2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

行事・イベント

2017年7月20日 (木)

アッパーウエストのフリーマーケットでアイスクリームの祭典

晴れている木曜日のニューヨーク。今日も午後8時まで暑さに対しての注意報が。午後11時まで光化学スモッグ注意報が発令されています。以下に注意報の内容を添付致しますので、1日ご注意ください。

Notification issued 7/20/17 at 7:00 AM. The National Weather Service has extended the heat advisory for New York City until 8:00 PM tonight, 7/20. These conditions are dangerous to health. Avoid strenuous activity. People without air conditioning, older adults, and people with chronic health conditions are most at risk. Cooling centers will be open.

In addition, the New York State Department of Environmental Conservation has issued an Air Quality Health Advisory for New York City from 11:00 AM - 11:00 PM today, 7/20. Active children, adults, and people with lung disease such as asthma, should reduce prolonged or heavy exertion outdoors. For more information,visit dec.nyc.gov. For locations, hours, and more information on avoiding heat illness, contact 3-1-1.

また、午後10時以降30%の確率で雷雨になるとのこと。そのせいか、今日は昨日よりも湿度が上がり、暑くなります。最高気温は35℃。十分に水分を摂って、屋外で過ごしすぎないようにお気をつけください。
************************************************************
さて、今回はアイスクリームの日(National Ice Cream Day)に因んで、アッパーウエストサイドで毎週日曜日に開催されているフリーマーケットに有名処のアイスクリーム店14店舗が集まったイベント『NYC Summer Ice Cream Blizzard』です。
004
アッパーウエストサイドのアメリカ自然史博物館(Museum of Natural History)の西側に面しているコロンバス街を歩いて1ブロックの場所にある大きな学校&校庭で、毎週日曜日に開かれているフリーマーケット『Grand Bazaar NYC』。

アンティークを中心に、手作りの品や食べ物の屋台等が集まりとても賑やかです。私がまだ大学生だった頃からあったので(とはいえ、規模は現在よりかなり小さなかったと記憶していますが)、30年近く前からあるのでは?とHPを調べてみると1982年からあったそうです。
001
毎年7月第3週の日曜日はアイスクリームの日と制定されている関係から、グランド・バザールに14店舗の人気アイスクリーム屋さんが集結すると聞き及び、散歩がてら足を運びました。

入り口横には、早速たい焼きの口にソフトクリームを入れる話題のスイーツ『Taiyaki NYC』が。写真映えするので大行列ができていました。とても可愛かったですし、たい焼きは懐かしくて食べたかったですが、あまりの罪悪感にパス。
002
たい焼きソフトクリームと並んで大行列ができていたのが、『Bona Bona Ice Cream Truck』。アイスクリームコーンの上にメレンゲを絞って、バーナーで焼き目をつけるのが可愛らしかったので、インスタグラム映えする商品が人気なのかな?という印象でした。こちらも並ぶのが嫌でパス。

代りに当初から目をつけていたMochiアイスクリーム『Mochidoki』を購入。ニューヨークでは、雪見だいふくのようなタイプの求肥で包まれたアイスクリームは既に定着。スーパーでも売られています。が、モチドキは、変わった味が沢山あるのが特色。迷ったものの、大好きな塩キャラメルと柚子モヒートを購入。2個で$5と高価でしたが、どちらも美味しかったです。
003
夫は、ベーシックに『Dolce Brooklyn』でジェラートを購入。カプチーノ・チョコレートチップ味でしたが、苦み走って美味でした。
005
そして折角足を運んだのだからと、サッパリしていそうな『Citysticks』のアイスキャンディーも購入。素材の味そのまんまという感じで、とっても美味しかったです。食べ終わった後の棒に書かれている名言も良かった。

流行にはとんと疎い夫婦ですが、たまにこういうイベントに足を運ぶと楽しいものです。
006

2017年7月18日 (火)

チェルシーの教会でクラシックコンサート

晴れている火曜日のニューヨーク。本日は晴れの予報ですが、午後2時以降局地的大雨が降る可能性が20%あるとのこと。念のため折り畳み傘を携行し、空模様に気を付けて行動した方が良さそうです。最高気温は29℃と昨日とほぼ同じですが、昨日よりも湿度が高くなるようなので、ムシムシと暑く感じそうです。

今朝は健康保険の代替案が議会を通らなかった事が大きなニュースになっています。現行の保険制度(オバマケアというニックネームで呼ばれている)を廃止することを謳って当選した議員&トランプ大統領たちが何とか選挙公約を実行しようと代替案を提出していたのですが、十分な票が集まらず廃案になった模様。でも、それで破れかぶれになったのか、代替案を出さずに現行保険制度を潰すという発言が出てきて緊張が高まっています。一回何が問題なのかきちんと読んでみなければ。
**************************************************************
さて、今回は夏季を中心に活動しているオーケストラのコンサートに足を運んだ備忘録です。
021
ニューヨークのオーケストラは、伝統的に夏の間は休暇に入ります(ヨーロッパもそうですよね?)。メジャーなコンサートホールも夏季は閉まってしまいますので、リンカーンセンターの様に夏にプログラムを組んでコンサートを行ったり、ニューヨーク交響楽団のように無料コンサートを各ボローの公園で開催するのは、特別なフェスティバルというような位置づけになっていると思います。

