2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

フード(カフェ)

2018年8月 8日 (水)

MY NYC:カフェ編『Cafe Belle』

晴れの水曜日のニューヨーク。本日の予報は午前中は晴れ時々曇り、午後になると所により雷雨です。昨晩凄い雷でしたね。クイーンズで3名が落雷に打たれて1人は意識不明の重体に陥っているとのこと。雷が鳴り始めたら避難しなければと改めて感じました。最高気温は32℃。湿度も高く蒸し暑い1日となりそうです。

ヘルズキッチンで新たに2軒のレジオネラ菌に感染した建物が確認されたとの事。次々とレジオネラ菌感染が確認され怖いです。ニューヨーク市の水道塔の中に、動物の死骸やごみが入っているのが次々と発覚し、現在は年に1回義務付けられている点検の回数を上げる法案が検討されていますし。色んな自衛が必要な街です…。

ライドシェア(UBERやLyft)の営業許可を1ドライバーにつき1年に制限する法案が検討されています。確かにバリアフリー対応等を義務付けられ、高いライセンス料を払うタクシー運転手が不利益を被るのは良くないとは思う反面、やっぱりライドシェアは便利なんですよね…。どうなるのでしょうか。
***************************************************************
さて、今回も超個人的ニューヨークのお気に入りを独断と偏見でお届けします。今回はNolitaにある小さなイタリアンカフェ『Cafe Belle』です。
041
このカフェが登場したのは去年の中頃だったと記憶しています。そんなに前からあるカフェではないにもかかわらず、既に地域に馴染んでいる感じがします。
042
このカフェがある通りは、いかにもSoHo周辺といった感じの細い一方通行。斜め前には古い煉瓦の建物に入った図書館があり、近くにはコミュニティーセンターもあって、雰囲気がある、フォトジェニックな地区にこじんまりと鎮座しています。
005
このカフェは何で気に入っているか説明が難しいです。各種イタリアンスイーツも揃っているのですが、どれも甘すぎて然程好きでもありませんし(と言いつつ、小腹を満たすために割と食べてますが)。ドリンクも、オーナー家族の一員とみられるロングヘアの若い白人女性が淹れてくれる日は美味しいのですが、他の店員さんだと残念な味だったりしますし。
002
なのに割と足繁く通っていて、1年経った今では確実にお気に入りのカフェにランクインしています。ボランティアに近いので、テイクアウトしてドリンクを持ち込んだりしていましたが、ボランティア仲間と喋り込むのにもよく利用していました。
003
カラフルな花柄の壁紙に、白&黒のテーブルと椅子。使われる食器はレトロなガラスの器だったり、ちょっと野暮ったいぽってりとしたカップ&ソーサーだったり。全体的に可愛らしくも親密な雰囲気で居心地が良く。
004
客層も観光客の方もいますが、どちらかというと近くで働いていると思しき人がPCを開いていたり、同僚同士で愚痴っていたり…という感じで地元のカフェという感じがします。そして凄く混む事は稀なので、ドリンクだけで長居して話し込むことが可能。静かで話がし易い環境です。
056
トイレもありますし、近くには沢山のレストラン&ショップがある地域にあるので、観光やショッピングのついでに寄るにもぴったり。最近スターバックスやサードウェイブのコーヒー店に加えて、北欧のチェーン店が増えてきたSoHo/Nolita周辺ですが、こんな風に独立したユニークなお店も登場してくれると安心します。

Cafe Belle

280 Mulberry St

New York, NY 10012
あまり情報はありませんが、お店のHPはこちら

2018年8月 6日 (月)

MY NYC:ベーカリー編『Sullivan Street Bakery』

薄曇りの月曜日のニューヨーク。今日は晴れ時々曇り。最高気温は34℃の予報です。本日も引き続き暑さと光化学スモッグに対して注意報が発令されています。以下にニューヨーク市から送信されたメールを添付致しますので、内容をご確認の上ご注意ください。

Notification issued 08-05-2018 at 3:33 PM.

The National Weather Service has issued the following:
What: Heat Advisory
Where: NYC
When: 3:25 PM on 08-05-2018 to 8:00 PM on 08-07-2018
Hazards: These conditions are dangerous to health. People without air conditioning, older adults, and people with chronic health conditions are most at risk.
Preparedness Actions: 
- Avoid strenuous activity
- Active children, adults, and people with lung disease such as asthma should reduce prolonged or heavy exertion outdoors

For cooling center information, including locations and hours, as well as safety tips on avoiding heat illness, contact 3-1-1 or visit http://on.nyc.gov/extremeheat.

For the latest weather info: www.weather.gov/okx/.

