2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

フード(テイクアウト)

2018年8月11日 (土)

MY NYC:ベーカリー編『Bien Cuit』

朝から厚い雲が垂れ込める土曜日のニューヨーク。今日は午前8時頃から午後6時辺りまで、いつ雷雨になってもおかしくないみたいです。昨晩の内に都市型洪水に対する注意報が出されていました。最高気温は27℃。1日太陽が出ないんですね、きっと。明日も午前中は雷雨になるみたいですし、生憎な天候の週末となりそうです。

昨日の午後5時頃、アッパーウエストサイドで自転車に乗っていたオーストラリア人観光客がトラックにはねられ死亡する事故が起きました。なんでも路上駐車をしていた車がよく確認をせずに車をバックさせて道路に出ようとし、バイクレーンに進入。その車を避けようと車道に飛び出した自転車を、後ろから来たトラックが撥ねてしまったとの事。そもそもバイクレーンが車道と駐車スペースの間に挟まれた構造自体に疑問の声が上がっています。が、デブラシオ市長は「何はともあれ車が発進する際には注意を怠らないように」とのこと。

つい先日もボランティア仲間と話していたら、如何にバイクレーンの構造がよろしくなくて危ないかという話題が出たばかりでした。1人はチェルシーに、もう1人はNolitaに住んでらっしゃるのですが、「このバイクレーンは事故の素」と2人ともが仰っていました。その時は、そうかな?とあまりピンときていなかったのですが、こういう事なんですね。お亡くなりになった女性は27歳と若く、折角のバケーション先でこんな事故に巻き込まれるなんてお気の毒でなりません。どんなにお金がかかっても、道の構造自体が変えられることを願います。

昨日は午後から夜にかけてぎっちり予定をこなし、皆さんにお別れをしてきました。時間を読み間違えたり、何故かシフトがキャンセルされていたりして、会えなかった方も多くて残念でしたが、約束していたわけではなかったので仕方なし。約束した人達とは、お茶したり、ディナーしたりしながら話し込めて、有意義な時間を過ごせました。今日も2名ご挨拶に行くつもりだったのですが、この荒れ模様ではシフトがキャンセルされるので会えないだろうと諦めモード。でも疲労困憊なので、丁度良かったのかもしれません。
***************************************************************
さて、今回もただ単に個人的に好きだったニューヨークを振り返るだけの内容。今回はグランドセントラル駅に入っているブルックリンのベーカリー『Bien Cuit』です。
004
このベーカリーを知ったのは去年。グランドセントラル駅でツアーガイドをすることになったボランティア仲間のトレーニングの一環として、練習でツアーを催行することになり。採点するお客さんとして呼ばれた為、ついでに一緒にツアーに乗るボランティア仲間とお茶をしました。
005
その際に、彼女が「ニューヨークで一番美味しいパン屋がある」と言い出し。連れて行ってくれたのが、マーケットプレイスにある『Bien Cuit』でした。
002
私は何故か長い間醗酵させた酵母系をお腹が受け付けないらしく、稀にパンを食べてもお腹の調子が悪くなります(納豆とかは平気なのに不思議なんですが)。ウィーンを訪れた際にもパンが非常に美味しいので毎朝食べていたら、終盤にはお腹がパンパンになってしまいましたし…。
088
そんな訳で、このベーカリーの看板商品であるらしい、長時間寝かせたコクのあるパンは体が受け付けず(美味しかったです!)。しかし、一緒に買った林檎のデニッシュが、スパイスが効いていてとても美味しく嵌ってしまいました。
111
その為、グランドセントラル駅方面に用事があると足を延ばしては色んなパンを試しました。クッキーは試した事がありませんが、菓子パンも食事パンもとても美味しく。個人的にはニューヨークで一番気に入っています。
103
去年のクリスマスケーキは、このベーカリーでブッシュ・ド・ノエルを頼みました。ケーキは普通だったかな?ここのパンと、同じマーケットで手に入るチーズやコールドミート類があれば立派な一食になって、ちょっと手抜きしても満足感があるのも有難かったです。
118

マーケットの扉を出たところに、ネズミ返しがあるのをご存知でしたが?私はこのツアーで初めて知りました。記事を書こうと思いながら機会を逸してしまいましたが、とても興味深いツアーでしたよ。お奨めします。

Bien Cuit

Grand Central Market

89 E 42nd Street

New York, NY 10017
メニューや営業時間等の詳細はお店のHPにてご確認ください。

2018年7月29日 (日)

