2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

生活情報

2017年8月 1日 (火)

ロックフェラーセンターのグリーンマーケット2017

青空が綺麗な火曜日のニューヨーク。本日も1日晴れて最高気温は31℃まで上がる予報です。昨日よりも少し湿度が高いみたいなので、暑く感じるでしょうか。

体調を崩したせいでずっと書くのを忘れていましたが、夏のレストランウィークが2017年7月24日~8月18日まで開催されています。いつもは手が出ない、ちょっと贅沢なレストランで食事を試す良い機会です。とかいいつつ、我々は結局利用したことがないかも…平日だけ対象のレストランが多いんですよね。今年も逃してしまいそうです。

週末もずっとボランティアをしていたせいで曜日の感覚が狂ってしまい、昨日ボランティアを辞する時「2週間後に会いましょう」とか挨拶してしまいました。今日もボランティアなのに…。てっきり既に火曜日かと思ってしまいました。マネジャーさんが私が来ないのかと心配していないと良いのですが。
*******************************************************
さて、今回は今夏もロックフェラーセンターのプラザにグリーンマーケット『Rockefeller Center Greenmarket』が帰ってきた話題です。
068
去年同様今年も水曜日~金曜日までの3日間、毎週グリーンマーケットが開いているそうです。便利ですね。時間も去年と同じく、午前8時~午後5時まで。とは言え、野菜や果物は冷蔵されずに販売されていますので、なるべく早く訪れるが吉。
066
開いているのは7月26日~8月の終わりまで。出店している店舗は去年と同じだと思います。野菜&果物を扱う農家、蜂蜜屋、リカーを売るお店、ピクルス屋、ジャム屋、ベーカリー、パン屋、地ビール屋、卵屋、ヤギのチーズ&ミルク屋、メープルシロップ屋。それにリストには見当たらない気がしますがジェラートも販売していたような。
065
規模は然程大きくありませんが、必要な物は一通り揃うと思います。旅行中でも地元の生活を垣間見れるので覗いてみると面白いと思いますし、ジャムや蜂蜜等をお土産に購入するもの良いかもしれません。重いですが。

私がボランティアでロックフェラー周辺に行くのは月+火曜日なので、個人的には残念ですが。週に3日も開けば、買い物できる人が多く便利なのではないでしょうか。

グリーンマーケットのHPはこちら

2017年7月19日 (水)

ヘルズキッチンの毎日開いているグリーンマーケット

空が霞んでいる水曜日のニューヨーク。今日は午前11時~午後11時まで光化学スモッグ注意報が出されています。外で過ごす時間は制限するよう気を付けた方が良いとの事。以下に注意報の内容を添付致します。
Notification issued 7/18/17 at 3:45 PM. The New York State Department of Environmental Conservation has issued an Air Quality Health Advisory for New York City from 11:00 AM until 11:00 PM tomorrow, 7/19.

Active children and adults, and people with respiratory problems, such as asthma, should reduce prolonged or heavy exertion outdoors.

For more information, visit the National Weather Service at http://www.1.usa.gov/16w10Sq or the Department of Environmental Conservation at http://www.dec.ny.gov/cfmx/extapps/aqi/aqi_forecast.cfm.
その事からも解るように今日の予報は晴れ時々曇り。最高気温は33℃まで上がるようです。湿度も相当高そうなので、熱中症にも併せて気を付けたいと思います。

地下鉄でのボヤ騒ぎが後を絶たない+ネズミ対策として、今後地下鉄に持ち込める食べ物を制限する案が浮上しています。個人的には別に困りませんし、ポテトとか食べた油でべったべたの手で触った手摺りとか握ってしまうとげんなりするので、やってもいいんじゃないかとは思うのですが。どうやって取り締まるつもりなのでしょうか?ニューヨーカーがルールを守るなんてこと、絶対に期待できませんし。かといって、MTAの職員が全ての車両に乗り込む事は出来ないでしょうし。ルールを作った所で、あんまり実効性がないんじゃないかな?と思わずにいられません。
****************************************************
さて、今回はヘルズキッチンに新たにできた、毎日お店の様に営業している地元産の野菜を売るグリーンマーケット『The Farmacy NYC』です。
001
なるべくグリーンマーケットで買い物をしています。近郊で栽培された野菜や果物を購入すればフードマイレージが少なく済んで環境にも良さそうですし。中間業者が少ない分、作り手によりお金が入り易そうですし。近所のスーパーマーケットの野菜は壊滅的に鮮度が落ちていますし。家計にも優しい場合もあります。