Notification issued 08-05-2018 at 6:00 PM. The New York State Department of Environmental Conservation has issued an Air Quality Health Advisory for New York City from 11:00 AM to 11:00 PM on 08-06-2018. Active children and adults, and people with respiratory problems, such as asthma, should reduce prolonged or heavy exertion outdoors. For more information, visit the National Weather Service at http://www.1.usa.gov/16w10Sq or the Department of Environmental Conservation at http://www.dec.ny.gov/cfmx/extapps/aqi/aqi_forecast.cfm.

日曜日の午前11時頃、アッパーウエストサイドにある人気ブランチ処『サラベス』で、男性客がいきなり冷凍庫から出てきて(その時点で疑問が湧きますが…)、キッチンにあったナイフで従業員を襲う事件が起こりました。幸い男は直ぐに取り押さえられ、怪我人は出なかったとのこと。サラベスも今日から営業を再開するそうです。それにしても、あんな家族連れが多い、安全と言われる地域でこんな事件が起こるなんて怖いですね。レストランは、いちいち警備の人を雇ってもいないですし、混雑に紛れてキッチンに忍び込みやすいんでしょうし。人心が乱れているのでしょう…。
************************************************************
さて、今回も自分のお気に入りを振り返るだけの自己満足記事です。今回はベーカリー編、ヘルズキッチンとチェルシーに店舗を構えるベーカリー『Sullivan Street Bakery』です。
011
去年グランドセントラル駅に入っている『Bien Cuit』をボランティア仲間に教えてもらうまで、ダントツに好きだったパン屋さん。夫もここのパンが好きなので、クリスマス等のここぞというイベント事に添えるパンはここのロールを使っていました。
009
ここのパンはどれもとても美味しく、でも存在を主張しすぎないので料理と食べるのに最適だと思っているのですが、特に好きだったのはセモリナ粉や全粒粉等の色んな味の揃ったハード系ロールパン。様々な味を楽しめるので飽きずに食事ができますし、保存もし易くて気に入っていました。

今年に入ってヘルズキッチンの店舗を改装していましたが、先日再オープン。久し振りにブランチに足を運ぶと、イートインスペースが随分広くなっていました。
008
また今まではピザしかなかった惣菜パンが種類を拡張し、オープンサンドイッチやホットサンド、チーズパフ等が勢ぞろい。菓子パンも種類が増えていて、選ぶのに迷う程でした。

店内にはトイレも完備され、お子様連れや1人でPCに向かう人、若者グループやカップルなどで賑わっていました。お店の方もとても感じが良かったです。
014
チェルシーのお店もイートインスペースが広めに確保されているので、カフェのように利用する人が多い店舗です。チェルシーの店舗でもパンの種類が増えているかは確かめていません。いつ前を通っても繁盛していますが…。

因みにボランティア仲間内で、ニューヨークで一番美味しいパン屋は何処かという話題になった際には、サリバン・ストリート・ベーカリーを挙げた人が多くて驚きました。やっぱり美味しいんですよね。

Sullivan Street Bakery

533 W 47th St
New York, NY 10036
営業時間等の詳細はお店のHPにてご確認ください。

2018年8月 2日 (木)

MY NYC:スイーツ編『Ample Hills Creamery』

朝は雨が降っていたものの、太陽が出てきた水曜日のニューヨーク。本日の予報はサイトによって全然違いますが…ラジオでは午前中は雷雨の可能性が高く、午後からは晴れ間が覗くと言っており。サイトによっては、20%未満の降水確率があるものの、概ね晴れ時々曇り。NY1では、午後2時~5時頃にかけて雷雨の可能性があると予想しています。最高気温は30℃。ムシムシしているので、少し活動すると汗が噴き出ます。

まだまだ引っ越しの準備が終わらないにもかかわらず、段々と人と会って食事をしたり、お茶をしたりしつつお別れをし始めました。お蔭で、この日はここでこの人と会って、あそこに移動してあの人に挨拶して。この日はランチをこの人と食べて、移動してこの人とお茶して…。と連絡を取りつつ、スケジュール表を睨みつつの日々。予定を詰め込み過ぎて体調を崩さないように気を付けねばいけません。

そんなこんなで、昨日はブログまで辿り着けませんでした。これからランチの予定も多いので、書けなかったり、時間が違ったりという事が多くなると思います。ニューヨークを出るまで2週間。体調を崩さず、皆さんに挨拶ができると良いのですが。
**************************************************************
さて、今回も9年間のニューヨーク生活で見つけた超個人的お気に入りを振り返るだけの記事。今回はスイーツ編の第5回目、ブルックリンからスタートした手作りアイスクリーム店『Ample Hills Creamery』です。
015
このお店は、友達カップルとその仲間達と独立記念日のBBQをプロスペクト・パークで楽しんだ後、ブルックリンの一号店に連れて行かれたのが知ったきっかけだったと記憶しています。随分前なので自信がありませんが…。