でも、夏だからといって全てのニューヨーカーがハンプトンズのサマーハウスに避暑に出掛ける訳にもいかない訳で、我々の様にうだるような暑さのニューヨークに変わらず滞在している人も多く。また、ミュージシャンだって、演奏だけで食べていけて、夏の間優雅に夏季休暇を過ごせる人はごく一握りではないでしょうか。
022
そんな色んな事情が相まっているのだと想像しますが、クラッシック音楽のコンサートが乏しくなる夏にニューヨークに音楽を届け、ミュージシャンに演奏の機会を与えることを目的に結成されているオーケストラ『Litha Symphony Orchestra』の演奏会に足を運びました。

ボランティア先で一緒に働いているスタッフさんが、この楽団のコンサートマネジャーをしているので、演奏会について話題に上る為存在を知り。1人$20で音楽を楽しめるなら…ということで、夫と2人で足を運びました。
007
会場はチェルシーにある教会。普通のクラシックコンサートと同じような構成ですが、小さな会場なので、指揮者の方が曲毎に演奏前に説明を加えてくれたのが音楽の知識ゼロの私には有難かったです。

「ベートーベンの交響曲が理解しやすいように、ニューヨークにおきかえて各楽章を説明してみます。第1楽章はセントラルパークで寛ぐ。第2楽章はハドソンリバーを散歩。第3楽章はタイムズスクエアでショーを楽しむ。第4楽章はハリケーンサンディの来襲。第5楽章はサンディが去ったので喜ぶ」みたいな説明をしてくれていて、クスリと笑えて、でも音楽に親しみやすかったです。
008
演奏の良し悪しなんて碌に判らない私にとっては十分楽しめる夜でしたし、プログラムも知識が無くとも楽しみやすい内容でした。音響はあまりよくありませんが、その代わり親密な空間で、ドリンクを飲みながら、リラックスして音楽を堪能できます。

私は長時間座ると腰が痛くて辛いので、めっきりコンサートや映画に足を運ばなくなっていますが。このコンサートでは一番後ろの隅の席を確保できたので、途中で柱の陰で立ったまま鑑賞できて助かりました。まぁ、長時間座ったのが祟って、次の日から腰が痛くなってしまいましたが…。
010
8月に2つの公演が予定されています。ミュージシャンをサポートする良い機会ですし、会場となっている教会は平日貧しいニューヨーカーに無料でランチを提供する活動をしているので、その支援にもなりますし(会場使用料金を教会に払っているので)。何より気軽に音楽を楽しめますので、クラシック好きの方は足を運ばれてみてはいかがでしょうか。

2017年7月 6日 (木)

独立記念日の花火2017

曇りの木曜日のニューヨーク。1日曇りですが、午後にわか雨が降る可能性があるという事なので、折り畳み傘を持ち歩いた方が無難そうです。夜10時以降は雨が降る可能性がぐんとあがるみたい。雨は明日の午前中まで残るようで、明日は午後雷雨が降るかもしれないとの事。今日の最高気温は24℃ですが、湿度が高いようなのでムシムシするのかもしれません。

シカゴは治安が極端に悪く『戦闘地域』と通常から呼ばれるほど犯罪が多いことが問題視されていますが。この独立記念日の4連休の間だけで、100人が銃で撃たれて負傷、14人が死亡したという統計が発表されて衝撃が走っています。主な原因は貧困にあると言われて久しいにも関わらず、有効な対策が打たれずにここまで来てしまっている訳ですが。銃規制をすべきなのは勿論のこと、貧富の格差もなんとかすべきです。アメリカは1国の中に先進国と発展途上国が混在していると言われていますが、友人の子供時代の話とか聞くと先進国の話とは思えず愕然とすることがよくあります。行き過ぎた資本主義は駄目なんですよね…きっと。
****************************************************************
さて、今回は2017年の独立記念日(Independence Day)に打ち上げられた花火の徒然です。
131
とは言っても、花火を実際に見に行ったわけでもありませんし。スマートフォンのカメラは極端に夜景に弱いので、写真も殆どありません。実用的な情報も、風景写真もありませんので、その点をご了承の上お進みください。
111
ニューヨークの独立記念日と言えば、ビーチにくり出すか、公園でBBQをするかという感じですが。なんといってもぱっと頭に浮かぶのは、メイシーズが毎年打ち上げる豪華な花火ではないでしょうか?
156
年毎に打ち上げ場所が微妙に変わりますが。ブルームバーグ前ニューヨーク市長の時代にハドソン川での打ち上げに変更されたものが、「ニューヨークの花火なのにマンハッタンに住むニューヨーカーしか見ることができないのはおかしい!」という批判に応えて、改めてイーストリバーでの打ち上げに戻されました。
150
ブルームバーグ前市長がハドソン川での打ち上げに変更したのは、ニュージャージー側も花火を楽しめるので、ニュージャージー州が費用の負担をしてくれた為、財政難にあえいでいた(そして現在進行形であえいでいる)ニューヨークには魅力的だったから。(一部には、ブルームバーグ氏と大手デベロパーであるRelatedが癒着しており、Relatedが手掛ける大型開発が進んでいた西側に花火を移したのでは?という疑念の声がありましたが、確証は無し。)
116
また、イーストリバーのように川沿いに国連本部等の重要な施設がなく、西側の方が警備がし易かったという事情もあったと聞いた事があります。多分そのような観点から、イーストリバーに戻された際にも、最初はブルックリンブリッジ周辺のかなり南側での打ち上げでした。
108
しかし、「ブロンクスやクイーンズの住人は全く見えない。マンハッタンやブルックリンの金持ちだけ楽しめればいいという事なのか?」という批判が出て。 (多分、ウォーターフロントなので景色が見える事が物件として魅力的なため)たまたま花火が見える地域に高級物件が次々と建築されていたことも、『街全体が高級化して、中産階級が住めなくなっている』というジェントリフィケーション(gentrification:高級化)批判と相まって反感を呼び。
112
そんな事情を鑑みたのか公式発表は無いので解りませんが、今年の打ち上げ場所は23丁目~40丁目。ブロンクスとクイーンズの一部からも花火が見える場所でした。因みに去年は丁度ビザ取得の為一時帰国しており、花火は見ることができなかったので事情が分かりません。
161
花火を実際に見に行くと、ほぼ1日場所取りをしなければいけない。場所を確保できても、トイレに行くのに一苦労で、一旦トイレに行くと元の場所に戻れない。等と苦労話ばかり耳にしてしまい。そもそも待つ・並ぶという行為がとても苦手な上に、人混みが嫌いな私達はまともに花火を見に出掛けたことがありません。
158
ボランティア仲間の話によると、バテリーパークはあまり人がいないので、ハッスルせずに花火が楽しめるとの事。ニュージャージー州の花火も(メイシーズには負けますが)豪華なので、バテリーパークは行ってみようかな?と思いつつ、毎年遊び疲れてしまって実現していません。
137
そんなこんなで、今年も『メイシーズの花火は大玉のごく一部が見えるだけだろうなぁ』と思いつつも、打ち上げが始まる午後9時20分を楽しみに自宅の窓際でスタンバイ。結局打ち上げが開始されたのは午後9時半過ぎでした。
103
何故かすっかりニュージャージー州の花火の存在を忘れていて、「やっぱり殆ど見えないね」と言いつつ、偶に見えるニューヨークの花火に一喜一憂していたのですが。しばらくしたら、自由の女神辺りで花火が上がり始め。そこでやっと、ニュージャージー州の花火の存在を思い出したのでした。
119
ニュージャージー州の花火は、遠いとはいえほぼ真正面。ニューヨークよりも長く上がり続け豪華で楽しめました。メイシーズが星条旗を意識して、赤と青の花火を多用するのに対し、ニュージャージーは特にそんな感じはしません。
144
遠くの方で、ニュージャージーの各市が上げている花火も小さく彼方此方に見えましたし。コニーアイランド辺りでも花火が上がっているのが見えて、ホリデー気分を満喫できました。