自宅の近くには、ユニオンスクエアのグリーンマーケットを経営している『Grow NYC』のマーケットが水曜日に来るのですが。近くと言っても往復で30分以上掛る位には遠いですし、規模も然程大きくありません。
002
そこで1軒の農家が毎週土曜日に開くマーケットで、一週間分の野菜と果物をまとめ買いしています。その農家さんは、Grow NYCに出店しているお店よりも安価で提供してくれますし。隣のブロックなので、どうしても重くなってしまう買い物も安心。凄く近いので、スイカなどの重いものを購入する際には2往復することも苦ではありません。

しかも卵や乳製品、蜂蜜等の取り扱いもあるので(多分、NJの近所にある酪農家や養蜂家と契約している)、買い物が一挙に済んでとても便利。野菜も抜群に新鮮で、この農家さんの出してくれるマーケットをとても気に入っています。
003
が、しかし。野菜や果物、卵を1週間分まとめ買いするのは案外大変です。重いし、買い過ぎて無駄にしたくないし。桃等は、今の季節購入してから4日以内に食べないと傷んできますし。かといって、冷蔵庫に入れてしまうと甘くなりませんし。と、どうしても週の最後の方になると野菜や果物が足りなくなります。

今までは、土曜日にボランティアが入って買い物できない日は、日曜日にアッパーウエストの79丁目のマーケットまで散歩がてら足を運んで買い物したり。水曜日にユニオンスクエアのマーケットに行ってみたり。ボランティアの帰りに遠回りしてロックフェラーセンターのマーケットに足を運んだりして。
004
週の最後の方に野菜が足りなくなった際には、泣く泣く日系スーパーで買い足したり。近所のスーパーで買い足したりしていました。ホールフーズに行けばいいんですが、支払いの行列が長すぎて、時間がかかり過ぎるんですよね…。

そんな中、ヘルズキッチンに週7日、午前10時~午後8時までという、お店のように長時間オープンしているマーケットが登場しました。近郊で栽培されている野菜や果物を販売している、小さなグリーンマーケットのようなお店です。
008
駐車場のような場所に、大きなテントを立てて営業しているので、他のマーケットと同じで屋外ですが、買い物中は雨風は防げます。小さなスペースなので品揃えは他のマーケットに比べて圧倒的に少ないですが、必要最低限の物は揃います。

私が足を運んだ際には、切り花もありました。野菜は、トマト、ミニトマト、ナス数種類、葉っぱが付いている甘い種類のとても新鮮な玉ねぎ2種類、キャベツ2種、ブロッコリー、ズッキーニ数種、ケール2種、万能ねぎ等。果物は、スイカ、白桃と黄桃、サクランボ2種、ブルーベリー等。そして買い物かご(木で作られた可愛いかごです)が掛けられている中央部に、地元産ではないマンゴー等が少しだけ置かれていました。
011
このように品揃えが他のマーケットに比べるととても少ないですし、値段も少し高め。ですが、店員さんが丁寧に野菜の特色等を説明してくれます。何より近所で、営業時間がとても長いので便利。買い物をする場所の選択肢が増えたのは嬉しい限りです。

主な野菜や果物は今まで通り農家さんのマーケットで購入して、ここでは足りない物を買い足す感じで利用するつもりです。

Farmacy NYC

605 10th Ave

New York, NY 10036
お店のHPはこちら

2017年6月14日 (水)

ハドソンリバーパークのコンポスト

盛大に曇っている水曜日のニューヨーク。朝起きた時は曇っていると思っていたのですが、あれよあれよという間に霧に覆われ。強い雨が降ったと思ったら、もう止みました。午前中は雨が残る所もあるようですが、午後には晴れて良い気候に恵まれるそうです。最高気温は26℃。少し過ごし易い1日になる予報です。

ニューヨーク交響楽団(NEW YORK PHILHARMONIC)が毎年ニューヨークの各ボローの公園で開催する無料コンサートシリーズが本日始まります。初日の今日はセントラルパークのグレートラウンが会場。地面は少し湿っているかもしれませんが、屋外音楽日和になりそうですね。私は一回行って懲りてしまいましたが、その際に最後に打ち上げられる花火を見なかった事を残念に思っています。足を運ばれる方は音楽と共に花火まで楽しめますように。花火についてのお知らせを以下に添付致します。

Notification issued 6/13/17 at 12:00 PM. There will be a fireworks display for the New York Philharmonic tomorrow, 6/14, at 10:30 PM at Cherry Hill in Central Park.