その後、ブルックリン・ブリッジパークに出店ができたので、友達と散歩した際に皆で食べたり。ハイラインの南端近くに小さなお店ができたので、ボランティアの前後に疲れ切った際にランチ代わりに食べたり…と随分お世話になりました。
006
ここのアイスクリームは、濃厚で奇抜な味が多く。日本人の好みからすると甘すぎるフレーバーが多い気がします。しかし個人的には、しっかり焦がしたキャラメルが特色の『SALTED CRACK CARAMEL』はお気に入り。これを食べると友達と過ごした楽しい日々を思い出します。

そして味はそんなに好きではないのに絶対に毎年食べていたのが6月限定フレーバー『BABY, I WAS CHURNED THIS WAY!』。これはプライド気分を盛り上げてくれるので、その楽しみの為に食べていました。
009
最後にもう一回「塩焦がしキャラメルアイス」を食べようとマンハッタンの店舗を訪れたら、「ブルックリンの店舗でしか販売していません」と言われてショック。何故だ!仕方なくベーシックなバニラを食べましたが、美味しかったです。

Ample Hills Creamery
ブルックリンやマンハッタンに複数店舗があります。詳細はお店のHPにてご確認ください。

2018年7月30日 (月)

MY NYC:スイーツ編『Gelato Giusto』

晴れている月曜日のニューヨーク。今日の予報は午前中は晴れ時々曇り。午後から夜に掛けては曇り。最高気温は27℃です。

昨日ブルックリンで停電が起こり、数棟のアパートが影響を受けたとの事。足が悪いお年寄りがエレベーターが使えないために数時間外のベンチで待ち続ける等影響が出たようですが、女性が一人死亡しているのが発見されたとの事。停電との関連性を調査しているそうです。これから雷雨が増えるので、停電に備えて各自準備することも大切です。

昨日も薬を飲んで早々に就寝したにも関わらず、今日は風邪でダウンしています。丁度用事が無い日ですし、じっくり治したいと思います。
***************************************************************
さて、今回も独断と偏見で超個人的ニューヨークのお気に入りを書くだけの回。スイーツ編の第4回目です。
001
今回は暑い季節は週に1回のペースでお世話になったチェルシーにあるジェラート屋さん『Gelato Giusto』です。このお店は2015年に登場したばかりなのですが、既に地域に根付いている感があります。

私もボランティアへの通り道にあるので、暑くて疲れた日などには自分にご褒美気分になって、ランチ代わりにジェラートを食べることがよくありました。イタリア人のオーナーが割とお店にいらっしゃって、お客さんと言葉を交わしています。
020
店内には座り心地の良いベンチ席2つとカウンター席が2か所あり。お店の前に大きなベンチが3つ置かれているので、いつ訪れても座れないという事はありません。

平日の午後訪れると、近所の小学生が押し寄せて、味見だけして帰っていきます。買う気が無いのをわかっているでしょうに、お店の人達はいつも子供達にスプーンに乗せたジェラートをあげていて、地元に愛されている理由がわかる気がします。良くないんですけどねぇ…。
012
勿論、お子さんを連れたご家族連れでも賑わっています。居心地の良い店内は暑い季節はいつでもお客さんが多くいます。

しかし勿論居心地が良いのだけが繁盛している理由ではなく、毎朝店内で手作りされる作り立ての美味しいジェラートが人気。その日毎に手作りされるので、訪れる日によって用意されているフレーバーも異なり、頻繁に足を運んでも飽きることがありません。
013
裏を返せばお気に入りのフレーバーが偶にしか食べれない訳で、残念だったりもするのですが…。毎日その日用意されているフレーバーがHPで発表されるので、お目当てのフレーバーがある方は足を運ぶ前にチェックされると安心です。

フレッシュで、美味しくて、居心地が良くて。このお店のジェラートとハイラインで食べる『People's Pops』のアイスキャンディーが、9年間のニューヨーク生活で一番食べたスイーツだと思います。個人的にはソルベよりもジェラートが好きで、クリーム系がお気に入りです。

Gelato Giusto
164 Ninth Avenue, NY
メニューや営業時間等の詳細はお店のHPにてご確認ください。

2018年7月20日 (金)

ウィリアムズバーグのイタリアンカフェ『Lella Alimentari』

雲一つない快晴の金曜日のニューヨーク。今日は1日晴れて、段々と湿度が下がる予報です。明日からずーっと雨の予報なので、済ませられる用事は済ませておくと吉かも。最高気温は28℃。今日も少し過ごし易い日になりそうです。

昨日午前7時頃、5番街と21丁目付近でスチームパイプが爆発する事故がありました。パイプの周りにアスベストが使われていた事から、現在周辺の住人に注意が呼びかけられています。妊婦さん等は大事をとって避難している模様。その他の人には、このエリアに近づかないよう呼びかけられています。安全性が確認されるまで、マディソンスクエアパークやフラットアイアン周辺は避けた方が無難そうです。また周辺道路が閉鎖されているようで、車での通行は迂回が必要になると思います。昨日からクラクションがいつにも増して五月蠅いんですよね…。