2017年6月26日 (月)

プライドマーチ2017

快晴の月曜日のニューヨーク。今日は雲が出てくるものの1日晴れる予報。最高気温は26℃で湿度は低めになるようなので、比較的過ごし易い夏の日になりそうです。明日は午後雷雨になる可能性があるそうなので、済ませられる用事は済ませておくと吉かも。

プライド関連のイベントはテロ等もなくつつがなく終了してほっとしましたが。この週末中にブロンクス、ハーレム及びイーストニューヨークで発砲事件が相次ぎ、死者が10人近く出たとの事。まだ犯人はいずれも捕まっていないそうなので、早急な解決を願います。それにしても銃規制が全く進みませんね…。
*************************************************
さて、今回は2017年6月25日(日)に開催されたプライドマーチ(The March)です。
088
私は今までずっとプライドパレードと呼んでいましたが、今年からNYCプライドマーチがテレビ中継されることになったことについて、友人が「何とも言えない気分なの。元々このマーチは抗議デモであってお祭り騒ぎじゃないんだから、TVで興味本位で流されることに対して複雑な気分があるの。でも反面、参加したくとも参加できない人が沢山居て、遠く離れていても雰囲気を味わえるのは嬉しいことだし。まだカミングアウトしてなくて、悶々と孤独に悩んでいるLGBTQの人がTVでこんなにも沢山の仲間がいることに気付いて勇気づけられるかもしれないしねぇ~」と話していた事で初めて『マーチ』が正しい呼称だと知りました。でもパレードと呼ぶ人も多いので、この日がただのお祭り騒ぎだと思っていなければいいですよね、多分。
087
去年は、たまたまビザの取得の為の日本一時帰国がプライドに重なってしまったため、NYCプライドに参加できなかった我々。その前の年までは、毎年マーチはウエストヴィレッジで見物していたのですが、去年友人がミッドタウンで見物したら、人が少なくて見やすかったというので、今年は一緒にミッドタウンに集合しました。
062
ウエストヴィレッジだとマーチの先頭が到着するのが午後1時位なので正午頃集まっていましたが。ミッドタウンは正午のスタート直後に到着してしまうので、場所取りの為には午前11時15分頃には陣取っておく必要があります。
042
そんな訳で出遅れた私達の為に、友達が場所取りをしておいてくれたので、柵に掴まって最前列でマーチを見物しつつ、マーチする人々を応援することができました。
022
先ずは、例年通りバイクの集団がやってきて、見物人が一斉に「フォー!!!」と雄叫びを挙げてマーチがスタート。辺りはバイクがエンジンをふかす重低音と、人々の甲高い叫び声、笛の音とガソリンの匂いに包まれて、しょっぱなから凄い熱気です。
012
今年のグランドマーシャルに『The American Civil Liberties Union』が入っており、先頭集団でやって来たので、友人と大盛り上がり。マーチしている人達とハグしたり、記念撮影したり、一頻り大騒ぎして。
013
その後は、暫く政治家が続くので「そりゃ政治家のサポートだって必要だけどねぇ…」、「LGBTQ団体と交互とかにできないのかな…」とか、「ずっとサポートしているチャック・シューマーとかは良いけど、他の政治家は『支持を表明した方が分が良さそう』みたいな感じでいきなり出てきたから、どうにもねぇ…」とか愚痴り合い。
034
政治家が過ぎてから、やっと一緒にダンスしたり、ハグしたり、ハイファイブしたり、「フォー!!!」とか「ハッピー・プライド!」とか声を掛け合って、沿道の見物人とマーチする人々が一丸となって盛り上がりました。
075
2年前は日本語で書いたプラカードを掲げた集団がマーチしていたので今回も楽しみにしていたのですが、見ることができませんでした。いらっしゃったのに見過ごしてしまったのか、参加していなかったのか…。
006
今年のパレードは、抗議色が特に強く。現在トランプ政権が推し進めようとしている保険制度の撤廃に対する抗議や、去年オーランドで起こった銃撃の被害者を悼む葬列の様な団体、黒人に対する警察の暴力に対する訴え(ブラック・ライブス・マター関連の訴えはとても多く見られました)、銃規制を訴える団体など、騒ぐのではなくシーンと見送った後に拍手を送る場面が多く見られました。
031
私達は午前11時半~午後4時までパレードを見物していたのですが、まだまだ終わる気配が無く。結局立ちっ放しで足が棒の様だったので、友人とその友達に分かれのハグをして、途中で帰宅しました。
055
去年は夜8時でも、ウエストヴィレッジではマーチがまだまだ行われていたという事だったので、今年も長丁場だったのでしょう。友人は8時間見続けても終わりまで観ることができなかったそうです。
111
プライドを祝う花火も見に行きたいところでしたが、疲れすぎてギブ。部屋から見ることができたのでラッキーでした。アイフォンのカメラは夜景に弱いので、まともに写っていませんが…とても豪華でした。
083
相変わらずニューヨークの街と一体化できるような、得難い経験でした。警察犬が沿道を行ったり来たりして、爆発物の取り締まりをしてくれていましたし。警察官が1ブロックに1人は居て警備にあたってくださっていたので、本当に有難かったです。
086
私達のブロックの警察官の方は、マーチしていた人達と私達の写真を撮影もしてくださって、フレンドリーで素晴らしかったです。ありがとうございました。事件も起きず無事に楽しませてもらって、感謝です。
097