To view this message in American Sign Language (ASL), العربية, বাঙালি, 中文, Français, Kreyòl Ayisyen, Italiano, 한국어, Polski, Pусский, Español, اردو or ייִדיש : http://on.nyc.gov/1Nz0wNX.

***********************************************
さて、今回はハドソンリバーパーク(Hudson River Park)でコンポストの受付が行われている話題です。
008
ハドソンリバーパークは、ハドソン川に面してバテリーパークから59丁目まで伸びる細長いグリーンウェイです。ランニング道やサイクリング道があるので運動する人も多いですが、のんびりと散歩が楽しめる川沿いのスペースが広がっています。
004
ハドソン川と対岸のニュージャージー、そして広がる空の景色が楽しめるハドソンリバーパークは私達のお気に入りの散歩道の1つなので、先日も歩いたところ。小さな庭園みたいな場所ができているのに気付きました。
002
その傍には『コミュニティーコンポスト』という垂れ幕が掲げられており、野菜くずなどを持ち込めば、土に還して公園内の花壇等で使用すると説明が書かれていました。残念ながらHPで調べると、該当ページの準備ができていないのか説明が全く出てきません。
003
しかし、垂れ幕に書かれている説明では午前7時~午後7時までコンポストする有機物を持ち込めると記載があります。受付場所は当該HPが表示されれば明記されるみたいですが、現在のところは定かではありません。
001
そこで駄目で元々と取り敢えずコンポストの表示がされていた44丁目付近にある小さな庭の様な所に午前8時頃行ってみたら、書かれていた通りの茶色のごみ箱が置かれていました。チェルシーの辺り(33丁目位?)でもコンポストのサイトを見掛けましたし、ピア40や24丁目付近にも受付場所があるみたいです。ご自宅の近くを散歩してみるとコミュニティーコンポスト・サイトを見つけられるかもしれません。
007
HPに受け付けている物と入れてはいけない物が明記されるようですが、現在はアップされていません。垂れ幕によると受け付けているのは、果物と野菜くず、コーヒーの粉とフィルター、ティーバッグ、米・パスタ・パン・シリアル、卵とナッツの殻、植物(乾燥花や切り花)。反対に受け付けていないのは、肉・魚・魚介類の食べかす(骨)、チーズ等の乳製品、脂肪分・油。グリース、プラスチック・金属・ガラス、ステッカー、ティーバッグのホッチキス、あらゆる素材のバッグ。要は有機物にステッカーがついていたら剥がして持って来いという事ですね。また堆肥にする物を入れてきた袋も、茶色の受付容器には入れてはいけないということでしょう。

006
また垂れ幕には毎日午前7時~午後7時まで受け付けていると書かれていますが、週末散歩した際には茶色の収集容器が置かれていませんでしたので、平日持ち込んだ方が安心な気がします。
005
環境に配慮しようと思っても、なかなかベランダの無い小さなワンルームアパートで、自分でコンポストしようという所までは思えませんでしたが。生ごみ分ゴミが減らせて、焼却する際に火力を弱めてしまうという茶葉やコーヒーを外せるとなれば、大分罪悪感が減る気がします。
008_2
30分の散歩は結構手間ではありますが、なるべく真面目にコンポストサイトに持ち込みたいと思います。

2017年6月 6日 (火)

79丁目のグリーンマーケット

今にも降り出しそうな火曜日のニューヨーク。今日は午前10時頃まで雨が降る可能性があり、以降は曇りの予報。でもサイトによっては午後と夕方にも雨が降る可能性があると予想しています。念のため折り畳み傘は携帯した方が良さそうです。最高気温は15℃と肌寒くなる予報ですので、温かくして出掛けたいと思います。