MY NYC:スイーツ編『Two Little Red Hens』

薄曇りの日曜日のニューヨーク。本日の予報は晴れ時々曇り。最高気温は29℃まで上がりますが、湿度が徐々に下がっていく予報なので、ラジオが宣言していた通り気持ち良い1日になりそうです。

メディカルセンターでレジオネラ菌が検出されたため問題になっています。体力や免疫が落ちている人達が集まる場所でレジオネラ菌が発見されたのは問題ですね…。早急に対策が取られますように。

昨日は午後2時まで家事やら片付けやらをして、全て終えたら薬を飲んで爆睡しました。にもかかわらず、今日も風邪が抜けず計画していた郊外への日帰り旅行を中止しました。残念無念。来週末がニューヨーク最後の週末なのに…。
**********************************************************
さて、今回も引き続き、独断と偏見でニューヨークの超個人的お気に入りスイーツについて書いています。今回はニューヨークチーズケーキが美味しいと名を馳せているアッパーイーストのベーカリー『Two Little Red Hens』です。
002
このお店のニューヨークチーズケーキは、ニューヨークNo.1の呼び名も高いですし、ご存知の方が多いと思います。アメリカの田舎にありそうな古き良きベーカリーという雰囲気に仕立てられた小さな店舗は、2番街の85丁目と86丁目の間というちょっと中心から離れた場所に位置しています。

しかも2番街は長きにわたって地下鉄の工事が行われていて、数年間店舗の目の前に工事現場の防御壁が設置されていて、店舗が全く見えない状態でした。そんな悪条件にも関わらず、このベーカリーはいつ訪れても混んでいます。
001
店内に小さなテーブルが数個置かれているのですが、注文を待つ長い列がいつもあるので落ち着いてお茶するには向きません。トイレも無かったと記憶しています。その為、殆どの人がお目当てのものを購入したらさっさと店舗を後にします。

私はニューヨークに来たばかりの頃、ニューヨークチーズケーキが美味しいという記事を読んでわざわざ足を運びました。甘味が強くていかにもアメリカっぽい味ですが、確かに美味しいチーズケーキでした。
012
しかし試に一緒に買ったカップケーキは甘すぎて、二度と購入しませんでした。お店の場所が私達のアパートやボランティア先からは遠く不便なので殆ど訪れる事ができませんでしたが、先日とても久しぶりにチーズケーキとパイを購入しました。

夫と2人で食べながら、「すっかり忘れていたけど、やっぱりここは美味しいね」と言い合った次第です。誕生日パーティー用のカップケーキやバースデーケーキを注文している人を頻繁に見掛けるお店でもあります。

私の個人的お気に入りは、チェリーパイ。チェリーの酸っぱさがあるので甘すぎず、アメリカっぽい気分に浸れます。

Two Little Red Hens

1652 2nd Ave

New York, NY 10028
何故かお店のHPは怪しいサイトという事で、私のPCではブロックされて見ることができません。FBページはこちら

2018年7月28日 (土)

MY NYC:スイーツ編『Pain d’Épices』

薄曇りの土曜日のニューヨーク。今日は日中は晴れ時々曇り、ですがまた夕方から所により雷雨になる予報です。最高気温は28℃。昨日雷雨のあと急に涼しくなっていたので、その涼しさが継続しているでしょうか。

昨日は変化の激しい1日でしたね。凄く暑かったと思ったら、急に暴風が吹きはじめ。風が治まったと思ったら、今度は激しい雨が降り始め。雨が一段落したと思ったら、少ししてから激しい雷雨になり…と暑すぎて首に水を掛けながら凌いでいたと思ったら、肌寒くて羽織物が欲しくなり、その後雨で濡れ。ボランティアを終えて帰宅してから急いでお風呂で温まりましたが、まんまと風邪をひきました。2人とも疲れが溜まり過ぎているし、片づけも一段落はしたので、今日はできる限りのんびりと過ごすつもりです。