2017年6月25日 (日)

ダイクマーチ2017

雲があるものの晴れている日曜日のニューヨーク。最高気温は27℃で夏らしくパレードにピッタリの1日になりそうです。

昨日添付するのを忘れてしまいましたが、金曜日に在ニューヨーク日本国総領事館からテロに対する注意喚起のE-mailが届いていました。以下に添付致します。今日のプライドパレードも十分気を付けて楽しみたいと思います。

本日(6月23日)の報道によれば,過激派組織「イスラム国」(IS)系列の通信社「ナシル通信」(Nashir News Agency)は,メッセージアプリ「テレグラム」を通じて,米国でのテロ攻撃を呼びかけ,武器としてナイフや車両を使うよう勧めたとあります。

在留邦人,旅行者の皆様におかれては,最新情報の入手に努め,テロの標的となりやすい場所を訪れる際には,安全確保に十分注意を払っていただくよう改めてお願いたします。

6月13日に外務省が発出した海外安全情報(広域情報)「ラマダン月のテロについての注意喚起(更新)」を以下に掲載いたしますので,テロ対策の参考としてください。

海外安全情報(広域情報)ラマダン月のテロについての注意喚起(更新)
2017年06月13日
●イスラム過激派組織ISILがラマダン期間中のテロを呼びかける声明を発出しています。
●5月27日(土)から6月27日(火)頃は,イスラム教のラマダン月及びラマダン明けの祭り(イード)に当たります。
●最新情報の入手に努め,テロの標的となりやすい場所を訪れる際には,安全確保に十分注意を払ってください。情報収集には「たびレジ」を活用してください。

1 6月12日,イスラム過激派組織ISIL (イラク・レバントのイスラム国)は,ラマダン期間中のテロを呼びかける声明を発出しました。ISILは,2015年及び2016年にも同様の声明を発出しています。同声明との関係は明らかではありませんが,過去2年,ラマダン月に多数のテロ事件が発生しています。
今年についてもラマダン開始後,多数のテロが発生しており,そのうちイラン,仏,オーストラリア,英国,フィリピン等での事件については,必ずしも関与は明確ではないものの,ISILが犯行を主張しています。

2 5月27日(土)から6月24日(土)頃は,イスラム教徒が日の出から日没まで断食を行うラマダン月に当たります。ラマダン終了後には約3日間(6月25日(日)頃から6月27日(火)頃),イードと呼ばれるラマダン明けの祭りが行われます。
 (※)ラマダン月の期間は目視による月齢観測に依拠するため,上記日程は直前に変更されることがあります。