今日はニュージャージー州の州知事選。全米で最低の支持率だったクリスティー知事の後任を決める選挙です。なんとか有能な方が選ばれる事を祈るばかり。

オーストラリアでもテロが起きた事が報じられ、連日の暗いニュースで毎朝気分が沈みます。引き続き気を引き締めて生活したいと思います。
*****************************************************
さて、今回はアメリカ自然史博物館(American Museum of Natural History)の横で日曜日に開かれている『79th Street Greenmarket』の話題です。
024
このグリーンマーケット。近所のグリーンマーケットは土曜日しか来ないので、土曜日に用事があって買い物ができない週に、セントラルパークを散歩がてら野菜や卵を購入するのに時たま利用します。
025
場所はコロンバスアヴェニューの77丁目~81丁目の間。歩道の片側にテントが並んでいるだけなので、ユニオンスクエアのグリーンマーケットに比べるとかなり規模は小さいのですが、一通り必要な物は揃う感じです。野菜や果物、魚介、卵や肉類、花やベーカリー。ユニオンスクエアは格段に品ぞろえが良いので除きますが、他のマーケットと比べると少し高級路線かもしれません。売っている花なんかが。
031
なんでこの記事を書こうと思ったかというと、春になりやっと帰って来たよ!とお知らせしたかったからなのですが。今HPを見たら、なんとこのマーケットは通年営業しているとのこと。
026
去年の冬に買い物に来たらマーケットが出ていなくてがっかりした事があり、勝手に近所のマーケットと同じく冬の間は休むのだと思っていたのですが…。私が訪れた日に偶々休んでいたのでしょうか?謎です…。
030

ヨーロッパやアメリカの友達・知人が「苺の季節だ!」と大はしゃぎするので、初夏にイチゴが登場すると全然甘くないのに思わず買ってしまいます。季節を感じられるだけでも嬉しいのです。

034

でも、そのままで食べても美味しくないので、モツァレラチーズと共にバルサミコ酢で和えてサラダにしたり…

036

バルサミコ酢と蜂蜜で漬けて、朝ご飯にヨーグルトと食べたりしました。

032

キュウリとトマトは冷やし汁に。

033

卵は卵サラダに。質素ながら、グリーンマーケットで購入した材料で作るとなんとなく幸せ。春から秋にかけての贅沢です。

2017年3月18日 (土)

IDNYCで特典を

曇っている土曜日のニューヨーク。まだ雪は降っておらず安心しました。とは言え、今日は雪交じりの雨が降ったり止んだりという予報。無事飛行機が飛びますように。

昨日は聖パトリックの祝日だったので、バーが大繁盛していました。至る所でにわかアイルランド人が出現し、緑色のTシャツやシャムロックがデザインされたネックレス、ヘッドドレス等を身に着けた人々がバーを梯子してました。5番街のパレードに参加していたと思しき、キルトを着た男性陣がバーの前で記念撮影をしたりもしていて、生足が寒そうでした…。

ドイツのメルケル首相とトランプ大統領がホワイトハウスで初の会談をした話題でもちきりです。トランプ大統領は握手が嫌いなことで有名なようですが、メルケル首相との握手を拒否したことが大きな話題に。まったく…と朝からあきれ返っています。昨日ボランティア仲間と雑談していたら、「近頃はあんまりハッピーじゃない人が多いからねぇ」とぼやいていましたが、さもありなんという感じです。
******************************************************************
さて、今回はニューヨーク市が発行している『IDNYC』を取得し、早速いくつかの特典に申し込んだ話題です。
077
我々はニューヨーク市が独自のIDを発行する前から住み始め、建物に入る際やアルコールの購入などにいちいちパスポートを携帯して身分や年齢を証明する訳にもいかないため、ニューヨーク州が発行するnon-driver IDを取得していました。

その後、友達カップルがニューヨークを離れたので全米を旅行する機会が増え。国内旅行であれば空港のセキュリティーもnon-driver IDであれば通過できる為便利で、結局ずっと当該身分証明書を更新して使い続けています。
080
そのためIDNYCの必要性を全然感じずに来たのですが、去年複数のボランティア仲間に「IDとして不要でも、沢山の特典が貰えるから絶対作った方が良いよ!」と強く勧められました。調べてみると、IDNYCは無料で簡単に取得できる上、特典として各種美術館や博物館、植物園などの1年間の無料会員になれる事が判明。

その魅力的な特典のラインアップに、やっと学校も終わり、ボランティアも一段落して時間ができたこともあり、早速夫と2人でIDNYCに申し込みました。IDNYCに申し込むには、HPで面接の日を予約して。当日申込書と自身の名前と住所を証明する書類を持って面接に行けばOK。面接日は週末でも設定できます。
036
私は念のため面接前に申込用紙を貰いに行き、家で記載してから面接に持参しましたが。とても簡単な記載内容なので、面接に少し早く訪れて、その場で記入しても大丈夫そうでした。我々の場合、一番早く取れる面接日は申込日から約2週間後でした。