昨日は最後のシフトということで、ボランティア仲間が付き合ってくれて楽しい時間を過ごせました。ニューヨークでは素晴らしいボランティア仲間に恵まれて、本当に幸運でした。他のボランティア先で一緒のボランティア仲間からも電話が掛ってきて、お別れディナーの約束をしました。8月に入ったらお別れランチ/ティー/ディナーのラッシュになりそうです。
*********************************************************
さて、今回は昨日に引き続き、私の超個人的お気に入りニューヨークを振り返るだけの書き込みです。スイーツ編の2回目、アッパーウエストサイドにある小さなフレンチベーカリー(と言いつつ、ユダヤ系の方が経営されているとは思うのですが)『Pain d’Épices』です。
077
このベーカリーも偶々同じ通りにある皮膚科医院に通った為に発見しました。本当に小さな間口のお店で、70丁目のコロンバス・アヴェニューとアムステルダム・アヴェニューの間にあります。

2人が腰かけられるテーブルが1つだけありますし、ドリンクも販売されていますが、テイクアウトが原則のお店だと思います。直ぐ傍にセントラルパークがあるので、テイクアウトして公園で食べるか、近所の人が自宅に持ち帰るか、歩きながら食べるか、というお店。
078
残念ながらケーキは試した事がありませんが、ペイストリー類も普通に美味しかったです。しかし個人的に大好きなのが、このお店のクッキー。とっても素朴で原料が分かるような味がします。

小学生の頃仲の良かった友人のお母上がベイキングが得意な方で、頻繁にクッキーを振舞ってくれました。そのクッキーがとっても美味しく、どうも私の美味しいクッキーの定義はそこにあるのだと思われます。
001
このお店のクッキーは、その友達の家で食べたクッキーを彷彿とされるものがあります。粉と卵と砂糖で作りましたっていう味。食べ過ぎて危険なので頻繁には買わないようにしてましたが、それでも年に数回は購入してしまうお気に入りです。

チェーン店でもないので、ちょっとした手土産にも良いお店ではないでしょうか。

Pain d’Épices

104 W 70th St
New York, NY 10023
お店のHPはこちら

2018年7月27日 (金)

マイNYC:スイーツ編『Little Pie Company』

霞がかっている金曜日のニューヨーク。今日は1日晴れですが、午後に少しだけ、夕方から夜に掛けては高い確率で雷雨になる可能性があるとのこと。念の為、急に雷雨になっても大丈夫なアクティビティーを企画した方が安心かもしれません。最高気温は30℃。でも湿度が昨日までに比べると低そうなので、午後は割と気持ち良く過ごせるかもしれません。日曜日は気持ち良い好天に恵まれそうなので、ピクニックや散歩を楽しめそうです。

ニューヨークを出るまで3週間を切り、やっと引っ越しやチケットの手配が完了…とはいかないものの、一応昨日で終わりました。引っ越しや帰国の日程が決まっただけでも心労が減ります。日本でのホテルが予約できていなかったり、日本での日程調整はこれからだったりと、まだまだやることが山積しているとは言え、少しだけほっとしました。

今月中でボランティアもほぼ終了。今日は1つのボランティアの最後のシフトです。ボランティア先のスタッフさん達から心尽くしの品と寄せ書きカードも頂戴し、段々とニューヨークを出る実感が湧いてきました。
***************************************************************
さて、これから徐々に9年間住んだニューヨークの私的お気に入りを振り返る、超個人的なあまり情報がない書き込みをしていきます。今回はスイーツ編の第1回目です。
002
甘いものが好きです。思春期をアメリカで過ごしたせいかどうか、アメリカ的な強い甘味も割と平気…だったのですが、中年を迎えたからか最近はめっきり甘すぎて食べられないと思うものが増えました。

ニューヨークと言えば…という存在である、マグノリアベーカリーは個人的には最初から甘すぎて口に合わず。友達がお気に入りだったので、バースデーケーキやらお付き合いやらで数回食べましたが、個人的には全然足を運びませんでした。
002_2
では甘いものを食べていなかったのかというと、沢山食べていたわけで。そんなお店やお菓子を振り返りたいと思った訳です。

最初はヘルズキッチンにある、その名の通り小さなベーカリー『Little Pie Company』。このお店は、いつ訪れても店員さんが凄く感じが悪い気がしますが、イートインしたことはないので無問題。
003
このベーカリーで一番有名なのは、『サワークリーム・アップル・ウォールナット・パイ』だと思いますし、それはそれで好きなのですが(とはいえ、個人的には『オールドファッション・アップルパイ』の方が好きです)、私のお気に入りは『バナナ・ココナッツ・クリームパイ』です。

固いクラストの上にバナナが敷き詰められていて、上にたっぷりの甘さ控えめの生クリーム。その甘さとねっとりした感じを和らげるために、ローストしたココナッツが散りばめられています。
004
このパイは大好きで、年に1度は必ず食べていました。最近好きだったお店に足を運んだり、好きな物を買ってきて食べたりしているので、久しぶりにこのパイを夫に頼んで買ってきてもらったら、値上がりしていました。