既に爆発近くに住むか働くかしていて、アスベストを吸ってしまった可能性が心配な方のために質問に答えてくれる場所が用意されています。以下のセンターまで足をお運びください。

Notification issued 7/19/18 at 7:43 PM. A reception center has been opened for affected individuals at the Clinton School at 10 East 15th Street until 10:00PM tonight. This reception center is for information inquiries only. Individuals who live or work within the potential affected area and need to retrieve needed medical supplies or pets should report to the reception center, where escorts will be coordinated if possible. The reception center will reopen on Friday, July 20th at 8:00AM. The American Red Cross in Greater NY will be at the reception center to assist evacuated residents.
******************************************************************

さて、今回はブルックリンのウィリアムズバーグの北側にあるイタリアンカフェ『Lella Alimentari』です。
007
先日夫が用事でウィリアムズバーグに行く際に金魚の糞よろしく引っ付いて行き、ランチをしてきました。本当は大好きなクレープ屋さんに最後にもう一度足を運ぼうと思っていたのですが、このイタリアンカフェの写真を見てどうしても試してみたくなりました。
003
その日は何となく野菜が沢山食べたい気分だったのです。このカフェは実際に働いている人達がイタリア出身の方達らしく、とっても陽気でお茶目に接客してくれました。

カフェに入ったらカウンターで注文して席に座って待つのですが、壁に分れて貼られたメニューがよく解らず困惑。すると料理に精を出していた男性が「ここは初めてかい?」と声を掛けてくれ。肯定すると滔々とメニューの説明をしてくれました。
004
なんでもメニューは大きく分けて朝食と丼、サンドイッチに分れており。其々中に入れるものが記載されているとの事。朝食はベーグルとかオムレツとかがあったと思います。それとは別にデイリースペシャルが貼り出されていました。その他にもスープとかペイストリーがあったと記憶しています。

「ドリンクはあっちのぶ男に注文してね」とその男性が言うので、実際はとっても魅力的なバリスタさんにラテとアメリカンを注文。ドリンクを飲みながら食事を待ちました。ここのコーヒーはとっても美味しかった!酸味が少ない、私達好みの味。確かに最近のサードウェーブのコーヒーではなく、昔ながらのコーヒーといった味わいだと感じました。
005
店内はイタリアの食材が棚に並べられた生活用品店に、テーブルが置かれているといった雰囲気。私達は窓際の席に座ったのですが、窓から青空と茜色の向日葵が見えてとっても気持ち良い店内でした。肩の力が抜けていて、気取ってないけど清潔で。リラックスして過ごす週末にぴったりでした。

頼んだ丼も野菜がとっても新鮮で抜群に美味しかったです。どうしてヨーロッパの料理人さんは、野菜をオイルで和えて美味しく仕上げるのが上手んでしょうか?シンプルなのにメリハリが効いていてとっても美味しく、感心するんですよね…家で再現できないのが残念。
006
トイレも割と清潔でしたし、アメリカ人の方は外のベンチで楽しそうに食事されてました。ドリンクも食事も大変美味しく、雰囲気も抜群で大満足でした。ウィリアムズバーグの中心地から15分程外れますが、わざわざ足を運ぶ価値ありだと思います。

Lella Alimentari

325 Manhattan Ave
Brooklyn, NY 11211
b/t Metropolitan Ave & Conselyea St
お店のFBページはこちら

2018年7月 7日 (土)

ウエストヴィレッジのベーカリー『Sweet Corner Bakeshop』

気持ち良い青空が広がる土曜日のニューヨーク。今日は1日晴れて、湿度の低いカラッとした過ごし易い気候になる予報。最高気温も25℃で、ニューヨーカーが「What a beautiful day!」と口を揃えて言うような日になりそうです。絶好のピクニック日和かもしれませんね。

最近忙しくて日本のニュースサイトを見ていなかったのですが、西日本の豪雨で大きな被害が出ているのですね。これ以上被害が広がらないよう心から祈っています。被害に遭われた地域が少しでも早く復興しますように。