私の場合は、ニューヨーク州発行のnon-driver IDが現住所でしたので、当該IDのみで住所証明書類の要件を充足。夫は、日本国発行の磁気読み取り情報がついたパスポートと電気料金の請求書で居住証明要件を満たしました。証明書類に関しては、点数制になっており、どのような書類で何点になるのかを計算する表がHPにありますので、必ず合計で4点になるような証明書類を用意してお出かけください。
019
面接は何の質問もされませんでした。ただ書類を提出して、後は審査をひたすら待つだけ。審査が終わったら中に呼ばれて、IDに使われる写真を撮影されて終わり。私は待ち時間が長かったので約1時間。夫はものの20分程で全てが終わりました。

審査が終わると1週間しない内に、実物のIDNYCが郵送されます。IDを手に入れた私は、早速ハウストン通り近くにある単館映画館『Film Forum』のメンバーカードとメトロポリタン美術館のメンバーカードを入手しました。これで映画を割引で楽しんだり、メトロポリタン美術館に1年間無料で入館したりできます。
034
他にも春になったらニューヨーク植物園にも足を運んでメンバーになるつもりですし。折角なので興味があったThe Jewish Museumなんかも会員になって、展示を楽しみたいと画策中です。ブルックリン植物園が特典から抜けてしまったのが凄く残念…去年IDを取得していれば、と悔やむばかりです。

但し、過去3年間会員だった施設からはこの特典を貰えないなど色々な制約がありますので、内容をご自身でご確認の上、お出かけください。各特典の申し込みも至極簡潔、簡単でした。

2017年2月23日 (木)

カフェ内の本の交換コーナー

霧に包まれている木曜日のニューヨーク。今日は1日晴れて、最高気温が18℃まで上がる予報。ラジオではコートを脱いで軽めの上着にしたら?と提言していました。怖い位暖冬ですね。

ある組織のニューヨークにある本部ビルに爆弾テロ予告が届いたり、ブロンクスの大家が家賃を払わない住人を刺したり、アカデミー賞にノミネートされたドキュメンタリーで描かれたホロコーストを生き延びた男性とブロンクスのティーンネイジャーの友情がやらせだったことが判明したり、トランプ大統領が前政権時代に発令された『自己が認識する性に従ったトイレを使える』という大統領令を取り消したり、と気分が暗くなるニュースが相次いでいます。

昨日会った3人のボランティア仲間は、連日のように抗議デモに足を運んだり、抗議の電話をしたりと政治行動を積極的に行っており。州知事やニューヨーク選出の議員の政策やまとめ上げた法案にまで言及していて、感心して聴き入りました。本を読んだり、New Yorkerのような社会問題を取り上げる雑誌を購読したり、講演や講義に足を運んだりと勉強を続けていて、民主主義のあるべき姿を見た気がします。まぁ、彼女達は既にフルタイムでは働いていませんし、お子さんも巣立った後だから時間があるのだとは思いますが。それにしても、見習いたいと思います。

そんな暗い気分が続く中、友人が無事赤ちゃんを出産したとフェイスブックで報告していました。出産日が確定していたので、昨日産まれることは分かっていたのですが。とは言え、母子ともに健康そうな様子を見て安心しましたし、とても嬉しかったです。早速お祝いを手配。退院する頃には送れるように、苦手な包装をしたり、カードを書いたりという作業が待ち受けています。最近出産日を確定させるのがトレンドなのでしょうか?予め出産日が決まっているという話しをよく耳にする気がします。
******************************************************
さて、今回はNolitaにあるカフェ『TOMS』内にある、本を無料で交換する本棚のご紹介です。
009
TOMSは以前書いた事があるNolitaにある社会貢献ができるカフェ。どういうことかというと、TOMSの靴を1足買うと発展途上国で靴が必要な子供達に1足の靴が寄付される。TOMSのサングラスを1つ買うと、発展途上国の子供に眼鏡が1つ寄付される。コーヒー豆を一袋買うと、発展途上国に綺麗な水が供給されるというブランド理念なのです。

でもそれだけではなく、Nolitaにあるカフェでは年末に近所の恵まれない家庭に不要になったコートやマフラー等を寄付するために衣類を集めたり。感謝祭前には、近所のシェルターに届けるべく食料を集めたり、と積極的に地元地域に貢献する活動も行っています。
013
以前記事を書いた際には入口付近にしか席がありませんでしたが、今となっては店の奥にソファー等が置かれた静かなカフェスペースが増設されましたし。トイレも店員さんに4桁の数字を聞いて入力しなくても使用できるようになっています。商品も、大人用と子供用の靴に加えて、サングラス、バッグ、靴下等、種類も豊富に。