地元のベーカリーって感じも好きです。

Little Pie Company
424 W 43rd St, New York, NY 10036
メニューや営業時間等の詳細はお店のHPにてご確認ください。

2018年3月 4日 (日)

アムステルダム・アヴェニューの『Levain Bakery』

曇りの日曜日のニューヨーク。本日は晴れ時々曇りで、降水確率は0%。最高気温は8℃。昨日と同じ位ですが、昨日は強風のせいで体感温度がとても低く寒く感じたので、今日はどうでしょうか。

ボランティアをしているとお年を召した方も多くいらっしゃるので、彼/彼女達の不調の話を耳にする機会が多くあります。アメリカでは65歳を過ぎると、メディケイドという連邦の保険で医療がカバーされるようで、皆さん定期的に色んな専門医の健診を受けて健康に留意されており。体調が悪くなると詳細な検査を受けて、ネットでリサーチして…と結構勉強されていて感心します。

私は読んでも、読んでも、医療の事って頭に入らないんですよね…。でもこれからの時代、自分で勉強することも大切なんだと改めて思います。私は首の筋を頻繁に違えるのですが、よく起こるので地味に痛くて辛いものの、格別調べてみようと思わずきたのですが。ふと思い立って改善方法を調べたら、首の痛みは肩周りの血流の悪化が原因なので肩の運動をすると良いという情報を見つけ。早速実践してみると、痛みが即座に驚くほど軽くなりました。それから2回首の筋を傷めましたが、直ぐこの運動で改善。なんでもっと早く調べなかったんだろう…と後悔しました。

ブログをいつも前日に書いて下書き保存しておくのですが、昨日途中の状態で公開してしまいました。読まれた方はごめんなさい。
*************************************************************
さて、今回は人気のベーカリー『Levain Bakery』が、アッパーウエストに2店舗目として開店したアムステルダム・アヴェニュー店の話題です。
014
ニューヨークでマフィンを食べるなら、一番のお気に入りはブルックリンにあるBlue Sky Bakeryですが。マンハッタンでは、Levain Bakeryが一番好きです。

しかしLevain Bakeryは観光客にも人気のお店。いつ訪れても行列があって、待たされますし。そうそうマフィンも食べないので、稀にしか足を運びませんでした。
032
そんな中、去年久しぶりにLevain Bakeryに足を運んだら、「数ブロック北に上った所に2店舗目をオープンしたのでそちらの方が空いています」と店員さんが宣伝していました。その時はわざわざ新しい場所に移動するのも面倒だったので、そのまま第1店舗目の74丁目でジャムサンドとマフィンを購入しました。

そして先日ようやくセントラルパークに足を運ぶついでに、アムステルダムアヴェニューと76丁目&77丁目の間にできた新店舗で買い物をしました。新店舗は74丁目の店舗に比べると広くて明るく、メニューも大きく掲出されていて、商品もとても見やすかったです。
002
旧店舗では気付かなかっただけなのか、新しい店舗でのみ取り扱っているのかは定かではありませんが、食事パンも5種類ほど販売されていました。今までは菓子パンとクッキーだけだと思っていたので、利用頻度が上がりそうに感じます。

新店舗が広くなったとはいえ、行列するスペースが広くなったという感じで、イートインするスペースは壁際の細いカウンター席のみです。とは言え、旧店舗に比べれば座席数は多いので、イートインするのであれば新店舗の方が座れる確率は高い気がします。どっちも競争率は高いとは思いますが。
044
また行列の長さは変わらない気はしますが、旧店舗はレジが1つしかなかったので列が進むのが遅いのに比べ、新店舗では3つのレジがあって、列が思いの外さっさと進みます。また旧店舗は外で延々待たねばならないのに比べ、新店舗は店内で待つことができるので、雨風・寒さが凌げますし。メニューを見ながら選ぶことができるので、何を購入するか決めていない場合には、新店舗の方が注文がスムーズにできると思います。

新店舗ではチャパタを試に購入してみましたが、もっちりして美味しかったです。スコーンは外側がさくっとして美味しかったものの、大きすぎるのか、焼きが足りないのか、中が生焼けでイマイチでした。味音痴の食通でもない人間の個人的感想です。
043
Levain Bakery