葉書等を電子化して廃棄する作業に取り組んでいるのですが、操作を間違えて今まで撮り溜めた写真を削除してしまいました…。あぁ。疲れていると碌な事をしません。
************************************************************
さて、今回はウエストヴィレッジにあるベーカリー『Sweet Corner Bakeshop』です。
027
ずっと目の前を通り過ぎていたのに、入店したことがなかったこちらのベーカリーカフェ。お洒落な外観から勝手にハイエンドっぽいカフェなのだとばかり思い込んでいたのですが、地元民に愛される、地に足着いたお店なのだと気付きました。
045
オーナーは、ブラジルで生まれ育ったシェフみたいで、ポン・デ・ケイジョなんかも置いてあります。勿論、クッキー、マフィン、ケーキ等のスイーツも種類豊富に揃っています。他にもサンドイッチ等もあるので、軽食を済ますことも可能。
046
一通りドリンクメニューも揃っているので、店内のカウンターや店先のテーブルで一服する人も多く。近所の人達が通りかかっては、お客さんと立ち話をしていったり。学校帰りのママさん達が子供達とスイーツを頬張っていたり。ニューヨーカーの生活が垣間見れます。
006
店員さん達もとってもフレンドリー。質問すると丁寧に答えてくれますし、気持ち良い対応です。
007
スイーツ類もアメリカにしては甘さ控えめな物が多く、日本人の口にも合うと思います。私は特にマフィンが好きです。アメリカのマフィンは甘すぎて不味い物が殆どですが、ここのマフィンは美味しく食べられます。
008
ここのスイーツをテイクアウトして、ハイラインや教会の庭で食べると贅沢な休憩ができます。残念ながらトイレはありませんので、少し離れた場所にあるハイラインかチェルシーマーケットおよびガンズボートマーケットの公衆トイレを借りるしかありませんのでご注意ください。

Sweet Corner Bakeshop

535 Hudson St
New York, NY 10014
メニューや営業時間等の詳細はお店のHPにてご確認ください。

2018年7月 4日 (水)

トライベッカのカフェ『Kaffe 1668 NORTH』

曇り空の独立記念日のニューヨーク。今日の予報は曇り。降水確率は15%前後で、昨日までの雷雨の予報からは改善したようです。夜の降水確率は低そうなので、メイシーズの花火は満喫できそう。良い独立記念日をお過ごしください。

在ニューヨーク日本国総領事館から安全情報が送信されました。これから夏休みなどで移動される際の安全情報や、物件に関する詐欺について説明がされています。内容をご確認のうえ、安全な夏休みをお過ごしください。
************************************************************************
本メールは,安全対策情報を含む総領事館からのお知らせとして『パークアベニュー299』の名称で皆様に情報を発信しています。

●夏休みシーズンの安全対策について
夏季休暇を利用して外出や旅行を計画されている方も多いと思いますが,欧米やアジアを含め世界各地でテロが発生しており,特に観光客が多数訪れる観光地では,観光名所やイベント等に集まる不特定多数の群衆を標的としたテロ等の発生が懸念されます。皆様におかれましては,以下に挙げる安全対策を参考に安全で快適な休暇をお過ごしください。

1 「海外安全ホームページ」等で旅行先の最新の安全情報を事前に入手する
外務省が発出する海外安全情報及び報道等により,治安情勢等,渡航・滞在先について最新の関連情報の入手に努めてください。
※外務省海外安全ホームページ
https://www.anzen.mofa.go.jp/
2 連絡先を家族に伝える,「たびレジ」に登録する
海外や当館管轄地外への旅行の前には,万一に備え,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えてください。また,海外や当館管轄地外への旅行を計画されている方は,必ず「たびレジ」への登録を行ってください。
※夏休み「たびレジ」登録推進キャンペーンを開催中です
https://www.anzen.mofa.go.jp/anzen_info/gaimushoxkenkoba.html

3 現地でテロの標的となりやすい場所を訪れる際には,安全確保に十分注意を払う
観光施設,観光地周辺の道路,記念日・祝祭日等のイベント会場,レストラン,ホテル,ショッピングモール,スーパーマーケット,ナイトクラブ,映画館等人が多く集まる施設,教会・モスク等宗教関係施設,公共交通機関,政府関連施設(特に軍,警察,治安関係施設)等はテロの標的となりやすい場所です。このような場所を訪れる際には,予め非常口等の避難経路を確認しておき,周囲の状況に注意を払い,不審な人物や状況を察知したら速やかにその場を離れる,できるだけ滞在時間を短くする等の注意に加え,その場の状況に応じた安全確保に十分注意を払ってください。

 
また,最近,フランスやドイツなど欧州のシェンゲン領域国を観光や出張で訪問する在留邦人の方より,所持するパスポートの有効期間がシェンゲン領域国からの出国予定日から3ヶ月を切っていたため,当地の空港で搭乗を拒否されたとして,当館にパスポートの再取得を求めるケースが増えています。ご旅行前に渡航先国の入国条件(ビザが必要か否か,旅券の残存期間を定めていないかなど)を旅行会社,我が国や米国に駐在する各国大使館等にご確認ください。
※参考:外務省ホームページ「欧州諸国を訪問する方へ」
https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/page4_000122.html

●インターネットを介したアパート賃貸詐欺(実在する民泊仲介サイトを装った偽造サイトを使用した詐欺)
 「パークアベニュー299第47号」でご案内しましたが,在留邦人の方より類似の詐欺被害に遭ったとの情報提供がございましたので,概要を以下のとおり紹介します。