3 近年,ラマダン月に多くのテロが発生していることを意識し,以下の対策をお願いします。
(1)最新の関連情報の入手に努める。
(2)金曜日に注意する。金曜日はイスラム教徒が集団礼拝を行う日であり,その際,モスク等宗教施設や群衆を狙ったテロや襲撃が行われることがある。本年のラマダン月については,6月2日,9日,16日及び23日が金曜日に当たる。
(3)以下の場所がテロの標的となりやすいことを十分認識する。
観光施設,観光地周辺の道路,記念日・祝祭日等のイベント会場,レストラン,ホテル,ショッピングモール,スーパーマーケット,ナイトクラブ,映画館等人が多く集まる施設,教会・モスク等宗教関係施設,公共交通機関,政府関連施設(特に軍,警察,治安関係施設)等。
(4)上記(3)の場所を訪れる際には,周囲の状況に注意を払い,不審な人物や状況を察知したら速やかにその場を離れる,できるだけ滞在時間を短くする等の注意に加え,その場の状況に応じた安全確保に十分注意を払う。
(5)現地当局の指示があればそれに従う。特にテロに遭遇してしまった場合には,警察官等の指示をよく聞き冷静に行動するように努める。
【車両突入の場合】
●ガードレールや街灯などの遮へい物がない歩道などでは危険が増す。
【コンサート会場,スポーツの競技場等の閉鎖空間】
●会場には時間より早めに入る,終了後はある程度時間を置いてから退出するなど,人混みを避けるよう努める。
●セキュリティの確保されていない会場の外側や出入口付近は危険であり,こうした場所での人だまりや行列は避けるようにする。
●不測の事態の発生を念頭に,会場の出入口や非常口,避難の際の経路等についてあらかじめ入念に確認する。
●周囲がパニック状態になっても冷静さを保つように努める。
【爆弾,銃器を用いたテロに遭遇した場合】
●爆発,銃撃の音を聞いたらその場に伏せるなど直ちに低い姿勢をとる。
●頑丈なものの陰に隠れる。
●周囲を確認し,可能であれば,銃撃音等から離れるよう,速やかに,低い姿勢を保ちつつ安全なところに退避する。閉鎖空間の場合,出入口に殺到すると将棋倒しなどの二次的な被害に遭うこともあり,注意が必要。

4 海外渡航前には万一に備え,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。
さらに,渡航・滞在先の国・地域において緊急事態が発生した場合,メールアドレス等を登録されている場合には,外務省から随時一斉メール等により最新の情勢と注意事項をお伝えしています。
3か月以上滞在する方は,必ず在留届を提出してください。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/zairyu/index.html
3か月未満の旅行や出張などの際には,「たびレジ」に登録してください。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/#

5 海外滞在中の安全対策については,「ゴルゴ13の中堅・中小企業向け海外安全対策マニュアル」も参照してください。
http://www.anzen.mofa.go.jp/anzen_info/golgo13xgaimusho.html

(参考広域情報・スポット情報)
・ラマダン月のテロについての注意喚起(2017年05月22日)
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2017C107.html
・イラン:テヘランにおけるテロ事件の発生に伴う注意喚起(更新)(2017年06月08日)
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2017C129.html
・オーストラリア:メルボルンにおけるテロ事件発生に伴う注意喚起(2017年06月06日)
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2017C125.html
・欧州でのテロ等に対する注意喚起(更新)(2017年06月06日)
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2017C124.html
・英国:ロンドンにおけるテロ事件の発生に伴う注意喚起(更新)(2017年06月04日)
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2017C122.html
・フィリピン:マニラのリゾートホテルにおける銃撃事件(2017年06月02日)
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2017C119.html

(問い合わせ窓口)
○外務省
住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:(代表)03-3580-3311
・領事サービスセンター
(内線)2902,2903
・領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
(内線)3047
・領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
(内線)5139
・外務省 海外安全ホームページ:
http://www.anzen.mofa.go.jp/ 
http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (携帯版)

■ 本お知らせは,安全対策に関する情報を含むため,在留届への電子アドレス登録者,「緊急メール/総領事館からのお知らせ」登録者,外務省海外旅行登録「たびレジ」登録者に配信しています(本お知らせに関しては,配信停止を承れませんのでご了承願います。)。
■ 本お知らせは,ご本人にとどまらず,家族内,組織内で共有いただくとともにお知り合いの方にもお伝えいただきますようご協力のほどよろしくお願いいたします。
■ 在留届,帰国・転出等の届出を励行願います。
緊急時の安否確認を当館から行うために必要です。
以下のURLから所定の用紙をダウンロード後,FAXで(212)755-2851までご送付ください。
http://www.ny.us.emb-japan.go.jp/jp/b/02.html
■ 在ニューヨーク日本国総領事館
299 Park Avenue, 18th Floor, New York, NY 10171
TEL:(212)-371-8222 FAX:(212)319-6357
HP: http://www.ny.us.emb-japan.go.jp/jp/html/
facebook: https://www.facebook.com/JapanConsNY/
twitter: https://twitter.com/JapanCons_NY
*********************************************************
さて、今回は2017年6月24日(土)に行われたダイクマーチ(The New York City Dyke March)です。
050
ダイクマーチは、レズビアンやトランスジェンダーの女性達の権利を守り、存在を示すために行われる、言論の自由を謳った合衆国憲法修正第1条に基づく抗議マーチ。パレードではないため、組織する団体が手を繋いで道を塞いで歩く人々を通してくれます。
055
毎年プライドパレードの前日の夕方行われるこのマーチが友人にとってはとても大切で、参加するのを非常に楽しみにしています。その為、私も体調と時間が許す限り参加しています。
062
因みにご存知だとは思いますが、ダイク(Dyke)はレズビアンの方々を指す蔑称なので普段は絶対に使ってはいけない単語です。が、自分達を指して自信の念を込めてダイクとこの日は呼んでいるようです。
076
マーチはブライアントパークから始まり、ワシントンスクエアパークで終了します。例年は午後5時に始まって、終点のワシントンスクエアパークに着くのが午後7時頃だったのですが。
080
今年は車でのテロを警戒してか、行進する人々が広がらないように狭い範囲にまとめて歩かせるようにしていたようで、なかなか進まず。飛行機が遅れてマンハッタン到着がマーチ開始に間に合わなかった友人も、我々が5番街のブライアントパーク前で足止めをされている間にホテルに荷物を落として合流できました。
084
途中フラットアイアン等を見ながら5番街をひたすら歩いて行くのですが。友人が偶々友達と久し振りの再開を果たしたり。職場の同僚とおち合って話したり、ととても楽しそう。その度に紹介されたり、「久しぶり~」と私達も声を掛け合ったり。
091
今年は初めて太鼓隊の傍で行進することができたので、迫力満点の演奏を聞きながら楽しく歩けました。例年の如く、沿道にあるオフィスで働いている人々もレインボーフラッグを振ってサポートをしてくれたりもして、皆で手を振り返したり。
092
結局足止めされる時間が長かったので、終点に着いたら午後7時半といつもより長く行進していました。でも、今年は5番街がずっと日陰だったので歩くのは楽だった気がします。そして例年に比べて参加者が多かった気が。
094
ワシントンスクエアパークに着いたら、何度もお会いしたことがある友人の同僚と彼女のフィアンセと合流。彼女達は近々結婚する予定らしく、式の事やらドレスの事やらを話しているのを微笑ましく聞き。
096
暑くてしんどかったので、皆で台湾風味付きかき氷(shaved ice)のお店に移動して、そこでもお喋り。フィアンセの女性はオーストラリア人で、世界中を旅してきた強者だったので、色んな話が聞けて楽しかったです。
087
1日が終わったらぐったりでしたが、夫も「楽しかった!」とニコニコだったので良かった、良かった。今日もパレードを存分に楽しみたいと思います。