AMSTERDAM AVE, NY

351 Amsterdam Ave

212.874.6080
営業時間等の詳細はお店のHPにてご確認ください。

2018年2月26日 (月)

ティーサロンのテイクアウト店『Carry on Tea & Sympathy』

曇っている月曜日のニューヨーク。しかし今日はこれから太陽が顔を覗かせるようで、久しぶりに日差しを楽しめるとのこと。最高気温は12℃。過ごし易い1日になりそうです。

今日はちょっと体調が悪いので、早速本題です。
************************************************************
さて、今回はウエストヴィレッジにある人気のティーサロン『Tea & Sympathy』の隣にあるテイクアウト店『Carry on Tea & Sympathy』でスコーンを購入した話題です。
001
何故かはわからないのですが、最近スコーンとマフィンに嵌っています。ある日突然、猛然とスコーンが食べたくなり購入したのがきっかけで、色んなお店のスコーンを買っては試す日々。

そんな中、大雨の日に偶々前を通りかかったティー&シンパシーのテイクアウト店で、これまた探していた一人用の食器洗浄機で洗えるティーポットが買えるのではとふと思いつき入店。無事にティーポットを購入していたら、後から入ってきた女性が「スコーンを1人前ください」と注文しているではありませんか。
029
時々ポットで淹れたお茶をし飲みたくなる時があるのですが、お隣のティー&シンパシーはとても混んでいますし。テイクアウト店は、イギリス産のお菓子や茶葉、茶器を販売するお店だとばかり思い込んでいたので、お隣のティーサロンのメニューがテイクアウトできるなんて考えたことがありませんでした。

店内にメニューも何も張り出されていないので、ティーサロンのメニュー全てがテイクアウトできるかは不明ですが(とはいえ、デリバリーサービスがあるので、デリバリーメニューにあるものはテイクアウトできる気がします)。兎にも角にも、最近食べ比べをしているスコーンを購入してみようと、日を改めてスコーンを1人前(1オーダーで2個のスコーン+クロテッドクリーム+苺もしくはラズベリージャムがついてきます)注文。確か$7でした。購入した日は偶々バレンタインだったので、スコーンがハート形をしていますが、いつもそうなのかは不明です。
002
自宅で食べてみると、アメリカの甘いスコーンではなく、イギリスのバターの香りが強いさくっと手で割れるスコーンで大満足。クロテッドクリームとジャムをつけて、ニューヨークでは珍しいイギリス風のスコーンを満喫しました。

店内には所狭しとイギリスの駄菓子やショートブレッド、紅茶や茶器が並べられているので、イギリスファンの方にはお勧めです。イギリス人の友達にちょっとしたプレゼントを探している時にも良さそうです。機会を改めて、他のデザートもテイクアウトできるか聞いてみたいと思います。

Carry on Tea & Sympathy

110 Greenwich Ave
New York, NY 10011
メニューや営業時間等の詳細はお店のHPにてご確認ください。

2018年2月16日 (金)

人気カフェのお店『Blank Slate Gourmet Market』

雨が降っていたような金曜日のニューヨーク。今日は午前11時までは雨が降る予報です。午後には太陽が顔を覗かせるみたいですので、用事がある方は午後にした方が良いかもしれません。最高気温は13℃。ここ数日暖かい日が多くて助かりますね。でも明日は寒そうです。

フロリダで起きた銃の乱射が波紋を呼んでいます。毎度おなじみの、犯人の動機(未だ不明。精神鑑定が行われる模様)、被害者の人柄や様子(2人の教師が生徒を守ろうとしてお亡くなりになった事が大きく報道されています)、銃規制が無理ならライフルや連射を可能にする装置だけでも規制できないかという議論(早速「武器は人を殺さない。人の問題だ」というお馴染みの議論が聞かれます。うんざり)。ニューヨークでは、ブルックリンの高校で同じような事件を起こすと発言した10代の若者数人が逮捕されました。模倣犯が現れないよう祈ります。フロリダの犠牲者のご友人やご家族の事を想うと、心が痛みます。今度こそ、何らかの規制がされますように。