そんな風に少しずつ変化を遂げているカフェ内に、新たに本の交換ができる本棚が設置されているのに気付きました。読み終わって不要になった本を本棚に自由に残し、本棚に置かれている本を自由に持って行けるという試み。
001
昔フラットアイアン地区にあったBirch Coffeeにも同じような本棚がありましたし、トコジラミが大問題になる前にはニューヨーク市立図書館にもそのようなカートが用意されていましたので、アイディア自体は全然新しくありませんが。Birch Coffeeの店舗が閉鎖され(他のロケーションに移動したみたいです。新しいロケーションに本棚があるかは不明)、図書館でもトコジラミを警戒して本の交換システムは取りやめられた今、このカフェでの試みを嬉しく思いました。

早速不要になった本を数冊本棚に残してきました。重くて一度に運べなかったのですが、これから読み終わった雑誌や本を何回かに分けて置くつもりです。いつも本を寄付している本屋さんでは雑誌は受け付けていなかったので、捨てずにもしかしたら誰かが読んでくれるかもと思えるのは嬉しいものです。
029
そろそろ日本帰国に向けて荷物の整理を始めた方が良さそうですし。これからこの本棚を大いに利用させてもらうつもりです。

2016年10月14日 (金)

ベイキングの材料が揃うサイト

快晴の金曜日のニューヨーク。週末も素晴らしい気候に恵まれるそうなので、秋らしいイベントが楽しめそうです。最高気温は17℃。昨日よりも少し涼しくなりそうです。また最近は日が傾くと途端に寒くなるので、調節ができる服装をした方が良さそうです。

今回の大統領選挙ではいつになく有権者登録を推進していたように感じます。本日がニューヨークの住人が大統領選で投票できる有権者登録の最終日です。フェイスブックでも昨日からアラートが出ていましたし、ラジオでも何回も注意を促しています。有権者登録できる場所も、マンハッタン内にある劇場がロビーでの登録を可能にする日を設けていたりと、普段より幅広い場所が準備されていた印象でした。投票しなければ文句言う権利なし!という事で、今まで投票してこなかった人々も投票することを期待します。

本日は朝からボランティアなので、さっさと出掛けなければ。
*******************************************************

さて、今回はケーキやらパンケーキやらを焼く際に使う道具や粉類等を購入する際に利用しているサイト『King Arthur Flour』です。
006
このブログに移行してからでも数年が経ちました。時々何か問題が起きていないか見る為にアクセス解析ページをチェックするのですが、その際に毎月過去に書いた『ベイキングの材料が揃う店』という日記を読んでくださる方がいらっしゃることに気付きます。

ですが、私自身は腰痛が悪化して重い物を運べない、ボランティア等が忙しくて買い物の時間が取れない等の理由から、お店にわざわざベイキングの材料を買いに行くことは少なくなりました。

大抵の物でしたら月に1回程重い材料を注文する際に利用しているネットスーパー『Fresh Direct』で揃いますし。そうでなければベイキングのネット専門サイト『King Arthur Flour』で購入しています。
004
キング・アーサー・フラワーでは、粉類、砂糖類、オイル類、飾り付け用の材料、香りづけ用の材料などに加えて、ベイキングの道具や、焼いたお菓子をプレゼントする際に便利なラッピングや使い捨ての型が揃っています。ここ1つで大抵の物は揃うので、本格的にお菓子&パン作りをする方でも満足できる品揃えだと思います。

サイトにはレシピやベイキングのコツ等も記載されており、アメリカでは季節や行事に合せてどのようなお菓子やパンが食べられているのかも分かります。混ぜるだけで焼けるミックス類も販売されていますが、往々にして日本人の口には合わない事が多いと我が家では感じています。量も多くて困りますし。
005
我が家では、重い粉類、アーモンドプードル、砂糖を購入する際に利用しています。そしてここで購入したブラウンシュガー容れ(直ぐカチカチになってしまうブラウンシュガーがこの入れ物に容れて水を吸わせたディスクを入れておくと柔らかいままです)と小麦粉容れ(ダニ対策)を愛用しています。全然お洒落じゃありませんが、実用的で重宝。

忙しい方や、重い荷物を運ぶのが困難な方は、送料を少し支払ってでもこのサイトを利用する価値はあるのではないでしょうか。

2016年8月13日 (土)