2017年6月22日 (木)

夏至の日は音楽で祝おう

よく晴れている木曜日のニューヨーク。今日は晴れ時々曇りの予報で、最高気温は27℃。湿度も低めみたいですので、気持ち良い1日になりそうです。

今日はルイジアナを中心にハリケーンが襲来しており、既に1人がお亡くなりになったとの事。今回のハリケーンは強風ではなく、豪雨が問題なのだそう。沿岸や川沿いの方は特に注意が必要。これ以上犠牲者が出ませんように。
*********************************************************
さて、今回は2017年6月21日(水)にニューヨーク全域で約1,000件のコンサートが開催された『Make Music New York』です。
069
なんでも毎年夏至の日に、ニューヨーク市にある5つのボロー全域の歩道や公園等で1,000にも上る小さな無料コンサートが開催される音楽の祭典なのだとか。何となく名前は聞いた事がありましたが、毎年ボランティアに明け暮れていた事もあり、あまりはっきり認識していませんでした。
049
が、今年は気に入ってボランティアの移動時に足を止めているコミュニティーガーデン『LaGuardia Corner Gardens』でミニコンサートが行われるのをフェイスブックで知り、足を運びました。
050
そうしたら、そこに行くまでにもブリーカー通りで10世紀の聖歌の様なものをコーラスで歌っているグループに遭遇。私は宗教アレルギー気味なくせに宗教音楽は大好きで、声楽のCDをよく聴いたりもするので、2曲道端で歌に聞き惚れました。時間だったので、後ろ髪をひかれつつコーラスを後に。
070
ラガーディア・コーナーガーデンでも、夕食の予約の関係で15分しか音楽を楽しめませんでしたが、管楽器を中心に構成されたバンド演奏は迫力満点でご機嫌な音楽。緑に囲まれて音楽を楽しめて至福の一時でした。
071
2人とも腹ペコだったので夕食を早めに入れていて、全部楽しめなかったのが残念。それになんで今まで楽しまなかったんだろう…と後悔しました。

2017年6月21日 (水)

NYCウェイブ・ウォーク

快晴の水曜日のニューヨーク。夏至の今日は最高気温が31℃まで上がって暑くなる予報です。1日概ね晴れるそうですが、午後4時頃雷雨に見舞われる可能性があるとの事。お出掛けの際には熱中症対策と雷雨対策をお忘れなく。

6月はミュージック月と銘打って無料のコンサートが沢山開催されているニューヨークですが、夏至である今日は特に沢山のイベントが開催されます。音楽と夏の陽気を楽しむ絶好の機会ですので、何かイベントを見つけて足を運ぼうかな?と思案中です。
****************************************************
さて、今回は2017年6月21日までニューヨーク市のあちこちに54個の波をテーマにした彫像が飾られているイベント『THE LA MER WAVE WALK』についてです。
026
毎年6月8日は国連が定める世界海洋デー(World Oceans Day)。海の環境保全と与えられる恵みに感謝することを目的として定められた日みたいです。
030
私は全然その存在を知りませんでしたが、ハドソンリバーパークを散歩していたらウェイブウォークと書かれた彫像があったので調べて、初めてこの彫像が54個設置されている物の1つだと知り。その過程で世界海洋デーについても初めて読んだので、このイベントはそれなりの成果を上げているのかもしれません。
034
ビッグエッグハントと同じく、其々の彫像は著名なアーティストによってデザインされており。ヴィヴィアン・ウエストウッド氏の作品など、全ての作品は期間終了後オークションにて売却され、収益は海洋保全のため寄付されるとのこと。
010
ウエストヴィレッジを散策したり、コロンバスサークルを歩いたりして、少しだけ彫像を見てきたので、ごく一部ですがご紹介します。
011
012
013
015
016

コロンバスサークルには計6個の彫像が飾られています。

019
020

アメリカン・フォークアート美術館の前にも。

022

2017年6月16日 (金)

フェルトでできたコンビニエンスストア

重く雲が垂れ込める金曜日のニューヨーク。今日は正午前から雨が降り始め、午後強く降る可能性があるとのこと。明日は午後雷雨になる可能性があるそうなので、ピクニックは日曜日にした方が良さそう。最高気温は22℃。昨日は日陰に居ると結構涼しく、パーカを羽織っていましたが、今日はどうでしょう。