・インターネットサイトで見つけた賃貸情報よりオーナーに連絡を取ったところ,オーナー自身は外国在住者だとして,物件見学前にデポジットを送金するよう依頼があった。
・当初は詐欺かもしれないと疑ったが,オーナーより実在する民泊仲介サイトを介する取引であり,詐欺などであった場合は同サイトが全額保証してくれると説明され,自身で同サイトを調べたところ優良サイトであったことからオーナーの説明を信じ,オーナーに指示されるままビットコインにより支払いを行った。
・ところが,物件見学の約束の期日になってもオーナーから連絡は来ず,物件を見つけたサイトに状況を問い合わせたところ,自身の振り込み情報はないと言われ,そこで始めて詐欺であることに気がついた。
・オーナーから届いた送金方法を指示するメールに民泊仲介サイトのリンクなどがあり,リンク先を見ると同サイトが表示されていたのだが,そのサイトそのものが実在する民泊仲介サイトを装った偽造サイトだったようである。

この手の犯罪の被害やトラブルに巻き込まれないためにも,個人間の賃貸契約は相手が信頼できるかどうか慎重に見極めて対応することや物件の見学前や貸主に実際に会うまでは前金を支払わないことが重要です。また,不動産仲介サイト等を介した貸主とのやり取りの中で,貸主から仲介サイトが定めていない方法による支払いを求められたなど,少しでも不審や疑問に感じた際には,仲介サイトに問い合わせてください。

●ゴルゴ13の中堅・中小企業向け海外安全対策マニュアル
外務省では,昨年7月のダッカ襲撃テロ事件を踏まえ,中堅・中小企業の安全対策の強化を重視し,「切り札」として「ゴルゴ13の中堅・中小企業向け海外安全対策マニュアル」を制作しました。外務省海外安全ホームページに掲載(全13話)されておりますので,皆様の安全対策の参考としてご活用ください(4月より動画版の公開を開始しました)。
http://www.anzen.mofa.go.jp/anzen_info/golgo13xgaimusho.html

●母子手帳(親子健康手帳)の配布のご案内
当館では,一般社団法人親子健康手帳普及協会より外務省を通じて提供のあった母子手帳(親子健康手帳)を当館管轄地域に在留する妊婦の皆様などを対象に配布しております。
詳しくは,当館ホームページをご覧ください。
http://www.ny.us.emb-japan.go.jp/jp/boshi-techo/index.html

●在外公館における「パスポート申請書ダウンロード」の先行運用開始のお知らせ
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport/download/top.html

●当館休館日(2018年7月~8月)
7月4日(水) 独立記念日
9月以降の休館日は当館ホームページをご確認ください。
http://www.ny.us.emb-japan.go.jp/jp/l/02.html

■本お知らせは,安全対策に関する情報を含むため,在留届への電子アドレス登録者,「緊急メール/総領事館からのお知らせ」登録者,外務省海外旅行登録「たびレジ」登録者に配信しています(本お知らせに関しては,配信停止を承れませんのでご了承願います。)。
■本お知らせは,ご本人にとどまらず,家族内,組織内で共有いただくとともにお知り合いの方にもお伝えいただきますようご協力のほどよろしくお願いいたします。
■在留届,帰国・転出等の届出を励行願います。
緊急時の安否確認を当館から行うために必要です。
以下のURLから所定の用紙をダウンロード後,FAXで(212)755-2851までご送付ください。
http://www.ny.us.emb-japan.go.jp/jp/b/02.html
■在ニューヨーク日本国総領事館
299 Park Avenue, 18th Floor, New York, NY 10171
TEL:(212)-371-8222 FAX:(212)319-6357
HP: http://www.ny.us.emb-japan.go.jp/jp/html/
facebook: https://www.facebook.com/JapanConsNY/
twitter: https://twitter.com/JapanCons_NY

Please consider the environment before printing this email.
************************************************************************
さて、今回はトライベッカにあるあるカフェ『Kaffe 1668 NORTH』です。
20180701_095156
このカフェは随分前からトライベッカで営業していて人気を博していたのですが、オリジナルのSouthと現在は呼ばれているロケーションはこじんまりした店舗でいつも混んでおり。しかも私たちはあまり足を運ばない地域なので、入店する機会を作れずにいました。

が、今回通りかかったら少し北に大きめの店舗ができており。ブログを書くために調べたら、5番街の44丁目と45丁目の間にも店舗をオープンしたそうで、結構手広くやっているようです。
20180701_095722
暑くて喉が渇いていたので少し涼みたかったですし、気になっていたカフェが週末の朝にも関わらず結構空いておりのんびりできそうだったので、一休みしました。