今日は旧正月。本日午後から2週間に亘って中華街でお祝いが行われるのだそうです。そういえば旧正月に行ったことが無いと気付きました。行ってみようかな…と思ったり。旧正月には「1年で一番ラッキーな日なので、掃除をしては駄目。幸運を水に流してしまう」とラジオで言っていて吃驚。今日は夫が帰宅するので、ブログを書き終わったら早速掃除に取り掛ろうと思っていたところなので怯みましたが。私にとっての正月は1月1日だもんね、と気を取り直して掃除をするつもりです。
******************************************************
さて、今回はノマドにある人気カフェレストラン『Blank Slate Coffee + Kitchen』の並びにできた小さなコンビニのようなお店『Blank Slate Gourmet Market』です。
022
フラットアイアン地区に定期的に用事で通うようになったここ数か月。それによりマディソンスクエアパーク周辺に足を運ぶ機会も増えました。

最近は腰が痛くて座って食事ができないので、必然的に全く外食ができず。かといって作るのも億劫だった時、ブランク・スレートを思い出してフムスか何かをテイクアウトしようと足を運びました。すると、並びに小さなマーケットができているではありませんか。
023
どうせテイクアウトするのであれば、マーケットの方が良いかも?と思い覗いてみると、パッケージされたサラダやヨーグルト、サンドイッチやカットされたフルーツ、デザート(チアシード等のヘルシー系が中心)等もありますし。カウンターで注文すれば作ってくれるサンドイッチやボウル類もあり。

またオーガニック製品を中心とした調味料や地元で作られているアイスクリーム、グラノラ、焼き菓子などに加え。環境に配慮したナプキン、ペーパータオル、トイレットペーパー等も置かれているコンビニエンスストアみたいなお店でした。
024
種類豊富なラインアップに迷ったものの、ランチに良さそうなベジタブルボウルとアボカドのフライのサンドイッチを注文。出来上がるまで店内を物色して時間を過ごしました。

待ち時間は約5分。帰宅して食べましたが、夫も私も大変満足でした。量も十分ですし、味も濃すぎず薄すぎず。アボカドのサンドイッチは揚げ物になっていることによってボリュームが増し、満足感がありましたし。ベジタブルボウルは、酸っぱい、甘い等、味にバリエーションがあり飽きませんでしたし、野菜とキノアが豊富に入っている事によって食感も豊かで大満足。
025
2つで約$20と値段も悪くなかったと記憶しています。もっと近くにあったら、頻繁に利用するのにと少し残念です。天気が良い日であれば、直ぐ傍のマディソンスクエア・パークに行ってベンチで食事をするのにもピッタリだと思います。

Blank Slate Gourmet Market

121 Madison Avenue
New York, NY 10016
店内の様子などはお店のHPにてご確認ください。

2018年1月25日 (木)

『Bien Cuit』にはまってます

快晴の木曜日のニューヨーク。今日は一日晴れる予報で、最高気温は2℃。とは言え、現在は-4℃で午前中はずっと氷点下の予報ですし、夕方にはまた氷点下に戻るようですので、温かくしてお出掛けください。

昨晩ワシントンハイツで水道管が破裂。いくつかの通りが水浸しとなったようですが、地下鉄に影響は出なかったとのこと。寒い日が続くので、場所によっては水を出しっぱなしにしたりと注意が必要ですね…まぁ、マンハッタンで水道管が頻繁に破裂するのは単純に古いからなのだとは思いますが。年末年始の旅行シーズンには、アパートから「留守にする場合でも、空調は切らずに出掛けること」と注意が来ていました。まだまだ気が抜けませんね。
**********************************************************************
さて、今回は以前書いたグランドセントラル・ターミナルにあるベーカリー『Bien Cuit』の続編です。
003
グランドセントラルのフードマーケット内にお店を構える本格派ベーカリー。ブルックリンにある本店には足を運んだことが無く残念ですが、グランドセントラルは近くまで用事で訪れる事も多いので、美味しいパンを求めて立ち寄る機会が増えました。
004
このパン屋さんについて書いたのが去年の12月中旬。丁度自宅で静かに迎えるクリスマスに、のんびりできるようにパンとケーキを買っておこうと考えていた頃で。たまたま記事を書くためにHPを見ていたら、ホリデー限定の商品が予約できることを知り。
028
早速E-mailで予約して、電話で予約確認を行い。何故かカードの支払いができなかったので、支払いに結局店舗を訪れました。そしてクリスマス前の週末にブッシュ・ド・ノエルとシュトーレンをピックアップし。
001
ついでに休み中に料理をしなくて済むように、パン・ド・ミを購入。去年のクリスマスはこのお店のパンとデザートで過ごしました。
002
結果、ケーキは甘すぎて2人とも駄目でした(私は味覚がお子様なので、本場仕込みとか本格的とかいう代名詞がつくようなお菓子は兎角苦手な傾向が)。が、シュトーレンは、洋酒が効きすぎていなくて、甘すぎず、食べやすくて連日少しずつスライスしては美味しく食べました。
064
その後、胡麻のパンも購入しましたが、やっぱりここのパンは美味しい!個人的にやっぱり醗酵時間が長いパンはお腹の調子が悪くなるみたいなので、普通のパンを購入するようにしたら大丈夫でした。
065
加えて菓子パンも試してみようとアップルデニッシュを購入したら、これが非常に好みにぴったり。もう少しカルダモンが効いていたら嬉しいですが、それでもちょっとスパイシーで甘すぎず、粉の味がしっかりして、どちらかというとずっしりとしたデニッシュで、凄く好きで癖になっています。
048
蜂蜜&岩塩のかかったクロワッサンも試したのですが、これはあまじょっぱ過ぎて私個人の好みではなく。シンプルなクロワッサンを試せば良かったと思いました。次はクロワッサンも食べてみたいと思います。
006
まだまだ暫く、このパン屋さんブームは私の中で続きそうな気配です。