ストランドのポップアップショップ

快晴の土曜日のニューヨーク。ですが、午後には雲が増え、所によっては一雨くるみたいです。今日も最高気温は35℃で、熱中症に気を付けるよう注意が促されています。

ブルックリンのブッシュウィックで金曜日の午前1時に大学生の男性が銃殺される事件が起きました。近所のデリに買い物に出掛けて、店から出たところを至近距離で男に3発発砲されて死亡したとの事。犯人はまだ見つかっていないそうです。ブッシュウィックも知り合いが住む地域なので、物騒な事件が起こると心配になります。

先週の金曜日の午前5時半頃、アッパーウエストにあるリバーサイドパークで犬の散歩をしていた48歳の女性が、時間を尋ねてきた男にいきなり羽交い絞めにされてキスをされそうになったそうです。明るくても人が少ない時間帯の公園をジョギングや犬の散歩をするのはやっぱり危険なんですね。

昨日の虹の綺麗な写真がWEBマガジンの『Gothamist』に掲載されています。私もブログを書くために写真を見ていて初めて二重の虹だった事に気付いたのですが、ゴッサミストには綺麗に映っている写真があります。虹の始まりに歩いて行けそうな見事なアーチですね。
********************************************************
さて、今回は6月の頭~ハロウィーンまでの期間限定でタイムズスクエアに出現している、有名書店ストランドのポップアップショップです。
005
ストランド(The Strand)は、ユニオンスクエアの近くにある中古と新書を扱う大型書店。オリジナルのトートバッグ等を販売もしていて、ニューヨークのお土産としても人気があります。

そんなストランドのキオスクショップは、通常夏の間セントラルパークの南東の角、5番街と60丁目で営業をしているのですが。今年は加えて、タイムズスクエアのど真ん中にポップアップショップが登場しています。
001
とても小さな店なので、本のセレクションは然程多くなく。ブロードウェイミュージカルの原作本とベストセラーを中心に少しだけ並べられており。どちらかと言うと、絵葉書やトートバッグ等のお土産を購入するのに便利そうな品揃えです。

お土産をお探しの方はちょっと立ち寄るのに便利な立地です。ストランドのHPには記載がないので定かではありませんが、記事によると毎日午前8時半~午後10時半までの長時間営業しているそうです。便利ですね。

The Strand
the pedestrian plaza at 44th Street and Broadway
このロケーションの情報は無いようですが、ストランド書店のHPはこちら

2016年7月22日 (金)

ロックフェラーセンターのグリーンマーケット

薄曇りの金曜日のニューヨーク。ブルックリンの方角から雲が放射線状に広がって、不思議な模様の空に薄く月が浮かんでいます。今日は午後7時以降は雷雨になる可能性があるそうです。今日から高い湿度と温度で凄い暑さになるとラジオで脅していたので、昨日は比較的過ごし易いのかと思っていたのですが、暑くて暑くて2つ目のボランティア中はばてそうでした。本日の最高気温は36℃。熱中症に気を付けてお過ごしください。

空気質の警報も午前11時~午後11時までの間で出されていますし、気温も上昇する予報のため、本日と明日ニューヨーク各地でクーリングセンターが開放されます。ニューヨークには空調がないアパートが多いと思いますが、今日は部屋に籠っていたら危険なので近所のクーリングセンターを見つけて避難した方が良いかもしれません。

昨日セントラルパークの脇にある5番街で、観光2階建バスが歩道の木に突っ込み、2階部分に座っていた乗客13人が近くの病院に運ばれる事故が起きました。幸いなことに全ての人が軽傷で済んだようですが、事故の原因はタクシーを避けようとしたことだそう。タクシーの乱暴な運転にはうんざりです。歩行者が巻き込まれなかったのも幸いでしたが、事故再発に努めて頂たいものです。
*******************************************************
さて、今回はこの夏も帰ってきたロックフェラーセンターのグリーンマーケット(Rockefeller Center Greenmarket )です。
010
ユニオンスクエア等ニューヨーク各地でグリーンマーケットを開催しているGrowNYCの夏季だけオープンするロックフェラーセンターのグリーンマーケットが帰ってきました。
005
今年は水曜日~金曜日の3日間開催されるそうで、さらに便利そう。とは言え、私がロックフェラーセンターの方向に用事があるのは月曜日と火曜日なので、個人的にはちょっと残念ですが…。
006
野菜や果物、チーズ、パン等の住人には必要なセレクションに加えて、蜂蜜やメープルシロップ、ワイン等自分へのお土産を探している方も覗いてみると楽しめそうです。観光のついでに気軽に楽しめるのが便利ですね。
009
このマーケットは午前8時~午後5時までとなっていますが、良い野菜や果物を買いたかったら早めに訪れるが吉なのは他のマーケットと変わらないと思います。このロケーションでは8月24日までマーケットが開かれます。
011
002