ロンドンにある公営住宅の火事で、少なくとも17人が死亡、45名の行方が分からなくなっている事が今朝も大きく取り上げられていました。ニューヨークの公営住宅も、雨漏りがしているのに全然修理がされないことや、何か月もガスの供給が無いこと等が度々取り上げられていて、管理が行き届いてない印象が強くあります。これを機に、管理体制を今一度見直してくれることを強く望みます。
****************************************************
さて、今回は2017年6月6日~6月30日までハイライン近くのスタンダードホテルの向かいで開催されているアート展『8 'TILL LATE』です。
067
このアートはたまたま前を通りかかった際に不思議に思い。近くの人に聞いてみたら「アートらしいよ」と教えて貰い。その日は行列ができていたので諦め、日を改めてボランティアのついでに訪れました。
041
アートとは言え、外から見ると何なのかよくわかりません。以前この場所にあったコーナーストア(なんでも少しずつ揃うコンビニエンスストア)に因み、イギリス人アーティストのLucy Sparrow氏が作った、本物そっくりの商品を模したフェルト作品が並んだコーナーストアとの事。
068
看板からレジ、ガチャガチャ、クーラーボックスからカウンターで寛ぐ猫やエロ本まで。本物さながらに造られた実在する商品が、フェルトで細かく創られて並んでいます。
059
それらの商品は実際に購入することが可能で、凄い勢いで売れていました。実際日曜日に通り掛かった際にはぎっしり並んでいたショーウィンドーの商品が、水曜日時点ではすっかすか。店内の棚も半分位は空になっていました。

コンビニにあるような商品は大体揃っています。野菜や果物&肉、パンやシリアル、缶詰類や日用品、お菓子&や雑誌、冷凍食品やアイスクリーム。なんだか懐かしくなるラインアップです。
060
わざわざ観に行くほどでもないかな…と個人的には感じましたが、近くに用事がある際には少し遠回りしてみる価値はある気がします。アーティストは、世界中何処も似たような景色になって、同じような店が並び。個人商店が潰れて、個性や地域の特色が失われていく現状に危機感を抱いて、この展覧会を企画しているとの事。
061
既にロンドンでは成功を収め、今回アメリカで初めての展覧会とのこと。フェルトの作品だけでなく、フェルト作品を撮影して作った絵本やステッカー、マグネット等も販売されていました。どんどん作品が減っていくので、ご覧になりたい方はお早めに。

8 'till late
69 Little West 12th Street, New York, NY 10014
6月30日迄の毎日午前8時~午後8時まで。

2017年6月15日 (木)

ブルックリン植物園のメンバーの夕べ

雲一つない快晴の木曜日のニューヨーク。夕方雲が出てくるものの夜までは1日晴れて気持ち良い天候になる予報です。最高気温は22℃。夜半から明日に掛けて天気が崩れ、土曜日も午前中から雨、午後には雷雨になる可能性があるそうなので、今日中に太陽を楽しんでおきたいところです。

昨日の午後2時15分頃、ブルックリンのアトランティックアベニュー駅近くで発砲事件が起こりました。発砲は地下鉄駅構内で発生した口論に端を発しているとの事。被害者は足首を打たれて病院に搬送されたそうですが、口論していたグループに居たかは不明。犯人は現在も逃走中です。アトランティックアベニュー/バークレーセンター駅は、ブルックリンの主要ターミナル駅。以前は毎週お世話になっていました。真昼間に主要ターミナル駅近くで起こった事件だけに怖いですね…。早く犯人が捕まることを祈るばかりです。無用な口論に巻き込まれないように気をつけましょう。

昨日は朝からロンドンで起こった大火事のニュースが大きく取り上げられ。今日は野球を楽しんでいた議員さんが銃撃を受けた事件が世を騒がせています。毎日気が滅入るニュースばかりです。
***********************************************************
さて、今回は2017年6月14日~9月6日までの数週間おきの水曜日の夕方、ブルックリン植物園(Brooklyn Botanic Garden)がメンバーに解放されるイベント『Members’ Summer Evenings』に足を運んだ話題です。
092
ブルックリン植物園のメンバーは、年間3回足を運べば大体元が取れます。入園が無料になる火曜日はボランティアで行くことができませんし。土曜日の午前中は夫の用事が入っていることが多く、結局いつも入園料を払っていることに気付き。今年は植物について少し知識を深めることを目標としていることもあり、夫と2人でメンバーになりました。
102
メンバーになると1年間無制限に入園することができるほか、園内のショップで割引を受けられたり、メンバー限定イベントに参加することができたりします。そんな特典の1つに、夏の間だけ通常は午後6時に閉園してしまう植物園に午後8時半まで滞在することができる『メンバーズ・サマー・イブニング』というものがあります。
091
その日は夕方閉園後も園内を楽しめるだけでなく、普段は禁止されている飲食を持ち込んでのピクニックも指定された場所であればOK。ピクニック好きのニューヨーカー達には魅力的なイベントです。
084
我々も平日は足を運べない夫と植物園を楽しむ滅多にないチャンスですし。3週間前に薔薇が開花してから、体調を崩し全然訪れる事が出来なかった薔薇園を楽しむ絶好の機会でもあったので、現地集合で夕方の植物園を楽しんできました。
086
ボランティア仲間から聞いてはいたのですが、メンバー限定といっても凄い人。にも関わらず、ピクニックを許可されているのは、桜並木のチェリー・エスプラネードとオズボーンガーデンの芝生部分のみ。
089
でも、やっぱり皆さん生のバンド演奏があり、カクテルバーが設置され、薔薇園が目の前にあるチェリー・エスプラネードでピクニックを楽しみたいので、あっという間にブランケットで埋まっていました。ピクニックをしたい方は、午後6時少し前に到着しておくことをお勧めします。私は午後5時50分に到着しましたが直ぐに入園させてくれましたし、桜並木に着いた時には既にピクニックをしている人達がいました。
087
イベントによって違うようですが、昨晩は園内のカフェも営業時間を延長していたとの事。「ピクニックを持ってお出掛けください」とか招待状に書かれていたので、すっかりカフェは営業していないと思い込んでいました。残念…。足を運ぶ前に、その日の営業状況についてはご確認ください。カフェは午後6時で閉店してしまう日もあるそうです。
094
そんな訳で、丸1日立ちっ放しでボランティアをした後、直接向かってくたくたでしたし、朝ごはん後何も口にしていなかったので空腹だったこともあり、私達はお目当ての薔薇園をくるっと散策して1時間もせずに帰りました。
085
しかしながら、薔薇のピークは過ぎていたものの非常に綺麗でしたし。午後6時から20分位は人も少なくゆったりと散策できましたし。昨晩はカラッとして涼しく、とても気持ち良い気候で気分ものびのびしましたし。たまには夫も定時に退社して息抜きするのも大事ですし。とても良い気分で植物園を後にしました。
090 ボランティアが無い日があれば、是非ピクニックもしたいですし。そうでなくとも、また散歩を楽しむ為だけにでも足を運びたいと思います。次には、カクテルも飲んでみようかな?

