なものがあります。それは助手席にエスコートした後に、自分が車を回り込んでいる間に運転席側のロックを外してくれる女性が運命の女だ、というもの。たまたまパーティーに向かうエレベーターの中に閉じ込められた際に一緒だったシャルロットがこの条件に当てはまったので、彼女こそが運命の女と思い定めます。
004
が、彼女は3週間付き合った後、オーストラリアに旅立ってしまいます。ヤンはクリスマスを彼女と過ごすためにオーストラリア行きの飛行機に乗りますが、着陸直前に恐慌を来し飛び降りてしまいます。結果、シャルロットに振られてしまい、以降は適当に女性と関係を持っては別れることを繰り返します。

そんなヤンとダラダラと目的無く暮らすリュドが、理想ばかりを追い求めて目の前の生活に完全に向き合わない生き方から脱し、たった一人の相手と真剣に向き合い、そのために仕事にも向き合うようになる過程をコミカルに描いていました。

軽いタッチのコメディーですが、駄目な男代表のようなヤンとリュドが面白いキャラクターなので笑いながらも惹き込まれて最後まで観れました。なんとなく、『あー、こういう人、居そうかも』と思わせる人物設定なのです。
060
ヤンの過去の女性を理想化してしまうところとか、理想の生活を思い描いて満足していない現在の生活を何となく環境のせいにして逃げてしまうところとか、本当に欲しいものの為でもあと一歩の所で頑張れないところとか。女性の押しに弱くて、何となく「No」と言いそびれている内に疑問に思っている方向に流されてしまうところなんかは、夫と「あー、居そうだよね」と笑ってしまいました。全てにおいて判断が遅すぎて、色んな事が全て裏目に出るヤンのついて無さも、なんかありそうと思わされましたし。

くだらない、ヤンとリュドのうだうだとした会話がフランスっぽくて、2人が画面に出てくるたびに笑っていたように思います。そしてリュドみたいな友達がいたら頭が痛いだろうなぁと思う反面、そもそも友達って感じが良いとか、プラスになるとか、気を使ってくれるとか、付き合いやすいとかではなく、多くの欠点を知り、一緒にいるとイラつき、全くなんなんだとうざく思いながらも一緒に居る・・・というような存在だよな、と少し羨ましく感じました。
023
軽いタッチで描かれる駄目男2人の成長記。夫と2人で思いがけず気に入った作品でした。