綺麗な花に囲まれているのも変わりません。

004

2016年7月17日 (日)

よく効く酔い止め薬

朝からどんよりと曇っている日曜日のニューヨーク。今日の予報は曇り時々晴れ。1日中湿度が高く暑くて、所により雷雨とのこと。昨日は夕方やっぱり夕立が降りましたね。今日も午前8時~午後5時まで降水確率が15%ですので、傘を携帯した方が安全そうです。本日も熱中症に注意が促されていると共に、空気質が悪いことが予想されるため、喘息をお持ちの方は外出を控えるようにとのこと。一般の方も外での運動(ランニング等)は控えるようにと注意が促されています。そんなこと言ったってねーという感じですが。最高気温は32℃まで上がる予報で、午前6時の時点で既に24℃。水を沢山飲んで元気に乗り切りましょう!

2016年6月29日~9月1日まで、Village East Cinemaで『STUDIO GHIBLI FESTIVAL』が開催されています。ナウシカから最近の映画まで一挙に公開されているようで、最近の作品は全然観れていない私にはとても魅力的。ベッドバグが怖いし、腰が痛くて座っているのが苦痛だしでとんと映画館を訪れていませんが、これは行ってみようかなーと思ったり。

私はニューヨークでは地下鉄でも乗り物酔いしてしまうため、散歩ばかりしている我々ですが。ただ歩くだけではつまらないのでブランチやデザートを食べる場所を決めて、その場所まで往復することが多いです。これだけ暑いとカフェで一休みしたり、アイスクリームを食べつつ休憩したりという事も多く。そんな私にピッタリのお奨めアイスクリーム処を紹介する記事がWEBマガジン『Gothamist』に紹介されていました。友人が凄く美味しいとお勧めしてくれたお店も載っていたので、是非いくつかはトライしてみたいものです。
*********************************************************
さて、今回は私が愛飲している酔い止め薬『BONINE』です。
001
何度もこのブログには登場していますが、私は兎に角乗り物酔いになりやすく。未だに飛行機の着陸時には必ずと言ってよい程気分が悪くなりますし。ニューヨークの地下鉄は揺れるので、20分以上乗っていると気持ち悪くなってしまいます。マンハッタンからブルックリンに抜けるトンネルは100発100中。日本では電車では本が読めたのですが(揺れが酷い横須賀線以外)、ニューヨークでは全く物が読めず大抵ポッドキャストを聞いてぼーっとしています。

そのため旅行となると酔い止め薬の世話になりっぱなしとなる訳ですが、今まで試してきた酔い止め薬は飲んでも吐くのを阻止できる程度で気持ち悪くはなりましたし。もっと困ったのが強い眠気に襲われることでした。
014
アイルランドでバスツアーに乗った際には、半分くらい寝たり、うつらうつらしていたり、ぼーっとしていたりで風景も何も覚えておらず。スウェーデンで電車移動した際にも、車窓の景色を楽しみにしていたにも関わらず爆睡。全く何も見れませんでした。

そんな私の状態を見かねた友人が教えてくれたのがこの酔い止め薬。なんでも彼女の友達がいろいろ試したのちに辿り着いた薬で、周りの人たちに勧めまくっているのだとか。どれだけ効くか証明する為にその友達が無料でくれたというBONINEを試してみるよう薦められサンフランシスコ旅行中に飲み。その効き目に惚れ込みました。
004
BONINEはインターネットで簡単に注文できます。万人にここまで効くのかは分りませんし、個人差はあるでしょうが、もし乗り物酔いに苦しみ、酔い止め薬のお世話になっていらっしゃるようでしたら試す価値があると思います。

この薬は私にはとても良く効き、これを飲めば飛行機、バス、電車位までならほぼ気分悪くなりませんし(船は試したことがありません。流石に船はきついかも?)。何より全然眠くなりません。そのため長い空の旅で眠りたいという時には向かないかもしれませんが、観光のためにバッチリ起きていたいけれど酔い止めは飲みたい・異国で安全を確保するために頭をしゃっきりさせておきたいといった場合にはお勧めです。
018
この薬のお蔭で旅行が大好きなのに憂鬱でもある…という状態が解消されつつあります。同じように乗り物酔いでお悩みの方は試されてはいかがでしょうか。

より以前の記事一覧