Bien Cuit

Grand Central Market
89 E 42nd Street
New York, NY 10017
営業時間やメニュー等の詳細はお店のHPにてご確認ください。

2017年12月14日 (木)

グランドセントラル駅にある本格派ベーカリー

雪の木曜日のニューヨーク。今はこんこんと降っていますが、午前中に止んで、午後には太陽が顔を出す予報です。現在の気温は-3℃。最高気温も3℃までしか上がらないと予想されていますので、今日も温かくしてお出掛けください。あぁ、スノーブーツを買っておくんだった…。

ホリデーシーズンは楽しみも多いですが、毎年そのせいで発生するゴミや資源の無駄遣いには罪悪感が湧きます。プレゼントの交換とかも無駄なんですよね、結構。周りの人達も「食事をご馳走する」とか、「クラスをプレゼントする」とか、「ギフトカードにした」とか仰っている方が多くなってきました。お互いにプレゼントは止めようと決めた、という人達も。

そんな中、ブルックリン植物園からエコフレンドリーなホリデーの過ごし方ガイドが送信されました。何でもかんでも諦めるのも良くない気はしますので、無駄を減らして楽しむきっかけになれば。
*******************************************************************
さて、今回はグランドセントラル駅のマーケットに入っているベーカリー『BIEN CUIT』です。
120
引っ越してから滅多にグランドセントラル駅に足を運ばなくなった私。用事があって久し振りにグランドセントラル駅を訪れた際に、一緒に居たボランティア仲間にお勧めされたのがこのベーカリーでした。マーケットに足を踏み入れたのなんて何年振り…という感じだったので、いつの間にこのベーカリーに変わっていたのやら。

なんでも彼女にとっては「ニューヨークで一番美味しい」パンが販売されているのだとか。他のボランティア仲間は「え~?サリバン・ストリート・ベーカリーよりも美味しいの?」と懐疑的でしたが。推薦してくださった方は、「私の好みだとこっちの方が美味しい」と断言。
129
私もハード系のパンであれば、サリバン・ストリート・ベーカリーが一番好きでしたが、興味を惹かれて彼女の一押しだというライ麦と全粒粉を混ぜて68時間醗酵させた看板メニューらしい『MICHE』を購入しました。どのパンも半分でも販売されていますが、私は頻繁に足を運ばないのでホールで購入。その晩食べない分はすぐさま冷凍してしまいました。

因みに我々夫婦はサリバン・ストリート・ベーカリーのパンが一番好きですが。ブルックリンの『Bakeri』のパンやグリーンマーケットのロールパンなんかも好きで、格別パンに拘りが強い訳でもありません。しかしながら、お勧めくださった方はなんとマンハッタンからブルックリンにわざわざ自転車で通ってまでこのお店のパンを買っていたそうで、相当拘りがありそうでした(今でこそグランドセントラル駅に出店していますが、最初はブルックリンにしかお店がありませんでした)。
001
食べてみた感想はとっても美味しいし、醗酵期間が長いと聞いて心配した酸味も強くなく、粉の風味は豊かだけれど癖が強くも無く、食べやすいといった感じ。私は粉の風味を味わいたくてバターをつけないでパンを食べるのが好きなのですが、酸味が強い黒パン等はそうもいかないのが苦手に感じる時があるのですが。このパンはバター無しでも無問題。