店内は薄暗く、シックなインテリアでまとめられていて落ち着いた雰囲気。ペイストリー類だけでなく、スムージーやサンドイッチ、オムレツなどの朝食メニューも揃っていたので、皆さん食事を楽しんでいるようでした。
20180701_095802
家族連れが食事していたり、カップルで菓子パンをつまんでいたり、1人でPCに向かっている人がちらほらいたり。その割には静かな印象が残りました。

私はラテを頼みましたが、普通に美味しかったです。どちらかというと、空間を楽しむ感じでしょうか。店員さんもフレンドリーではないですが、迅速には対応してくれました。
20180701_093738
トライベッカはちょっと値が張るお店が多い印象なので、気軽に軽くつまみたい時に便利かもしれません。このカフェもいい値段ではありますが…。

Kaffe 1668 NORTH
401 Greenwich Street (Cross streets: Beach street, Hubert street)
New York, NY 10013
メニューや営業時間等の詳細はお店のHPにてご確認ください。

2018年6月27日 (水)

ウエストヴィレッジの中国茶ティールーム『Luv Tea』

曇天の水曜日のニューヨーク。今日の予報は曇り時々雨。1日中降水確率が25%前後みたいなので、念のため折り畳み傘を携帯した方が良いかもしれません。明日は大きく天気が崩れそうなので、太陽を拝めるのは金曜日までお預けかも。最高気温は24℃。湿度は高めです。

ギャング関連の抗争が無くなりませんね。定期的に若者が命を落とすのに、対策が打たれないのが不思議に思われます。これも貧富の差が無くならない弊害なのでしょうか。あまり成績が良くない公立学校に子供を通わせるメリット等が話題になっているようですが、命に係わることとなると慎重にならざるを得ませんよね…。ブロンクスやクイーンズの治安の改善には何が必要なのでしょうか…。
************************************************************
さて、今回はウエストヴィレッジにある中国茶のティールーム『Luv Tea』です。
023
コーヒーも飲めるようになったものの、今でもお茶の方が好きな私はまだまだ甘味料がふんだんに入ったアメリカのお茶類にはがっかりすることが多く。昔よりは断然美味しいお茶が増えたものの、やっぱりまだまだ甘味料が加えられていたり、色のついたお湯みたいだったり、反対に苦くなってしまっていたりといったお茶に遭遇する確率は高いです。

その為、そもそもカフェなどではお茶類を頼むことが少ないですし。頼むとしても、甘味料が入っていない事を確認してアイスティーを頼むくらい。基本的にお茶は家で楽しむもの、外ではラテを飲む事が多いです(コーヒーの酸味が苦手なので、ラテであれば酸味が目立たないので)。
024
そんな訳で紅茶・お茶専門店ができると思わず試してみたくなります。残念ながら雨後の竹の子のようにポコポコとカフェが増えているのに比べるとお茶の専門店はまだまだ少ないですが、それでも増えてきてはいます。

ティールームというとどうしても高価でハイソなイメージの場所が多いのも、外でお茶を飲む機会が少ない一因だと思うのですが。この『Luv Tea』は、どちらかと言うとお洒落なカフェっぽい印象のお店で、前を通っては一度試してみたいと思っていました。
010
開店時間は午前10時~午後8時になっているのですが、何となく印象ではもう少し遅く開いている気が…。近くでボランティアする際にドリンクを購入して持ち込むので、居心地の良い店内でのんびりしたいものの、泣く泣くテイクアウト。

いつ訪れても静かで席の余裕があるので、大事な人とのんびり話したい時にはとても良い場所な気がします。白木の家具でまとめられたシンプルな店内は居心地も良さそうでした。
003
お茶類は1杯$8前後するので、一般的なドリンク類に比べると2倍~3倍します。そのため気軽には購入できませんが、美味しいので疲れが酷い時や元気を出したい時にはつい購入してしまいます。

甘味が加えられているメニューもありますが、蜂蜜とか自然な甘みなのでとっても美味しく。なんだかほっとして微笑んじゃうような味です。高価過ぎるという批判が多いようですが、個人的には納得の美味しさ。注文してから丁寧に淹れてくれるので5分程待ちますが、その価値ありだと感じています。
002
お店がある通りもこじんまりして好きです。忙しさに追われる移動中も散歩気分が楽しめる界隈。そんな時Luv Teaのお茶があれば最高です。

Luv Tea

37A Bedford St

New York, NY 10014
営業時間等の詳細はお店のHPにてご確認ください。

2018年6月24日 (日)

有名ライフコーディネーター監修のカフェ『Martha Stewart Café』

今にも降り出しそうな日曜日のニューヨーク。日中は曇り時々晴れの予報で、降水確率は20%前後。そんなに大きく天気が崩れそうも無くて、プライドマーチを楽しめるのではないでしょうか。但し夜は雨になる可能性が高そうです。最高気温は28℃と高めですので、熱中症にお気をつけて。今日のマーチが大きな事件や事故なく終わりますように。