昨晩は生のジャズバンドが演奏をしていたのですが、ダンスを楽しむ為かカップルで19世紀風に着飾ったり、目立つ装飾のついた帽子を被っていたり、奇抜なファッションをしたりしてパーティーを満喫している人々もいて目にも楽しかったです。
088
勿論、家族連れも沢山でした。お子さん向けの工作テーブルが用意されていたりもするようです。メンバーの方はご家族で訪れても楽しめそうです。

2017年6月 4日 (日)

Konamonコンテスト

快晴の日曜日のニューヨーク。今日は午後4時頃夕立が降る可能性があるようですが、雲は出ても概ね1日太陽は出ているようです。最高気温は21℃。昨日は湿度が低くて非常に気持ちの良い1日でしたが、今日はどうでしょう。

昨日ロンドンで起こったテロ事件を受け、本日ニューヨークの人が集まる場所では警察官が多く配備され、警戒レベルが上げられているそうです。用事が無ければ、人混みは避けた方が賢明かも。

映画『ワンダーウーマン』の試写会が女性限定で行われたことに対し、人権侵害である旨の苦情が数件寄せられているとの事。日本の映画館で行われている女性デーなんて、とんでもないことになりそうですね。早く男性の方が多く払わなくとも公平に感じられるような、本当の意味での男女平等社会が訪れるといいなぁと思わずにいられません。
*****************************************************************
さて、今回は昨日、2017年6月3日(土)に開催されていた『JAPANFes feat Konamon Contest』です。
085
粉もんが大好きな私。ストリートフェアの一部を和食系が占めるジャパンフェスは毎年行われていたと思いますが、粉もんにスポットライトを当てて開催されるのは初めての気が。楽しみにしていたのですが、ここ1週間画面を見るのがきつかったので電子機器から遠ざかっていた為、昨日のブログでお知らせするのをすっかり忘れてしまいました。
075
しかし、ブログを書き終わった午前中フェイスブックが粉もんコンテストをお知らせしたので、急に思いだし。加えて臥せっている間にきらしてしまったお米を朝一で日系スーパーに買いに出掛けたら、粉もんコンテストに出る友人とばったり遭遇。夫と2人でランチがてら足を運びました。
076
今回はパーク街の40丁目~38丁目迄の2ブロックがジャパンフェスの会場。それより南は普通のストリートフェア(食べ物や雑貨の屋台が並ぶ)でした。ジャパンフェスの会場にはステージが用意されて催し物をやっていたり、和食系の屋台が並んでいたり、着物の古着や陶器のアクセサリーが販売されていたり。最近kimonoローブとか、kimono袖を使ったシャツやカーディガン、羽織を頻繁に目にするので、洋服として短めに切った着物を羽織るのもありだよなーなんて思いながら眺めたり(ジーンズ+白Tの上に、着物っぽい柄と形のオーガンジーの羽織を着ている外人さんを見掛けます)。
078
でもお目当ては粉もん。1チケット$8で、最初にチケットをテントで購入してから、各店舗で品物をチケットと交換で手に入れる方式。大阪風&広島風お好み焼き、イカ焼き、焼きまんじゅう、焼きおにぎり、団子からスイーツまで充実のセレクションでした。
081
が、私はまだ体調が完全ではなかったので臭いにやられ。みたらし団子+磯辺焼きを食べたのみでギブ。夫には友人が頑張って作っている広島風お好み焼きを購入してもらい、2人で道端に座って食べました。昨日は日差しがぽかぽかで、ニューヨークには珍しく島の中心の辺りでは風も弱かったので、気持ち良かったです。
079
お団子もきちんと粉茶で淹れたと思われるアイス緑茶もとっても美味で大満足。チケットを購入するのに10分、お好み焼きを購入するにも15分程行列する人気ぶりでした。異国の方々が、一生懸命「okonomiyaki」とか練習してたりして、微笑ましい気分になりました。
080
B級グルメというまだまだ浸透していない日本の食文化を伝えてくださった主催者+屋台の皆様に感謝を。暑い中お疲れ様でした!

より以前の記事一覧