トーストして、バター、ジャム、ピーナッツバター等をつけてシンプルに食べても美味しかったですし。卵やハムなどのおかずと朝食べても、チキンのクリーム煮とディナーに食べてもよく合いました。サンドイッチにしても癖が強すぎなくて、なんにでも合わせやすそうだと想像します。
076
かと言って、個性が無い訳でもなく。粉の風味はそこら辺のパンに比べたら強いですし、思ったよりもふかふかして弾力も強く、外もパリッとはしている物の固過ぎて口の中が痛い程でもなく、バランスが取れた絶妙な食感と味でした。

かなり気に入って、私もひいきにしたいと思っていたのですが…。どうやら私は長時間醗酵した食べ物とかに不耐性があるらしく。このパンを食べるとお腹の調子が悪くなる気がしています。美味しいのに、68時間醗酵が仇となり食べられないかも…、もう少し様子をみます。
015
ヒスタミンの摂取を控えている方には『MICHE』は向かないかもしれませんので、他の醗酵時間が短いパンを予め調べたり、お店の方に聞いたりして自分に合うパンを選んだ方が良いかもしれません。菓子パンやケーキも販売されていたので、何かの折に試してみたいものです。

BIEN CUIT

Grand Central Market

(Located on the corner of 43rd & Lexington Ave)

89 E. 42nd St.

Manhattan, NY, 10017
メニューや営業時間等の詳細はお店のHPにてご確認ください。

2017年9月21日 (木)

とうとうメルヴェイユを試すの巻

曇りの木曜日のニューヨーク。今日は晴れたり曇ったりするようで最高気温は28℃。湿度も高めなので、ムシムシする感じでしょうか。

今日も国連総会の影響でミッドタウン・イーストを中心に交通規制が行われます。なるべく車で移動しないように呼びかけていますので、地下鉄を使えるのであれば地下鉄で移動した方が良さそうです。各国首脳が英語でペラペラとインタビューに答えているのを聞くと感心してしまう朝です。

カリブ海の国々へとハリケーンの救援活動を支援するために救助隊が送られます。メキシコで火曜日に起きた地震で小学校が倒壊し、少なくとも40人が死亡したことも大きく取り上げられていました。次から次へと災害が起きて、毎日のように寄付を募るメールが送信されます。気が滅入って仕方ないですね…。これ以上事件や災害が起きませんように。

どうにも体調が優れず引きこもっています。夫には迷惑かけっ放し。今日はなんとか弁当を作れましたが、ボランティアは諦めました。明日から元気に働けますように。
**********************************************************
さて、今回はウエストヴィレッジにあるフランス菓子屋『Aux Merveilleux de Fred』の主力菓子メルヴェイユを食べた感想です。
014
2015年にできたフランスのチェーン店のアメリカ支店。ここ最近は誘惑が強すぎて危険なので近寄らないようにしていますが、ブリオッシュワッフルが美味しくて大好きなお店です。
015
しかし店名にもなっている看板菓子メルヴェイユ(Merveilleux)はとても甘そうに見えて怖気づき、口にした事がありませんでした。メルヴェイユとは2枚のメレンゲの間にクリームを挟み、上に生クリームを絞って削ったチョコレートを掛けたケーキの事なのだそうですが、揚げ菓子みたいなものもありそう?よく分かりませんが、このお店のケーキはメレンゲにクリームのタイプです。
017
ところが先日、「今年は誕生日ケーキを食べ損ねた」とぽろっと私が口にした事を覚えていた夫が、気を利かせてメルヴェイユを手に帰宅したのです。興味があったお菓子ですし、夫の優しさが嬉しく、有難く頂きました。
016
結果から言うと、流石フランス。パンチある甘そうな見た目に反して、甘さも程よくとても美味しかったです。これなら他の味も食べてみたいかも。メレンゲにクリームがのっているだけという感じなので、生クリームが苦手な人は避けた方が良いと思いますが。クリームがOKであれば、日本人の舌でも抵抗なく食べられる甘さでした。
013
クリームがこんなに!と若干怯みましたが、メレンゲのサクサクした食感がアクセントになって、飽きずに食べられました。ただドリンクは必須です。

食わず嫌いは良くありませんね。試して良かったです。夫よ、ありがとう。

Aux Merveilleux de Fred
37 8th Ave
New York, NY 10014
TEL: (917) 475-1992
お店のHPはこちら

より以前の記事一覧