相変わらず体調が優れないので、今回も早速本題です。最後のプライドが楽しめなくて、心底残念…。
**************************************************************
さて、今回はチェルシーのハドソン川近くのオフィスビル1階にある有名ライフコーディネーターであるマーサ・スチュワート氏監修のカフェ『Martha Stewart Café』です。
005
最近でこそカフェが次々とできてきたチェルシーですが、ハイラインができたり、ギャラリーが多くあってビジターが多い地域の割にはまだまだカフェは少ない印象があります。特にカフェは8番街と9番街には豊富にあるものの、10番街から西にはまだまだ少ないと感じます。

特に34丁目~20丁目辺りの西側はまだまだガラーンとしている場所も多く。The Terminal Stores Buildingやホテルのラウンジ、スターバックスの他はあんまり休める場所がない気がします。
006
でも天気が良ければハドソン・リバー・パークに豊富にあるベンチでのんびり寛げるので、ドリンクさえ調達すれば何処でも休める地域でもあり。ハイラインと並んで、ボランティアの合間にホッと一息つく場所になっています。

そんな時便利な場所にあるのが『マーサ・スチュワート・カフェ』。オフィスばかりが入ったビルの1階のロビーに併設されているテイクアウト専門の小さなカフェです。外には全く看板が出ていないので、場所を知らないと気付かないと思います。ビルを入ると左側にちょこんとあります。
007
少しだけ菓子パンやデザートが販売されている他は、一通りのドリンクが売られているだけのカフェ。しかも別にマーサ・スチュワートのレシピで作られているという訳でもなさそうで、ペイストリー類は他で作られた物を販売しているようでした。
008
特に特別な所は全くありませんでしたが、他にカフェが多く存在しない割に働く人が多いためか、平日の昼間に訪れたら結構な混みようでドリンクが出て来るのに5分は待ちました。
004
とは言え、ドリンクとバナナブレッドを春の日差しの中でハドソン川を眺めやりつつ楽しむのは至福の時でした。15分ほど休んだだけでしたが、その後のボランティアを頑張れました。

ハドソン・リバー・パークの散策のお供に是非。
009
Martha Stewart Café

601 West 26th Street 
New York, NY 10001 
1st floor Lobby
平日の午前7時~午後4時しか営業していませんので、ご注意を。
その他メニュー等の詳細は、お店のHPにてご確認ください。

2018年6月23日 (土)

チェルシーのポルトガル風エッグタルトカフェ『Frankie Portugal』

雲に覆われた土曜日のニューヨーク。今日は徐々に天気が下り坂となる予報で、所によっては夜雷雨になるとの事。折角のプライドウィークエンドですが、今日ははっきりしない天気になりそうです。最高気温は21℃。でも湿度が90%を超えているので、気温よりは暑く感じるかもしれません。

今日も体調を崩しているので早速本題です。
*****************************************************
さて、今回はハイラインの傍、チェルシーマーケットの直ぐ北に今年の頭位にオープンしたポルトガル風エッグタルトを提供するカフェ『Frankie Portugal』です。
039
マンハッタンは近年カフェブーム。そもそも観光客がこれほど多い街ですから、需要はある訳で。チェルシー地区にもハイライン人気が影響しているのか、沢山のカフェがオープンしました。

そんな中、このカフェはポルトガル風エッグタルトを専門としている為に特色が強く話題を呼んでいます。立地もハイラインの16丁目出入り口からたったの1ブロック。チェルシーマーケットの10番街出入り口から直ぐの為、観光客も地元の人達も訪れやすい場所です。
040
お隣は、有名なアーティチョークピザ。トイレは無かった気がしますが(確認するのを忘れました)、カウンター席が用意されていて、中でコーヒーを飲みつつタルトを楽しむことができます。トイレはお隣のチェルシーマーケットに公衆トイレがあるので、いざとなったらそちらを利用できます。

私が訪れた際にはエッグタルトしかなかったようでしたが、人々の評価を読んでいるとポルトガル風のサンドイッチも提供しているようです。特別お洒落と言う感じでもないですが、気楽に過ごせそうなお店です。新しいのに昔からあったような風情を醸し出しているのが不思議。
042
エッグタルトは注文するとオーブンで温め直してくれます。テイクアウトしたのですが、家に着くまで温かかったです。

評判がとても良いのですが、個人的には甘すぎて中華風のエッグタルトの方が好きかも…という印象でした。食感は中華風のエッグタルトよりも軽くて、カスタード感が薄いかも?
037
ニューヨークの魅力の1つは各国の味をサンプルできるところ。そう考えると、ポルトガルがマカオに伝え、そこから広がったエッグタルトの原型を味わえたのは面白い経験でした。エッグタルト好きな方は是非。

Frankie Portugal

457 W 17th St
New York, NY 10011

殆どなんの情報もありませんが、お店のHPはこちら

より以前の記事一覧